”扁桃体”の興奮を鎮め、プチうつ、うつ、メンタル不調、不安を克服、解決する脳科学心理セラピー

既存の心理療法とは、まったく異なるアプローチで、某上場企業では3年半うつ休職再発0%に貢献した脳科学心理セラピーのページへようこそ。

■↓NEW!■
プチうつ度、うつ度を診断するクイック診断テスト

 

★12/13(火)13時半~17時半、に山本潤一がコラボで公開セミナーを行います。

「社長の悩みを解決する『決算書の読み方』『コスト削減』『助成金活用』『健康経営』セミナー」です。経営者向けのセミナーで、決算書分析のプロである深澤大輔さんと一緒にコラボするもので、私は社員のメンタルを健全化させる「健康経営」についてお話しします。

 ご興味あったら以下をどうぞ。

 http://rlja.org/news/news-art18/

 

★先日、経営者向け月刊雑誌「プレジデント」に不安遺伝子のことで取材を受け、

 2016年11月28日発売号に掲載されました。ご興味あったらご覧ください。

  

☆山本潤一の新刊本出ました! 9/16発売 ! !

 「不安遺伝子を抑えて、心がすーっとラクになる本」 出版社・(株)秀和システム

 

<川崎駅前のあおい書店では平積み中!!>

 

*リーマンショックで仕事がゼロになり、「もう死にたい」とまで思った私が、セルフセラピーのスキルとパートナーシップの力で、復活できたお話です。

 そのときに使ったさまざまなセルフセラピーのテクニックの中から、皆さんにも使っていただけそうなものを掲載しました。

 

 今の激動の時代の中、かつての私のように仕事やお金のことで、うつ状態やメンタル不調になり、苦しんでいる人にお役に立てていただければと思い、書きました。大丈夫ですよ、とお伝えしたいです。

 お近くの書店にない場合は、アマゾン、楽天ブックスでどうぞ↓。

アマゾン

https://www.amazon.co.jp/dp/4798047864

楽天ブックス
http://search.books.rakuten.co.jp/bksearch/nm?b=1&g=000&sitem=%C9%D4%B0%C2%B0%E4%C5%C1%BB%D2%A4%F2%CD%DE%A4%A8%A4%C6&x=0&y=0


<ブログ本文>

 

 現在、多くの企業では、うつ、メンタル不調の再発が止められない、という問題がどの企業でも起こっています。

 

 しかし、このブログにも書いていますが、私はかつて私のセラピーの師匠である、筑波大学名誉教授である、宗像恒次博士の指導の下、4人のセラピストとともに、某上場企業で初回うつ休職者の再休職の再発率が3年半0%という結果に貢献し、この企業の産業医は論文発表していました。

 

 なぜ、こういう事が可能だったのかというと、私は次のように考えています。

 

1.気持ち、感情の表れを、身体感覚としてとらえているから。

 

 現在、多くの企業でとられているメンタル対策は、主治医による投薬と休職だと思います。でも、私にはメンタルのお医者さんで親しい人がいてその方も言っているので知っているのですが、薬や休職が効く人とは、かなりの重症者なのです。

 

 ネガティブな感情が長期的に続いた結果、体がだるくて起き上がれなくなったとか、夜が眠れないせいで、心身ともに疲労困憊したとか、そういうレベルに人には効くのですね。

 

 でも、そのレベルまで行っていない人とか、最悪の段階が改善されてきてきた人には、薬や休職ってあまり効果が見られないのではないでしょうか。

 

 あなたもそうだとしたらよくご自身でわかると思います。

 

もう体調は戻ってきたし、大丈夫と思うのに、まだ休職や投薬を続けなければならないのか、と感じている人は多いことでしょう。

 

 もともとうつや、メンタルの問題は、その人の「傷つきやすい感受性」から作り出されます。

もっとはっきり言うと、その人の「まわりの目や顔色を気にしやすい感受性」から作りだされます。

 

 なので、人間関係で激しく傷つき夜も眠れないことが長期化すると、心身ともに疲労困憊するので、そこまで行ったら投薬と休職が効果的ですが、そこまで行っていないとか、その段階が改善されている状態だとしたら、私は、その人の「感受性の課題を解決する」ということをすることが重要と考えます。

 

 実際、先の某上場企業で行っていた時は、そういうことをしていたのです。その企業も、その人が自分の課題を解決していないと、復職させないとしていたのです。

 

 それなのに、いつまでも投薬を休職を続けていても、課題が解決されるわけではないですよね。だから多くの企業では再発を繰り返しているのではないかと私は思います。

 

 で、多くの企業では、カウンセラーがいてカウンセラーが課題解決の役割を期待されていると思います。でも、それでも多くの企業では再発が止められないのはなぜかというと、私は次のように思います。

 

「気持ち、感情に焦点をあてているから」

 

 私も昔やっていましたが、認知行動療法や傾聴カウンセリングは、その人の気持ち、感情に焦点を当てます。だから、

 

その人の気持ちを傾聴したり、その人の気持ちの癖を分析したり、思考の癖を分析したりするのですね。これは確かに一定の効果はあります。

 

しかし、うつやメンタル不調の方は、周りの目や顔色に非常に敏感であり、本人にも分析するのが困難なレベルの敏感な感受性によって、傷つき、うつやメンタル不調になっているのです。

 

つまり、本人には無自覚な潜在感情によって支配されている、ということです。

 

そして、潜在感情は、身体によって作り出されるのです。よって焦点をあてるべきは、気持ち感情そのものではなくて、身体感覚なのですね。

 

 私たちはこれを行っていたのですね。

 

「胸キュン」「背中がゾッ」「髪の毛が逆立つ」「顔面蒼白になる」「手足の力が抜ける」など、身体感覚が感情を表している言葉は非常に多いですね。

 

 通常のカウンセリングは、気持ち感情の表れとして、その結果、胸キュンしたり、髪の毛が逆立つなどの身体感覚が次にあらわれると考えているのです。

 

 これもありますが、より根源的にはその逆です。身体感覚が、気持ち、感情を作っているのです。

 

 よって、うつ、メンタル不調の人は、身体にものすごい緊張があり、これがネガティブな感情を作り出しているので、対処すべきは身体感覚なのです。

 

 ここが通常のカウンセリング、心理学とは全く考え方が異なるのです。

 

 ネガティブな情動を発生させる、脳内の発電装置である扁桃体は、身体感覚によって刺激され、マイナス感情を発生させるのです。よって、扁桃体を安定化させるとうつ、メンタル不調を作りしている慢性ストレスは消え、症状が改善されるのです。

 

 こうしたアプローチを某上場企業で行った結果、初回うつ休職者の再休職率が3年半0%になったのです。

 

 また、今まで何年もお医者さんの薬を飲んでいて改善しないというような方が、私のところにはたくさんきますが、ほとんどが15時間前後のセッションで改善してしまうのです。15時間を3日間で行い、それで改善してしまう人がたくさんいるのです。

 

うつ、生きにくさ、不安、ストレス、メンタル不調を克服するために、自分自身の感受性の課題を解決したいと思う方は、まずは、扁桃体を安定化させる脳科学心理セラピー無料体験セッションをご体験下さい。

 

注)体験セッションをお受けになる際は、キャンセルはしないというコミットをしてお受けください。キャンセルされると、別の方で本来真剣に悩んでいる方にご提供できたはずの時間が、結局、誰のためにも生かされず無駄になります。

 

 ご配慮いただければ幸いです。


 うつと生きにくさを克服する脳科学心理セラピー
 -無料体験から本格解決セッションまで。
うつから完全に卒業したいあなたお勧めします。 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

■↓NEW!■
プチうつ度、うつ度を診断するクイック診断テスト

 

★12/13(火)13時半~17時半、に山本潤一がコラボで公開セミナーを行います。

「社長の悩みを解決する『決算書の読み方』『コスト削減』『助成金活用』『健康経営』セミナー」です。経営者向けのセミナーで、決算書分析のプロである深澤大輔さんと一緒にコラボするもので、私は社員のメンタルを健全化させる「健康経営」についてお話しします。

 ご興味あったら以下をどうぞ。

 http://rlja.org/news/news-art18/

 

★先日、経営者向け月刊雑誌「プレジデント」に不安遺伝子のことで取材を受け、

 2016年11月28日発売号に掲載されました。ご興味あったらご覧ください。

  

☆山本潤一の新刊本出ました! 9/16発売 ! !

 「不安遺伝子を抑えて、心がすーっとラクになる本」 出版社・(株)秀和システム

 

<川崎駅前のあおい書店では平積み中!!>

 

*リーマンショックで仕事がゼロになり、「もう死にたい」とまで思った私が、セルフセラピーのスキルとパートナーシップの力で、復活できたお話です。

 そのときに使ったさまざまなセルフセラピーのテクニックの中から、皆さんにも使っていただけそうなものを掲載しました。

 

 今の激動の時代の中、かつての私のように仕事やお金のことで、うつ状態やメンタル不調になり、苦しんでいる人にお役に立てていただければと思い、書きました。大丈夫ですよ、とお伝えしたいです。

 お近くの書店にない場合は、アマゾン、楽天ブックスでどうぞ↓。

アマゾン

https://www.amazon.co.jp/dp/4798047864

楽天ブックス
http://search.books.rakuten.co.jp/bksearch/nm?b=1&g=000&sitem=%C9%D4%B0%C2%B0%E4%C5%C1%BB%D2%A4%F2%CD%DE%A4%A8%A4%C6&x=0&y=0


<ブログ本文>

 

 今週の月曜日、11・28(月)発売のビジネス月刊誌「プレジデント」P34に、私が取材された記事が掲載されました。

 

 「嫉妬、スマホ、睡眠の脳科学」 という4Pにわたる記事で、私の他に精神科医、脳生理学者、脳科学者、などの4人をプレジデント側が取材して、まとめて記事にしています。

 

 私自身は、自分が出版した本「不安遺伝子を抑えて、心がす~っとラクになる本」の中から、不安遺伝子と脳、メンタルに関連について、話しました。

 

 出来上がった本誌を見て感慨深かったのは、記事の冒頭で精神科医の方が、こんな発言をしていたことです。

 

 「怒りと密接にかかわるのが、脳の中心部にある大脳辺縁系の中の扁桃体です。」

 

 この記事は、「怒り」をどうコントロールしたらよいか、というような内容なので、怒りの感情について、扁桃体との関係を説明していますが、本来、扁桃体とは怒りだけでなく、不安や、悲しみ、恐怖、喜びの感情もそうですが、うつ、メンタルに関連するさまざまな感情を発生させる脳内装置なのです。

 

 感慨深かったのはなぜかというと、私のブログでは、ずいぶん昔から扁桃体と、うつ、メンタル不調、生きにくさのことを書いていますが、最近は、今年6月にテレビ放映された、NHKスペシャル「キラーストレス」でも紹介されたように、こうして扁桃体のことを書くメディアが非常に増えてきたからです。

 

 つい最近まで、

 

「うつ、メンタル不調発生の原因は、よくわからない」としている専門家の方も多かったと思いますが、こうしてだんだん明確になってきたのは、とてもよいことだと思います。

 

 と同時に、

 

扁桃体にダイレクトに働きかけて安定化させる対策については、まだ、私たちが行っている方法以外では、なかなかないのではないかと思います。

 

 間接的に脳のほかの部位に刺激を与えて、扁桃体を鎮めようとする手法をいろいろあるようですが、扁桃体そのものに直接働きかけて、扁桃体が発生させている、さまざまなマイナス感情を鎮めるという方法は、ほかにはないようですね。

 

 今まで長年、周りになかなか理解されずにきましたが、継続してきてよかったなと思います(^^)

 

 なにより、うつ、メンタル不調、生きにくさは、扁桃体を安定化させることによって、改善していく事が出来るんですよ、とみなさんに今まで以上、説得力をもって言ってあげられることがうれしいです。 

 

うつ、生きにくさ、不安、ストレス、メンタル不調を克服するために、自分自身の感受性の課題を解決したいと思う方は、まずは、扁桃体を安定化させる脳科学心理セラピー無料体験セッションをご体験下さい。

 

注)体験セッションをお受けになる際は、キャンセルはしないというコミットをしてお受けください。キャンセルされると、別の方で本来真剣に悩んでいる方にご提供できたはずの時間が、結局、誰のためにも生かされず無駄になります。

 

 ご配慮いただければ幸いです。


 うつと生きにくさを克服する脳科学心理セラピー
 -無料体験から本格解決セッションまで。
うつから完全に卒業したいあなたお勧めします。 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

■↓NEW!■
プチうつ度、うつ度を診断するクイック診断テスト

 

★先日、経営者向け月刊雑誌「プレジデント」に不安遺伝子のことで取材を受け、

 2016年11月28日発売号に掲載されました。ご興味あったらご覧ください。

  

☆山本潤一の新刊本出ました! 9/16発売 ! !

 「不安遺伝子を抑えて、心がすーっとラクになる本」 出版社・(株)秀和システム

 

<川崎駅前のあおい書店では平積み中!!>

 

*リーマンショックで仕事がゼロになり、「もう死にたい」とまで思った私が、セルフセラピーのスキルとパートナーシップの力で、復活できたお話です。

 そのときに使ったさまざまなセルフセラピーのテクニックの中から、皆さんにも使っていただけそうなものを掲載しました。

 

 今の激動の時代の中、かつての私のように仕事やお金のことで、うつ状態やメンタル不調になり、苦しんでいる人にお役に立てていただければと思い、書きました。大丈夫ですよ、とお伝えしたいです。

 お近くの書店にない場合は、アマゾン、楽天ブックスでどうぞ↓。

アマゾン

https://www.amazon.co.jp/dp/4798047864

楽天ブックス
http://search.books.rakuten.co.jp/bksearch/nm?b=1&g=000&sitem=%C9%D4%B0%C2%B0%E4%C5%C1%BB%D2%A4%F2%CD%DE%A4%A8%A4%C6&x=0&y=0


<ブログ本文>

 

 私のところには、大手企業に勤めているビジネスマンの方(もちろん中小企業にお勤めの方々もですが)で、メンタル不調で休職され、復職したけれども調子が悪いとか、復職しようと思ってるけれども、今のままでは大丈夫と思えないとか、復職したけれどもまた休職してしまった、とか、そういう方々が本当の意味でメンタルを解決したい、ということで心理療法を受けにくる方がたくさんいます。

 

 これは普通に考えると不思議に思うかもしれませんね。

 

なぜなら大手企業に勤めるビジネスマンだったら、産業医はいるし、産業カウンセラーはいるし、保健師もいるし、復職プログラムというのがあったりしてメンタルに関する体制がしっかりしている、と誰もが思うかもしれないからです。

 

 でもです。

 

たとえば、復職プログラムを受けてどうでしたか、と質問すると、

 

「あんまり効果があるとは思えないですね。」とか、「形だけですね」と答える方が非常に多いのです。

 

 実際、どんなことをするのですか? と質問すると、

 

まず、休職します。そして月に一度、産業医面談をするようですが、それも、なんとなく雰囲気で、「まあ、あともうすこし休みましょう」などとなったり、または、「なんとなくあと1か月くらいで大丈夫じゃないですか」となったり、

 

または、復職しても、最初のうちはすこし軽い業務をするとか、そういう感じのようです。

 

でも、結局、また調子が悪くなる人が多いようなのですが、主治医に行くと、

 

「まあ、メンタルは、復帰して3か月たったあたりで、調子悪くなることがあるんですよ。薬を増やしましょう」などと言われるとか。

 

 彼らは一生懸命やっていると思うので、私は敬意を払いたいと思います。

 

でも、私は皆さんいお伝えしたいのは、

 

「自分にこの方法が本当に役立っているのか、しっかり判断したほうがよいですよ」ということです。

 

 なぜかというと、次のように思うからです。

 

多くの企業の経営者は、特に大企業は、うつやメンタルダウンした人は、まず辞めさせたいと思っているからです。表面的には言わないでしょう。ブラック企業になりますから。

 

 しかし、私は今まで何百社という企業の経営者や、人事担当者に会ってきましたが、本音の話になると、皆、言うからです。

 

「ほんとのところは、うつ、メンタル不調になっらたやめさせたいのですよ」と。

 

もちろんこんな企業ばかりではないですよ。しかし、大企業は特に、売り上げしか見ていない企業が多く、社員の扱いが雑なところが多いかもしれません。

 

 そして、先のような復職プログラムでは再発が止められない企業がほとんどなので、そうすると、現場のメンタル担当者や経営者もこう思うのです。

 

「うつや、メンタル不調って、一度なったら結局治らないんでしょ」と。

 

だから、なおさらなのです。一度なったら、やめさせたい、と思うのは。

 

私はこういう企業の企業の本音を散々見てきました。

 

 誤解のないように言いますが、そうじゃない企業もたくさんありますよ。

 

でも、こういう企業が非常に多いことも確かです。

 

言いたいことは、自分でしっかり判断しましょう、ということです。あなたがいる企業とは、メンタルに対して、経営者はどういう考えをもっているのか、そして、あなたの会社のうつ、メンタル予防支援、復職支援は、本当に効果があるのか。

 

 シビアな目で見てください。あなた自身の人生です。

 

会社は、そこまであなたを守れません。ある意味致し方ない部分もあります。なぜなら、あなたの会社のメンタル担当者である、産業医や保健師や、産業カウンセラーが、「メンタルってなおらないんですよね」と思って方々だとすると、経営者は、当然、治らないんだったら、いつかやめてもらうのはしょうがないな、と思ってしまうからです。

 

 あなたの会社のメンタル対策が、あなたから見てあまり効果が感じられないのに、盲目的にお任せしていると、あなたは何度も再発を繰り返して、そのうち、会社から使えない人材だ、みたいな評価が定着してしまうかもしれません。

 

 お伝えしたいことは、うつ、メンタル不調は克服できるんですよ、ということ。

 

そういう方法があるんですよ、ということ。

 

あなた自身のビジネス人生ですから、あなたがあなたをしっかり守るという意識をしっかり持ってください、ということです。

 

 扁桃体興奮を鎮めれば、うつ、メンタル不調を作り出す慢性ストレスは解消でき、その結果改善できるのです。

 

 私のところにくる、ビジネスマンの方々は、自分の身は自分でしっかり守る、という意識を強く持って、私をネットで探し当ててきた人が多いのです。

 

うつ、生きにくさ、不安、ストレス、メンタル不調を克服するために、自分自身の感受性の課題を解決したいと思う方は、まずは、扁桃体を安定化させる脳科学心理セラピー無料体験セッションをご体験下さい。

 

注)体験セッションをお受けになる際は、キャンセルはしないというコミットをしてお受けください。キャンセルされると、別の方で本来真剣に悩んでいる方にご提供できたはずの時間が、結局、誰のためにも生かされず無駄になります。

 

 ご配慮いただければ幸いです。


 うつと生きにくさを克服する脳科学心理セラピー
 -無料体験から本格解決セッションまで。
うつから完全に卒業したいあなたお勧めします。 


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。