前回のブログの続きです
↓前回のブログ


つぎは正産期からの運動やストレッチについて。

正産期に入ったら私は座る時はとにかく、あぐらで座るようにしていました
ただ、これは正産期に入らなくても出来る時にやるといいかと思います

あぐらにすることで、股関節まわりが柔らかくなりますし、会陰部分も柔らかくなるとか。
お腹が大きくなると、椅子に座るだけで足が浮腫んだ私にとってみたら、あぐらは最高に適した座り方でした


【運動について】
正産期に入ったらとにかくとにかく歩いてくださいとにかくこれが1番お産がすすみますし、富士登山並みの体力が必要なお産。そのための体力作りにもなるので

私は、涼しくなった時間あたりに、母と2人で1時間ほど外を歩いていました。またただ歩くのではなく、かなりのスピードで
お腹が重くなると歩くのも大変ですが、競歩並みの早さで歩くのがおすすめです!
ゆっーたり、まーったりのお散歩程度では、運動とは言えないかも。。助産師さんもお散歩も意味がないことはないけど、早歩きのがいいよぉと言ってました

歩くコースに、階段があるところがあり、そこの階段の上り下りを10往復したり、帰宅してからも実家の階段を使って踏み台昇降したり、あとはスクワット。とにかく繰り返しやってました


あとは以下の掃除を毎日
・床掃除
・壁拭き
・トイレ掃除

これは妊婦さんあるあるですよね
家も綺麗になって心もスッキリするのでおすすめです(^^)


【ストレッチ】
ストレッチはとくにやっていませんでした。。ストレッチと言えるかわかりませんが、足を開いて腰を落とすようなポーズはよくとっていました。
あとは、腰を大きくゆっくり回したりなどなど



【番外編】
これからの季節、暑くなりシャワーだけで簡単に過ごすことも増えるかもですが、、暑くても毎日お風呂に入ることをおすすめします!
破水してなかったら、陣痛がきてからもお風呂に入ってから病院に行くほうがいいかも
体を温めるってとにかく大切なことです。なので毎日お風呂に入って、体の芯から温まって下さい
夏場だけど、サンダルや生足もあまりおすすめしません。。私は家の中でも必ず靴下を履き、レギンスも履いてました冷えは大敵です!!

あとは、、よく寝てよく食べる
お腹が大きくて寝ることも大変ですが、0時前には寝て、規則正しい生活をして下さい

陣痛はいつ始まるかわかりません。寝れない、食べていない、、そんな状態で陣痛が始まったら間違いなく体が持ちません!
なのでしっかり寝てしっかり食べて下さい


以上、妊娠中のまとめでしたー!
次はいよいよ出産レポ

AD
またまた日があいてしまいましたー。。
なかなか自分の時間が作れず、ほんっとに1日があっっ!とゆーま
6月がもう終わるなんて信じられませんーガーン


さて!どんどんまとめを書いていきます!忘れないうちに笑い泣き


まずは会陰マッサージとおっぱいマッサージについて!!マッサージ大事です
ので、これから出産になるかたの参考になればと思います


会陰マッサージ
どーしてもやりたくなくて、会陰切開をなるべくしない病院を選びました。。
が、私は陣痛が長引いたため、結局切開しましたが、、マッサージはやっていました

マッサージやるのが嫌で嫌で、正直触りたくもなかったんですが、、、色んな方のブログを読み、結局やることにしたマッサージ。
ただ、嫌な事をやることでストレスになっても仕方ないなと思ったので、わたしがやっていたマッサージは本当に簡単なものです。

まず、時期は予定日の1週間前から始めました。
マッサージは無印良品のホホバオイルを使い、お風呂に入ったあとの綺麗な状態で、コットンを使い会陰部分をかる~くマッサージ。
ほんとにかる~~く
親指を中にいれるマッサージとかもありましたが、私には無理だったのでとにかく周りをかる~~くプッシュするだけ

あとはオイルをコットンに含ませ、そのまま下着に敷いて寝ました。これだけで会陰部分がフカフカになる、とネットに書いてあったので。。

事実、これをやったおかげ?かどーかはわかりませんが、おしるしがきたり、子宮口が全くあいてなかったのが数センチ開いてくれました


【おっぱいマッサージ
これも正産期に入ってから、入浴中に始めました
おかげで、出産翌日から母乳がしっかりでます
もうすぐ生後1ヶ月ですが、生後2週間あたりから母乳のみの育児をしていますが、赤ちゃんの体重の増え具合も問題なし!
助産師さんのおっぱいチェックでも、よく出てるよぉとお褒めの言葉を頂きました

私は元々乳首がそんなに出ている方ではなかったので、赤ちゃんにとってみたら吸うのは最初は大変だったかも。。でもその分、おっぱいがたくさん出てくれていたので、赤ちゃんも吸ってくれるようになり、問題なく母乳だけの育児にすることができました!

ので、正産期に入ったらおっぱいマッサージ始めてみてください先生から問題ないと言われたらもっと早い時期でもいいと思います!

私はここでも無印良品のホホバオイルを使いました無印良品のホホバオイル、最強です




AD
今さらですが、はやりのアプリで遊びだしたらとまらなくなりました

{DE18AC8E-738E-4E93-872F-05DC7564824A}



はぁ~可愛い
親バカです


さて、入院中の持ち物についてまとめておこうと思います
2人目もこれを参考にしようと思ってます


病院で用意してくれた物は、、
・産褥用のナプキン 
・産褥ショーツ 1着
・入院着(入院時~分娩まで)
・赤ちゃん用の入院服
・スリッパ
・歯ブラシ
・産後の骨盤ベルト
・母乳パッド
・円座
・授乳クッション


個人で用意したもの
・入院着
→授乳もできるパジャマを買おうと思っていましたが、来客も考え前ボタンのシャツワンピを何枚か買い、それにレギンスを合わせて着ていました。時期的に半袖か長袖かで迷いましたが、病院は赤ちゃんの体温に合わせてわりと涼しくなっていたので、長袖で正解でした

・産褥用ショーツ 2~3枚
→生理用ショーツも持って行きましたが、会陰部分のチェックが毎日あったので(切開の傷チェックや、痔のチェックなどなど)、産褥用ショーツしか履きませんでした。
・授乳用のブラ

・バスタオル、洗顔などなど
・靴下
→普段用の靴下と、ちょー分厚いモコモコ靴下持って行きました!分厚いモコモコ靴下必須です!!陣痛の時にずっと履いていました。

・メディキュット
・化粧ポーチ
→まっったく使いませんでした日焼け止めで十分でしたので次回は持っていかないかも。。

・ビデオカメラ
・デジカメ
・携帯充電器
・キャップ付きストロー
→これは必須です!!
陣痛中、分娩中、寝ながら飲めるので持って行ってください(^^)
・ドリンク
→お茶類、水、はちみつレモンなど持って行きましたが、助産師さんにはお茶類よりも糖分とってー!と言われたので、はちみつレモンやスポーツ飲料飲んでましたー!

・ウィダーインゼリーなど
→これも私は必需品でした!とゆーのも陣痛中、気持ち悪すぎて食事が一切できずなのでウィダーインゼリーをかろうじて飲むことで体力をたもっていました。。


それぐらいかなぁ?

陣痛中はとにかく体を冷やすと陣痛が進まないので、モコモコ靴下は大正解でしたー!
これからの季節でもモコモコ靴下はあってもいいと思います!
私は北欧の人が履くようなモコモコ靴下を持って行きましたが、助産師さんにはとっても褒められました(^^)それぐらいのでもいいと思います

あとは家が近いのもあり、必要なものは随時、母にお願いして持ってきてもらっていました(^^)

また思い出したら随時更新しようと思います*\(^o^)/*




AD