真夏の雪

テーマ:

真夏に雪が降った。


いずれ止むだろうとしばらく待ってみたが、


雪が降り止む気配はまったくなく、


築数十年の家の屋根には、生クリームホイップをかけすぎたケーキみたいに


うずたかく雪が降り積もっていった。


水分をたっぷり含んだ雪は、


見た目は綿菓子みたいに軽そうなのに、


屋根からは悲鳴のようなきしむ音が聞こえ始める。



それでも僕は屋根の雪かきを放棄して家の中でじっとしていた。


だって、今は真夏じゃないか。


こんな雪は夏の日差しがあっという間に溶かしてくれるさ。



ところが、雪はふり続けた。



気がつくと、窓から差し込むはずの光も、積もった雪にさえぎられて、


家の中は暗闇に包まれた。



完全な暗闇だ。



さすがに怖くなった僕は外の様子を確認しようと玄関に向かった。


玄関に向かいながら、自分の歩みにあわせて廊下がきしむ音と、


雪の重みで家全体がきしむ音が


強烈な不協和音となって、僕を包み込んだ。



恐怖のあまり、耳をふさいで小走りで玄関に向かう。



ドアのノブに手をかけて、勢いよくドアを開ける。



ところが、ドアはピクリとも動かない。


体重を思いっきりかけてドアを押してみたが、


ドアの向こうから、100人くらいの浅黒く日焼けした豪腕の男達が


ドアを押さえつけているみたいだ。


もちろん、そんなはずはない、ドアの向こうには誰もいない。


うずたかく積もった雪たちが、ドアを完全にふさいでいるのだ。



どうして、もっと早く外に出て雪かきをしなかったのか?


そう後悔した瞬間に、築数十年の家は、雪の重荷に耐え切れず、


僕を飲み込んで崩れ落ちた。

AD