TERUのブログ

つれづれに


テーマ:

わたくし、いまページプリンターをメインで使っています。

 

以前、NECの「マルチライター5600C」という激安のカラーページプリンターを買ったって話題を書きましたが、これがもう、予想以上の大活躍で、いまや手放せない重要アイテムとなったのだ。

 

その話はまたこんどゆっくりしますが、ページプリンターを使うようになって、それまでメインにしていた、インクジェットプリンターの悪いとこが目につくようになってきちゃった。

 

それはズバリ、インクのむだな消費。

 

インクジェットプリンターって、ちょっと使わないでいるとファーストプリントをするまでに、かなり時間がかかりますよね。ノズルが詰まっているのか、それともただ詰まりを防止するためなのか知らないけど、ジーコジーコと、むだにインクを吹いている様子。

 

じっさい、大容量インクを買ってきても、L版の写真だと、300枚も印刷できない。ヘッドクリーニングを繰り返せば繰り返すほど、じっさいに印刷できる枚数も減る。しかも、大容量インクを全色買うと、7千円近くするじゃないですか。すごく高い。

 

プリンタ本体を安くして、インクで儲けるビジネスモデルだから、そういうことになっちゃってるわけですよね。

 

で、ページプリンターを使うようになって、ビジネス文書の印刷をインクジェットでやらなくなったものですから、使用頻度がかなり減った。するとノズルが詰まるらしく、たまに写真を印刷しようと電源を入れると、ジーコジーコと、いつまでもヘッドクリーニングを続け、やっと印刷可能状態になったと思ったら、インクが切れましたと警告が出たりして……

 

マジか! なにかの罰ゲームかこれは!

 

と驚いたことが何度か続いたんですよ。

 

そこで写真にかんしても、ネットプリントに頼むことにしました。

 

 

うわさには聞いていたけど、1枚10円前後でプリントしてくれる激安プリントでも、なんの問題もない。いえ、問題がないどころか、明確にインクジェットプリンタより高品質。

 

 

ノンちゃんの写真を2Lサイズにしてみました。ハガキよりちょっと大きいくらいのサイズ。

 

これはネットプリントじゃなくて、うちの近くの商店街にある、プリント屋さんにUSBにデータを入れてもって行って、その場で出力してもらったのです。一枚だけだと割高なんですが、それでも100円かからない。

 

ああ、これでいいんだ。

 

と思いました。インクジェットプリンターは、うちで写真屋さん並のプリントが楽しめるのがウリだったけど、久しぶりに写真屋さんに出したら、さんざん自分でプリントしていたのがバカらしくなっちゃった。

 

これも原点回帰というんでしょうか(笑)。

 

ただスキャナーはほしいので、インクジェット複合機を仕事部屋から撤去するところまでは踏み込めていない。

 

その辺が、まだ今後の課題ですな。

 

 

■Kindle版の出版情報です。
------------------------------------------------
新作情報(Amazonの販売ページへ)。

≫ 召しませMoney!外伝1 Amazon販売ページ

 

こちらの作品も引き続きよろしくお願いします。
≫ 召しませMoney!5 Yの誘拐

≫ 神宮寺珈琲店 其の弐

 

お気に召したら、感想をお聞かせください。

≫ 召しませMoney!外伝1 感想ボード


≫ 召しませMoney!5 Yの誘拐 感想ボード

≫ 神宮寺珈琲店シリーズ 感想ボード
------------------------------------------------

よろしくお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「写真」 の記事

テーマ:
きのうアップした松本城の写真。

Photoshopで加工したと書きましたので、今日は久しぶりにレタッチテクニックのお話。

Photoshopには、プロでも使い切れないほどの機能が満載で、かつ、ユーザーによって、アプローチの仕方を工夫する余地がすごく大きいんです。だから、これが「正解」というわけじゃなく、あくまでぼくのやり方って話なので、参考程度にしといてくださいね。

では、まずJPEG撮って出しの、オリジナル画像をご覧ください。



これだけ見れば、まあ、「いいんじゃない?」って感じですが、空にスカッとした透明感がないし、そもそも全体的にくすんで見える。

そこで、まず第一印象を大きく左右する「空」をなんとかしてみましょう。

そこで「空」だけ切り抜きます。この写真は大変切り抜きやすいありがたい写真です(笑)。



ほら、空だけ簡単に切り抜けました。最近のPhotoshopは、人や動物の毛の部分まで、きれいに切り抜くツールがありますから、こんなのはもう、初歩の初歩でございます。

で、この空の部分をレイヤーにします。さらにそのレイヤーを2枚作って、乗算で重ねるのです。



たったこれだけの作業ですが、空の青色がぐっと「濃く」なります。

つぎにお城の部分。ここの「くすみ」を取り除きたい。そのためにはコントラストを上げちゃうのが手っ取り早い。ただ、ふつうにコントラストを上げるのではなく、ぼくはよくレイヤーの「ソフトライト」を使います。

これ、スポットライトを当てたような効果がでる描画モードでして、画面全体に適応すると、いい感じにコントラストが上がります。ただし「100%」適応しちゃうと強すぎるので、「50%」前後に調整することが多いですね。このへんのさじ加減はお好みで。



これらの調整をしたあと、レイヤーを統合して一枚の写真に戻し(Photoshop形式で保存する場合は、レイヤーを残しておくのをお勧めします。あとでやり直しができるので)、JPEGで保存すれば……



はい、できあがり!

絵はがきみたいになりました(笑)。

もし本気で絵はがきにしたいなら、撮影のとき強いNDフィルターをかけて、シャッタースピードをかなり遅くし、水面の細かいさざ波を鏡のようにならすと、とても美しい写真になりそうな予感がしますね。

以上、写真のレタッチ講座でした~。

あ、そうそう。ぼくは「Photoshop CC」を使いましたけど、この程度の加工なら、とってもお安く(かつずっと使い続けられる)、Photoshop Elementsでもできます。



■Kindle版の出版情報です。
------------------------------------------------
Amazonの販売ページへ
≫ 召しませMoney!5 Yの誘拐
≫ 神宮寺珈琲店 其の弐

お気に召したら、感想をお聞かせください。
≫ 召しませMoney!5 Yの誘拐 感想ボード
≫ 神宮寺珈琲店シリーズ感想ボード
------------------------------------------------

よろしくお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は久しぶりに、フォトグラファーとしての、ぼくの一面を見ていただこうかなと。

写真の仕事って、書きたくてもあんまり書けないんですよ。肖像権や著作権などの権利関係が複雑ですからね。東京五輪のエンブレム問題は、みなさん、まだ記憶に新しいはず。

ぼくなんか、仮になにかやらかしても、あんな大事になることはないけど、それでも自分のブログで、だれかの権利を侵害したら大変です。プロとしての資質が問われる。

その点、すべて自分の責任でやってるKindleでの出版は、歯に衣を着せることなく、いろんなこと自由に語れるわけです。いえ、新作の内容は伏せますけど(笑)。

執筆のほうを、もっとがんばりたいですよ。いろんな意味で。

おっと、さっそく話がそれてきた。

そんな書くことが少ない「写真の仕事」の中で、宣伝(?)していいこともたまにはあります。今日はそんなお話し。

みなさん、LYTRO ILLUM というカメラのこと覚えておいででしょうか。

≫ LYTRO(ライトロ)

こちらの記事で紹介したカメラ。

ふつうのカメラは、撮影のときにピントを決めますが、ILLUMは撮影したあとにピントの位置を変えられるのです。

発表会に招待されて、実機をはじめて触ったぼくは、これこそ「未来のカメラ」だと感じて、それが一般に手に入る形で販売されるのはすごいことだと感じたモノです。

じつはですね、あの発表会のあと、LYTROジャパンの方から連絡をいただいて、TERUさん、一年間ILLUMを使ってみない? と誘惑されたのだ(苦笑)。

ただしそれには、月に2点作品を撮り、LYTRO社に提出することという条件がついていたのでした。そりゃそうだよね。タダで貸してくれるわけがない(笑)。

そうなのです。LYTRO社は、日本でILLUMを販売するにあたり、さまざまな分野の人から十数人を選び、ILLUMで撮影した写真を毎月提出してもらうというプロジェクトを計画したのでした。

そのプロジェクト名は「フォトニスタ」。

で、ぼくにも声をかけていただいたというわけです。

はたして、未来のカメラを使いこなすことができるのか? 期待半分、不安半分ではじめた「フォトニスタ」。

ここでのご報告が、半年も経ってからというのもいまさら感が漂いますが……そこそこ納得できる作品がたまるまで、半年かかったと思ってくださいまし。

ということで、フォトニスタの作品が並ぶページはこちら。↓



https://pictures.lytro.com/LytroFotonista

最終的に14名のフォトニスタが集まったようです。

上記のページは、フォトニスタになった順に下段から並んでおりまして、ぼくは2番目のフォトニスタなので、下から2番目におります。(↑赤丸で囲んでおきました)

下から2番目って、なーんかブービー賞みたいだよね。そういう宿命なのかなあ、ぼくは(苦笑)。

冗談はともかく、上記ページのサムネイルをクリックしていただくと、各フォトニスタのページに飛びます。ぼくはコマーシャルフォトグラファーということで参加してます。本名なども載っております。

おお、ついに本名の発露だ(笑)。

ぼくがTERUと呼ばれる理由がこれでわかるかと。

話はそれますが、このブログで本名を伏せていたのは、ブログというソーシャルネットワークの性格上、あまり個人情報は出さないほうがいいのかなと思って、あえて書かずにいたんです。

というわけで、これからもペンネームの「TERU」で、よろしくお願いします(笑)。

閑話休題。

ページを開いていただくと、いままでこのブログでもご覧いただいた写真が並んでいるのがわかると思います。ノンちゃんもいますねえ。

さあ、ぼくのページが表示されたら、サムネをクリックして大きくしてみてください。その上で、写真のよく見たい部分をクリックすると、あーら不思議。ピントが移動しますよね。

これが未来のカメラなのだ。

がっ!

実際に使ってみて強く思ったのは、ILLUMが一般に受け入れられるには「未来の技術」を訴えるだけではダメだろうなあということ。

矛盾しているように思われるかもしれませんが、なにしろ、まったく「概念」の変わるカメラですからね。取っかかりとして、ごくふつうの写真が、ごくふつうに撮れなきゃ売れないぞと。

特殊な分野のプロフェッショナルしか使わない道具で終わらせたくないですもんね。

ですから、ピントがあとから変えられるという「未来の技術」を意識しつつも、ふつうに使えるカメラなんだよということを証明したかったのです。

たとえばそう……



この花火の写真もILLUMで撮ったんですよ。

一番最近撮ったのは、例の「イクラ丼」です。



≫ 恒例のイクラ丼

この記事↑に掲載した写真は、すべてILLUMで撮ったのです。

まったく「未来のカメラ」で撮ったという特殊性は感じられないと思います。プロの使う一眼レフで撮ったんじゃないの?

と思っていただけたら、ぼくの証明は成功。こんなことやってるから、使いこなすのに半年もかかったといえなくもないですが(苦笑)。

ちなみに、イクラ丼を撮ったとき使った機材は――



ILLUMと、ILLUMの専用ストロボ。汎用品のラジオスレーブに、レフ板です。(カメラとストロボはレフ板の上に乗せてあります)

これだけあれば、おいしそうな「イクラ丼」が撮影できる。もちろん料理を撮るための技術と知識は必要だけど、少なくとも機材としてはこれだけでオッケー。

しかも、撮影のあとにピントが変えられますからね。撮影時にすべて完ぺきに決められるプロならいざ知らず、一般の方ならILLUMを使ったほうが、失敗の少ない写真が撮れるはず。

さらに欲をいえば、プロのフォトグラファーがILLUMの特性を十分に理解して使えば、いままでにないWeb広告も作れる。ということも合わせて証明したかった。

まず「ふつうの写真が撮れる」という大前提があって、その先に「未来」があり、ILLUMを購入した人が、どんどんスキルを伸ばしていける。

と、ぼくはそんなシナリオを勝手に描いたのですけど……

いまヨドバシカメラのページを見たら、すでに「販売終了」になっていました。ヨドバシカメラの事情は存じませんが、あんまり売れてないのか(涙)。

ぼくとしては、ILLUMを半年使ってみて、写真とはなにかと改めて考えさせられました。撮影のスタンスが、やはりふつうのカメラとは違いますから。

そんな小難しいことはともかく(笑)、ぼくがILLUMで撮った写真をもっと見たーい!

と思っていただけた奇特な方(←おいおい)がおられましたら、下記のページもどうぞ。

https://pictures.lytro.com/TERU.H

ノンちゃんもたくさんいますよ。

たぶんノンちゃんは、世界でもっとも多く、未来のカメラで写真を撮られたワンちゃんだと思います(笑)。



LYTROジャパンのホームページはこちら↓
https://www.lytro.jp/

ILLUMの使い方ガイドなどはこちら↓
http://lytrostudio.com/


■Kindle版の出版情報です。
------------------------------------------------
Amazonの販売ページへ
≫ 神宮寺珈琲店 其の弐
≫ 召しませMoney!4 ヘレネの涙

お気に召したら、感想をお聞かせください。
≫ 神宮寺珈琲店シリーズ感想ボード
≫ 召しませMoney! ヘレネの涙 感想ボード
------------------------------------------------

よろしくお願いします。

連休はブログお休みです。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
山梨小旅行の最終回でーす。

フルーツパーク・富士屋ホテルさんから南下する形で、河口湖にちょこっと立ち寄り、そこからさらに、山中湖方面へ南下すると……

忍野八海があります。



富士山からの湧き水が、コンコンと湧く、むっちゃ透明度の高い池。



うっ、しまった……

ワタクシPLフィルターを忘れてしまって、水面の反射がパリパリ入ってしまう!

おかげで、不思議な写真が撮れました(なんでもポジティブに解釈)。

上の写真は、池のまわりの木々が、まるで鏡のように水面に映っています。写真中央にキラキラしてる青い光りは、なんとコイン。お金を投げ入れる人があとを絶たないようです。(お金を入れたら罰金! なんて看板が立っていた)



これも不思議な写真になりました。

透明度が高すぎて(?)、水草が、まるでふつうの草のように見える。

ところで、この辺りって、トウモロコシの栽培が盛んなんですね。



お土産のモノ屋さんなどの軒下に、トウモロコシがいっぱい干してある。もちろん、お土産としても売っていて、生のトウモロコシは、一本150円ほどでした。

ゆでたトウモロコシ食べたかったけど、さすがに、ワタクシもお腹パイで断念(苦笑)。

その代わりといってはなんんですが、やはり一本150円で売ってるペットボトルを買って、湧き水を買いました。



手で触ると、すっごく冷たい水だけど、ボトルに入れて飲むと、キンキンに冷えてるわけじゃなくて、喉ごしにちょうどいい感じ。

すごく柔らかい水でした。これでコーヒーを淹れたらさぞおいしかろうと思ったけど、おいしくて、ゴクゴクぜんぶ飲んでしまった(苦笑)。

富士の湧き水で、コーヒーを淹れるのは、またの機会にいたしましょう。

ということで、食べること以外のイベントも終了です。

おっと、もう一つイベントが残ってました。

忍野八海の近くに、ニューヨークスティックチーズケーキの、工場直売所があるそうなのです。こちらは、彼女さまが行きたがってたところです、念のため(笑)。

アウトレットのチーズケーキをおみやげで買って、その場でも、お店の外のベンチでいただきました。



ぼくは、迷わずティラミス。彼女はフランボワーズ。

これで、すべてのイベントが終了です。やっぱ食べるのが最後かよ(笑)。

オマケ。

山中湖にも、ちょいと立ち寄りました。



巨大な白鳥(笑)。そーいえばこれ、有名ですよね。乗ったことないけど。

彼女さま、ここでもおみやげ探しに余念がございません。知人や友人に配るため、おみやげがいっぱい必要なのだ。

最後に、偶然撮れた写真で締めましょう。



水陸両用車の「カバ号」が、お勤めを終えて、駅に帰ってきたところ。

これ、乗ってみたい!

というのも、またつぎの機会でございます(笑)。

日も暮れて、天気も悪くなってきました。そろそろ帰宅する時間のようです。復路は山中湖から御殿場インターに降り、東名で帰ってきました。

三回に渡ってお届けしました、山梨小旅行。お楽しみいただけましたでしょうか。

ここまでお付き合いくださいまして、ありがとうございます。



■お知らせです。
≫ サーパラマーケットの販売終了について

■Kindle版の出版情報です。
------------------------------------------------
Amazonの販売ページへ
≫ 神宮寺珈琲店 其の弐
≫ 召しませMoney!4 ヘレネの涙

お気に召したら、感想をお聞かせください。
≫ 神宮寺珈琲店シリーズ感想ボード
≫ 召しませMoney! ヘレネの涙 感想ボード
------------------------------------------------

よろしくお願いします。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
山梨旅行の続き~。

最初の目的地はこちら!



フルーツパーク・富士屋ホテルさんでーす。

フルーツパークという公園内にあります。葡萄を中心に、桃など季節ごとの果物が、栽培されている様子を鑑賞できる公園でございます。

その公園を見晴らす場所に建つホテルで、ランチをいただくのが、最初の目的なのだ!

ランチをいただく、「ラ・コリーナ」というお店はホテルの二階にあります。



階段を上って二階から見下ろしてみたところ。なかなかステキなホテルですぞ。

さあ、お店に入って、それぞれランチメニューを決めました。

ちゅーわけで、ワタクシのチョイスからご紹介。



骨付き鴨のコンフィー。

おいしゅうございます。

彼女さまは、鶏モモ肉のハーブ焼き フレッシュトマトソース。



おいしゅうございます。

こんなに食べれないという彼女さまの分も、半分食べたので、食いしん坊のぼくも、さすがにお腹いっぱいじゃ。

ホテルの敷地から、歩いて行けるお土産物屋さんで、彼女さまが葡萄を物色したあと、またまたホテルに戻りまして、じつは、これがメインイベント(笑)である、デザートをいただきました。

こんどは、一階にある、カフェ「ベラヴィスタ」です。

食べ歩きのムック本で、このホテルのフルーツパフェが紹介されていたので、ぜひ食べてみたかったのだ。

お腹いっぱいの彼女さまは、ちょっと躊躇してましたが、ぼくは迷わず季節のフルーツパフェを注文。ちなみに、いまの季節は「桃」でした。



ジャーン!

どーですか、このボリューム。おいしそう!

カフェのおねーさまが、桃は皮まで食べられますっておっしゃるので、皮ごとムシャムシャいただきました。

果肉の柔らかさと甘味が完ぺきです。すごくおいしい桃だ。

この桃、買うと高いんだろうな……と思わず値段を考えてしまう。なにせこのパフェも、1,490円(税込)ですわ。オホホ。お安くありませんのよ。

彼女さまは、写真を撮るために、すごい投資だねえ。なんて笑ってましたが(笑)。

その彼女さまは、プリンをご注文。



こちらは、飲み物とのセットで、918円(税込)です。

ちなみに、この写真、お店に断って撮っていますが、快く「いいですよ」といってもらえても、まわりのお客さんに迷惑にならないよう、コソッと素早く撮らなければなりません。

幸いこの日は、平日ということもあり、お好きな席にどうぞといわれたので、窓際の逆光で撮れるテーブルを選べました。

撮影条件は最高!

だからコソッと素早く撮っても、まるでグルメ雑誌に載せるみたいに撮れた。

お味も、写真のデキも、大満足です!

あ、そうそう。桃繋がりってわけでもないけど(笑)、ホテルの前にこんなポストがあったんです。



桃からパッカーンと生まれた富士山(笑)。

桃って、ちょっとエッチだよね(笑)。

このホテルからは、本物の富士山が見えるはずなんだけど、残念ながら、富士山方向は厚い雲があって、拝めませんでした。

夏は遠景の富士を見るのを難しいですな。富士山狙いなら、冬がいいかも。

さて、小旅行のブログは、あと一回続きまーす。

明日は、食べること以外の(笑)、写真をお届けします。



■お知らせです。
≫ サーパラマーケットの販売終了について

■Kindle版の出版情報です。
------------------------------------------------
Amazonの販売ページへ
≫ 神宮寺珈琲店 其の弐
≫ 召しませMoney!4 ヘレネの涙

お気に召したら、感想をお聞かせください。
≫ 神宮寺珈琲店シリーズ感想ボード
≫ 召しませMoney! ヘレネの涙 感想ボード
------------------------------------------------

よろしくお願いします。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
先週の金曜日。

彼女さまと山梨に小旅行してきました。

ちなみに、お留守番のできないノンちゃんは、彼女さまのお母さまに見てもらってるので安心です。

がっ!

当日の東京は、あいにくの雨。

台風が来てたらさすがにやめたでしょうけど、せっかく計画したんだし、小雨くらいなら、それはそれで情緒もあっていいかと、自分を納得させて出発です。

行きは中央道。午前8時ごろ都内を出たんですが、渋滞もなくスムーズに流れてました。

途中、談合坂のサービスエリアで休憩。



幸い雨は止んだけど、曇りでございます。

ここでワタクシ、ちょっと気になるモノを発見。



ジャーン!

豚タン塩焼き串だーっ!

500円なり。

なーんか行列のできてる屋台があるなあと思ったら、串焼き屋さんだったのです。牛の串焼きもおいしそうだったけど、前の看板に、豚タン塩が一番人気と書いてあったので、これにしてみました。

おいしい!

タンのコリコリ感がたまらん。

こーなると、やっぱり牛の串焼きも気になるけど……そこはぐっとがまん。お昼が食べられなくなってしまう(苦笑)。

じゃ、ふたたびクルマに乗って、シュッパーツ!

中央道を走りながら、向かう先の空がだんだん明るくなってきました。いくつ目の、なにトンネルか見てなかったんですが、いくつかトンネルを抜けたら、急に晴れちゃった!

ビックリよ。

ワタクシ晴れ男を自認しておりますが、今日はさすがに無理だろうと諦めてたんですけど……

すばらしい!

中央道を降りて、目的の場所に向かう途中、道の両側には、葡萄の直販をしている農家さんが、ずらーっとあります。

さすが山梨。葡萄王国ですな。

そんな中、山梨市駅というのを発見。そこにも葡萄が植わってるようだったので、ちょいとよってみました。



このころには、もうピーカンですよ。

東京は肌寒かったのに、ここは真夏。セミもまだミンミン鳴いてる。

あちーっ!

で、葡萄です。

うっかり全体像を撮り忘れちゃった。駅前の広場に、葡萄棚が作ってあって、そこにたわわな葡萄が実ってる!



ほら、こんな感じ。

これ、「ベニサンジャク」という品種で、主に鑑賞が目的なんですって。食べると酸味は少ないそうです。



へー、観賞用の葡萄なんてあるんだー。



たしかに、こうして見るとかわいらしい。

いまネットで調べたら、熟すとかなり濃い紫色になるようです。山梨市駅に栽培されていたのは、まだまだ青い果実。

葡萄って、緑色から濃い紫色へ変化していく過程もきれいだから、鑑賞に向くのかもしれませんね。

山梨の葡萄というと、「巨峰」が真っ先に頭に浮かびますが、実際は、すごくたくさんの種類が植えられているようです。

さて、葡萄鑑賞も終わったので、いよいよ最初の目的地に向かいます。

その話は、また明日~。



■お知らせです。
≫ サーパラマーケットの販売終了について

■Kindle版の出版情報です。
------------------------------------------------
Amazonの販売ページへ
≫ 神宮寺珈琲店 其の弐
≫ 召しませMoney!4 ヘレネの涙

お気に召したら、感想をお聞かせください。
≫ 神宮寺珈琲店シリーズ感想ボード
≫ 召しませMoney! ヘレネの涙 感想ボード
------------------------------------------------

よろしくお願いします。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
告白しよう!

わたくしカメラ雑誌というのはほとんど読まないのだ。青年と呼べる年齢のときは(高校生のころとか)穴が開くほど読んでたけど(笑)、写真を仕事にするようになってからは、どんどん読む頻度が減って、いまではWebをチェックするくらい。

だったのですが……

つい最近、バックナンバーのKindle版をお手頃価格で提供している雑誌を発見したので、数冊買ってみました。

ぼくが見たときは、デジタルカメラマガジンとCAPAの一部が108円だった。



どれも、本屋さんで紙の雑誌を買うと、1000円前後しますが、Kindle版のバックナンバーの一部が(期間限定?)、驚きの低価格。

(※追記。値段は数日で変わってしまうようです。数日前は108円だったのが800円以上に値上がりしているモノがあったり……)

で、久しぶりに読んでみると……

さすがに撮影テクニックを解説した記事は新鮮味がないというか、プロだったら知っていて当たり前のことばかり(まあ、だから読まなくなったんだけどね)なんですけど、用品の紹介とかおもしろいですな。

プロだからって、数あるカメラ用品の全部を知っているわけではないので(それどころか、知らない用品のほうが多い)、へー、こんなの売ってるんだーと。

それと、撮影地の情報が載ってるのも、かなり役に立つ。ここに行って写真を撮ってみたいと思わせますもん。

しかし!

なにが驚いたって、そりゃあなた、読者が投稿しているフォトコンの写真ですよ。

入賞作は、ほとんどプロ顔負け。みんな、ほんとうにうまい!

あ、ちょっと説明しておくと、カメラ雑誌には、カメラの新製品紹介や、撮影テクニックの解説より、もっと重要なコンテンツがあります。それがフォトコンテスト。

有名な写真家が審査員となり、読者が送ってきた写真の中から、優れた作品を選んで、誌面で発表するのです。

ぼくもアマチュアだった学生時代に、一度、入選したことがあって、そりゃもう誇らしいもんなんですよ。

いやはや、本当にみなさんうまくて、ぼくなんか負けそうよ、マジで(苦笑)。

そういえば、話はぜんぜん変わりますが、以前Photoshopのことを書いたじゃないですか。アップデートに失敗したってやつ。

ああいう記事を書くと、どういうわけか「写真講座」系のブログから、読者登録の依頼が来るんですよ。

自動でアメーバの記事をサーチするサービスがあるんでしょうね。それで関連する記事を書いたブログに、片っ端から読者登録を依頼するサービスか、あるいはソフトウエアがあるのでしょう、たぶん。

で、読者登録を依頼されたページは、一応チェックだけするんですが、これがね、ホントどうかしてる。

「あなただけに教えるテクニック!」
「だからこの記事は、一週間以内に削除します」
「いまだけです! お得な期間限定!」
「登録するだけで、あなたの世界が広がります!」

たいてい、そういうようなことが書いてある。

なんじゃそりゃ。写真講座の宣伝とはとても思えない。「楽してお金が儲かります」系の宣伝と変わんないじゃないですか。

だいたい、一週間で削除するなら、読者登録なんか依頼してくるなって。なんちゅー失礼な。開いた口が塞がらないとはこのことですよ。

こんなところに登録したらいくら課金されるのか、あるいは個人情報だけかすめ取られるのか知らないけど、こんなのに騙されたら目も当てられません。

本当に写真のテクニックを身につけたいなら、Kindleでカメラ雑誌のバックナンバーを買うのがお勧めです。一号たった108円でいろんなテクニックを学べる。

みなさん、変なブログ広告には、くれぐれもお気を付け下さい。ぜったいに乗ってはいけません。

大きなフォントで(しかも赤い文字だったりする)――

いまだけです!

とか、

あなただけに!

とか書いてあるブログは、みんな「オレオレ詐欺」と同じだと思いましょう。



■お知らせです。
≫ サーパラマーケットの販売終了について

■Kindle版の出版情報です。
------------------------------------------------
Amazonの販売ページへ
≫ 神宮寺珈琲店 其の弐
≫ 召しませMoney!4 ヘレネの涙

お気に召したら、感想をお聞かせください。
≫ 神宮寺珈琲店シリーズ感想ボード
≫ 召しませMoney! ヘレネの涙 感想ボード
------------------------------------------------

よろしくお願いします。

土日はブログお休みです。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
全国高等学校写真選手権大会。

というのがあるんですよ。知ってました?

今年は第22回。1994年から続いている大会なんですって。

じつは……わたくし知らなかったんです。お恥ずかしい(汗)。

通称で「写真甲子園」なんて呼ばれる大会なんですが、競う場所は甲子園でも大阪でもなく、北海道は東川町でございます。

東川町は、田園風景が美しいそうで、「写真」で町おこしをしているんだそうです。写真甲子園もその一環。

今年も全国11ブロックから初戦を勝ち抜いた18校が、8月4日から7日までの4日間、東川町に集まり、熱い戦いを繰り広げたのです。

その模様は、デジカメWatchの記事に詳しいので、興味のある方は、ぜひご覧ください。

デジカメWatch「写真甲子園2015」の記事

簡単に競技内容を説明しますと、1校3名の選手が、貸し出された機材で(完全にイコールコンディションにするため)、東川町を舞台に、同じテーマで写真を撮りまくるのです。

そして、撮り終わった写真を会場に持ち寄り、審査員による審査で優勝校が決まります。

今年の栄えある優勝校は、沖縄県立浦添工業高等学校です。

各校の撮った写真は、写真甲子園のHPで見ることができます。

写真甲子園2015公式ページ

お世辞抜きで、みんなレベルが高い!

こりゃ審査が大変だったろうなと思います。

それにしても、文化系の子たちががんばってるのを見るのはうれしい。こういう子たちが、将来この国の文化を担ってくれるのだ。




■お知らせです。
≫ サーパラマーケットの販売終了について

■Kindle版の出版情報です。
------------------------------------------------
Amazonの販売ページへ
≫ 神宮寺珈琲店 其の弐
≫ 召しませMoney!4 ヘレネの涙

お気に召したら、感想をお聞かせください。
≫ 神宮寺珈琲店シリーズ感想ボード
≫ 召しませMoney! ヘレネの涙 感想ボード
------------------------------------------------

よろしくお願いします。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年もやってまいりました、花火大会の季節が!

ぼくらも、江戸川の花火大会に行ってきました。今年はいい席で見れそうだったので、いつもより気合いを入れて写真を撮ってみたのですが……



うひー、花火の写真は、やっぱり難しい!

観覧席で三脚立ててはいかんだろうと思い、持って行ったのは一脚だけ。でも一脚なんて使い物にならず(苦笑)。足の間に挟めば、なんとか止まるかと期待したんだけど、やっぱ無理だった。

で、けっきょく、地面にカメラを置いて、なんとかフレーミングを調整しながら撮りました。

上の写真は4秒くらいの露光時間です。

ちなみに使ったカメラは、ミラーレス。



少しアップの写真も。

まあ、そこそこきれいには撮れたけど、プロの写真じゃないよね。



富士山(でしょうね、たぶん)を模した仕掛け花火。

これも富士山の上に、たくさんの花火が咲くんだけど、露出が合わなくて撮れず。

むう。



かといって、一本ぴゅ~っって上がって、ドーンと咲く花火も、それほどうまくは撮れず。

花火の写真はホント難しいわ。

と、打ちひしがれてしまったので(苦笑)、帰り道にあるデニーズに寄って、甘い物で元気をつけました。



キャラメルのかかったパンケーキじゃ!

奥のは、桃のプリン。こちらは彼女さまがご注文。

とにかく蒸し暑いし、すごい人混みに揉まれたしで、けっこー、疲労してたんだけど、甘い物で元気回復です(笑)。




■お知らせです。
≫ サーパラマーケットの販売終了について

■Kindle版の出版情報です。
------------------------------------------------
Amazonの販売ページへ
≫ 神宮寺珈琲店 其の弐
≫ 召しませMoney!4 ヘレネの涙

お気に召したら、感想をお聞かせください。
≫ 神宮寺珈琲店シリーズ感想ボード
≫ 召しませMoney! ヘレネの涙 感想ボード
------------------------------------------------

よろしくお願いします。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
お暑うございます。

暑さボケでフラフラしておりますが、例によって食欲は落ちません。なぜでしょうか?

というのはともかく。

涼を求めて、こんな写真はいかが?



以前、水しぶきをストロボの閃光で止めるという話をしたことがありますが、今回も同じ手法で撮ってみました。

今回はガラス製のボールに水を張って、フルーツトマトとブロッコリーをボチャンと落とした写真でございます。

マヨネーズの広告みたいだよね(笑)。

これ、乳白のアクリルボードの上に水を張ったガラスのボールを置き、下からストロボで照らしています。

それだけだと、野菜が逆光で真っ黒く写るだけなので、手前は斜め上45度くらいの角度から、もう一灯当ててます。

水の「バシャ!」って感じが撮れるまで、ずいぶん試行錯誤しまして、涼を求める写真にもかかわらず、撮影中は汗ダラダラで撮ってます(苦笑)。

何十枚も撮って、やっと80点の写真が撮れた。最大の減点は、トマトが下向きなこと。上向きに落ちて、ヘタが見えてたら、90点なんだけどな。チョー残念。

ホントに広告の仕事だったら、満足するまで撮り続けますが、これぼくの作品撮りだから、まずはこの程度で良しとしました。

写真って、ホント難しいわ(苦笑)。



■お知らせです。
≫ サーパラマーケットの販売終了について

■Kindle版の出版情報です。
------------------------------------------------
Amazonの販売ページへ
≫ 神宮寺珈琲店 其の弐
≫ 召しませMoney!4 ヘレネの涙

お気に召したら、感想をお聞かせください。
≫ 神宮寺珈琲店シリーズ感想ボード
≫ 召しませMoney! ヘレネの涙 感想ボード
------------------------------------------------

よろしくお願いします。




いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。