気づきたくなかった

テーマ:

思いのほか、傷ついている。


どこかで、


ひょっとしたら・・・


と期待してケータイを気にしていた自分。



数分前に、


その自分がいとも簡単に崩れ落ちた。


気づきたくなかった。


こんな形で傷つけるのかよ。


でも、遅かれ早かれ、気づくことだ。


まあ、しいて言うなら、明日の朝に気づきたかった。


おかけで、今夜は眠れそうにない。




いまさらながら、強く動揺している。


ディスプレイがにじんで見える。



二度と傷つきたくないと、何年か前の自分が言った。




そして今日、同じくらい傷ついている自分を自覚して、


時間は早送りされているのに、


自分の鼓動だけ巻き戻しされている、


そんな最悪な気分の動揺に追いかけられている。







失恋した。



きついな、これ。


勘弁してくれ。





誰か記憶を消してくれないかな。

AD