あーオランダに行きたい
8月の石川尚子コーチのオランダ教育視察報告会に参加させてもらってからオランダ熱が冷めない私。
先日の講座に参加し、もさらにオランダに胸を熱くして帰ってきました。


オランダ教育といえばこの人と言われている、リヒテルズ直子さんの講義でした。
イエナプランの理論から実態を基本からお教えていただき、副題が~持続可能な未来社会に必要な今日言うとは?という未来のあるべき姿だったので、20年、30年後に生きる娘、息子を想像しながら必要な教育とは何かを考えさせれ、真に迫るものがありました。


一番心に残ったのは、子どもが自ら問うことの重要性。子どもが自分の学びに責任をもたなければならないという言葉でした。
コーチングでは、問いを持つことで人生が豊かになるといわれています。というのも、自分が問いの答えを探そうと、いろいろと考え、行動し、その答えを探すプロセスの中で、気づきや発見があり、それがその人自身を成長させるからです。

このリヒテルズさんの問いというのはまさにそのコーチングの『問い』だなぁと、『子供が自分の学びに責任を持たなければならない』というのは、まさに自ら答えを探すその姿勢だよなぁと感動してしまいました。
その主体性があれば、自ら考え、行動する、自律した人間に、自らの足で育つのだろう。
イエナプラン教育の学校を卒業した学生がどんな人に育っているのかあってみたいものです。ますますオランダに行たくなります。


さらに、評価・判断も子どもの問題なのです。イエナプラン教育を行っている学校の保護者面談の映像を見せてもらいました。小学校低学年だったかな。先生が子どもの学力のデータを見せて、「どう思う?」の一言。子どもが、そのグラフを見て、自分がどこをがんばらないといけない、と評価・判断をしているのです。まさに自分の学びに責任!ですよね。自分の意思がなければ人は動かないものです。すばらしい~!保護者の方はほとんど口を挟まず見守るだけです。


インターネットをクリックすれば、大量の情報が流れ出す昨今、20年後、30年後はもっと知識を得る手段は便利になっていて、もはや知識だけを詰め込む教育は、時代遅れになってしまうだろうと。
それよりも、その知識を使ってなしえる何か、そういった力が大切だろうと。
例えば、情報を取捨選択する力、問いを持つ力、新しく創造する力、一緒に何を成し遂げる力などなど。
そういった意味から、教室の中で、子どもたちは、答えを待っているのではなく、『問うことを抵抗なくできる訓練』をしていく必要がある。これが大事だといっていました!


もし目の前にあるものに問うことが当たり前であったならば、福島の震災は避けられたかもしれないと。

そうかもしれないですね。

「爆発したら大変なものの近くに何で人が住んでいるの?」子どもならではの純粋な問いこそ、真実が語られているものでもあります。物事すべてに批判的に見るというわけでなないです。ただ、私たちは、いつのまにか、今目の前にあるものが普通と、その普通を問うことはおかしいと教えられてきてしまっている。
『目の前にあるものに問うことから始める』まずはここがスタートだとおっしゃっていました。


昨日も娘が、「このストローって何で白いの?」こんな問いを投げかけてきました。
普通だったら、軽くスルーしてしまう問いだけど、昨日はそっと見守っていました。
彼女にとってそれは何かを発見する大きな『問い』なのかもですよね。
そして、娘は、「透明なのもあれば、白いのもあるんだね。」と。


『目の前にあるものを問うことから始まる。』子どもたちは自然にやっていること。
子どもが発する自然な問い。そっと見守ってあげたいとそう思いました。


最後に、

オランダ教育をそのまま日本に持ち込んだとしてもうまくいくはずがない。

オランダ教育を今ある日本にあった形で、また日本ならではのよい教育の部分を残しながら、または発展させながら、持ち込んでいくのがいいのだろう。リヒテルズさんもそうおっしゃっていました。


子どもたちがその人らしさを最大限発揮できる教育。みんな違ってそれでいい教育。
そんな教育を私はしてみたいです。

今、一番、オランダ、フィンランドの教育視察に行きたいです。出来れば家族で(笑)言ってれば叶う叶う。

息子がおきてしまったので今日はここまで~。

AD

育児休暇延長しましたー!

テーマ:
先週会社の社長との話し合いの結果
、育児休暇を延長することにしました!一先ず四月ぐらいかなー。やったー!!
保活については、来年度の四月からの保育園の申し込みは、保育園ママの聞き込み調査よると、12月の申請前に家庭保育室に預けるという得点なくても、フルタイム勤務であれば希望の保育園に入れた子どももいたようです。もう頭で考えるのは止めて、自分の気持ちにしたがって「えいっ」と保育室にいれず、自分で子育てすると決めてしまいました!
私は自分では感覚で生きているタイプだと思って生きていたのですが、保活のポイントで悩むなんて結構頭で考えて生きてるなーと思いました。
確かに復帰した時に預けられるところがないのは心配だけど、自分の気持ちに従って素直に生きたいものです。まさに、純粋意欲に従っていきるということですね!
あと半年以上、家にいられるのが楽しみでしょうがないです!秋の気候は、外出するのにいいですね!たいちゃんとひかりと公園いったり、自転車で近所を散策したり、素朴な日常生活を楽しみたいと思います!
それに、二月まで育休手当てがもらえるのですが、二月から無給になるので、数ヶ月自分でビジネスしてみようと考えてます!新たなチャレンジも楽しみます!
私だけの自由な時間、何ができるのか、ウフフ~。
AD

つい金曜日のこと。
朝起きて、部屋の片づけをしていると、
先ほどまで、部屋の一角で遊んでいた息子が
真ん丸の目をして、私にめがねを両手で差し出してきた。
「え?」と私は、最初何をしているのか分からず、めがねを受け取ると、
お布団のそばに置きっぱなしにしていためがねを私に持ってきてくれたことを理解しました。
まだ生まれてまだ1歳一ヶ月。もうそんなことができるの?
もう驚きと、かわいらしさで、すごく胸がときめいてしまいました。


こういう日常の些細な瞬間。とても大事。
息子は、このめがねが私のものであるのを知っているんだな。
私のことをちゃんと見ていてくれるんだな。
なんか、胸が熱くなります。


育児休業をとって、もう一年が経ちました。
12月には、保育園の申請期間がくる。
保育園事情的には、来月には、家庭保育室に入れないといけない。
この数週間、うつうつとしていました。


息子は、歩けるようになって、音楽をかければダンスもします。
やっと少しずつコミュニケーションが取れてきて、最近は、両手を合わせて、ご馳走様をします。
一番かわいい盛りなのに、なんで保育園にいれないといけなんだと悔しさがこみ上げてきます。


出来ることなら、育休を伸ばしたい。できれば、3年。
だけど、うちの会社は今、一人やめてしまって、私が来るのを待っている。
育休を伸ばしたいなんていえない。
伸ばしたところで、保育園に入れなくなる。それもその後が経済的につらい。
今の会社は、いろんな問題がありますが、子持ちの私を考慮して、
裁量労働制の契約を結んでくれる点では、とても良心的な会社なのです。


でも、一度会社に入ると、責任やら何やらで、やはり今のような優雅な子育ては難しいだろうな。
こんな赤ちゃんの時期なんて、3年ぐらい。
じっくり向きあって子育てしてみたいというのが私の本音です。

保育園が悪いわけではない、ただ、自分がじっくりそばにいる時間を持ってみたいのです。
長女が生まれてから、こんなに子育てが楽しいと思うとは思いませんでした。
私の人生をガラッと変えてしまった子ども存在はとても大きかったです。
何倍も何倍も豊かな人生にしてくれています。本当にありがとう。


保育園に預けたからといってそれがなくなるわけではないけれど、
多少なりとも制限が出てきてしまう。
自分が仕事モードになって、毎日をせかせか生きるのではないか。
それがいやだな。もっと毎日を表情豊かに生きたい。
「生きることは表現である。」そういう人生を私は送りたいんだ。


会社をやめる勇気もないし、仕事が嫌いなわけでもない。
ただ今の子育ての時間を大事にしたい。ただそれだけなのに。
なんでこんなに社会は複雑なんだー。この不自然さ。
その不自然さを選ぶ私も不自然!あーなんか違う。。


でもこうやって妥協して、泣き寝入りする人生は、私はいやだ。
やっぱり、一度きりの人生、あきらめたくないのです。
今の自己矛盾に向き合って、この現状を打破する策を見つけることによう。
自分らしく、子育てを満喫しながら、働く方法があるはず。もちろん、収入を減らさずにね。

長女のときは、在宅で、超ウルトラ時短をとって働いてみたんだけど、
そのうち仕事量と給料が見合わなくなってきて、すごく苦労した経験があります。
会社軸に沿った生き方は、自分をすごく小さくしてしまう。
しっかりと自分軸をもった安定した人であれば、物事をしっかり見極め、
会社に振りまわされる人にはならないだろう。これも大事。


堂々巡りの悩みでしたが、少し前向きになりました。
明日は社長と復帰の予定の話し合いです。
息子と一緒に向かいます。自分の気持ちに正直に、しっかり見極め、話し合ってきます。

豊かな人生が切り開けますように。

AD