テレビがママ!映画がパパ!~テレビと映画の感想日記

テレビと映画に育てられた昭和世代が今日観て感じたことを書いています。

一緒に父ちゃん捜してやっから!などと言って、
みね子(有村架純)を度々連れ出している
綿引(竜星涼)です。

― ヤッパ、この人アタシに気があんのかしら?

みね子からそー思われたとしても、
仕方のないところでありましょう。

『この辺りでお父さんを見かけた人がいる』などといった
しょーもないウソついてまで誘ってくるなんて…。

東京に来て、
いきなりモテちゃったりて、
きっと思いっきり調子こいてたに違いない
みね子です。

今日も、
当たり前のようにクリームソーダをごちになってました。

>東京に来たけど、
>あんまし人が多いとごに行かないから慣れてなくて…。
>慣れるもんですか?

ついこの間、
赤坂に行ったばかりだというのに
綿引の手前、ブリッコしてそー言って見せてた
みね子です。

東京は確かに人が多いけど、
みんな俺たちと同じだとか言われてました。

>ほとんどの人は東京にいた人じゃなく、
>東京に来た人たちだって!
>来て、いつの間にか、東京の人になるんだって!

そー先輩から教わったという
綿貫です。

― どんなにうまい食い物も、いずれはう○こになる…とか?

う○こでいっぱいになった東京で、
う○こ同士、仲良くやろーぜ!と、
そういった話でしょうか?

>へぇー。
>東京のう○こかぁ…。

みね子が窓の外を通るう○こを
しみじみと眺めておりました。

まあ、
そんな話はどーでもイイから、
次こそはクリームソーダじゃないやつをお願いネと、
きっと内心思ってたに違いありません。

~NHK 連続テレビ小説「ひよっこ」第37回より

【今日の勘どころ】

クニからいろいろ届く子と、
ハガキすら届かない子といて、
それも何だか残酷で…という
愛子さん(和久井映見)です。

― やはり、届いた子は“取られ放題”だからでしょうか?

今日も、
優子(八木優希)がクニから届いたハタハタの佃煮を
部屋の皆に平等に分け与えておりました。

自分には何も届かないのに、
他の子に何か届くといつも真っ先に飛びつくという
澄子(松本穂香)です。

ハタハタの佃煮を掴んだ手をふと止めてました。

>どーした?澄子。
>どーした?何か、嫌なごどあっだ?

― ひょっとして、ハタハタの佃煮が大嫌いとか?

いくら柔らかく煮詰めてるなどと言われても、
たまに小さな骨みたいなのが歯茎とかにあたったりするのが
たまらなく嫌なのかもしれません。

なのに、
おれ、もらうばっかりで、
何か、恥ずかしくてなどと、
今さらながらに言い出してるのでした。

干し芋が来た時には、
何の躊躇もなくガッツいてたくせにと、
みね子はきっと思ったことでしょう。

― いきなり、ばあちゃんの話を始めてました。

とっても優しくて大好きだという
ばあちゃんです。

学校でケガしたら、
ふだん腰の曲がってるばあちゃんが、
腰をピ〜ンとまっすぐにして、
走って迎えに来たというのでした。

きっと皆の頭の中では、
田舎道を高速で疾走する鈴木のばっぱ(大方斐紗子)
みたいな婆さんをイメージしていたことでしょう。

とっても優しくて、
いざとなると高速で迎えに来てくれるという
ばあちゃんです。

― だったら、何でハガキの一枚も寄越さないのか?

それはおかしいでしょ!
いくら何でもつくり過ぎだ!
などと言われてしまいました。

ばあちゃんをネタにした話をして、
皆の前で見事にスベってしまった澄子が、
その晩、密かに布団の中で悔し涙を流しておりましたとサ!
といったお話です。

…たぶん。



↓お楽しみ頂けましたなら押してみてください。

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


連続テレビ小説 ひよっこ Part1(NHKドラマ・ガイド)




こちらで映画・テレビ・音楽・オーディオ・文学の知的薀蓄コラムサイトもやってます↓
変身!テツガくん~どんなことでもカッテに哲学しよう!|映画・テレビ・音楽・オーディオ・文学の知的薀蓄コラムです
AD
 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。