1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2010年10月31日

アジアンツアーQスクールについて調べたみました

テーマ:ジュニアゴルフ
[[pict:futaba]]『アジアンツアーQスクールってどうなのかな??』

 日本でも今は来季のQスクールの真っ最中で
 予選会を落ちた選手は来季に向けての思案中

 アジアンツアーの予選会もそろそろエントリーどうしようかなと
 いう頃です。

 アジアンツアーQスクールが毎年1月にタイで開催されています。
 ということで、ちょっと気になったので調べてみました。

 [[pict:symbol3]]『2010 Qスクールファーストステージ』
 
 [[pict:item1]]MAJESTIC CREEK会場結果25名通過 カット3アンダー

 [[pict:item1]] RAYONG COUNTRY CLUB会場結果18名通過 カットイーブンパー

 [[pict:item1]]KAENG KRACHAN会場結果15名通過 カット2アンダー

[[pict:symbol3]]『2010 Qスクールファイナルステージ』

 [[pict:item1]]FINAL STAGE ROUND 1 SCORES

 [[pict:item1]]FINAL STAGE ROUND 2 SCORES※1オーバーカットあり

 [[pict:item1]]FINAL STAGE ROUND 3SCORES

 [[pict:item1]]FINAL STAGE ROUND 4SCORES
 
 で4日間3アンダーの上位40名の選手が来季のアジアンツアー
 シード選手となります。  =関連記事=
(しかし共同開催のヨーロパツアーの試合には出られませんが・・)

 去年は6名の日本人選手が新たにシードを獲得しています。

 ちなみに今年はのスケジュールは

(A) FIRST QUALIFYING STAGE
 72 holes scheduled : 12th - 15th January 2011
 Practice Rounds : 10th-11th January 2011

(B) FINAL QUALIFYING STAGE (72 holes scheduled)
 72 holes scheduled : 19th 22nd January 2011
 Practice Rounds : 17th-18th January 2011

 [[pict:item1]]アジアンツアーQスクール要項

 参加資格は、プロとハンディキャンプ2.4以下のアマチュアという
 ことで、全米アマの資格と同じレベルで参加出来るんですね![[pict:light]]

 レベルはかなり高そうなので、興味のある人は昨年の試合結果も見て
 おいてください。

 参加費はトータル$1.500(約12万円)ということなのですが、
 1次予選を通過すると3週間ほどの滞在とはなります。

 エントリーフィー12万に加えて滞在も費用も少なくとも50万くらいは
 準備が必要ですかね。・・・

 将来的にはアジアンツアーも含めた選手のマネージメントなどもお手伝
 いしようかなとは考えていますので・・もう少し調べてみて検討します
 が、機会があれば行ってもいいかなとは思います。

 そうなると年末年始のスケジュールも考えないとなーとか考えながら
 調べものしています。

 アジアのどこでも食っていけるみたいなハングリー精神がないとこれ
 からはプロとしてはやっていけないのかも知れませんね。
 
 気になるこのネタは近いうちにコラムに書きますね。


[[pict:smile]]マジックスケジュール
[[pict:mobile]] マジックモバイル予約
MAGIC web http://magicgolf.co.jp
Twitter account:https://twitter.com/magic_golf  
Contact MAGIC/TEL:03-6804-1295/FAX:03-6804-1296
E-mail:yoshi@primehill.net
※迷惑メール防止のため@は大文字で表記してあります。


 |  リブログ(0)
2010年10月30日

やりました!予選通過。いよいよ決勝へ!

テーマ:ジュニアゴルフ
[[pict:futaba]]『内藤雄士コーチの考えるジュニア世代のスイングとは?Vol.4』

 今週のABCチャンピオンシップでAY選手とSK選手の
 アマチュア二人がともに決勝へ進みました。

 特にAY選手はこの日1アンダーで調子も上がって来て
 いるようです。

 そんなAY選手を支えるのはショートゲームの確かな技術です。

 そこらへんのところを内藤雄士コーチに聞いてみました。

「洋佑は小さい頃からハイランドGCのショートコースで遊んで育ちま
 したので、自然とクラブのコントロールが身に付いたようですね。」

「ただ、子どものころは飽きてしまうので、練習メニューなども
 自分や親が見ていないとやらなかったりしたようです(笑)。
 もちろん今ではそういった事はありませんけど・・・」

「練習が習慣になって定着するまでは、子どもには何度も言って聞かせる
 事も必要ですね。」
 
 と話してくれました。

 私の持論の1つとして『ゴルフはいつも同じ動作の繰り返しで、子ども
 にとっては飽きてつまらないスポーツ』というがあります。

 緑の芝の上で、白いボールを打つ事は飽きる・・・という事なのですが
 そう考えると、いかに飽きさないように練習を続けさせるのかは難しい
 ことになります。

 AY選手クラスの子でもそうであったのであれば?
 一般のジュニア選手はもっと興味を持たせるのが
 難しいのかも知れません。

「なんで練習しないんだ?」等とムキにならず、子どもにとってゴルフ
 はその程度の遊びと割り切って向き合ってあげることが大切ですね。

 ちなみにマンデー予選落ちした二人は、さらにやる気満々で!「これか
 らマジで頑張ります」とそういった心配はなさそうでした。

 ちょっとゴルフに飽きたらマジックにでも遊びに来て下さい。というか
 すでに飽きて練習が体操に?なっているかも知れません・・・

 子どもをやる気にさせる事に関してはマジックは自信があります。[[pict:ok]]

 11月はマジックライダーカップなどのチーム戦も行います。

 たくさんの賞品で皆様のご参加お待ちしています!


『浅地洋佑選手ドライバーショット.MOV 』

[[pict:smile]]マジックスケジュール
[[pict:mobile]] マジックモバイル予約
MAGIC web http://magicgolf.co.jp
Twitter account:https://twitter.com/magic_golf  
Contact MAGIC/TEL:03-3486-3703/FAX:3486-3716
E-mail:yoshi@primehill.net
※迷惑メール防止のため@は大文字で表記してあります。


 |  リブログ(0)
2010年10月29日

SK君がABCチャンピオンシップ6位発進!

テーマ:ジュニアゴルフ
[[pict:futaba]]『日本学生を制した教え子が活躍しています!』

 ABCチャンピオンンシップ初日、アマチュアのSK君
 が6位タイと好発進です!

 SK君は、前任校の監督の時のゴルフ特待生の一人で
 石川遼選手と薗田峻輔選手との間にあたる選手です

 高校入学後すぐに成長痛に悩まされ1年間練習が出来なくなるなど
 したので、時間がかかってもゆっくりやろうと話をした事を思い
 出します。

 とはいっても、中学時代は野球の世界では注目のアスリート選手で
 プロのスカウトからもチェックが入ったほどです。

 エースで4番、打ったらホームラン!と中学生の頃は野球がメイン
 でゴルフは趣味程度でしたが、全国大会をいきなり優勝するなど
 急に頭角を現して来た選手です。

 運動能力的には、石川選手や薗田選手をはるかに超える資質があり
 ヘッドスピードも軽く50m/秒を超えています。

 今年、日本学生を勝ってから急に力をつけてきて男子ナショナルチーム
 の次期エースとしても期待されています。

 練習日も久しぶりに合った時、「今週は行けそうです!」と話して
 くれていたので活躍が楽しみですね。
 
 頑張れ!カツ君!皆さん応援よろしくお願いいたします!


[[pict:futaba]]『内藤雄士コーチの考えるジュニア世代のスイングとは?Vol.3』

 内藤コーチの考えるスイング作りのポイントの一つ
 に『腕を暴れさせない』という点があげられます。

「ボールを使ったスイング作りは、どんなタイプのプレーヤにとっても
 有効な練習方法のひとつです。」

「一言で言うとディメリットの少ない練習方法です。ドローボールヒッタ
 ーでも、フェードボールヒッターでもどちらのタイプにも合います。」

「AY君もクラブがループするタイプのプレーヤーだったのですが、ボー
 ルのスキルを繰り返す事により、腕も暴れなくなりずいぶんと良くなっ
 て来ました。」

 と話してくれました。

 そういえば片山晋吾選手もずっとボールを挟んで練習をしています。

 ちなみにAY君は市販品よりもさらに大きなものを自作して、ボディー
 ターンをよりレベルアップするように練習しています。
 
 皆さんもぜひ毎日の練習の中に取り入れてみて下さい。

 ボールを挟んで違和感を感じるようではいけないという事ですよ!


[[pict:smile]]マジックスケジュール
[[pict:mobile]] マジックモバイル予約
MAGIC web http://magicgolf.co.jp
Twitter account:https://twitter.com/magic_golf  
Contact MAGIC/TEL:03-6804-1295/FAX:03-6804-1296
E-mail:yoshi@primehill.net
※迷惑メール防止のため@は大文字で表記してあります。


 |  リブログ(0)
2010年10月28日

内藤雄士コーチの考えるジュニア世代のスイングとは?Vol.2

テーマ:ジュニアゴルフ
[[pict:futaba]]『内藤雄士コーチの考えるジュニア世代のスイングとは?Vol.2』

 日本人のアマチュア選手で最も完成されたスイング
 の一人が、今回ABCチャンピオンシップに出場する
 AY選手(17歳)です。

「アイアンは1年くらいずっと調子がいいです。ストレートボール
 を打ってます。アイアンは曲がりませんね!」

 というように、ピンにストレートに立てに落ちていくボールはプロ
 と比べても遜色はなく、なるほどパターさえ良ければいつでも60台
 を出す事は可能です。

 失礼ながら、アイアンが右や左にばらつくキャンプに参加するジュニ
 ア選手とは格段に精度の違いが見られます。

 そんな彼も含めて、内藤コーチの指導する選手はストレートボールと 
 若干のフェードボール中心に組み立てる選手が多いようです。

 今の日本ツアーをリードする藤田選手やキムキョンテ選手もフェード
 ボールの名手です。ということで、私の

「ジュニア選手にはドローとフェードのどちらを指導したらいいのです
 か?やっぱりフェードですかね?」

 という質問については、内藤コーチ曰く・・・

「特にフェードボールにこだわって指導している訳ではなく、打ちやすい
 ボールを打ったほうがいいと思います。ただ・・・」

「体に小さい(上背のない)日本人がロングアイアンをドローボールで
 止めていくのは難しいと思います。距離の長くなっている今の時代に
 は長いクラブを持つ機会が増えているので、フェードボールで止められ
 た方が楽なのかも知れません。」

「でも、球筋は人それぞれで構いませんよ」とも付け加えてくれました。

 飛距離重視ではなく確実にフェアウェイからピンを縦に落ちるボールで
 狙って、最後は得意のパター戦に持ち込む戦術は高い確率で上位に食い
 込む事が出来、あわよくば優勝のチャンスを狙えるという確率の高い戦
 い方であると思います。

 10年前からこの辺のポイントを見極めて指導して来たからこそ、選手
 の育成に結果を出しているのだと思いました。

 結果を出してなんぼの世界ですし、ジュニア時代は一度しかない訳です
 から色々なコーチの話を聞いて自分に合った教え方をしてくれるコーチ
 に教えてもらう事が大切だと思います。

 自己流で頑張らずに適切な指導や助言を受けた方が回り道をせずに済む
 こともあるかと思います。

 明日はAY選手のようなスイングを作るポイントを、内藤コーチに聞い
 て来ましたのでご紹介します。

 明日もお楽しみに!


『浅地洋佑選手フェアウェイウッドショット.MOV 』

[[pict:smile]]マジックスケジュール
[[pict:mobile]] マジックモバイル予約
MAGIC web http://magicgolf.co.jp
Twitter account:https://twitter.com/magic_golf  
Contact MAGIC/TEL:03-3486-3703/FAX:3486-3716
E-mail:yoshi@primehill.net
※迷惑メール防止のため@は大文字で表記してあります。



 |  リブログ(0)
2010年10月27日

内藤雄士コーチの考えるジュニア世代のスイングとは?Vol.1

テーマ:ジュニアゴルフ
[[pict:futaba]]『内藤雄士コーチの考えるジュニア世代のスイングとは?』

 長年ジュニアの育成に携わっていると、この世代を育
 てることに長けている(指導が合っている)コーチと
 出会います。
 
 この10年のジュニア育成に関わっていて多くのコーチの皆さんの指導
 を拝見して来ましたが、最も成果を出しているコーチの一人がツアー
 プロコーチの内藤雄士氏です。

 日本人選手に合ったスイングを指導するという点に置いては、一歩
 抜きん出ているようで、プロ契約選手も確実に成績を修めています

 彼のような優秀なコーチの指導を見ていると、個人スポーツである、
 ゴルフはチームや学校などの環境が育てる以上に、指導者の役割や
 影響力が大きいなと感じます。

 フライチャンズ展開されたゴルフスクールや、グループレッスンでは
 選手が育った場合でも、それはシステムが育てたというよりもその時の
 熱心なコーチ(指導者)が育てたのだという事です。
 
 レッスンを受けるのかならこの環境ではなくこの人![[pict:light]]とピンポイント
 で学ぶ方がいいと思います。

 私も前任校の監督時代は、内藤氏の主催するアカデミーにも協力して
 いただきチーム作りを行っていました。
(監督退任の時、その環境はすべて前任校に差し上げて来ているので、
 在学中の生徒は、安心して指導を受けていたようです。)

 かつて一緒に仕事をした内藤コーチと試合会場で話をして来たのでコラ
 ムにてご紹介です

[[pict:futaba]]『マナセロの優勝は凄いですね!』

 まず話は当然この話題から・・・

 17歳から20歳くらいの世代の活躍が凄い事になって
 来ています。
 
 優勝するのが当たり前かというくらいの勢いで、来月開催される
 WGCHSBC選手権にもMcIlroy, Rory、Manassero, Matteo、
 Noh, Seung-Yul、Kyung-Tae, Kim、Fowler, Rickie、Ishikawa, Ryo
 Ikeda, Yuta、Sonoda, Shunsuke等の若手選手が出場します。

 17歳6ヶ月で最年少でHSBCに出場するMマナセロ選手とまったく同じ
 17歳6ヶ月のAY君も今週のABCチャンピオンシップに出場します。

マナセロとは去年の12月にオレンジボールで一緒に試合をしました。
 その時、自分は打ってしまったんですが、彼は普通にいいゴルフ
 やっていて優勝争いしていました。」
 
 AY君からすれば、同じ年のライバルに先を越されたというところで
 今回、マスターズの出場を逃したのももったいないくらいの感覚な
 のが当然だと思います。

 ゴルフに対する考え方の進化こそが若手選手の台頭につながって
 来ている訳で、そんなAY選手のスイングについて内藤コーチに
 一つ質問をさせていただきました。

「ジュニア選手にはドローとフェードのどちらを指導したらいいのです
 か?」

 ちなみにAY選手はアイアンはストレートボール、その他もフェードボ
 ールに近い球でゴルフを組み立てています。

 さて、続きは明日のコラムにて・・・
 

『浅地洋佑選手アイアンショット.MOV 』

[[pict:smile]]マジックスケジュール
[[pict:mobile]] マジックモバイル予約
MAGIC web http://magicgolf.co.jp
Twitter account:https://twitter.com/magic_golf  
Contact MAGIC/TEL:03-3486-3703/FAX:3486-3716
E-mail:yoshi@primehill.net
※迷惑メール防止のため@は大文字で表記してあります。


 |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース