コンポーザーギタリスト瀬戸輝一のブログ

2011年より毎日更新中!
日々の出来事や音楽日記書いてます。


テーマ:
今回は右手のフォームについてです。
写真での説明は後回しにします。

右手は弦を弾いて音を出します。
通常使うのはp、i、m、aの4本の指。
そして、アポヤンドとアルアイレの2種類の弾き方があります。

アポヤンド
弾いた後、指がとなりの弦によりかかる弾き方。
i、m、aの指で1弦を弾いたとすると、弾き終わった後の指は2弦によりかかっています。
p指で6弦を弾いたとすると、弾いた後の指は5弦によりかかっています。
長所 よりしっかりした音が出せる
短所 となりの弦の音が消えてしまう

アルアイレ
弾いた後、となりの弦には触れずに空中にとどまる弾き方。
長所 スピードを上げやすい
短所 音が細くなりやすい

場合によってアポヤンドとアルアイレを使い分けますが、
どの指でどちらの弾き方をしても、右手のフォームは同じであること!
 i、m、aを使う時とpを使う時でフォームが変わらないこと。

弾く時に手首を使わないこと! 
 弾く時に手首がグラグラしないこと。
 指だけを使って弾弦します。

フォームが安定することによってテクニックも上がりやすくなりますよ♪

それから、クラシックギターでは爪を伸ばして手入れをします。
しかし、初心者の内は弾く時にひっかからない程度に短くしておいた方が良いでしょう。
爪が引っかかるからといってフォームが崩れてしまってはいけません。

あくまで、良いフォームが先!
フォームが身についたら、それに合う爪の手入れの仕方を研究していきましょう。

また、最初のうちは弾く前にフォームをチェックしても、弾き始めるとフォームが崩れてしまうことはよくあります。
「弾き始めてしまうとフォームなんか意識してられない」って状態。
これはある程度仕方ありません。

弾く前にチェックをする。
弾き終わったらチェックをする。
崩れていたら修正する。
これの繰り返しです。

意識していなくてもフォームが崩れなくなったら、身についたと考えて良いでしょう。
良いフォームが上達の近道!
頑張ってくださいね^^


初心者のためのギター講座

瀬戸輝一 official HP

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

てるさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。