2017年06月19日

キャンプでトラックマンのパッティング解析をやってみた!

テーマ:ブログ
アメーバ「パッティングのデータ解析のお勉強(その3)」

 みなさんこんにちは!今週は河口湖でキャンプをやっていました。ちょうどシーズン
 真っ只中でみんな忙しくしていて参加も少なかったので、以前からやりたかったデー
 タ計測など、私の研究材料を集めさせてもらいました。

 今回は、パッティングのデータ計測をやってみました。先週のブログにあるように事前
 に調べておいて、何が必要なのかを準備してからトラックマンの新しい計測方法で試し
 てみましたが、どうだったでしょうか?

 


アメーバ「トラックマンでは、ボールの転がりの計測値のみ測定する」

 まず、パッティングではシャフトの動きやヘッドの動きに加えて、ボールの最初の
 動きの計測値が大切だということのようですが、トラックマンでは、ボールの動きを
 レーダーで追うことしかできません。

 なので、パターのヘッドの動きをクラブヘッドの動きのように解析はしてくれませんね。
 マーク金井さん曰く「この辺がビデオ解析に比べてレーダー解析の精度の欠点」でもあ
 ります。

 では、ボールの動きをどこまで正確に追えるかというと・・・「スキッド」といわれる
 最初の「横滑り」の状態の移動距離は計算できます。この時間が短くて、早く順回転を
 始める方がいいパッティングと言われています。
 
 しかもスキッド(横滑り)の状態で「ボールは逆回転しながら空中を飛んでいて地面に
 触れていない状態」が理想らしい。


「ボールが打ち出されて空中を飛んでいる状態」



「ボールがスキッドから順回転を始める様子」


 でも、このスキッドの状態で「地面にボールが触れているか?」「ボールが空中を飛んで
 地面にずれていないか?」はトラックマンでは計測できていません。これが重要らしいの
 ですが、あくまでもスキッドの移動距離の表示のみとなります。

 だから、使えないか?というとそうではなくて、この距離を短くなるような打ち方をすれ
 ば、実際に「いい転がり」になるので参考になります。



アメーバ「回転率をあげれば転がりは良くなる! その回転率を上げる打ち方とは?」

 また、回転率(Roll Percentage)という数値があります。この数値が良ければボールの
 転がりが良くて俗にいう「いい転がり」になると言えます。今回は、この数値をどのよう
 に打てば上がるか?とかやってみました。

 また、 スピードドロップ(横滑りの状態でどれくらいボールのスピードが落ちるのか?)
 という数値も30%以下になるように打つと、減速率も減ってボールは伸びるようになります。

 この辺りの数値を理想の値に近づけるには、ボールをどのように打てばいいのでしょうか?

 私たちの実験結果では、「ボールの赤道よりも上の方を打つ」とこの回転率が上がることが
 わかってきました。



アメーバ「普段気にしない”いい転がり”を目指すだけでもパッティングは上達する!」

 普段は、カップにボールが入るかどうか?を中心に練習していますから「いい転がり」の
 目安として「回転率」を使うのは、ありですね。

 高価なパッティングの計測器をコースに持ち込んできてもカメラや照明などその他の
 セッティングに時間がかかってしまいます。また、地面やグリーンの状態による影響
 を受けやすいので、正確なデータも掴みにくいようです。

 キャンプでは、トラックマンを使ってグリーンのコンディションに合わせて「いい転が
 り」を目指して練習するだけでも十分でしょう。「入った、入らない」に加えて「いい
 転がり」もパッティング上達の目標になりますね。

 ということで今回調べたデータの目標値としては以下のようになります。

 ・回転率(Roll Percentage)90%以上
 
 ・スキッド(Skid DST)が60cm台

 ・減速率(Speed Drop)30%以下

 キャンプでも定期的にデータ収取をして「上手くなるになどんなデータをどれくらいの
 精度で求めたらいいのか?」研究をしていきたいと思ってます。データ収集にご協力
 いただいた皆さんありがとうございました!

  てんとうむしトラックマンパフォーマンスパッティング



 |  リブログ(0)

吉岡徹治さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース