1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2015年09月27日

コース内の計測データに基づいて新しいクラブをすぐに導入する!

テーマ:石川遼
アメーバ「練習場ではプロは数値を作ってしまう・・・」

 Aloha! 今週はハワイに来ています。とはいっても海とか行く暇はなく
 毎日今年新しく始める2月のハワイキャンプの下見と打ち合わせです。

 ゴルフ修学旅行の下見に来ているといった感じですね。せっかく10年前に
 教員を辞めたのに同じような仕事をしているんです(笑)





 さて、今日は先週のアジアンパシフィックゴルフのコラムの続きです。

 二日目は、トラックマンを担いて石川遼の練習ラウンドを見に行って
 きました。以前から試してみたかったことをやりにいったんですよ。

 ということで、データ解析機器の使い方について関係者の皆さんにちょっ
 とご提案です!



アメーバ「日本のコースはフェード一本で攻め切れる」

 海外で戦ってきたプロからはよく「日本のツアーは多彩なショットは必要でなく
 フェード一本でも十分距離が足りる」と言われています。

 PGAツアーを始め海外のトーナメントでは、フェアウェイをキープするボール以
 外に距離の出るボールも必要とされるようですね。

 石川遼も一緒に回ったジュニア達に

「日本のコースは一見林に囲まれていて狭そうだけど実は広い。林もまばらで
 意外と曲げてもスイングできる。見た目にとらわれて縮こまらずに思い切っ
 て振って曲げたらそこからパーをとればいい。」

「でも海外のコースはもっと狭い。必ず左右に池が待ち構えているし、グリーン
 も日本みたいにエッジが広くない。バンカーももっと迫っていてバンカーに入
 れたら深くてグリーンに近い難しいショットが残るから寄らない・・」

 と話していました。

 彼もまたフェアウェイをキープするボールと距離を出すボールを打ち分けたり
 右に曲げるボールや左に曲げるボールなども練習で試してました。



 


アメーバ「練習場ではプロは数値を作ってしまう・・・」

 ではそんな彼がコースでどんなデータの球種のボールを打っているのか?見た目
 ではなく今回は客観的にデータを取りながら観察してきました。

 具体的には、練習ラウンドについて回って各ホールごとに先回りしてデータ計測
 機器をセットして彼にその前で打ってもらいました。

 でも、毎ホールごとに「あそこを狙います!」「ここに立ちます。」と言って
 もらって正確に機器をセットするのですから普通はなかなか計測はやらせても
 らえないでしょう。



 こんな感じで18 ホールのほとんどのホールを計測したのですが、実に興味深い
 データが得られました。

 先週、ANAオープンの練習場で計測した時は、計測器を置いて2~3発目から
 ほぼストレートボールのスイング軌道(クラブパス、フェースアングル、
 スイングダイレクションなど数値)の数値でした。

 でも今回コースに持ち込んで計測すると明らかに数値は違いました。コース
 では着弾点でフェアウェイをキープするようなスイングに変えて振っている
 のです。





アメーバ「コース内の計測データに基づいて新しいクラブもすぐに導入した」

 当然でしょうが、プロは簡単にデータを作れてしまうんですね。なのでこういっ
 たデータ計測機器は、コース内に持ち込んで毎ホールセットしながら弾道とその
 感覚、実際のデータとをインプットしながら使う方が効果的です。
 
 今回の練習ラウンドでは新しいドライバーや3ウッドもメーカーさんが持ち込ん
 でいましたが、コース内で明らかにいいデータが出ていましたのでラウンド後に
 すぐに担当者にデータを数ホール分送っておきました。
 
 石川遼もデータに裏付けされてすぐにウッドをすべて入れ替えましたね。

てんとうむし詳細→石川遼「ガンガン攻めていきたい」新ドライバー

 このようにこれからは新しいクラブもコース内で計測したデータにも基づいてチョ
 イスするべきです。

 例えば「EVEN GOLF LABO」で測定して作ったクラブも実際にコース内の練習
 ラウンドでも計測してみてどれくらの数値が出るのかを比べるなどしたらより
 自分にあったクラブがチョイスできると思います。
 
 石川遼の全データはキャンプの練習で活用してみんなにアドバイスしたいと思い
 ますし、時間をとってコース内でも計測するなど同じような指導を試みたいと
 考えています。

 ということで今日がアジアンパシフィックゴルフ最終日。新兵器を導入した石川遼
 の二週連続優勝はあるのか?楽しみです!

てんとうむし詳細→アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ 2015
 












 |  リブログ(0)
2015年09月25日

アジアの強豪が集まる「アジアンパシフックゴルフに行ってきた!

テーマ:アジアンツアー
アメーバ「アジアのトップクラスのプロのゴルフが観れる機会です!」

 先日、アジアンパシフィックゴルフの会場に二日間行ってきました。
 
 早速ブログでアジアの最新情報をレポートしますね!

 まずは「アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ ダ
 イヤモンドカップゴルフ 出場予定選手リスト」です。

 写真は左からラシッド・カーン(インド)、ミスン・ペレラ(スリランカ)
 ライオネル・ウェバー(フランス)と彼らのキャディたちです。

てんとうむし詳細→アジアパシフィックオープンゴルフチャンピオンシップ ダイヤモンドカップゴルフ 出場予定選手リスト



アメーバ「日本の賞金ランキングでも上位30名しか出られないアジアのメジャー」

 この試合は、日本の賞金ランキングでも上位30名しか出られないアジアの
 メジャー大会です。なんでアジアから来た選手にとってはマスターズみたい
 な試合ですね。

 試合会場でカーンや、ウェバーに「君のこと知ってるよ!」と言ったらめちゃ
 めちゃ喜んでました。ウェバーやミスンは、賞金ランキング上位者で、カーン
 はアジアンツアー優勝者のカテゴリーでそれぞれやってきました。

 スリランカ人でいつもインドツアーでやっていたミスン・ペレラとかぼろぼろ
 のグリップでしたからサービスカーにグリップ交換に来てました。笑

 日本のツアーサポートとか憧れでしょう。



 ちなみに・・・

 Qスクールからこのアジアンパシフックにたどり着けた選手はウェバー等を含めて
 数名いるかいないかでしょうね。それくらい日本にくるのは厳しいです。

 さらにアジアの賞金ランキング30位以内はヨーロピアンツアーとの共催試合にほ
 ぼ出られますからアジアの選手が目指すのはまずはそこなんですね。

てんとうむし詳細→アジアンツアーのQスクール出身で1年目からシード権を取れる選手は何人

 写真はマレーシアの若い期待の星「ギャビン・グリーン」ニコラス・ファンと
 ともにマレーシアの有望選手として以前紹介しましたが今回出場してますね。

 こういった選手たちと会えるのも嬉しいものです。


てんとうむし詳細→アジアンディベロップメントツアーの賞金王はマレーシア選手か?



アメーバ「オーストラリアの選手は飛ばし屋揃い!」

 さて、会場にはパワー溢れるオーストラリアの選手や体の小さいくても曲がらな
 いアジアの選手など個性豊かな選手が集まっています。

 飛ばすならジェフ・ドレクフォードは迫力満点です!一見の価値あり。笑
 練習場でもみんな打つのをやめて見てましたからね。飛ばしや揃いの豪州
 選手の中でも特に目立ちます。それくらいすごい!

 この3枚の写真をみるだけでも迫力が伝わってきますね。ライナー系のボール
 でどこまでも落ちてきません。

 彼は昨年の大学生の招待試合「ポーターカップ」を優勝したアマチュアの選手
 で秋のヨーロピアンツアーのQスクールあたりから出てくるでしょうね。




 






アメーバ「体が小さく飛ばなくても曲がらなければやっていける!」

 会場で、シディクールやカーンなどアジアのテクニシャンの練習も見に行くと
 いいですね。カーンは私のリクエストに答えてデータを取らせてくれたました。

 クラブスピード46.3m/s ボールスピード69.6m/sは日本の中高生と変わらな
 いですね。

 ただし、曲がらない・・・笑 2~5ヤードくらいの幅に打ってきます。

 毎日学校に行かずにあの狭いデリーGCに通ってボールボーイやキャディで育っ
 てきましたからね。曲がらなくて当然です。ちなみに初日もパープレーでした。







 参考までにこれが日本ジュニアチャンピオンの篠優希くんのデータです。
 
 ほとんどカーンと変わらないですね。この距離でも十分アジアではプロとして通用
 しますし、タイプ的にはカーンに大変似ています。

 ちがいはカーンのスイングダイレクションが+6.3ですからドローボールヒッター
 、篠くんは-2.6でフェードボールヒッターですね。
 








 篠くんは卒業後も私が預かって育てていく予定です。

 データを見る限りは急にトレーニングをやってボールが曲がるよりも?じっくり
 体を作りながら距離は伸ばしつつまずは精度をもっと上げてカーンのようなテク
 ニックも磨かせたいですね。

 篠くんが今後どのようなスタイルのゴルファーを目指すか?楽しみでもありま
 す。

 ということで、いろいろ見ているだけで勉強になる試合ですね。みなさんも
 アジアのトップ選手が集まるトーナメントを会場に見に行ってください。





 |  リブログ(0)
2015年09月22日

世界NO1のジェイソン・デイを12歳から支えてきたコリン・サットン

テーマ:PGAツアー
アメーバ「人生を立ち直らせた1冊の”タイガーウッズの本”」

 こんにちは!東京に戻って来ました。昨日朝早く起きてジェイソン・デイが
 フェデックスカップの第3戦を優勝して世界No1になる中継を見たので今日
 は、ジェイソンデイのコラムを書きましょう。
 
 とは言っても本人ではなくデイを12歳のころから支えてきたコリン・サッ
 トンとデイとのお話です。

てんとうむし詳細→Jason Day pays tribute to coach and caddie Colin Swatton after escaping troubled childhood to win US PGA Championship


Jason Day wins The Barclays 2015 with 6-shot victory


アメーバ「12歳のころからお父さんのような存在」

 ジェイソン・デイがPGAチャンピオンシップでメジャーを初優勝した時も
 世界NO1になった時もそばにいるのはキャディのコリン・サットン氏でし
 た。

「彼とは子どものころ(12歳)からのながい付き合いなんだ。もう15年間
 もずっと一緒なんだ。コーチでもあり。メンター(相談相手)でもあり
 父親のような存在でもある。大切なチームの一員なんだ。」

 デイの経歴では常に幼少時代に恵まれた家庭に育たなかったと書かれて
 います。調べてみると彼が12歳のころ父親を癌で亡くして、街でケンカ 
 をやったりアルコールに溺れたりなど、荒れた生活になりかけていました
 
 家庭も仕事の大黒柱を失って貧乏を極め、母親は庭の芝を草刈機がないの
 でナイフで芝を刈ったり、熱いシャワーも出ないのでケトル(湯沸かしポ
 ット)を何個も使ってお湯を沸かしてシャワーにしたりとそういう生活だ
 ったようです。

 そんな デイのゴルフ歴はというと・・・

 父親が生前にゴミ箱から拾ってきた3番アイアンをデイにあげたそうで、
 ゴルフは6歳から父親に連れられて始めました。デイは、ジュニアメンバ
 ーだったので1日6ホールだけプレーが許されていました。

 そんなジュニア時代を送っていた最中に父親が亡くなり、荒れた生活を心配
 したデイの母親はゴルフコースが付帯する学校にデイを入学させます。

 その学校でコーチとして知り合ったのがコリン・サットン氏でした。

 そんな荒れた時代のある日友人からタイガーウッズの著書をもらっで読ん
 だそうです。

 自分と同じマイノリティーのタイガーがゴルフの世界で活躍する姿に
 刺激されたデイは、そこからゴルフに没頭する生活を始めました。
 
 朝早く起きて練習、昼休みも、さらに放課後も猛練習の毎日です。

 そんなデイをなんとかしてあげようとサットンもその学校が閉校する
 のを機会に、次にクイーンズランドの「ヒルズゴルフアカデミー」の
 コーチの職に就いてそこに教え子のデイを呼び寄せ週に30時間を超え
 る練習に一緒に付き合うようになりました。


Final Round Highlights: 2010 HP Byron Nelson Championship


アメーバ「19歳でプロ転向後すぐにシード権を獲得しその後メジャーの舞台へ!」

 二人三脚で始めたゴルフでしたが、デイはすぐに頭角を現し、13歳で
 オーストラリアンマスターズジュニアに優勝します。

 その後、17歳では「オーストラリアジュニア選手権」を優勝、米国で
 開催された「キャロウェイ世界ジュニア選手権」でも15-17歳の部門で
 優勝するなどしました。

 大学には進学せずに2006年に19歳でプロ転向したデイは、スポンサー
 推薦で6試合に出場5試合を予選通過などしてQスクールを受験します。

 セカンドステージをトップタイで通過したQスクールファイナルでは
 シード獲得まで15打足りずに2007年は下部ツアー(当時のネイション
 ワイドツアー)をプレーすることになりました。

 しかし、2007年の下部ツアーでは19歳で初優勝!ランキング5位でPGA
 ツアーシード獲得して2008年には20歳で初のPGAツアーを戦いました。

 2008年にはランキング69位で2010年のシード権を保持、2010年には
「HPバイロネルソン」で21歳で初優勝を果たしフェデックスカップも最
 終戦のツアー選手権まで駒を進め賞金ランキング21位に輝きました。

 その後、2011年には21歳で初めて出場したマスターズでアダムスコット
 と並ぶ2位タイ、全米オープンでもぶっちぎり優勝のマキロイに続く
 単独2位と力を発揮しました。

 その後はメジャー19試合出場中トップ10が9回(2位が3回、3位1回、
 4位2回)など毎年安定した成績を挙げていて、今年はついにメジャー
 初優勝を果たしました。

 その時はタイガーからも

「Game over, very happy for Jason. Great dude and well deserved.
 やったな!おめでとう!ジェイソン!優勝にふさわしいすごい奴だよ!」

 とコメントももらいました。

 今オーストラリアの若い選手たちがアジアで頑張っているのは、10代で
 不良になりかけた後に世界で活躍するデイにも影響を受けているはずです。

 まさにロールモデル(お手本)ですね!
 
 それもデイを父親代わりに支えるコリン・サットンがいなければ今のデイ
 はいなかったかも知れません。

 改めてコーチや指導者の役割は大きいですね。皆さんも信頼するコーチと
 一緒に世界を目指してください!

てんとうむし詳細→Jason_Day_(golfer)


 |  リブログ(0)
2015年09月20日

石川遼はなぜ本調子でないにも関わらず優勝出来たのか?

テーマ:石川遼
アメーバ「10月に宮崎でトップジュニアを集めてキャンプやります!」
 
 こんにちは!今週は宮崎に来ています。9月はタイから北海道、すぐに宮崎
 でジュニアの試合と打ち合わせ、このあとハワイに飛んで冬のキャンプの視
 察を終えたら10月には秋の宮崎キャンプを予定しています。



 さて、今週の宮崎での試合だったのですが、チームで連れてきた子と一緒に
 練習ラウンドをした時に宮崎CCの目の強いグリーンをベントのように合わせ
 てパター打っていました。

 日本の高麗芝はアジアでよく見かける目の強いグリーンに似ていますね。です
 からそうではなくカップインの時のボールスピードを重視するようにアドバイ
 スしておきました。

 特に目と傾斜が同じ時は、気をつけるようにもアドバイス。結果はチームで連
 れてきた3人の小学生達が優勝、4位、5位と活躍してくれました。





 それから小学生の頃から宮崎に来た時教えていた子達がいまや高校生で久しぶり
 にアカデミーで会ったので、傾斜に対するセットアップのやり方をなどちょっと
 パッティングを教えてあげました。

 地方に住んでいるとなかなか専門的なアドバイスや実践に役立つテクニックなど
 のアドバイスが受けられませんからこういった機会に教えてあげたいですね。

 10月13日~22日までトラックマンを持ち込んで10日間キャンプをやりますの
 でその時また来てください。関東、関西の高校生のトップクラスの選手も呼ぶ
 予定です。

 一緒に練習したり宮崎の子たちと対抗戦とかやってあげたいですね!

 




アメーバ「ではなぜその調子で石川遼が優勝できたのか?」

 それから先週会ってきたばかりの石川遼が早速ANAオープンで優勝しました。

 先日会った時も「ドライバーでアドバンテージを取って戦う」と話していたば
 かりでしたが、Par3を除くすべてのホールで攻めきっての16アンダーの優勝
 はすごいですね。

 石川も「最後までドライバーがパラパラで調子も良くなかったのですが」

 と苦笑いの優勝でした。

 優勝した週のトラックマンデータもしっかり残してありますから、10月の
 宮崎キャンプの資料として使っていこうと考えています。

てんとうむし詳細→1年ぶりに石川遼と会って何を話したのか?





アメーバ「世界の芝を経験して身につけた攻めのバリエーション」

 さて・・・石川遼は24歳の誕生日の週ですでに12勝目!

 PGAツアーではなかなか勝てないので周囲ではいろいろ言う人もいますがこの
 成績を見る限り天才肌の選手ですね。

 石川遼のような華のある選手をどんどん世に送り出すにはどうやったいいの
 か?私達指導者も日々研究と勉強が必要です。

 例えば、「今週ドライバーがあちこちいってなぜ優勝できたのか?」ですが
 教え子の高校生の篠優希くんが石川の練習ラウンドをついて見に行った時に
 アプローチの上手さや距離感にびっくりしていました。

 篠もアマチュアでは相当ショートゲームが上手いほうですが、比べ物にならな
 いくらい上手い!と話していましたから相当なんですね。

「ラフからの70ヤードくらいのアプローチの距離感とか半端ない!」めちゃくちゃ
 ピンに寄っていきます。不思議なくらい・・・」と話していました。

 ティーショットが曲がってもパー以上で上がれる技術をジュニア時代から磨く
 必要があることがここから分かってきますね。

 ゴルフは、いろんな芝がありますからいかに対応できるか?ショットのバリエー
 ションの引き出しの多さを身につけることは重要みたいです。

 世界で戦っていたらそうなるのうでしょう。ですからいつも同じゴルフ場や試合
 ばかりを選ばずに、いろんな芝を経験することが重要ですね。

 上手くなってからアジアや世界の試合にいくのではなく上手くなるために海外に
 行きましょう!







 














 |  リブログ(0)
2015年09月16日

理想的なアマチュアからプロ入りへのステップとは?

テーマ:コラム
アメーバ「香妻陣一郎くんのプロ入りまでのステップをご紹介しましょう!」
 
 こんにちは!毎年この時期は秋の北海道に来ています。天気も良くちょっと
 札幌の街を散歩するなどして英気を養っています。




 昨日は久しぶりに香妻陣一郎くんとご飯を食べました。彼がアマチュアの頃、
 宮崎で一緒に練習してからの付き合いです。

 実は、私は当時から彼の才能を高く評価しています。人気女子プロの香妻琴乃選手
 の弟さんというよりも爆発力のある注目の若手選手ですね。。

 今週もANAオープンに出場するプロ入り3年目の彼にいろいろ話を聞いてきた
 のでご紹介しましょう!



アメーバ「ナショナルチームから大学ではなくプロ入りを選択」

 アマチュア時代に宮崎で過ごしていた彼と初めて会ったのは宮崎レイクサイド
 GCや青島ゴルフ倶楽部での試合や練習の時でした。冬場のキャンプで強風の中
 私のチームが苦労してプレーしたのに彼は、軽々300ヤード越えで打ってきて 
 64とか67を出してきたのでみんなびっくりしたのを覚えています。

 高校3年生になり「2012年日本アマチュアゴルフ選手権3位」「 2012年九州
 アマチュア優勝ナ」などでションルチーム入りするなど才能も開花し、彼は大
 学進学ではなく、QT受験とプロ入りの道を選びました。

 その理由も簡単明瞭で「大学行っちゃうと自分んは遊んでしまうと思っていたの
 で、高校時代からQTしか考えていまっせんでした。」

 と話す彼のその後のプロ入りへのステップは理想的な流れです。成績を見ながら
 紹介しますね。

 


アメーバ「高校卒業後3年連続でQTファイナル進出、シード獲得中」

 高校3年生の時、初めてのQTでファイナルステージまで進みました。でもサード
 を辛くも「補欠1」で通過してのファイナルで結果は100位。この位置からだと翌
 年のチャレンジツアーにほぼ出場出来ました。

てんとうむし詳細→2012 ジャパンゴルフツアーファイナルクォリファイングトーナメント

 高校3年ではこれくらいの成績が欲しいですね。高卒ですぐに翌年ツアーに出られ
 るのは理想です。しかし・・・

 プロ入り1年目の2013年はレギュラーに4試合、チャレンジに6試合出場したもの
 の成績は残念ながら振るわず、4度予選を通過したのみ獲得賞金も234万円で
 2013年もふたたびQTを受験します。

 2013年のQTはファイナルまで進み初日から60台を4日間並べて15アンダーで
 6位の好成績でシード権獲得!
 
 さらに期待がかかった2014年のツアー2年目はどうだったでしょうか?

てんとうむし詳細→2013 ジャパンゴルフツアーファイナルクォリファイングトーナメント



アメーバ「3年目の今年はツアーにようやく慣れてきてこれからが勝負」

 プロ入り2年目の2014年はレギュラーツアーを16試合戦って予選を10回通過した
 もののトップ10入りもなく獲得賞金は510万円止まり。チャレンジも8試合プレー
 しましたが結局こちらも振るわず裏シード獲得もならずにふたたび予選会へ戻ります。

 その年2014年のQTファイナルは、最初の二日間をトータル4オーバー・・・そこ
 からまくってきて70、67、68 ,65で14アンダー、14位でシードを獲得しています。

 成績からもバーディーをいかに量産して爆発力のある選手かがわかりますね。

てんとうむし詳細→2014 ジャパンゴルフツアーファイナルクォリファイングトーナメント

 そしてプロ入り3年目の2015年今年は、ここまでレギュラー10試合を戦って
 チャレンジ6試合を戦って予選通過7回の賞金も248万円。
 
 ここからが正念場というところです。



アメーバ「1年くらいツアーに出てたらすぐに1勝くらいできるんじゃないかな?とか平気で思っていました(笑)」
 
 でも高校を出て大学に行かずにプロ入りしてこれくらいの成績で試合を経験できた
 らきっと力もついてきますね。

 この3年間を振り返って本人も

「最初はレストランや食堂でもゆっくりできずになんか居心地が悪かったです。
 ロッカールームもゆっくりできずにツアーの水に慣れませんでした。最近は
 ようやく居心地も悪くなくなってきて調子も上がってくるかなと思っています」

「でも実はアマチュアの頃は1年くらいツアーに出てたらすぐに1勝くらいできるん
 じゃないかな?とか平気で思っていましたが(笑)現実は厳しいかったですね。」

 と答えてくれました。

 多くの高校生が自信が持てずにプロ入りを先延ばしして大学進学を選ぶ中でプロ
 にチャレンジしている姿は応援してあげたくなりますね。
 
 篠くんも香妻先輩のようにツアーにチャレンジしてプロとしてやっていって欲しい
 と思っていますし、これからもどんどんプロを紹介してあげて一緒に練習などして
 レベルをあげていきたいですね。。

 私もプロの世界にずいぶんと関係者も増えてきたので来年は篠くんも含め一緒に
 練習したいプロを目指す若い選手を集めて世話してしてあげてもいいかなと思っ
 ています。

てんとうむし詳細→香妻陣一郎選手の年度別大会成績はこちら

 |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース