コンポーザーギタリスト瀬戸輝一のブログ

2011年より毎日更新中!
日々の出来事や音楽日記書いてます。


テーマ:
分数コード自体は普通に使うのですが、
ここでは C/E とか G/B とか
ベース音が構成音に含まれる分数コードの使い方を説明します。

以前 C/E は C と表記してもOKと書きました。
しかし、「ベース音をつなげる」など明確な意識がある場合には
C/E と表記する意味があります。

例えば

C  G  Am  G  F  C  F  G

こういうコード進行をそのまま弾いてみてください。
ルート音をベース音として楽譜にするとこうなります。
$ギタリスト瀬戸輝一のブログ



これをベース音をつなげるように書き直してみます。

C  G/B  Am  G  F  C/E  F  G

楽譜だとこう
$ギタリスト瀬戸輝一のブログ

それぞれベース音を→でつないでみました。
見た目にも違いがわかると思いますが、
実際に音を出して確認してみてくださいね。

このように、ベース音を指定したい場合には
C/E のようなベース音が構成音の分数コードが意味を持ちますね。

初心者のためのギター講座

瀬戸輝一 official HP
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

てるさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。