自分を知る②

テーマ:
カラー診断のあとは骨格診断。


カラー診断はなんとなく知っていたが
骨格診断の知識は0だったので
これまた興味深い診断だった。



ざっくり言うと、
骨格をみて
似合う洋服のパターンを知る。
というもの。


わたしはストレート寄りのナチュラル。
という診断。



ナチュラルの人は、
素材はつるっとしたものより、
麻などの動きがでる素材がいいそう。


あと、わたしの場合は
7部袖は、NGだそう。
着てみると確かに
つんつるてんに見えた。





他にも、細かいアドバイスを沢山沢山
具体的に洋服を着ながら教えてもらった。



そして、
洋服を着るときは
「リズム」をつけるのが大切らしく、
動きの出し方も色々と
伝授して頂いた。





最後、
一枚のボックスワンピースを着て、
裾や袖の長さを調整し、
ところどころピンチを使って
タックをとって、
自分の体型に合ったシルエットに
作っていってくれるのだが、



ちょっとしたポイントで、
マイナス5キロに見えるくらいの変化。



特にウエスト周りの絞り方と、
スカートの丈は
重要だなぁと。


勉強になりました。




わたしの体型は、
縦を意識したコーディネートがいいそう。

流行りのハイウエストが似合わない。
ということも分かった。


逃げ恥のみくりちゃんに憧れ、
おしゃれハイウエストを
勘違いして購入する前でよかった。


苦手だと思っていたシャツコーデも、
シャツの素材次第で
得意アイテムになることも分かった。



へー。と思ったのが、
バックの形も似合う似合わないがあるそう。


わたしの場合は、
クタッとしたバックがいいらしい。
角が丸いボストンバッグや
カチッとしたバックは
ちょっとイメージが違うみたい。



今回わたしが知った
似合うカラーや、
似合う洋服のパターンが
自然と分かっている人が、
きっとおしゃれな人なんだろうな。

流行りの服を着こなすっていうより、
自分をよく見せる服を知ることが
大事なんだなぁ。



子どもがいると、
なかなかじっくり試着しながら
買い物できないし、
実用性を重視するあまり、
おしゃれとは言い難い格好が
日常茶飯事である。

そんな中でも
ポイントを押さえながら
おしゃれを楽しみたいなぁと思えた
そんな一日。








一年終わってみると、
今年のわたしのテーマは

自分を知る。

だったように思う。


自分の心と、
割と向き合った一年だった。


そして、今年の最後に
カラー診断、骨格診断を通して
また自分について知ることができて
とっても嬉しい。
新しい自分を発見できたことも収穫だ。




せっかくなら、
自分の良さを生かせるものに囲まれ、
毎日を過ごしていきたいなぁ。





そういえば、
次男も簡単なカラー診断をしてもらった。

彼はオータムらしい。


赤ちゃんなのにオータムとか言われて
ちょっとかっこいいじゃないか。

今度オータムタイプの服を
買ってあげよう。
AD