鉄道で行く旅・管理人のブログ

鉄道で行く旅・管理人のブログです。

NEW !
テーマ:

日曜日の午後編です。

地下鉄のバービカン駅へ。

 

ここは、コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」の物語の中で「We(ホームズとワトソン博士)」が地下鉄を利用する場面で出てくる行先です。

We travelled by the Underground as far as Aldersgate and a short walk took us to Saxe-Coburg Square,

この記述は、The Adventures of Sherlock Holmes by Arthur Conan Doyleに収録されているThe Read-headed Leagueからの引用です。なお、この作品の邦題は「シャーロックホームズの冒険」の中の「赤毛連盟(または赤毛組合)」です。
注:Aldersgate(オルダースゲート)の駅名は、オルダースゲート&バービカン駅という駅名を経て、1968年12月1日から現在のBarbican(バービカン)駅になっています。

 

右側のホームはナショナル・レールのテムズリンク・ムーアゲート支線の廃線跡です。

 

ピムリコ駅まで移動して、ロンドンの美術館の一つのテート・ブリテンに入館しました。

何年かぶりに見たジョン・エバヴァレット・ミレーの「オフェーリア」です。ヨーロッパの主な美術館ではフラッシュなしであれば写真撮影が可能ですので、記念に撮影しました。

ミレーの「オフェーリア」といえども、この美術館では多くの名作のうちの一つに過ぎないため、独占状態で鑑賞することができました。この他では、ターナーの作品を中心に鑑賞しました。

 

テート・ブリテン前からタクシーに乗車し、ある場所に向かいました。

BBCの「シャーロック」のシーズン3に出てくるレインスター・ガーデンズです。中央にある2本の木の裏の部分がダミーのような壁だけに近い状態になっている建物です。

近づいて観察すると屋根裏部屋がないところの下部(窓がスリガラスになっている部分)が空疎な部分のようでした。

 

裏側に回ってみると、こんな感じです。ロンドン地下鉄が、まだ蒸気機関車の時代に作られた換気孔のようです。ロンドンの地図にも「Rail Tunnel Vent」と書いてありました。

 

日曜日の夕食です。

コンシエルジュに予約してもらっていたレストラン「シンプソンズ・イン・ザ・ストランド」に向かいました。

シンプソンズは老舗ホテルのザ・サヴォイが経営するレストランで、ザ・サヴォイに隣接しています。利用後のクレジットカードの請求明細の請求元も「THE SAVOY HOTEL LTD」になっていました。

 

シンプソンズの入口です。

 

このレストランは、シャーロック・ホームズの「The Adventure of the Dying Detective(瀕死の探偵)」とThe Adventure of the Illustrious Client(高名な依頼人)に登場します。

その中でも、「高名な依頼人」では、下の記述の前に1902年9月の話であることが書いてありますので、私の今回の旅でのレストラン利用の114年前にホームズ(シャーロック)とワトソン(ジョン)が、同じ店で食事をしていたことになります。

It was not possible for me to follow the immediate steps taken by my friend, for I had some pressing professional business of my own, but I met him by appointment that evening at Simpson’s, where, sitting at a small table in the front window and looking down at the rushing stream of life in the Strand, he told me something of what had passed.

現在のシンプソンズの食堂部分は1階だけが使われていますが、ホームズの時代には2階も使われていたようです。ホームズたちが座った席は2階のストランド街に面した窓に隣接したテーブルだったと考えられます。つまり、1階玄関の真上の部屋ですね。

また、高名な依頼人が誰かというのは、ホームズと同様で「言わぬが花」だと思います。ご参考までに書いておきますと、1902年はヴィクトリア女王の薨去後ですのでエドワード7世の時代になっています。

 

この日のメインディッシュのローストビーフとヨークシャープディング他です。

イギリス料理なので、食べるまでは不安でしたが、スターター(スープ)、メインディッシュおよびデザートの全てが口に合うものでした。総合的にみても結構おいしかったと思います。

ワインは英国人好みのボルドー(仏)の赤ワインを注文したかったのですが、グラス単位で注文できる範囲では気に入ったものが見当たらなかったため、カリフォルニアのナパバレーの赤ワインをオーダーしました。

AD
いいね!した人
NEW !
テーマ:

ベーカーストリート221bです。

架空の人物なのにシャーロック・ホームズの住居跡を示すブルー・プラークが取り付けてありました。

 

ベーカーストリートです。

 

名探偵の銅像です。

 

地下鉄のベーカーストリート駅の通路です。以前に比べると、ホームズのタイルが激減していました。

 

ランガムホテルの記念プレートです。オスカー・ワイルドとアーサー・コナン・ドイルが会食した場所です。

 

BBCのシャーロックでは「ノーサンバーランドのカフェ」として出てきますが、実際にはソーホーにあるTapas Brindisa Sohoです。

 

ピカデリーサーカスです。ラテン語の「サーカス」は英語のサークルと同義語です。

曲芸のサーカスは、劇場(テントなど)の形が円形だったことからサーカスと呼ばれるようになったのだと思います。

 

旧コックス銀行の建物(チャリングクロスから移築)です。17年ぶりに訪れたところ、高級ホテルのソフィテルになっていたので、驚きました。

 

チャリングクロスから旧型のロンドンバス(ルートマスター)に乗ってロンドン塔に向かいました。旧型のロンドンバスは一部の観光路線だけですが動態保存を兼ねたような形で、今も運行されています。

 

ルートマスターの2階席の最前列から撮った対向車のルートマスターです。

後方はセントポール大聖堂です。

 

ロンドン塔でバスから下車しました。

旧型ルートマスターにはオイスターカード(ロンドン周辺で使えるICカード)のリーダー/ライターが取り付けられていませんが、オイスターカードで利用することができます。バスの車掌が携帯型の端末を持っており、車内検札時に車掌にオイスターカードを渡すと、バス運賃がオイスターカードから引き落とされます。

 

タワーブリッジから見たロンドン塔です。

 

ロンドンブリッジから見たタワーブリッジです。

♪London Bridge is falling down, Falling down, Falling down.
 London Bridge is falling down, My fair lady

 

地下鉄のオ(ア)ルドゲート駅です。シャーロック・ホームズの「ブルースパーティントン設計書」に出てくる駅です。

AD
いいね!した人
NEW !
テーマ:

ロンドンの日曜日です。

大きな駅の近くにある米国資本のマクドナルドやスターバックスは朝から営業をしていますが、駅構内を含めて普通の英国の商店は12時までは営業していません。

そういう事情により、ホテルのレストランでイングリッシュブレックファストを食べました。画像はホテルのレストランから見たストランド街です。

 

朝食後、地下鉄に乗ってセントジョンズウッド駅へ。

 

アビー・ロード・スタジオに向かう途中で有名人の住居跡を見つけました。

サー・トーマス・ビーチャムの住居跡です。来日歴がないため、日本では、指揮者としてよりもロンドン・フィルハーモニー管弦楽団とロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団を創設したことのほうが知られているのではないかと思います。

 

音楽関係者といえば、ロンドンのビクトリア駅の近くで、ある音楽家の滞在先だった住宅を見つけました。

フェリックス・メンデルスゾーンが英国滞在時に使っていた住宅です。

 

瀧連太郎とライプツィヒ

昨年に旅した、ドイツのライプツィヒの街並みを思い出しました。(2015年9月撮影)

 

元に戻って、アビー・ロード・スタジオ付近です。

アビー・ロードの横断歩道を渡りました。

 

アビー・ロード・スタジオです。

 

ビートルズの映画の撮影が行われたメルリボーン駅横のボストン・プレイスです。

 

ビートルズの映画に出てくるメルリボーン駅です。

 

メルリボーン駅のプラットホームです。

AD
いいね!した人

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。