さみしかったりたのしかったり

悶絶するほど猫と自己探求が好きです。
書きたいことを書いてます。


テーマ:

少し前から、歌丸がよだれやベロをよく出すようになって、

いよいよ口内炎か歯周病が悪化してきか・・・困った

と思い(以前から口のにおいは気になっていたのです)

獣医さんに相談しに行きました。

 

その獣医さんは、ノラ猫の去勢手術なども精力的に取り組んでいて、

ボランティアさんたちにとても良心的なお値段で協力してくれています。

 

経験や知識も豊富で、処置に対してもいろいろな方向から選択肢を与えてくれて

飼い主さんにも自分で考えることをさせてくれる先生。

尊敬しています。

 

歌の診察結果は、歯石のかたまりが歯茎にくいこんでいて、出血もしている状態。

痛くてよだれやベロが出ちゃっていたんだね泣く

 

歯石を機械で削り落とすスケーリングという処置の場合、猫はじっとしていられないので麻酔が必要になります。

麻酔は動物にとってリスクが高く、気軽には考えられない処置のひとつ。

さらに、日帰りとはいえ6~7時間入院させることになります(施術自体は15分程度だそう)。

さらにさらに、当日の朝は絶水絶食。

 

あぁいろいろと気が重い~~~~

 

歌はもともと神奈川県動物愛護協会に置き去りにされて、そのまま3年間ケージ内で(いろいろと問題行動があったので)保護されていた子。

ものすごい繊細で神経質な面があります。

また捨てられたって思わないかなぁっていうのが一番の心配で。

それに食べることが大好きだから、ほかの子たちが朝ごはんを食べている中ひとりだけ絶食なんて、わけわからなくて大騒ぎするだろうなぁとか・・・

 

このことを母に言ったら、わたしの兄が赤ちゃんのときに手術の必要があって、

そのときもやっぱり絶食と言われて、おっぱいを飲みたがるのにあげちゃだめで、結局脱水症状になってしまったから手術は延期になったって。

あんなに我慢させてつらい思いさせたのに、またやり直しかって涙が出たよ・・・って教えてくれた。

ほんとうにそんな気持ち。

しばらくその不安はいつも心にあって、出たり隠れたりしていた。

 

ところで、その獣医さんは動物のことにすごく正義感があって精力的な反面、自分に厳しすぎるところがあるようで、急に体調を崩すことがある。

ヒトとのコミュニケーションがあまり好きではないようで、どの看護師さんも長続きせずたいていひとりで切り盛りしている。

 

その後、ほかの子のことも診察してもらいたかったり、スケーリングの日程を相談するために先生に連絡を取ろうとしたけど、急なお休みだったり、電話でも忙しそうだったりで全然おはなしができなかった。

 

もともと不安があったわたしは、

なんか、なんか、なんかなんだよな~~!!

ってちょっとモヤモヤしてきてしまった。

 

そういうときは、そのモヤモヤを書き出すようにしています。

相手への不満が具体的な言葉になるように。

 

そのときは、

「先生はわたしをこれ以上不安にさせるべきではない」

っていうのがピタっときた。

 

相手への不満が言葉になったら、主語を自分に置き換えてみる。

わたしはわたしをこれ以上不安にさせるべきではない」

(これはバイロン・ケイティさんのワーク。このワークは簡単で爽快。大好き^^)

 

それでハッとした。

そうだ、わたしはわたしの不安を、先生が取り除くべきだと考えてた。

自分の感情のことなのに、完全に人任せにしていたなぁって。

わたしがわたしを想って安心させてあげるには何をしたらいいか・・・

そう考えたらすぐに、違う病院にしよう!!って出てきた。

そしてそれを許したら、とたんに心がふわぁ~って軽くなって、♪♪♪に^^

 

・・・そんなわけで、昨日もうひとつの病院に歌を連れて行きました。

こちらも前に友達から教えてもらったところで、薬や処置の説明をしっかりとしてくれる信頼できる獣医さん。

以前行ったときは、そのときのにゃんこの体調不良の原因が判明せず、それきりなんとなく行かなくなっていたけど。

 

これまでの経緯と歌の性格などを伝えて、口の中を診てもらっていたら

先生「ちょっと触っていい?」

わたし「はい、お願いします」

で、ふーむと観察したあと、

おもむろに、バキっ!と歯石をはずしてくれた!!

 

・・・びっくらこ!!

 

歌も目がまんまるになってた。でも別に痛がってはいなかった^^

あれだけ不安のたねだった歯石が取れちゃった!!

そんなわけで、あっさりとスケーリングの必要はなくなったのでした!

わーいわーいプードル

 

もちろんこの方法が絶対にいいわけではなくて、スケーリング同様メリットデメリットはあるけれど、歌とわたしにとってはとってもありがたかった。

帰り道に「あーーよかった♪」って何度も言っちゃった。

もちろんこれからも毎日のおくちケアは必要だけどね。

 

 

獣医さんにも処置の得意不得意はあるし、症状に対して知識や経験が多い少ないはあると思う。

どうしたって性別や体格の違いで、手が小さい人が向いている処置、力がある人が向いている処置だってそれぞれあると思う。

歯石をはずすのだって、知識があったとしてもわたしだったらきっとできない。

 

だからこそ獣医さんも、自分やほかの先生の得意不得意をオープンにして協力しあったら、もっとオリジナリティや専門性が出て、できることも広がるし、おもしろくなるんじゃないかな。

これは人間の病院でも、美容院とか、わたしたちペットシッターも含めていろんなサービスに共通して思うこと♪

 

 

 

ずいぶん長くなってしまったけど、今日はもうひとつ書きたいことが。

 

9月19日(月・敬老の日)に、ペットシッター コトリー主催、

komaokurit(コマオクリ) vol.4 を開催しまーす サーカスラスタ音符

前回同様、逗子の黒門かるちゃーくらぶさんにて。

 

前回の様子は、コトリーの相棒マリちゃんのブログをご覧ください→

 

今回わたしは、ひさしぶりにアニマルウェルフェア(動物福祉)のミニセミナーをやろうと思っています!

 

 

動物も昆虫も地球で暮らす仲間としていつも同等でありたいけれど、毎日の暮らしはヒトが優位な社会の中で成り立っています。

だからこそ、少しでも彼らに配慮のある選択をしていきたい。

人間優位な社会の中で動物たちに対して何が行われているか、そしてわたしたちにどんな選択ができるのか。

 

そんなことを、ほんとうに一部分ではありますが、おはなししたいと思っています♪

このミニセミナーは無料の予定です。よかったら聞きにきてくださいね^^

 

詳細が決まりましたらまたご報告します!

 

 

今日は会場の飾りつけの買い出しに行ってきました~

楽しかった!

 

さて、準備もわくわくがんばるぞ~ハート




ガーランドガーランドおうち。ガーランドガーランド
kott

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kottさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。