1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015-01-23 09:45:59

ご報告と感謝

テーマ:ブログ

ご報告と感謝



2015年1月21日に元気な男の子を妻の彩野が出産してくれました。



妊娠をしてからの数ヶ月をともにし、


そして、主治医の堤先生のお言葉で「マラソンで言うなら国立競技場ですよ。」という最後のラストスパート。



もうすぐ産まれてくれる!


という、期待を抱いて


 必死に陣痛に耐えている彼女、


 苦しんでいる姿をただ見守りながら応援することしかできない自分が本当に歯痒かった。



一時帰宅を余儀なくされ、帰ってみると、朝の6時ごろに「辛すぎて死ぬ」なんて言葉もあり、見舞いを許してもらいそばに戻りました。


あまりの苦しそうにしている彼女をみて、 義母とふたりで「帝王切開」をしたほうがいいのでは?と先生にも駆け寄った。


しかし、堤先生は「ちゃんと進行しているからもう少し頑張りましょう!」とリスクも含め僕たちを説得してくれました。




そして・・・



 最初の陣痛から30時間という死闘を彼女はやってのけました。


分娩室で彼女のいきみを感じて、


多くの方々の「がんばれ!」が響く中




自分たちの子供が誕生しました。




声にできない、言葉に表せられない、この感動は全て、



 彩野のおかげです。



本当にありがとう。




全身全霊で出産をした彼女の手は冷たくなって、大きく震えていました。


余程の力を出し尽くしたのが苦しかった・・・



がんばりました。



 彼女がお母さんになった瞬間に多くの感謝を感じました。


なにもかもが此処からはじまっているんだなぁと。



少し、脱線しますが、



「自分が産まれる瞬間は見れたら見たい。


そうしたらもっとお母さんを大事にしてきたんやろうな。。。」



ってw



今日は少し、育児のお手伝いをしましたが、既に大変な兆候も伺えます。


今後のぼくたちは「おかあさん・おとうさん一年生」ですが経験者のみなさん!


 あたたかく見守ってもらえたら嬉しいです。


いろいろおしえてくださいね!




最後に、本当にたくさんの方々からの応援メッセージやお便り、



本当にありがとうございました!!!



母子ともに無事であってくれたのも皆さんのあったかい応援のおかげです!!



そして「おかあさん、産んでくれてありがとう」



それではまた。







{609DCCCA-62F7-456E-8389-73BAB4BE5C0A:01}



久永輝明さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Ameba芸能人・有名人ブログ健全運営のための取り組み