”扁桃体”の興奮を鎮め、プチうつ、うつ、メンタル不調、不安を克服、解決する脳科学心理セラピー

既存の心理療法とは、まったく異なるアプローチで、某上場企業では3年半うつ休職再発0%に貢献した脳科学心理セラピーのページへようこそ。

■↓NEW!■
プチうつ度、うつ度を診断するクイック診断テスト

 

★6/25(日)13時~14時45分。日本産業カウンセラー協会神奈川支部で山本潤一が講演します。

 テーマ・「脳科学心理療法の紹介」 後日申し込み先リンクができました。以下をクリックしていただくとトップページに大きなバナーがありまして、それクリックしていただけると詳細ページに行きます。申込み受付開始は5/9からだそうです。

http://www.kanagawa-c.jp/

 

★ベストセラー作家・本田健さんがネットラジオ(ポッド キャスト)「Dear Ken Vol.332」で、山本潤一の本を紹介してくれました。

 ネットラジオの中で、彼が僕の新刊本「不安遺伝子を抑えて、心がす~っとラクになる本」

 を紹介してくれました。ご興味ある方は以下からその音声を聴いていただけます。

  32分50秒〜34分20秒あたりで健が本の紹介をしています^^

 http://firestorage.jp/download/7605fad63c3dfa84f197df7b0b16b567b8fbecdd

 

 *彼とは20年来のお付き合いがあり、友人として応援してくれました。

 

★「不安遺伝子を抑えて、心がす~っとラクになる本」 2016年9月16日出版。

*リーマンショックで仕事がゼロになり、「もう死にたい」とまで思った私が、セルフセラピーのスキルとパートナーシップの力で、復活できたお話です。

 そのときに使ったさまざまなセルフセラピーのテクニックの中から、皆さんにも使っていただけそうなものを掲載しました。

 

 今の激動の時代の中、かつての私のように仕事やお金のことで、うつ状態やメンタル不調になり、苦しんでいる人にお役に立てていただければと思い、書きました。大丈夫ですよ、とお伝えしたいです。

アマゾン

https://www.amazon.co.jp/dp/4798047864

楽天ブックス

http://search.books.rakuten.co.jp/bksearch/nm?b=1&g=000&sitem=%C9%D4%B0%C2%B0%E4%C5%C1%BB%D2%A4%F2%CD%DE%A4%A8%A4%C6&x=0&y=0

 

★先日、経営者向け月刊雑誌「プレジデント」に不安遺伝子のことで取材を受け、

 2016年11月28日発売号に掲載されました。ご興味あったらご覧ください。

  


<ブログ本文>

 

 あなたの扁桃体が損傷してしまうと、つまり機能しなくなってしまうと、あなたのうつ、メンタル不調を作り出すストレス感情が、なくなってしまうということをご存知でしたか?

 

 うつ、メンタル不調に悩む人は実は非常に不安が強く、怖がりです。

 

職場で上司にいろいろ言われ、それで恐怖心が強くなって何も言えなくなり、その結果仕事に納期が迫ってきても何もできず、そして眠れなくなってダウンするとか、

 

 職場で上司や同僚にきついことを言われ、それで不安が強くなり怖くなって、仕事が手につかず、眠れなくなってダウンするとか、こういうことはありますね。

 

 で、話を戻すと、そもそも扁桃体を機能しなくさせると、こうした不安や恐怖はなくなってしまうのです。つまり、あなたのうつ、メンタル不調を作るストレスがなくなってしまう、のです。

 

 ネットを調べればいろいろな研究報告が出てきます。一例をご紹介します。

 

アイオア大学の臨床神経心理学者のJustin  Feinstein氏らは、ひじょうに珍しい、扁桃体が機能しない44歳の女性に、ヘビやクモを見せる、ホラー映画を見せる、お化け屋敷を訪れる、過去のトラウマ体験を回想させる、など、

 

通常の人であれば、恐怖を感じるようなさまざまな状況を体験してもらい、その反応を記録したのです。

 

 結果は、その女性は恐怖を感じる様子を全く見せず、事前にヘビやクモは嫌いでいつも避けるようにしていると語っていたにもかかわらず、ペットショップを訪れると、すぐにヘビやクモをさわりはじめ、研究者を驚かせたそうです。

 

 「なぜ、嫌いな生き物に触ったのか」と聞かれると、「好奇心に勝てなかった」とのこと。詳しくは以下のリンクを。

 

偏桃体の損傷により「恐怖」を感じることができない女性

 

 どうでしょう? 扁桃体が損傷していて、機能しないと過去にトラウマすらもなにも感じなくなるのです。

 

 あなたが、たとえば職場で上司にきつくあたられうつ、メンタル不調に陥ったとして、なかなか改善できないとしたら、その時の場面にいつもまでも怖さを感じるということがあるかもしれません。

 

 過去のトラウマ場面に怖さを感じないとしたら、その上司のことを何とも感じないで、普通に復職できると思いませんか?

 

 そうなのです。扁桃体が機能しないとこういう風にあなたのうつ、メンタル不調を作るストレスは消えてしまうのです。

 

 扁桃体がいかにうつ、メンタル不調と関係しているかわかるでしょう。

 

しかし、扁桃体の機能をかりにそもそも人為的に壊してしまったら、どうなるでしょうか? 

 

 実は、危険なことなのです。普通の人間として身の危険を感じなければならないことにも怖さを感じなくなるので、命が危ないということになるのです。

 

 だって、ヘビが怖くなくてふつうに触っていたら、もしそのヘビが毒蛇だったら、あなたは噛まれて死んでしまうでしょう。

 

 扁桃体は本能の脳なので、生命危機の恐怖心を発して、ヘビには近づかないように私たちを守ってるのですね。

 

でも、職場や日常生活の人間関係で扁桃体が興奮しまくっていたら、恐怖心が出すぎて、あなたの心はストレスでおかしくなってしまうのでしょう。

 

だから、扁桃体をわざわざ壊すなどと言うことをしないで、イメージの力で、扁桃体の過剰な興奮を鎮めるイメージ療法が、筑波大学で開発されたのです。

 

 あなたの扁桃体が安定化すれば、あなたのうつ、メンタル不調を作っている、不安恐怖などのストレス感情は消えていき、あなたのうつ、メンタル不調も解決していくのです。

 

私が行っている心理療法の扁桃体の慢性的な興奮を鎮める方法は、以下の解説をどうぞ。

http://ameblo.jp/terumiこれをしなcompany/entry-12179742531.html

 

うつ、生きにくさ、不安、ストレス、メンタル不調を克服するために、自分自身の感受性の課題を解決したいと思う方は、まずは、イメージの力で扁桃体を安定化させる脳科学心理セラピー無料体験セッションをご体験下さい。

 

注)体験セッションをお受けになる際は、キャンセルはしないというコミットをしてお受けください。キャンセルされると、別の方で本来真剣に悩んでいる方にご提供できたはずの時間が、結局、誰のためにも生かされず無駄になります。

 

 ご配慮いただければ幸いです。


 うつと生きにくさを克服する脳科学心理セラピー
 -無料体験から本格解決セッションまで。
うつから完全に卒業したいあなたお勧めします。 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

■↓NEW!■
プチうつ度、うつ度を診断するクイック診断テスト

 

★6/25(日)13時~14時45分。日本産業カウンセラー協会神奈川支部で山本潤一が講演します。

 テーマ・「脳科学心理療法の紹介」 後日申し込み先リンクができました。以下をクリックしていただくとトップページに大きなバナーがありまして、それクリックしていただけると詳細ページに行きます。申込み受付開始は5/9からだそうです。

http://www.kanagawa-c.jp/

 

★ベストセラー作家・本田健さんがネットラジオ(ポッド キャスト)「Dear Ken Vol.332」で、山本潤一の本を紹介してくれました。

 ネットラジオの中で、彼が僕の新刊本「不安遺伝子を抑えて、心がす~っとラクになる本」

 を紹介してくれました。ご興味ある方は以下からその音声を聴いていただけます。

  32分50秒〜34分20秒あたりで健が本の紹介をしています^^

 http://firestorage.jp/download/7605fad63c3dfa84f197df7b0b16b567b8fbecdd

 

 *彼とは20年来のお付き合いがあり、友人として応援してくれました。

 

★「不安遺伝子を抑えて、心がす~っとラクになる本」 2016年9月16日出版。

*リーマンショックで仕事がゼロになり、「もう死にたい」とまで思った私が、セルフセラピーのスキルとパートナーシップの力で、復活できたお話です。

 そのときに使ったさまざまなセルフセラピーのテクニックの中から、皆さんにも使っていただけそうなものを掲載しました。

 

 今の激動の時代の中、かつての私のように仕事やお金のことで、うつ状態やメンタル不調になり、苦しんでいる人にお役に立てていただければと思い、書きました。大丈夫ですよ、とお伝えしたいです。

アマゾン

https://www.amazon.co.jp/dp/4798047864

楽天ブックス

http://search.books.rakuten.co.jp/bksearch/nm?b=1&g=000&sitem=%C9%D4%B0%C2%B0%E4%C5%C1%BB%D2%A4%F2%CD%DE%A4%A8%A4%C6&x=0&y=0

 

★先日、経営者向け月刊雑誌「プレジデント」に不安遺伝子のことで取材を受け、

 2016年11月28日発売号に掲載されました。ご興味あったらご覧ください。

  


<ブログ本文>

 

 あなたの周りには、うつ、メンタル不調から自力で復活した人はいるでしょうか?  私の周りには何人かおられます。共通しているのは、何年もの長い間、そういった状態にあってその中で自分自身の向き合い、その結果、潜り抜けたということです。

 

 彼らに共通していることは、自分自身の性格を変えることに成功しているということです。例えば、ある方は(個人がわからないように内容を少し変えます)、

 

「何にでもつきつめてしまう自分自身の性格が原因なんだと心底思ったんですよ。そうなりそうなとき、ふっと考えを他の方向にそらす感覚を身に着けたんですよ」

 

 これってなかなかすごいことです。こういうことができるようになれば、うつ、メンタル不調はある程度コントロールできるのです。

 

この方は、10年近くうつで仕事ができない状態でいて、そうしたどん底を経験した結果、心底自分で腑に落ちたんでしょうね。

 

ある意味、どん底を経験すると人は本当に変われるという事なんだと思います。

 

 私自身も2008年のリーマンショックで、それまでのすべての仕事を失い、茫然自失の状態に陥り、死にたい、と思うまでになりましたが、このまま死んでしまったら後悔すると思い、そこから自分が学んできたセラピーを自分自身に本気で行う事で、死にたい気持ちは消え、吹っ切れたわけです。

 

 そこまで行くと性格が変わるわけです。

 

しかし逆に言うと、そこまで行かないと性格が変われないというわけでもないのです。

 

性格とは「感じ方」のことですが、感じ方は、0歳から3歳で完成する脳内の感情の発生装置、偏桃体で決定されているわけです。

 

3歳以下の感じ方、つまり「習い性」を変えるということは、常識的に考えると、とってもむずかしいことだと思いませんか?

 

それは今まで、感じ方を決定している、扁桃体を安定化させる方法が世界的になかったためなのです。

 

 うつ、メンタル不調とは、あなたの性格の一部が作り出したものなのです。

 

 あなたにとって不都合が性格を変えませんか? というメッセージなのですね。

 

 性格を変える、と言う取り組みが、鬱、メンタル不調に解決には必要なんだと、いつ気づくか。

 

そこは人それぞれなのです。私は2008年のリーマンショックでどん底に落ちた時でした。

 

 どん底に落ちる必要は必ずしもありません。気づけばよいのですから。あなたには、いつ気づきが訪れるでしょうか?

 

私が行っている心理療法の扁桃体の慢性的な興奮を鎮める方法は、以下の解説をどうぞ。

http://ameblo.jp/terumiこれをしなcompany/entry-12179742531.html

 

うつ、生きにくさ、不安、ストレス、メンタル不調を克服するために、自分自身の感受性の課題を解決したいと思う方は、まずは、イメージの力で扁桃体を安定化させる脳科学心理セラピー無料体験セッションをご体験下さい。

 

注)体験セッションをお受けになる際は、キャンセルはしないというコミットをしてお受けください。キャンセルされると、別の方で本来真剣に悩んでいる方にご提供できたはずの時間が、結局、誰のためにも生かされず無駄になります。

 

 ご配慮いただければ幸いです。


 うつと生きにくさを克服する脳科学心理セラピー
 -無料体験から本格解決セッションまで。
うつから完全に卒業したいあなたお勧めします。 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

■↓NEW!■
プチうつ度、うつ度を診断するクイック診断テスト

 

★6/25(日)13時~14時45分。日本産業カウンセラー協会神奈川支部で山本潤一が講演します。

 テーマ・「脳科学心理療法の紹介」 後日申し込み先リンクができました。以下をクリックしていただくとトップページに大きなバナーがありまして、それクリックしていただけると詳細ページに行きます。申込み受付開始は5/9からだそうです。

http://www.kanagawa-c.jp/

 

★ベストセラー作家・本田健さんがネットラジオ(ポッド キャスト)「Dear Ken Vol.332」で、山本潤一の本を紹介してくれました。

 ネットラジオの中で、彼が僕の新刊本「不安遺伝子を抑えて、心がす~っとラクになる本」

 を紹介してくれました。ご興味ある方は以下からその音声を聴いていただけます。

  32分50秒〜34分20秒あたりで健が本の紹介をしています^^

 http://firestorage.jp/download/7605fad63c3dfa84f197df7b0b16b567b8fbecdd

 

 *彼とは20年来のお付き合いがあり、友人として応援してくれました。

 

★「不安遺伝子を抑えて、心がす~っとラクになる本」 2016年9月16日出版。

*リーマンショックで仕事がゼロになり、「もう死にたい」とまで思った私が、セルフセラピーのスキルとパートナーシップの力で、復活できたお話です。

 そのときに使ったさまざまなセルフセラピーのテクニックの中から、皆さんにも使っていただけそうなものを掲載しました。

 

 今の激動の時代の中、かつての私のように仕事やお金のことで、うつ状態やメンタル不調になり、苦しんでいる人にお役に立てていただければと思い、書きました。大丈夫ですよ、とお伝えしたいです。

アマゾン

https://www.amazon.co.jp/dp/4798047864

楽天ブックス

http://search.books.rakuten.co.jp/bksearch/nm?b=1&g=000&sitem=%C9%D4%B0%C2%B0%E4%C5%C1%BB%D2%A4%F2%CD%DE%A4%A8%A4%C6&x=0&y=0

 

★先日、経営者向け月刊雑誌「プレジデント」に不安遺伝子のことで取材を受け、

 2016年11月28日発売号に掲載されました。ご興味あったらご覧ください。

  


<ブログ本文>

 

 うつ、メンタル不調は今や、製薬会社とお医者さんのテレビコマーシャルの影響なのか、多くの人が「病気だ」と思っているのではないかと思います。

 

 私はかつて某県医師会の委員を4年間行っていました。その医師会の小委員会で10人の医師たちと一緒になって「あるべき患者応対」についての答申書作成の委員をしていたのです。私だけが医師ではなくて、唯一のセラピストでした。

 

 ちなみにこの時に作った答申書は、その県の約数千人の医師に配布されました。

 

 その時に知り合った某医師は、メンタルの世界では著名な医師だったようで、その方の講演会を聴きに行ったときにこう言われていました。

 

「うつ、メンタルは”病気”なんだから、素人のみなさんは余計な判断をしないで、すぐに我々医師のところに連れてきたほうがよい」

 

 日本人は、「権威」に非常に弱いので、医師がこういう風に言うと、そのまま受け入れてしまう人が非常に多いのです。私はなんの疑問ももたずに、権威者の言うことを受け入れてしまう人は、非常に本当の「病気のレベル」になっていく人が多いのではないかと思います。

 

 私はこんな風に考えることをお勧めします。

 

もともとあなたが、うつ、メンタル不調になったきっかけを思い出す、ということです。あなたはどうしてそうなりましたか?

 

 共通している点は次のようなことです。

 

「周りの顔色に非常に敏感である」ということ。そして、あなたがなにか心がへこんだ時に、「助けを求められなかった」か、「誰かに相談できなかった」か、「自分を都合をはっきりと言えなかった」か、「本当はつらかったのに、つい強がってしまった」などのことがあるはずなのです。

 

 もっと正確に言うと、もともとものすごく周りの目を気にする敏感な感受性があるのですが、今までは何とかやれてきたけれども、何か心がへこむ経験をして、それを誰にも言えずに心に貯め込んだために、

 

そのうち、夜が寝むれなくなって、疲れ果て、起き上がる気力がなくなって、というように、だんだん「病気」レベルになっていくのです。

 

 発端は、あなた自身の気軽に人と心を通い合わせ、自分の都合を言えない、パーソナリティの問題から来ているのです。

 

 私自身もそうだったのです。周りの目が非常に怖くて、私の場合は周りから「すごい人」と言われなければならない、と思い込み、自分自身にすごいプレッシャーをかけることで、すごい恐怖心の中に自分を追い込み、そして壊れていった・・・・。

 

「俺って、つい、まわりによく思われたいために無理しちゃうんだよね。だからそれは、引き受けるのやめるよ。今の自分には無理だから」

 

これを言えない自分だったのですね。

 

 完全に性格的な課題の問題なのです。

 

だから、眠れなくて、疲れ果て、起き上がれない、レベルにまで行ったら、薬を飲んで休職して、をすると、元のレベルまでは回復します。

 

 しかし、いくら薬を飲んで休職しても、もともとのデリケートすぎる性格を「変える」ということをしないと、結局は同じような状況に遭遇すると、また再発するのです。

 

 それをいつまでも、「念のために」と言うことで薬を飲んで、休職しても、性格を変えることにはならないのです。でも、この状態のまま何年も、同じ状態で時間を過ごしている人が日本には非常に多いのです。

 

 このあたりを、自分で気づけるかどうか、が、うつ、メンタル不調を卒業できる人と、できない人、のわかれ目なのです。

 

 今は、失恋したら、すぐお医者さんに行って薬を飲んでいる、と言う人もいると、先日ある人から聞きました。

 

 失恋した心の痛みは、「病気」ですか?

 

 そんなことをしていたら、いつかその人は薬を手放せない、依存症の人になってしまうのではないでしょうか。

 

 もともとは自分自身の性格的な課題から、作り出されたものだ、と言う視点で考えることが、大切と思います。

 

 誤解しないでいただきたいのは、「あなたの性格が悪いため」、になったのではありません。

 

 あなたにば、あなたがより自分が幸せになるためには、課題があったのですよ、と教えてくれている、と言うことです。

 

 だから、今の自分の性格をリフォームする、と決めることで、うつ、メンタル不調は卒業できるのです。

 

 性格を再構築するとは、「感じ方」を変える、と言うことで、「感じ方」は脳内の情動の発電装置である、扁桃体が担っているのです。

 

この扁桃体の過敏すぎる感受性をおちつかせることができると、あなたの感じ方は変わり、結果として従来の性格がリフォームされるということになるのです。

 

私が行っている心理療法の扁桃体の慢性的な興奮を鎮める方法は、以下の解説をどうぞ。

http://ameblo.jp/terumiこれをしなcompany/entry-12179742531.html

 

うつ、生きにくさ、不安、ストレス、メンタル不調を克服するために、自分自身の感受性の課題を解決したいと思う方は、まずは、イメージの力で扁桃体を安定化させる脳科学心理セラピー無料体験セッションをご体験下さい。

 

注)体験セッションをお受けになる際は、キャンセルはしないというコミットをしてお受けください。キャンセルされると、別の方で本来真剣に悩んでいる方にご提供できたはずの時間が、結局、誰のためにも生かされず無駄になります。

 

 ご配慮いただければ幸いです。


 うつと生きにくさを克服する脳科学心理セラピー
 -無料体験から本格解決セッションまで。
うつから完全に卒業したいあなたお勧めします。 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。