1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2016年12月31日

アジアンツアーファーストステージを初めて通過しました!

テーマ:ブログ
アメーバ「バックナインはほんとパター入らなくなった。。。」

 サワディーカップ!12月31日です。ショッピングモールに戻ってきて忘れない
 うちにコラムを書いています。

 今日のアジアンツアーのQスクール(予選会)の結果、教え子の篠優希くんは
 ファーストステージを無事に通過しました。明日から、ミャンマーに行ってイ
 ベントに参加したら、再びタイに戻ってきてQスクールのファイナルステージ
 に備えます。

 その前に今日の一日のことを書いておきましょう。



アメーバ「予選会は、大学のセンター試験のようななものすべてはここから始まる!」

 今回、私たちが受けているアジアンツアーの予選会は、言って見れば大学受験の
 センター試験のようなものです。

てんとうむし「センター試験直前どう過ごす? 勉強法、専門家に聞く」 

 よほどの成績をアマチュアで出していても、必ずと言っていいくらいこの予選会
 を経てプロのトーナメントへと道は繋がっていきいます。

 なので、日本ジュニアや日本アマよりも大切かしれません。私たちも年末年始の
 キャンプの日程を変えてもまで応援にやってきました。

 普段はよほどでないと18ホールはついて歩かないのですが、今回の5日間はすべて
 のホールでゲームの流れを見せてもらいました。




アメーバ「右を向き過ぎるアドレスがすべてのミスの原因かもしれない?」

  まずは、1番ホールです、昨日からドラーバーショットが右に抜けたり、ドローがか
 かかりすぎたり、でも練習場ではまっすぐ行くということで、ミーティングでは、
「アドレスが右向いているんじゃないか?」ということになり、朝チェックしてみ
 ました。

 音を消してあるiPhoneで撮影してみるとかなり右向きますね。このショットは朝一
 チーピン気味で大きくフックしました。多分クラブパスも5度以上インサイドから
 きているでしょう。

 試合中ですので話せませんが、篠くんもこれが原因だとわかったようでこの後、
 アドレスとクラブ軌道の修正をやっていました。

 それでも、ショットは右目に飛ぶことが多く、アイアンもピンサイド右目に乗りま
 す。なので、結果的にフックラインが多く残り、今日は、このフックラインを
 ことごとく右に抜けて外して、朝のバーディーパット以外まったく入りません?
 でしたね。

 ちょとしたことから流れを掴めなくて昨日からずっと苦労することになります。

 でも、このアドレスは多分秋口のQTくらいから続いているのでしょうね。これでは、
 プロとしてピンを狙うボールは打てないと思います。



アメーバ「上がり連続ボギーでもう落ちたかなと・・・と悪夢がよぎります。」

 それでも、ずっとパーでしのいで17番までやってきました。ここでも、痛恨のボギー
 を昨日と同じように打ってしまうんですね。バックナインは何があるかわかりません。

 そして最終18番も、セカンドをフェアアウェイの真ん中から左のバンカーへ入れて
 しまいます。175ヤードが乗りません。。。

 さらに、バンカーで、まさかのザックリやってしまってカラーに乗っただけ・・・
 そこから寄せてまさかの上がり連続ボギーで7アンダーから5アンダーに落として
 しまいました。一瞬「落ちたかな?」と悪夢がよぎります。

 結果的には予選を通っていたのですが、スワンナプームGCでやっていたら落ちて
 いたところでした。ふー。。。

 19歳で2回目のQスクール受験ですから仕方ないとは思いますが、ファイナルに
 行く前にしっかりとミャンマーで調整して来てほしいものです。

 個人的には、自信があろうがなかろうが、大学受験を受けると同じようにQTやQス
 クールの予選会は受けるべきであると思います。受けてみないと何が良くて何が悪
 かったかもわかりませんから。

 いつまでも予選会を受けずにどうやってプロになるんだろう?と思うこともあります
 が、教え子たちにはどんどん受けてほしいと思っています。

 プロは試合に出て初めてプロであって、どんなトーナメントでも(賞金の大小に
 関わらず)優勝してようやく認められると思っています。

 ということで皆さんもよいお年をお迎えください!




てんとうむしアジアジュニアゴルフ協会のホームページ 

てんとうむし2016アジアジュニアゴルフ協会のスケジュール 

てんとうむし「代々木高校アスリートゴルフコース」 
 |  リブログ(0)
2016年12月30日

アジアンツアーQスクール3日目はほんとしんどかったです・・

テーマ:アジアンツアー
アメーバ「最終組で流れに乗れずに苦しい試合をなんとかまとめました」

 サワディーカップ!今週はアジアンツアーの予選会のレポートをタイのバンコク
 からお届けしています。

 今はホッと一息ついてホテル近くのモールにてコーヒーなど飲みながらコラムを
 書いてますが、一日気疲れしました。

 大会3日目は、予選会を最終組でのプレーでしたが、朝からボールがまっすぐに
 飛ばすにピンチの連続だったんですね・・・

 
 ということで、予選会3日目の様子をダイジェストで紹介しておきます。来年
 見直す自分の資料として書いておきますね。



アメーバ「いつもよりもボールを打ちにいってるかな?」と思うくらいに体が沈み込んでいた?」

 まずは、前半は1番バンカーからの目玉のボギーだけでなんとか耐えていたのですが、
 6番でグリーンカラーから痛恨のアプローチミスでオーバーして2オーバーとして
 しまいます。

 2番で「いつもよりもボールを打ちにいってるかな?」と思うくらいに体が沈み
 込んでいたので気にはなりましたが、回転軸がズレているのか?一日ボールは
 コントロールできませんでした。

 たぶん、アイアンの距離が落ちていたのをクラブのひきつけで上から強く打とう
 としてボールを迎えにいっているようになってるんですかね・・・

 スイングコーチではないのでなんとなくしかわかりませんが、明らかに昨日まで
 とは違うスイングでした。

 写真は、状況を見つめる来週アジアQスクール初挑戦の高校3年生の中井くんです。

てんとうむし「Qualifying School Section A Windsor Park Golf Club, Bangkok」 



 今日を振り返って篠くんも・・・

 「あそこは、ボールが浮いていたので綺麗に入り過ぎてしまって、そんな時オーバー
 しやすいんです。もう少しフェースを開いて、ハンドファーストも抑え気味にして
 ちょっとトゥに芯を外してボールを殺せば良かったんですが・・・」

 と後で反省の弁・・・

 そのあともティーショットを右にふかして、グリーンには乗せたもののカップに蹴ら
 れて3パットしてあっという間に3オーバーとなりました。

 午前の上がりのティーショットも振った瞬間両手を離してなんとか左のラフでひっか
 かったようなショットで不安も残ります。幸いにも毎回曲がっても前は開けていたの
 で運はまだ残っていましたが・・・

 結局午前は3つ落としてトータルー4で折り返しました。



アメーバ「11番で流れを掴んだもののその後もボールの狙いは定まりません」

 後半、気持ちを入れ直してティーショット

 11番も右にふかしてバンカー、そこからグリーン7mに乗せてようやくバーディー、
 次のpar3も距離が合って1.5mに乗せて連続バーディー。

 でも、次のpar5のティーショットは、左の池ギリギリに飛んでしまい、寄せた
 アプローチの後に上からの70cmを再びカップに蹴られてしまいました。

 その後、スーパーショットで30cmにつけたてバーディーにしたり、再び左ラフ
 に入れて、レイアップしてなんとか寄せて3mの「クラッチパット」を入れて
 パーとか?バタバタで・・

 本人も疲れますが、見ていた私も今日は疲れましたね。
 
てんとうむし「クラッチパット(clutch putt) とは ・・・」 



アメーバ「16番はミーティングでやった通りバーディーを取ったのですが」

 迎えた16番は540ヤードのpar5で初日も2日目も3打目をショートしている
 ホールです。
 
 受けグリーンですのでピン奥に突っ込む気持ちで行こうと決めて合って、今日は
 103ヤードのアゲインストをピン奥からバックスピンをかけて1mにピタリと止め
 てバーディーでようやくこの日イーブンに戻しました。

 実は、このホールでドローがかからずすっぽ抜けたようにう見えたのですが、
 本人は、「逆球ではなかった」と思っていたようです。抜けたのは、初めて
 だったので気にしていたのですが・・・

 でも、右池の17番でボールは再びスッポ抜けて痛恨んぽ右池に捕まってしまいまし
 た。ここは、残念ながらボギーで再び+1.

 結局、トータル6アンダーと1打落としたものの8位タイグループに踏みとどまり
 ました。



アメーバ「カットラインの12位タイの選手までは4打差で最終日を迎えます!」

 カットラインの12位タイの選手までは4打差あります。明日は、1アンダーでも
 いいから伸ばして追いつかれないようにプレーしたいですね。

 疲れているようですが、ラウンドの後は、体の回転をもう一度確認してみたら?
 とアドバイスして先に戻ってきました。(直す部分は本人に任せているんです)

 スワンナプームGCの方も激戦ですね!こちらは22位タイの選手が、ファイナル
 に進むと発表されています。

 明日の最終日は、みんなハイスコアを狙ってくるでしょうから、ここまできたら
 いい大晦日を迎えたいと思います。

 ということでこれからミーティングです!
 
てんとうむし「Qualifying School Section ASuvarnabhumi Golf & Country Club, Bangkok」



















てんとうむしアジアジュニアゴルフ協会のホームページ 

てんとうむし2016アジアジュニアゴルフ協会のスケジュール 

てんとうむし「代々木高校アスリートゴルフコース」 
 |  リブログ(0)
2016年12月30日

アジアンツアーQスクール2日目に2位タイまで浮上!

テーマ:アジアンツアー
アメーバ「一日ノーボギーでうまくやり過ごすことができた。」

 サワディーカップ!日本は師走で年の瀬。まもなく大晦日とお正月ですね。
 
 私は、アジアンツアーの予選会で篠くんのラウンドについて歩きながら、ミャンマー
 の担当のTunさんとmessageで連日打ち合わせの日々です。

 さて、今日は大会2日目篠くんの調子もプレースタイルもだんだんわかって来て、
 昨日は十分対策を立ててのラウンドです。



アメーバ「 最近の彼の性格と課題を私なりに分析すると・・・」

 最近の彼の性格と課題を私なりに分析すると・・・

 【現在の彼なりの課題点】

「気に入らないプレーの後にカッとなってパッティングのタッチを強く入れて打ち過ぎ
 て3パットしてしまう。」

「コースのレイアウトに合わせて苦手なフェードボールでも思いつき?で打とうとする」

「疲れているのか?フェースが開くのか?原因は定かではないけど本来のアイアンの距離
 が出ていなのでアイアンショットの半分くらいは10ヤードくらいショートしてしまう。
 (それが気に入らなくて?初日は2回3パット)」

「苦手なホールでも100%のパフォーマンスにこだわってドライバーでなんとか攻めて
 いこうとする。」

「コースマネジマントはその場で考えるなど直感でいくタイプ。」

 のように分析しました。彼とは小学3年生の頃からの仲だからまあ書いてもいいかな。
 間違ってたらごめんね。



アメーバ「彼の素晴らしい卓越した点は!?」

 一方、彼の素晴らしい卓越した点もあります。

【彼の素晴らしい卓越した点】

「低めに出てピタリと止まる素晴らしい完成度のウェッジとパッティングを持っているの
 で、バーディーも量産できます。」

「ショットも基本ドローボールしか打てませんが、風に強い弾道で強いアゲインストも
 あまり苦にしません。なので右のハザードを消して打っていけます。」

「グリーン周りのチップショットをミスすることはまずありません。」

「性格的に物怖じしたり緊張したりしないので勝負どころでいいプレーをします。」

 とこの長所をいかに生かしてどう?コースマネジメントをするのかを相談しました。




アメーバ「二人で相談して決めたファーストステージのコースマネジメント」

 で、二人で相談して決めたファーストステージのコースマネジメントは、各
 ホールごとに細かいのですが、例えば・・

◎Par5で2オンを狙うのは6番だけ。しかもフェアウェイに行って5Wで届く距離の
  時だけとしよう。あとは得意のウェッジの距離を合わせてバーディーを狙う。

◎右が池で左にバンカーなどのハザードがあるホール(13番&15番)などはドライバ
 ーは使わない。それでもバンカーに入ったら15番はpar4でもレイアップする。
 (池がフェアウェイまで切り込んでいて危ないため)

◎18番は右から風が来て左の林が近いので、ストレートドローになるようにクラブ
 パスを入れるためティーグランドセンター目に立って照明灯を狙う。

◎11番も右からの風が来るのでフェアウェイセンターの林の右目の空間を狙って、思い
 切ってハイドローを打つ!その時、ティーアップはクラブパスをインサイドから入れ
 るようにここは左いっぱいに立って、ティーも普段より高めにする。

◎右のハザードが効いているレダンタイプのグリーン(7番や15番)に対してはピン
 が右サイドに切って当てもグリーンセンターを狙っていく。

◎8番のダブルフェアウェイは右のフェアウェイを狙ってドローボールと決めていく
 ティーも右足下がりなので、体重が右に残りすぎてからのチーピンには気をつける。

◎全てのホールで100%のパフォーマンスを魅せる必要はない。静かにやり過ごす
 ホールもあってもいい。

 などなど決めてあります。

てんとうむし「Scorecard for Yuki SHINO (JPN) at STG 1 - Windsor Park (A & B)」 



アメーバ「最初に決めたことを淡々とこなすだけで、物足りない感じ?はします」

 篠くん発展途上ですから数年後にこの記事を見直して参考にできるように今後に
 向けてデータとして残しておきます。

 でも、2日目の彼は、2ホールで飛ばそうとするなどして曲げてしまったり、プラン
 ではなかった2オンを狙いに行って池に捕まりそうになったりと、その場の思いつき
 でミスをしてしまいました。

 まあ、なんとかボギーにはなりませんでしたが、こうやって勿体無いことをやって
 来てるんでしょうね。

 本人は

「最初に決めたことを淡々とこなすだけで、物足りない感じ?はしますが、par5
 レイアップしたり、ユーティリティーでティーショットを打つとゴルフは簡単で
 すね。」

 と感想を言っていました。



アメーバ「Qスクールの予選会を通過するにはドラマは入りませんからね。」

 でもこれがプロのゴルフの入り口です!

 Qスクールの予選会を通過するにはドラマは入りませんからね。淡々とホールをこなし
 てパーを積み重ねていくことがシード獲得への第一歩です。

(でも、私がすべてのホールを監視していて?余計なことはできないのがかえって
 良かったのかもしれませんね。笑)

 今日は、ラウンドの後距離の出ていなかった7番以下のアイアンのキャリーをもう
 一度トラックマンで確認することと、100ヤード以内のウェッジの距離を確認する
 ように伝えました。

 明日は、目標2桁アンダーですが、まあミスが出たら今後の課題として考えましょう。

 これから一緒に晩御飯です。もう一度今日のミスを話し合って明日ものボギーで
 いけるようにやることを決めておこうと思います。













てんとうむしアジアジュニアゴルフ協会のホームページ 

てんとうむし2016アジアジュニアゴルフ協会のスケジュール 

てんとうむし「代々木高校アスリートゴルフコース」 
 |  リブログ(0)
2016年12月29日

アジアンツアーQスクール初日はまずまずのスタート!

テーマ:アジアンツアー
アメーバ「ミーティングで徹底して考え抜いたホールでうまく回れました。」

 サワディーカップ!昨日、アジアンツアーのQスクールの初日を終えました。
 19歳の篠優希くんは3アンダーの4位タイ、23歳の釜須くんは1オーバーの
 21位タイという結果でした。

 予選会のウィザーパークGCはは4日間を戦って上位12位タイの選手がファイ
 ナルに進出できるようです。
 カットラインはだいたい4アンダーから5アンダーくらいかなとは思っています。

 スワンナプームGCの結果も合わせて載せておきます。こちらも上位18位タイ
 くらいの選手がファイナルへ進むと思われます。

 私たちの試合会場のトップは5アンダーで20歳のタイの若い選手でした。午前中
 風も強くて距離感が難しかったのですが、7バーディーとうまく回ったようです。
 

てんとうむし「Qualifying School Section A Windsor Park Golf Club, Bangkok」 

てんとうむし「Qualifying School Section ASuvarnabhumi Golf & Country Club, Bangkok」 




 主催者の今日の発表では550名の選手がファイナルステージまで含めてエントリー
 していて、その中の404名がファーストステージを受けています。そのうちの上位
 23%の選手たち(タイを含むと25%くらいか?)がファイナルをプレーします。

 (一時は700人くらいまで増えましたが、最近は少し減りましたね。)

 昨年、この予選会からチャレンジしてツアーのシードを35位タイのギリギリで獲得
 したジョナサン・バーマン(米国)は今シーズン、アジアアンツアーとディベロプ
 メントツアーをプレー。

 1年間戦ってディベロプメントツアーの賞金王になり、アジアンツアーの賞金ランキ
 ング50位にも入り、来シーズンはアジアを主戦場に戦うようです。

 獲得賞金こそ210万円ですが、それ以上に価値のある賞金王でしょう。

てんとうむし「Veerman takes 2016 ADT Merit crown」



アメーバ「10代でシードを獲得してプロ転向するアジアやヨーロッパの選手たち。」

 また、2015年シーズンでQスクールを-1(37位)ギリギリでシードを獲得した当時16歳
 のパチャラ・コンワッタマイくんは、17歳になった今年は賞金ランキング14位と活躍
 しています。

てんとうむし「タイ新鋭の17歳! パチャラ・コンワットマイが無欲の首位キープ」



 このようにギリギリでもファイナルで40位以内に入ると夢も広がります。

 日本では、10代は学校や勉強という観念が強すぎるかもしれません。アジアや
 ヨーロッパでは10代でシードを獲得して活躍する選手もたくさんいます。

 ちょっと芽が出てくると、学業を持ち出してブレーキをかけるのは日本の古い慣習 
 ですね。チャンスがあれば勢いのあるときに気に伸びていったほうがいいに決まっ
 ているのですが、なかなか理解されません。

てんとうむし「2017年の欧州注目プレーヤー レナート・パラトーレ(19歳)」



アメーバ「ミーティングで徹底して考え抜いたホールでうまく回れました。」 

 さて、篠くんももう19歳ですから、レナート・パナトーレ選手と同じ歳です。なので
 今回はシード権を獲得しても早すぎるわけではありまあせん。

 というか、パチャラくんの2歳も年上ですから遅いくらいですね。日本にいると芽が
 出るのがどんどん遅れる気がします・・・

 今日のゴルフを見ていてもほぼ狙った場所にボールを打てますし、5バーディーとパッ
 ティングもいいですね。5年以上使ってきて最近変えたパターは転がりもいいようです。

 ただし、80ヤードか等90ヤードくらいの距離感が悪くて、前半この距離を合わせきれ
 なくてバーディーが取れなかったり、長いパターを残して3パットしたりしていました。

 練習後、トラックマンを使ってこの距離をやっておくように言っておきました。

 それ以外は十分シードを取れる力は付いていると思います。いつまでもアマチュア気分
 では稼げませんね。

 プロのミュージシャンは「苦手な曲をやり過ごすのが上手い?」という話をしました。
 なんでも目立って100%のパフォーマンスを魅せる必要はありませんし、そんなこと
 はやっていません。

 ゴルフのプロも打ちにくいホールや立ちにくいホールをいかにパーでやり過ごすか?が
 大切だと話しをして、今日はそのホールをうまくやり過ごしました。

 (その中で2つバーディー取れたのは嬉しい誤算でしたが・・・笑)

 また、これからミーティングをやって明日に備えようと思います。もちろんファイナル
 で40位以内に入るつもりですよ!














てんとうむしアジアジュニアゴルフ協会のホームページ 

てんとうむし2016アジアジュニアゴルフ協会のスケジュール 

てんとうむし「代々木高校アスリートゴルフコース」 
 |  リブログ(0)
2016年12月28日

アジアンツアー予選会が開幕します!

テーマ:ブログ
アメーバ「今年6年目になるアジアの予選会にやって来ました!」

 サワディーカップ!今週は、アジアンツアーの予選会に来ています。

 今年も600人を超えるエントリーがあるそうで、この中の上位40位タイに
 来シーズンのアジアンツアーのシード権が与えられます。

 今年の、Aセクションの参加選手は159人です。上位23%がファイナルに進め
 るようですから、このままエントリーした選手が全員プレーしたとして、
 ウィンザーパークGC(55人エントリー)から13人、スワンナプームGC(104人
 エントリー)から24人がファイナルに進めます。

 まずは、去年のブログとか読みながらどうだったのかを振り返ってみてください。
 気がついたことを書き留めてと、次に来た時に意外と役に立つものです。

てんとうむし「2016アジアQスクールだよりその2」初めてのアジアンツアーは? 

てんとうむし「「2016アジアQスクールだよりその7」アジアの苦労話」 



アメーバ「どんな選手が予選会を通過してシード選手として活躍するのでしょうか?」

 私ももう2012年から来ているので今年で6年目になります。どんな選手が予選会を
 通過してシード選手として活躍するのでしょうか?

 例えば去年、高校3年生でアジアンツアー初チャレンジだった篠くんたちを見ていると
 ショットを来ているだけで予選を通るかどうか?大体わかりますね。

 6年前に連れて来ていた中里光之介プロは、今年は日本のレギュラーツアーのシード
 を獲得したので、アジアはお休みです。その間、アジアのツアーにずっと出て腕を
 磨いていました。

 アジアチャレンジ2回目でシード権を獲得したころの記事です。

てんとうむし2013年中里光之介プロ20歳でアジアのシード獲得! 

 それでも高校卒業してレギュラーツアー出るのに4〜5年はかかりますね。。。

 その間の稼げない間にいかに資金繰りをやりながら、下部ツアーにで続けられるか?
 がその後に大きく差が出ますね。
 中里もうまく結果を出しながら遠征費をてやりくりして食いつないで?結果を出して
 来た一人です。

 一方、「お金がなくて予選会に来れない?」と言っていては5年後に消えてしまって
 いたり、何も状況が変わっていない選手がほとんどです。

 「金がなくて予選会行かない?」という選手は「自信がなくて行かない」と言えずに
 そうやって言い訳しているのかもしれません。

 自分のゴルフに自信があれば、「お金出してください!」と頼み込んででも来る価値は
 ありますね。それくらい予選会が大切であり、プロとしてくっていくために避けては
 通れない道のりです。

てんとうむし2012 アジアン・ツアー写真をアップ! 



アメーバ「今年のファーストステージは56人の日本人選手がチャレンジ!」

 さて、今年のアジアンツーの予選会のファーストステージには56人の日本人選手が
 チャレンジしています。
 
 毎年、10人くらいの選手たちがファイナルまで進みますね。でも、今年のエントリ
 ーは、去年日本でプレーしていた若い選手たちの名前を随分と見ます。

 6年前は一部のマニアな?選手しか出ませんでしたが時代は変わりますね。高校生
 や大学出て試合場所を求めている選手がたくさん出るようになりました。

 アジアで若い選手たちを応援し始めて、このブログも少しは、役に立っているのかも
 しれませんね。

 ということで、1時間後に篠くんたちがスタートするので、そろそろ切り上げて
 見に行こうと思っています。 

てんとうむしアジアンツアー予選会エントリーリスト





















てんとうむしアジアジュニアゴルフ協会のホームページ 

てんとうむし2016アジアジュニアゴルフ協会のスケジュール 

てんとうむし「代々木高校アスリートゴルフコース」 
 |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース