• 30 Mar
    • オーガンジーでバック

      オーガンジーのスケスケバックです   透かしてパチリ     高齢者施設の手芸の日が近づいてきたので   担当をしていてくださる職員さん二人に 差し上げたいと思い 今日こそ!!と取り掛かりました       微妙なグラデーションが写らないな~・・・   明日完成させます        

      NEW!

      6
      テーマ:
  • 29 Mar
    • 土筆だ土筆だ

      みつけた!   もう遅いけど!   つくし!     名古屋市とは言え 東山動植物園の丘陵に沿った地なので 自然が少し残っています   ほんのちょっぴりですが     柵に囲まれた中なので 犬も歩いていないところ   蓬も摘んできました     28日 名古屋は桜の開花宣言 まだまだ近隣のそめいよしのの つぼみは固いです        

      12
      2
      テーマ:
  • 26 Mar
    • シルクスクリーンプリントのスカート

      シルクスクリーンプリントです 型はひとつで2色使いしています       スカートにあしらっています     裾の方は後ろにもプリントが回るように 向かって右が後ろ側で切り替え線を利用しています (切り替え線から始まって、前側を斜線で止めています)     向かって左はウエストに配置しています ダーツを兼ねた切り替え線に沿って裾へ     このスカートは大胆な切り替えがおもしろく プリントしてみたくなりました   生地は厚手の木綿、替わり織り 仕立てはもちろん! 自分です   制作は数年前 ウエスト周りが合わなくなりました   ウエストを直そうと思っています 春の仕事です        

      20
      テーマ:
  • 25 Mar
    • 乙女椿

      乙女椿って言うらしい   枝を選定して生けてみました   器は陶器の炊飯器です(ほかに適当なのが無くて)       選定したのをドサッと このほうが生き生きしてるナ~     植木屋さんはチエンソーのようなもので ガー!! と丸刈り込むだけなので 昨年末に「刈らないで」とお願いしました   なので 今年、花が多いのです     少しづつ込み合ったところに手を入れて行きたいとおもいます     フィナボッチの法則? すごい造形です(今年の写真ではありませんが)       水仙は種類によって少しづつ咲く時期が違います それぞれに楽しめます     市内の東区のある通りの両側が 小彼岸桜の桜並木が満開だとニュースでながれました   どこだろう? と思っていましたが 昨日東区に用事で出かけ偶然発見しました   濃いピンクの桜並木 一番に桜が見たい!との住民の希望で 56年ほど前に植えられたのだとか   きれいでした が カメラ忘れていました 残念!                  

      12
      2
      テーマ:
  • 23 Mar
    • スミレの砂糖漬

      においスミレの砂糖漬作りました   まだ完成ではありません   このままカリカリになるまで乾かします       漬けたい・・・と思って もう2・3日すぐ立ってしまう内 すみれは盛りを過ぎ始めています       昨日やっと摘みました 良い香りがします   パンジーの香りは少しケバイ強い香りですが においスミレはスッキリしたさわやかな香り   お菓子に添えるのにぴったりだと思います     茎のついたまま卵白にひたし グラニュー糖をまぶし乾かすのですが 少し乾いたら茎を切り取ります   ほかに良い漬け方があるのでしょうか   初めてのことで きれいに出来るとよいのですが・・・        

      14
      2
      テーマ:
  • 21 Mar
    • スケスケバック

        オーガンジーを2重使いしています 内側に好きな色を置いてとめます   ビーズも付いています   「これでよい」 というところ止めて 預かってきました   今月の高齢者施設での手芸の日の制作です   早くできた方 1名のものです 仕立てはさせて頂きました   どんなものになるか、早く見せてあげたい!!   春にぴったりな軽やかバックです            

      16
      2
      テーマ:
    • ペンキ塗りと手仕事と

      ペンキぬりばかりでなく 手仕事もボチボチ進めています   スケッチから どこをどう使うか   イメージする時間が長いので 家事をしながら 地下鉄のなかで・・・ と ながらイメージですが     ワインカラーの皮を使ってみました どちらも 布バックに仕立てるつもりです   クッションにもよいかな(次の制作に)     さて 暖かい昨日は ペンキ塗り日和 ペタペタ、チョイチョイと       出来上がり     この日は残ったペンキで、外の物置のドアを塗り(まだらですが)   小松菜の中心が延びてきて つぼみがついていますので おひたしにしようと ポキポキと摘んできました   においすみれが沢山咲いています 砂糖漬け・・・ 良いですね                  

      14
      テーマ:
  • 19 Mar
    • 我が仕事場のビフォアー・アフター

      18日はかねての約束、「女子会」   八事の交差点での信号待ち 歩道の花壇でシニアの方が春の手入れを   抜き捨てられていた葉牡丹がバラの花のよう お願いして頂いてきました これで一枝です     紫系ピンクからグリーンへのグラデーションがきれい       さて、前日のペンキ塗り前のスチール棚 これをベランダに運び白く塗りました     塗り終わって、また収めたところ、布がほとんど ここの分類収納方法が課題です   どんどん制作して古いのを無くしてゆくのが一番なのですが・・・     右手が収納スペース この壁面はタペストリーをかけたいところで、物を置くのは葛藤するところですが ミシンの置き場をどこにしたら仕事の動線がよいのか   ロックも新調したことですし、並べて置く事を重視すべきかな     ミシンを2台置いている机は、子供の学習机にしていたもの もう一つ同じものが自宅にありますので いずれは並べて使いたいと思っています   塗りあがったベランダのデッキも気持ちが良いです       ミシンの横に鎮座している小引き出しは 実家から持ってきたものです 子供のころから使っていて、高校生のころ白くペンキ塗りしています     昨今、わざとアンテークぽくするのが流行っているようですが それにしてもシールなどで汚れているので これも、ついでに塗りなおそうと思います   草木もぐんぐん成長してくる春   身体をぐんぐん動かしたくなる季節です      

      20
      テーマ:
  • 18 Mar
    • ペンキ塗りはじまる

      やっとペンキ塗りにかかりました   ベランダに敷いたすのこ、というかデッキのようなもの 立ててきれいに枯葉などのゴミを掃除し、何日かたちました       外用の木質材用、防虫効果もある塗料を買ってきて 下に新聞紙を敷き詰め、ペンキ塗り   裏側を塗り 乾いたら表側を塗り 元に戻します   一応塗り終わったところ     さて、乾かすうち収納場所の棚を出す算段 すべて物を出し 棚をウンショッと出し 床を傷つけないよう持ち上げてベランダまで運びます       ペンキの乾いたデッキの上に新聞紙を敷き 棚を置きます 金属用塗料で白く塗装します     乾いたら また元の収納スペースに戻し 物を入れ戻します   結局 収納スペースの収納器具が無く 今はこうするしかないワケ   さあ急いで片付け、掃除 机を移動し、ミシンコーナーをつくりましたが 仮置きのようなもの   机がもう一つ欲しいし 棚が欲しい   リサイクルショップめぐりが始まっています        

      13
      テーマ:
  • 17 Mar
    • 蟹食べにいこう!!

      蟹~ 昨夜は我が家で蟹 面倒ですが美味しい!     13日 日帰り「北国街道のバス旅行」に夫婦でいってきました   北国街道の出発点だとか 木の本宿場町散策   北国街道を挟んで古い面影を残す町並みが続きます     江戸時代には年に数回、大きな馬市が立ったとのこと     山内一豊の妻が夫のために名馬を買ったことで有名 これを機会に出世街道を走ったとか 内助の功の有名なお話です         素敵なのれん! カフェでした     福井県敦賀港   レンガ倉庫を利用して、おしゃれな店舗館とジオラマ館になっていました   亭主と一緒では、おしゃれな店舗はスルー   ジオラマ館は、敦賀港を中心とした歴史が見られました   敦賀港はその昔 北は北海道からロシア また東京でパリまでの切符が買え、鉄道からここで航路に乗り換え 人はもちろん、いろいろな物資の流通の基点であったとか   杉原千畝さんが救済したユダヤの方々の多くがこの港から入国された地でもあります (知らなかった・・・。私の実家の隣町御岳町が千畝氏のふるさととして有名なのです)     ジオラマの駅や鉄道       鉄道の機関車の方向転換をする装置も大きなもので 全国から、この港に向け往来していた規模の大きさを思わせます 今も残されていますが、将来リニアの駅ができるので 別の場所に移転して保存するのだそうです     千畝氏記念館 ここが当時の入国の受付場所だったのか(見学していないのですが)     敦賀を訪ねたのは初めてでしたが こんな歴史のある地だとは知りませんでした   さてこのあとお楽しみの昼食タイム プレミアムで一人2400円追加して「蟹づくし膳」をたのんでおいたのですが ショック!! 蟹なし膳(普通膳)だったのです 40名中、蟹プレミアムに変更していたのは8人だったそうで 頼んでいない別の二人連れが食してしまっていました  え━━━(゚o゚〃)━━━!!!   蟹食べにいきましょう!と亭主をさそったのに~ ガイドさんを通じて、返金はしてもらいましたが 胃袋は収まりません   高い蟹をお土産に   家で楽しみました お値打ち旅行は気をつけないと・・・・ネ ( ´艸`)        

      8
      1
      テーマ:
  • 16 Mar
    • 春ですね

      冬に戻ったような15日でしたが でも 春です   春になって 手入れもしていない庭の片隅にも   春よ  春よ  と囁きが聞こえてくる       昨年植えておいた・・・かな・・・ 小さな黄色の花が 喜びそのもの     いつもの場所に ニオイスミレ  満開     アトリエの片付けができない   ベランダのすのこを上げて、たまっていた枯葉などを掃き取り 本当は木のすのこを塗装したい ペンキを買いに行かなければ   そしたら 室内の収納に使っているスチール棚(大きい)を ベランダの隅に置きたい その前に、スチール棚も白で塗装したい   スチール棚を出したところには 無印良品でプラスチックケースを買って、置きたい 主に、布を入れて置く   と 構想はあるのですが   まずは、すのこの塗装。   いつできるか・・・予定表とにらめっこ。          

      14
      テーマ:
  • 12 Mar
    • 街を歩く

      ちょっとした用事で栄へ 歩く人並みも軽やかになっています   用件を済ませ、地下鉄「栄」から東山線に乗り「今池」まで 「今池」で桜通り線に乗り換え「車道」まで1区で下車   「車道」と言えば「家の布・大塚屋」です 皮の端切れが欲しくて寄りました   目指すは4F手芸用品売り場・エレベーターで直行 グレーとワインカラーを選び2枚で1000円ほど ほかの物には目もくれず・エレベーターで降ります   外へ あ・・・木蓮 毎年白い花を咲かせて楽しませてくれています   ずいぶん大きな木になりました       つぼみが膨らんでいます     大塚屋の入り口が面した道路が「桜通り」です   午前中は名古屋ウイメンズマラソンで この桜通りをランナーが走り抜けていったのをテレビ観戦していました   安藤友香さんという新星がでました     激走の後も感じさせず 街は元通り   帰りは桜通線で「今池」を経由して「御器曽」で鶴舞線に乗り換え 「八事」方面に向かいます   春の小さな街歩きでした   皮? 次の手仕事に使います        

      23
      テーマ:
  • 10 Mar
    • 木兎鳥の庭展 (つくとりのにわてん)に行く

      7日 名古屋市内にも雪の舞った日   4月一杯で茶室が取り壊されるから と 誘われて 岳見町ギヤラリーに行きました   八事から地下鉄で一駅、総合リハビリセンターのー駅下車 大きな庭を楽しめる一戸建ての住宅で 入り口周辺をリフォームされているようで喫茶もあります   とても静かな空間です  (このときは私たち3人だけ)   木兎鳥の庭展 つくとりのにわてん 1月28日~3月12日 まで     まず庭に進み奥のほうに結界でしょうか くぐると異次元の空間がしつらえてあります     左手(北)にウサギ 右手(南)にやたがらすとのこと     茶室です     入り口 入って振り返ったところ   室内は木の枝ぶりを生かして窓が 室内奥には明かり 3畳ぼどの広さでしょうか     茶室は 木組みに壁は麻の荒く織った布 外側は麻布に土壁が塗ってあり 内側は布のまま   簡易なつくりで 彫刻家・建築家・庭園設計家・・・などのコラボレーションです   一緒に行った知人が 今、庭を直している最中で 取り壊されるなら、我が家に・・・という思いが募ったようで 企画者に問い合わせてみることになりました       さて いかになりますやら        

      20
      2
      テーマ:
  • 08 Mar
    • ミシンで描く2

      ミシンステッチで描いた作品 定番です 幾人かの方の所に行っています   初版は2014年   高砂ゆりの実のスケッチから 黄色の部分は皮 糸はデニムステッチミシン糸     底の厚い大きなバックに仕立ててあります 縦長のA4が入る形もつくっています   また作ろうと思っています   春になって ムズムズしてきたようです   どこかで春が生まれてる どこかで芽の出る 音がする    昨日は名古屋は雪が舞いました 風も強く寒い一日でしたが   もう春と思えば 気持ちが違います        

      21
      テーマ:
  • 05 Mar
    • 今日の仕事・ミシンで描く

      確定申告が目の前の壁でした   夫の自営業の手伝いで 毎年この時期は憂鬱です   昨日一日整理に取り組み 今日も一日計算 あと一日で終わるでしょう   なんとか目鼻がついたら スッキリ!!   根を詰めて 星も飛ぶので 昼間はコタツでゴロゴロ  琵琶湖マラソンを見て   ミシンに触ってみたくなり スケッチブックの中から カラーの花を選びました       デニムステッチ用のミシン糸と 白い部分は 皮 です   先日 紺の布バックをと依頼されたので   今度は仕立てです        

      23
      テーマ:
  • 04 Mar
    • ブルー・マリーヌの花をゴージャスに

      ブルー・マリーヌの花一輪 が 少しゴージャスになり 黒い洋服に合わせました         ニットの上下です 20年以上前に購入したもの   コンサートの時しか着ませんでしたが 長持ちして 少々の(大きな)体系の変化など 気にせず今も着られます       これは 先日の音楽プラザでのコンサートの装いです     ロックミシンを購入した担当の方にも見てもらおう     自分では お気に入り!  なんですが・・・            

      20
      テーマ:
  • 03 Mar
    • ヨハネス・イッテンの色彩の芸術

      ヨハネス・イッテンの色彩の芸術 内表紙に 1950年に書かれたメモがあります   67年前 価格18,000円   絶版となっているのではないかしら   私のところへ やってきました     名古屋で、私の所属する工芸の勉強会が発足したのが約60年前 それよりずっと前から、勉強の組織を作りたいとの願いが高まっていたと感じる   もう設立時の多くの方が故人となられています   その中心となられていた先輩Gさんの工芸への情熱の大きさを 改めて触れた重いがします   Gさんの晩年のころの出会いでしたが 大きな励ましと 大きな影響を受けていることに感謝しなければ     10数年前 日本で「ヨハネス・イッテン展」が開催されたことがあります 東京を皮切りに主要都市を巡回したと思います   私は名古屋に来るのが待ちきれず 京都新国立美術館だったと思いますが、観に行きました   そのイッテンさんの大々的な展示の最後の小さな部屋に 70年以上も前に日本からヨーロッパのイッテンさんのところに 学びに来ていた 二人の10代の少女の作品が展示してありました 色彩やデザインを学んだあとが、いくつもの画用紙の中にありました   そのことが大きな感動でした   東京の自由学園から留学して学んできたこの娘さんたちをもとに 学園の生徒たちも学びあい 専門の職人でなくても 私たち女性が自らの手で、生活に生かすものを作れる!   という、世の中へのさきがけになったのではないかと思います   今やあふれんばかりの、手仕事が私たちの周りにあり 何でも手に入りますが   時々 自分で色を溶き、線を描き、形を探る という地点に戻ってみなければ、と思います           ベランダの片隅に  春   です       水仙が伸びてきています どんな花だったか・・・        

      13
      2
      テーマ:
  • 27 Feb
    • 工芸ギャラリー手児奈へ

        たち雛   男雛で高さ7cm 陶器、とっても素朴なものです     ゆきみドールと雛人形 さかいゆきみ展   に行ってきました   鶴舞公園の正門に近い 工芸ギヤラリー手児奈 さんへ 20年以上ぶりです   雛とは全く違うビスクドールのような肌の質感 これも身長12cmくらいの 小さい関節人形   手縫いの素朴な洋服を着ています     詩人の 深尾須磨子さん(1944・94歳で没) の詩「春の旅程」の作曲者 高橋悦郎氏から 歌のレッスンをしていただいているとき その時代の少し年齢の若い詩人、永瀬清子さんの話がでて 永瀬清子さんは、名古屋の学校を出ており 私の工芸の大先輩(今は亡き)と同じ英文科卒ということで 長瀬さんの詩を読むようになりました   長瀬さんは岡山の出身で さかいゆきみさんも、岡山在住で長瀬さんのことを知っている   その話のつながりで 今日 高橋御夫妻と さかいゆきみ展 に伺ってきました   土人形とビスクドール・・・ さかいさんからは いろんなものが飛び出してくるようです が とても 静かな 寡黙なかたでした     小さなたち雛が 我が家にやってきました              

      17
      テーマ:
  • 26 Feb
    • 展示会にて

      今日はちょっとした催しの日 その一部として 工芸の勉強会の展示も少しありました   昨年の夏のフェルテイングのバックの講習会のときの作品     上にかけてあるものと 下の黒とブルーのが自作です このとき講師をするため、3個つくりました         シルクのスカーフ染めは窓の光を受ける場所に テーブルに上は見にくいですが ダンボールを使った織物です       撮影を忘れていて 片付けの直前になってしまいました       タペストリーも場所を得て     上に少しギャザーが入ってしまい、 下にもしっかり棒を入れたかったところです 本当はしっかり糊付けをして パリッ! とさせたいところですが   年々余裕がなく 手抜きになっています・・・ 写真だとはっきり現れます   さあ 主な行事はひとまず終わりました   確定申告の仕上げにかからなくては          

      16
      テーマ:
  • 24 Feb
    • 初めてのステンシル

      年度替わりの時期がやってきました   所属するグループがあると 役割を担当する話し合いが、なかなか大変です   午前中そんな時間をすごし、前途が見えてきたところで   午後、アトリエに場所を移し2名のお客様   お弁当を食べてから ステンシルを始めました   ベランダのパンジーをスケッチし カッターで切り抜き 型紙が出来たHさん 染めるのは次にして 帰られました     Aさんは高校2年から小学生までの5人のお子さんの母です 手仕事大好き でも、ステンシルは初体験とか   おおきなザボンをスケッチ カットの仕方を指導するうち 「意味が解ってきた~」 と捕らえるのが早いです   型紙ができたら染めてみます それだけでも 感激~~!     色を変えて 重ねて配置されました おおらかな ザボン 面白いデザインができました 周囲を三つ織りにして縫えば、ティーマットになります     Hさんが近く転居されるので 友人皆で、それぞれのデザインを集めて ランチョンマットなどを作れると良いと思っています   あと3~4名ほど誘い 楽しいものが出来ると良いと思っています   明日は設営 あさっては展示会本番 両日とも終日忙しくなります   忙中 閑。          

      18
      テーマ:

プロフィール

NAO

性別:
女性
お住まいの地域:
愛知県
自己紹介:
手しごと大好き 洋服、布バック、インテリア小物など、作っています。 アトリエ「手しごとの家」...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ランキング

総合ランキング
185061 位
総合月間
176849 位
デザイン・アート
1791 位
書籍化ブログ
807 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。