1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2018-02-25 09:55:33

東宝俳優録28 大橋史典(樺山龍之介)

テーマ:俳優

大橋史典と聞いてピンと来る人は、怪獣好きとか特撮好きの人がほとんどではないだろうか。東宝の俳優としては端役がほとんどだったが、俳優の傍ら怪獣造形も手掛けていたことで知られている。
大橋は1915年生まれで、本名は大橋幸利という。東京美術学校の彫刻科を卒業し、35年に松竹蒲田の演出課に入り助監督となっている。
36年、全勝キネマの俳優募集に応じて入社する。本名に近い大橋行利を芸名としたが、後に樺山龍之介と改名する。2メートル近い身長と野性的な風貌が求められ、「密林の覇者」(37年)で、山の男ターザンを主演した。その後も「巌窟王ターザン」「復習王ターザン」(38年)などでターザンを演じ、和製ターザン役者として全勝のスターとなっている。
その一方で、33年にアメリカで公開された「キングコング」の追随企画である「江戸に現れたキングコング」(38年)では、猿人の造形を手掛けてスーツアクターも兼任するなどしていた。しかし、まもなく応召され樺山龍之介の名が復活することはなかった。
戦後は大映、マキノ芸能社を経て東宝に入社している。かつてのスターではあったが、大橋史典と改名し山本嘉次郎の助監督となっている。一方、相良三四郎名義で俳優活動も継続するという二刀流は相変わらずであった。
48年に「忍術自来也」の製作に参加し、独自で軽量化したコムパウンド・ラテックスを開発し特許を取ったらしいが、後年「マグマ大使」を共に手がけるピープロ社長のうしおそうじは、調べてみるとそれについては怪しいと証言している。しかし、着ぐるみにラテックスを初めて使ったのは大橋であることは認めている。
51年に大橋工芸社を設立。「ゴジラ」(54年)の着ぐるみ制作にも関与したというが、他のスタッフは「当時の大橋は俳優であり、怪獣造形にはかかわっていない」と食い違う証言もある。「獣人雪男」(55年)では、雪男の造形を務め、自ら中に入っている(相良三四郎名義)。造形に関しては、大橋工芸社として東宝以外の作品にもかかわっていた。
俳優としても大橋史典を名乗るようになり、「蜘蛛巣城」(57年)や「用心棒」(61年)といった黒澤作品に出演している。「用心棒」では、冒頭で三船敏郎に斬られる大男を演じているのが大橋である。ここでも大橋は役者以外に斬り落とされた手首の作成も手掛けている。
63年に東宝を離れ、日本電波映画と専属契約しており、テレビにも活躍の場を広げていった。ほぼ造形が中心で、役者をすることはほとんどなくなったが、「マグマ大使」(66年)第1話に登場する恐竜は自作自演であった。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-02-22 00:27:43

東宝俳優録27 中北千枝子、浜田百合子

テーマ:俳優

今回は中北千枝子、浜田百合子である。この二人には共通点がある。
監督と結婚した女優というのは結構いると思う。東宝で言えば、黒澤明と矢口陽子、谷口千吉と若山セツ子→八千草薫などが思い浮かぶが、先の二人はプロデューサーと結婚した女優でなのある。相手は中北は田中友幸、浜田は本木荘二郎だ。
中北千枝子は26年生まれ。高校卒業後、東邦生命に勤務するが、43年に設立された日本映画学校の生徒募集に弟が願書を提出したという。とりあえず受験したところ、合格したので東邦生命は退社して学校に通った。本人は女優になりたいという強い熱意はなかったが、在学中に実習映画でヒロインを演じた。卒業後の44年に東宝に入社。戦中でも映画女優になれたことが意外な感じがする。
同年の「日常の戦ひ」のヒロインで映画デビュー。東宝の戦後第1回作品である「歌へ!太陽」(45年)にも出演。黒澤映画「素晴らしき日曜日」(47年)に沼崎勲と共に主演。以後「酔いどれ天使」(48年)、「静かなる決闘」(49年)と黒澤作品には出演しているが、田中友幸との結婚は48年のことであるが、当時の黒澤作品のプロデューサーといえば本木荘二郎である。田中とはどこで、と思ったが有名なところでは「わが愛は山の彼方に」(48年)が田中のプロデュース作品だ。遡ると「明日を創る人々」(46年)の製作に田中の名前もある。これがきっかけかどうかは不明だが、まあ同じ東宝にいればいろいろ機会はあったであろう。
東宝内部では、田中友幸派と藤本真澄派の二大派閥があったというが、中北は結婚後も藤本プロデュース作品に結構出ている。女優としての評価は高かったのである。ちなみに藤本は最も力のあるプロデューサーであったが、生涯独身であった。
中北を知らないという人でも「ニッセイのおばちゃん」の人といえばわかる人もいるのではないだろうか。17年にわたって日本生命のCMに出ていたのが彼女である。
浜田百合子は23年生まれ。彼女も日本映画学校の出身で中北の1期あとのようである。卒業後の45年に東宝に入社。ちなみに大映の女優である浜田ゆう子とは混同しそうな気がするが、一字違いの浜木綿子と間違える人はあまりいないだろう。
デビュー作は今井正の「民衆の敵」(46年)で、この時のプロデューサーが本木であった。前述の「明日を創る人々」や「十一人の女学生」(46年)では中北とも共演している。
彼女が本木と結婚したのは51年のこと。何となくだが、この結婚には利害関係を感じずにはいられない。本木は豪邸を建て派手な生活を起っていたというが、株式投資に失敗し穴埋めに予算を私的流用したことが発覚、スタッフへの未払いなども起こし、東宝との契約を解除されている。本木が東宝を追われた57年に二人は離婚しているのである。浜田はその後、東映と契約を結ぶが、「デン助の陽気な拳闘王」(58年)を最後に映画界を去っている。
共に名プロデューサーと結婚しながら、結果は大きな明暗を分けたのである。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-02-18 12:15:16

東宝俳優録26 夏木陽介 その2

テーマ:俳優

前回の続きである。73年、夏木陽介は東宝の先輩であった三船敏郎に「俳優が必要なんだ」と誘われ、竜雷太とともに三船プロダクションに移っている。
そこで制作されたのが「荒野の用心棒」(73年)であった。主演は夏木と竜に加えて、渡哲也という異色の組み合わせであった。三人ともあまり時代劇のイメージがないが、渡は前年に「忍法かげろう斬り」に主演していたところ、病気で途中降板し、復帰したところであった。その代役を弟の渡瀬恒彦が務めていた。夏木と竜は「東京バイパス指令」(68~70年)に続く共演であった。
そして「Gメン75」に出演するが、これはプロデューサーの近藤照男に「力を貸してほしい」と直に頼まれたものであったようだ。夏木は承諾したが、出演は三回に一回くらいにしたいと要望したため、警視庁サイドのGメンという特別なポジションに落ち着いた。夏木は映画、ドラマを通じてこれが初の東映作品出演だったが、メンバーに東宝の同僚であった藤木悠がいたため入りやすかったという。藤木とは東宝映画ではもちろんのこと、テレビでも「青春とはなんだ」「太陽野郎」「東京バイパス指令」と共演が多かったのである。
映画の世界では黒澤明に代表されるように監督が「天皇」と呼ばれることがあったが、この「Gメン」においては前述の近藤Pがまさに「天皇」状態であったといえる。番組初期の実質的主役であった原田大二郎演じる関屋警部補が早くに殉職したのは、夏木によると原田が近藤に意見したからであったようだ。近藤は「嫌ならやめろ」と原田の降板を決めてしまったのである。その後任として選ばれたのが横光克彦であったが、OPのタイトルバック撮影の際、用意されていたネクタイをしてなかったことに近藤が激怒し、追い返してしまったのである。しばらく、原田の後任がなく六人体制だったのはこういう事情による。その後、横光は同じ東映制作の「特捜最前線」で紅林刑事役に抜擢され、Gメンより長い九年の間レギュラーを務めたので、結果としては良かったのかもしれない。ちなみに前番組であった「バーディ大作戦」の最終回のラストで、唐突に谷隼人と松岡きっこが爆死したのも、この二人が恋愛関係に陥ったからということであったようだ(共演者の恋愛を禁止していた)。
夏木も結局は近藤と食事の代金を払う払わないで口論となり、自分から降板を決めたという。近藤は降板エピソードを作ろうとしたが、夏木はそれを断り、番組からフェードアウトしたのである。夏木も若い頃から言い出したら後には引かない、といったところがあったようだ。
夏木は82年に三船プロを退社し、個人事務所として「夏木プロダクション」を創設した。後に自らのマネージメントだけでなく後進の育成も行うようになった。この当時は俳優の仕事よりラリーに参戦することが中心になっている。
2014年に、高齢を理由に夏木プロダクションを解散したが、翌年「オフィス夏木」を創設した。
夏木の公式ブログには、16年に東宝映画の同友会が開かれ、宝田明、司葉子、星由里子、菱見百合子、江原達怡、杉葉子などと再会したことが書かれている。また17年1月には「青春学園同窓会」が開かれ、浜畑賢吉、中村雅俊、そして生徒役だった約100人が参加したという。今回は欠席だった竜雷太、村野武範も来年はぜひ参加してほしいと書かれていたが、夏木はその丁度1年後である18年1月(つまりつい先日)腎細胞癌のため81歳で亡くなったのである。意外なことに生涯独身であった。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-02-15 00:48:06

東宝俳優録26 夏木陽介

テーマ:俳優

瀬木俊一、佐藤允と来たら、夏木陽介ということになろうか。
夏木陽介は36年八王子生まれで、本名は阿久沢有(たもつ)という。54年に明治大学経済学部に入学。画家の中原淳一が発行する雑誌「ジュニアそれいゆ」のモデルにスカウトされたことがきっかけで、58年の大学卒業と共に東宝に入社する。明大といえば、高倉健、山本麟一、今井健二、大村文武など東映ニューフェイス御用達のようなところだが、夏木は何故か東宝だ。夏木陽介という芸名も中原の命名である。
映画デビューは「美女と液体人間」(58年)で、アベックの役(相手は家田佳子)である。同年の「密告者は誰か」で、は早くも主演に抜擢されている。「青春を賭けろ」(59年)でも主演だが、坂本九、山下敬二郎、ミッキー・カーチス、井上ひろし、スパイダース加入前の釜范ひろし等、当時の人気歌手が大勢出演している映画である。デビュー当初はこういったハイティ-ンものが多かったが、次第に「青い夜霧の挑戦状」「断崖の決闘」(61年)といったアクションものが増えていった。
そして、前項でも書いたとおり、「紅の空」「どぶ鼠作戦」(62年)といった佐藤允、加山雄三とのトリオでの出演作も作られた。佐藤によると加山と夏木は仲が悪かったという。
このように主演作も多かった夏木だが、加山の「若大将シリーズ」や佐藤の「独立愚連隊」のような代表作といえるような作品はなかった。64年頃から俳優業への情熱が冷めていき、ビジネスに関心を向けていた時、親しかった助監督の松森健がテレビドラマで監督に昇格することになり、出演を引き受けたのが「青春とはなんだ」(65年)であった。ドラマは大ヒットし、東宝の青春ドラマはシリーズ化されていった。夏木もこれを機にテレビ中心の活動にシフトしていった。
竜雷太との青春教師コンビが刑事に転身と話題になった「東京バイパス指令」(68~70年)や明智小五郎を演じたNHKドラマ「明智探偵事務所」が印象に深い。とはいっても内容はほぼ覚えていない。「東京バイパス指令」は、40年ほど前に再放送を見たきりである。CSが開局してまもなく放送されたらしいが、自分が加入してからは放送されていない。この後番組が東映制作の「ゴールドアイ」だったようだが、このほどCSで放送が始まり40数年ぶりに見ることができている。「バイパス指令」も放送してほしいものである。
「明智探偵事務所」に関しては、本放送を1度見たきりだが、こちらはVTR撮影だったためテープは使い回しで上書きされ、二度と見ることはできなさそうである。OP曲は何故かしっかり覚えているが、中身は全然記憶にない。自分は当時子供ながらも、面白かったという印象はある。しかし夏木によれば、本作についていい思い出はないようで、大阪制作なので通うのが大変だったことや、スタッフに不満があったことを述べている。1年の予定が半年で終了したのは夏木自身が降板を申し出たことも原因だという。
次回に続く。

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2018-02-11 19:12:30

東宝俳優録25 佐藤 允

テーマ:俳優

今回は「スリーガイズ」から佐藤允である。
佐藤允は34年生まれ。出身は佐賀県の神埼市であり、先日自衛隊のヘリが民家に墜落したところである。4歳のときに父は戦死し、教員の母に育てられたが、腕白(不良)だったため、高校は4つも変転しているという。日大三高を卒業とウィキにはあるが「日本映画俳優全集」では日大二高となっている。より新情報であるウィキの方が正しい気がするが、前述の経緯から両方に通った可能性もある。
高校卒業後、俳優座養成所に4期生として入団。同期には宇津井健、仲代達矢、中谷一郎、佐藤慶などがいた。劇団のユニットで「坊っちゃん」や「思春の泉」(53年)に端役で出演。後者の主演は同期の宇津井であった。佐藤充名義だったらしいが、允(まこと)があまり一般的な字ではないために似た文字にしたのか、それとも本人の意向ではなく単純に字を間違えられた可能性もある気がする。
56年に東宝入りし、「不良少年」で映画デビュー。少年院にいる少年役であった。日本人離れしたアクの強いマスクなこともあり、当初は凶悪犯やチンピラといった悪役での出演が多かった。
58年に「昭和刑事物語 俺にまかせろ」で初主演。宮口精二と親子刑事を演じている。妹役は若林映子であった。「手錠をかけろ」(59年)でも刑事役を好演。そして「独立愚連隊」(59年)である。主演の佐藤と監督の岡本喜八の出世作となったと言っていいだろう。本作はシリーズ化され、第2弾として「独立愚連隊西へ」(60年)が制作された。ちなみに前作とのつながりはない。
この60年にスリーガイズの一人とされていた瀬木俊一が引退し、スリーガイズは自然消滅したが、瀬木とほぼ入れ替わるように東宝に入社してきたのが加山雄三であった。「独立愚連隊西へ」では、早くも佐藤と並んで主演扱いとなっている。以降、佐藤と加山、そして夏木陽介がトリオで出演することが多くなる。「紅の空」(62年)は、三人が主演だが、本作で「爆発トリオ」と銘打たれている。
「どぶ鼠作戦」(62年)は、愚連隊シリーズの第3弾であり、やはりこのトリオの主演である。佐藤によれば、二枚目同士というのはお互いをライバル視するので、加山と夏木は仲が悪かったと語っている。佐藤自身は「自分は三枚目なので」二人とはそれぞれ仲良くやっていたという。ちなみに、このシリーズは4作目以降は監督が交替し、「やま猫作戦」(62年)、「のら犬作戦」(63年)、「蟻地獄作戦」(64年)と続き、いずれも佐藤が主演を務めている。
69年に東宝を退社し、70年代は各社の映画やテレビドラマで活躍した。個人的に佐藤を認識したのは必殺風の時代劇である「狼・無頼控」(73年)だった気がする。当時は既に「和製ブロンソン」と言われていたと思うが、若い頃はリチャード・ウィドマークに似ていると言われていた。
俳優業は08年を最後に引退し、トークイベント等に出演していた。12年に急性肺炎のため78歳で亡くなっている。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-02-08 01:57:48

東宝俳優録24 瀬木俊一

テーマ:俳優

新人を三人セットにして売り出すというのは昔からあるパターンであり、東宝でも三人の新人俳優を「スリーガイズ」と名付けて売り出そうとした。その三人とは、夏木陽介、佐藤允、瀬木俊一である。夏木と佐藤は長く活躍したので、みんな知っているだろうが、問題は瀬木俊一である。活動期間がわずか2年余りで引退してしまったので、知らなくても無理はないのである。
そんなわけで、彼に関して判明しているプロフィールはほとんどなく、名前の読みが「シュンイチ」ではなく「トシカズ」と読むのが正解ということぐらいだろうか。デビューの経緯も、ニューフェイスなのかスカウトなのか劇団出身なのかも不明である。
デビュー作と思われるのが「大学の人気者」(58年)である。次の「青春白書 大人に分からない」(58年)で、夏木や佐藤と共演し、続く「若旦那は三代目」「若旦那大いに頑張る」(59年)では、二人を差し置いて主役に抜擢、つまり若旦那を演じているのである。ここでのヒロインは水野久美であったが、そのあとは中島そのみとの共演が続き、「侍とお姐ちゃん」(60年)ではスリーガイズとお姐ちゃんトリオ(団令子、重山規子、中島そのみ)との顔合わせ。同じくお姐ちゃんトリオが主演の「お姐ちゃんはツイてるぜ」(60年)にも出演しているが、夏木と佐藤は出演せず、替わりに高島忠夫と岡田真澄が出演している。東宝ニューフェイス出身でありながら日活へ移籍した岡田真澄はこれが初の東宝出演のようだ。これを最後に瀬木は俳優を引退している。その理由はやはり不明であるが、割合順調な役者生活を送っていたように見えるので唐突に思える。
その後の瀬木についても当然不明なわけだが、検索するととある団体の代表として瀬木俊一の名が出てくる。そこには、32年に韓国で生まれ45年に日本に帰ってきた、と書いてある。世代的には丁度合致しており、本人の可能性もあるが同姓同名の可能性もある。あまりかぶらない名前の気もするが、大出俊とかの例もあるし、そこは何ともいえない。

結局、今回は何もわからなかったのだが、何の資料もないのでこれが限界であった。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-02-04 18:07:37

東宝俳優録23 若林映子 その2

テーマ:俳優

前回の続きである。若林映子だが、海外映画の出演が続いた後は東宝でもメインヒロイン級の役につくようになった。
藤木悠が主演の「ガンバー課長」(61年)では、ヒロインとなる藤木の妹役に抜擢され、高島忠夫とのロマンスを演じる。高島とは「キングコング対ゴジラ」(62年)でも共演している。この頃は佐藤允の相手役も多く、「野盗風の中を走る」や「紅の空」でその恋人役などを演じた。前者は彼女には珍しい時代劇で、雪村いづみと共に出演している。二人とも時代劇に似つかわしくない顔立ちということで、当時は話題になったという。後者の共演者では天本英世が印象に深いという。天本といえばスペイン通で知られるが、当時も撮影の合間にはスペインやルーマニアの話をしていたらしい。
60年代半ばになると、彼女のイメージでもある特撮映画やアクション映画への出演が多くなる。「宇宙怪獣ドゴラ」「三大怪獣 地球最大の決戦」(64年)は、どちらも先日亡くなった夏木陽介の演じる刑事が主役である。「ドゴラ」は若林と藤山陽子くらいしか女優が出ていないが、若林は悪女役で撃たれて絶命してしまう。「三大怪獣」では、サルノ王女という金星人の末裔でもあるという謎深き女性を演じた。王女のフルネームは「マアス・ドオリナ・サルノ」で、続けて読むと一つのセリフになる。本作は黒澤明の「赤ひげ」の撮影が終わらなかったため、急きょ正月興行用に制作された作品だった。
この頃、若林は三橋達也主演の「国際秘密警察」シリーズの3作品に出演。「鍵の鍵」(65年)では、浜美枝と共にヒロインを演じたが、その二人が揃って本家007のボンドガールとして「007は二度死ぬ」(67年)出演している。当初。二人の役柄は逆であったが、浜の英語力の問題もあり、若林が公安エージェント、浜が海女の役に落ち着いた。実は浜に関しては更迭を考えていたらしく、共演の丹波哲郎に監督のギルバートが説得を依頼したという。その結果を丹波は「浜がホテルから飛び降りると言っている」と告げたため、二人の役柄を入れ替え、浜のセリフを大幅に減らすことで対処した。若林と浜はプライベートでも仲が良かったといい、数年に一度は会っているという。
この後、若林は東宝を退社しフリーとなっているが、映画は日活の「赤道を駈ける男」(68年)が最後となっており、数本のテレビドラマに出演。「オレとシャム猫」(69年)には、石坂浩二、原田糸子、小山ルミと共に主演の一人としてレギュラー出演した。原田や小山とは10歳以上年齢が離れていたが、彼女もまだ30歳であり、それほど差を感じなかった。この三人娘だが、当時は人気があったにもかかわらず、原田は70年ころ、小山も74年ころには引退している。若林も70年以降は国内での出演記録はないが、72年にイギリスのドラマに出演しているようだ。
現在は女優業からは身を引いた状態となっているが、東宝映画のオーディオコメンタリーやリバイバル上映のイベントなどに姿を見せることはあるようだ。未確認情報だが、結婚はしていないという。

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2018-02-01 00:18:28

東宝俳優録23 若林映子

テーマ:俳優

今回は若林映子である。彼女の名前を初見の人は9分9厘「えいこ」と読むと思うのだが、正解は「あきこ」である。何故「あきこ」なのかというと、夕映えの増すころに生まれたのにちなんで名付けられたということだが、よくわからない。ひょっとすると、彼女の顔を知っている人でも「えいこ」と読むと思っている人も多いかもしれない。
さて、そのアキコさんは39年生まれ。特に女優志望というわけではなかったが、57年の彼女が高校三年の夏休みに東宝が黒澤明の「隠し砦の三悪人」と谷口千吉の「海鳴り」の二作品の主演女優を募集していたのである。友人に誘われ軽い気持ちで応募したところ、最終選考まで残ってしまったのである。「隠し砦」のヒロインは御存知のとおり上原美佐が選ばれたが、彼女も誘いを受け、東宝に入ることになったのである。ちなみに「海鳴り」の方は未制作に終わっている。時期的にこれは谷口千吉が妻の若山セツ子を一方的に捨て、八千草薫と再婚したことで、干されたからなのかもしれない。
ところで若林映子だが、やはり目立つ存在ではあったようで、作家の小林信彦がデビュー前、出勤途中に毎朝すれ違うエキゾチックな顔だちの女子高生に興味を持ち身元を調べようとした、という今ならちょっと危うい感じのエピソードを書いているらしいが、その女子高生こそ彼女だったわけである。
映画デビューとなったのは「花嫁三重奏」(58年)で、ファッションモデル役であった。監督は本多猪四郎である。そして高校卒業後まもなく公開されたのが「東京の休日」(58年)で、山口淑子(李香蘭)の引退記念作品であり、東宝のオールスターキャストと言った作品だが、こちらもモデルの役だったようだ。山口は若林のような新人にも気さくに接してくれたという。
この後はしばらく東宝演技研究所でレッスンを受けていたというが、その最後の方に「俺にまかせろ」で主演である佐藤允の妹役に抜擢されている。「大学の人気者」「手錠をかけろ」(59年)等に端役で出演していた彼女だったが、突然イタリア映画「レ・オリエンターリ」(59年)に出演している。東洋各国の恋愛模様を描いたオムニバス作品で、日本編は東宝が協力、マリチェリーニ監督に書類審査と面接で気に入られた彼女が選ばれたわけである。マリチェリーニには子供がいなかったので、若林に「養女になってくれ」と申し出たそうである。
イタリア本国でこの作品を見たプロデューサーが、彼女を主演にした映画を作ろうと考えたらしい。タイトルもずばり「Akiko」(61年)である。日本とフランスのハーフという役だったが、ローマに5カ月近く滞在したという。ちなみに日本では未公開である。それが終わると今度は旧西ドイツの「遥かなる熱風」(61年)に出演という日独伊三国同盟状態であった。
これもやはり「レ・オリエンターリ」を見たドイツのプロデューサーが企画したもので、こちらも中国と日本のハーフという設定で、ドイツ人青年と恋に落ちるという話のようだ。こちらも日本では未公開である。
このように日本では、あまり実績もなく無名に近かった彼女だが、海外で人気を得て活躍していたわけである。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-01-28 17:46:06

東宝俳優録22 河内桃子

テーマ:俳優

第6期東宝ニューフェイスから今回は河内桃子である。
河内桃子は32年生まれ。本名は大河内桃子(旧姓)といい、元子爵の家柄であったことも知られている。ちなみに「かわち」ではなく「こうち」である。身長は170cmという、今でも長身の部類だが当時はかなり目立っていたと思われる。幼少の頃から有名な美女だったらしい。
高校卒業後は貿易会社でタイピストをしていたが、53年に第6期東宝ニューフェイスを受験。水着審査を拒否して帰ってしまったが、その資質を認められ合格した。その年に「女心はひと筋に」で芸者置屋の娘役でデビューしている。翌54年「坊っちゃん社員」などに出演し、5作目が「ゴジラ」であった。同期の宝田明と共に本作でその名を知られるようになり、続く「獣人雪男」(55年)にも同じコンビで主演している。そのためか、東宝特撮の常連女優のようなイメージを持たれているが、東宝在籍時に出演した特撮はこれらと「地球防衛軍」(57年)の三作のみである。ちなみに「獣人雪男」は部落の描写に問題があるとして、ソフト化などは一切されていない封印作品状態となっているが、近年でも劇場で公開されることはあるようである。
河内は多くが青春映画の娘役か主人公の恋人役といった役柄が続くのに飽き足らず、56年に俳優座養成所に八期生として入り演技の勉強をやり直したという。この時の同期には山崎努、三木弘子、松本典子、山本耕一、そして後に東宝女優となる水野久美などがいた。
東宝を退社してから俳優座養成所に入ったという資料もあるが、東宝映画に出演を続けながら養成所に通っていたというのが正しいと思われる。前項にも書いた藤木悠主演の「イカサマ紳士録」(56年)や「大安吉日」「わが胸に虹は消えず」(57年)など、宝田明、小林桂樹、三木のり平などが主演の映画に助演している。
58年に東宝を退社し、翌59年の養成所卒業と共に俳優座に入っている。東宝に在籍したのは5年程度であり意外と短かかったが、その間に30本以上の映画に出演している。
その後は、主軸を舞台とテレビドラマに移し、数多くのテレビドラマに出演しているのだが、個人的にはほとんど彼女を見た記憶がない。あまり見ないジャンルであるホームドラマ系への出演が多いこともあるが、ものの見事に見ていない番組が多い。「ザ・ガードマン」に三回ほどゲスト出演しているようだが、これもあまり印象に残っていない。
95年に公開された「ゴジラ対デストロイア」では、41年前の「ゴシラ」で演じた山根恵美子の役で登場している。97年に俳優座での巡業中に体調不良を訴え大腸がんであることが発見され、翌98年に66歳で亡くなっている。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2018-01-25 00:40:21

東宝俳優録21 藤木 悠

テーマ:俳優

53年入社の東宝第6期ニューフェイスは中々豪華な顔ぶれだといえ、宝田明、佐原健二、河内桃子、藤木悠、岡田真澄などがいる。この中では岡田真澄は日劇ミュージックホールに出演しているところを水の江滝子にスカウトされ、結局日活に入社し映画デビューすることになる。これが水の江滝子のスカウト第1号であり、ちなみにデビュー映画は浅丘ルリ子のデビューでもある「緑はるかに」(54年)であった。さて、今回は岡田真澄ではなく、この中では地味な存在といえる藤木悠である。ニューフェイス出身であるからには、ある程度は美男だったわけだが、70年代以降の藤木を見ているとハンサム感は全くなかったといる。
藤木悠は31年生まれで、本名は鈴木悠蔵という。スズキユウゾウ→スズキユウ→フジキユウといった感じであろうか。東京生まれで10歳まで過ごすが、その後は大阪に転居して大学も同志社大を出ている。
デビュー作は「魔子恐るべし」(54年)となっているが、実は同期の宝田と河内が主演した「ゴジラ」(54年)にノンクレジットで出演しており、佐原健二(当時・石原忠)もノンクレジット出演している。
当初は普通に二枚目役もあり、三船敏郎主演の「宮本武蔵」(55年)では、吉岡傳七郎を演じている(兄の清十郎役は平田昭彦)。脇役のイメージが強いが、主演作も数本あり、初主演となったのが「イカサマ紳士録」(56年)である。競馬の予想屋役だが、これで注目されるようになり、喜劇的な役柄も増えてくる。「サラリーマン弥次喜多道中」(61年)では、高島忠夫と組んでの主演であり、これで人気を得ることにも成功した。ちなみに高島忠夫は新東宝のニューフェイス(スターレット)出身だが、当時は既に東宝に移籍していた。「サラリーマン権三と助十」(62年)も高島とのコンビ主役だが、「ガンバー課長」(61年)では単独で主演を得ている。相手役は若林映子だった。
このようにサラリーマン物での活躍が目立っていた藤木だが、黒澤映画(蜘蛛巣城、どん底)や小津映画(小早川家の秋)などにも出演しているのである。もちろん、「キングコング対ゴジラ」(62年)や「モスラ対ゴジラ」(64年)といった特撮怪獣ものにも高島や宝田、佐原健二と共に出演している。
60年代後半になると主演級の役はあまりなくなり、東宝が青春ドラマシリーズの第1弾となる「青春とはなんだ」(65年)を夏木陽介主演で制作を開始する。東宝からも大挙俳優が出演しているが藤木も同僚教師役で出演。このあたりから、テレビでの仕事が多くなっている。
73年からは東映製作である「アイフル大作戦」にレギュラー出演。丹波哲郎の部下である追出刑事をコミカルに演じた。個人的に藤木悠という俳優をはっきり認識したのはこの番組だったかもしれない。翌74年からはフリーとなり、引き続き「バーディー大作戦」「Gメン75」に刑事役で出演した。既に40代だったこともあるが、すっかり中年の顔になっていたイメージがある。腫れぼったい感じにも見えたが、当時は仕事が好調で暴飲暴食を繰り返していたため、肥えていたと後に証言している。しかもそれがたたって糖尿病を発症した。
05年、多機能不全より死去。74歳であった。

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。