佐藤くんのブログ

SuddenAttack
Dragonnest World Championship 日本代表戦個人2位
HearthStone legend 
JCG2014シリーズ
day1 1位
day2 1位
day3 1位
day3 1位
day4 2位
Blizzcon選抜 3位
LoL S4Plat S5dia S6現在Dia5
osu! まうすきーぼーど
CS:GO
FF14マンドラゴラ


テーマ:
あぐろはんたー5つの約束

1,そのターンに出来る限り最大限の数字を相手の顔にぶつける。

2,3ターン目以降、ぶつけることができる打点が同じならできるかぎりヒーローパワーを優先して使う。

3,そのターンの最大打点であったとしても、ヒロパを2ターン連続で使うことで次のターンの最大打点が増えるならヒロパを使う。

4,タウントによって防ぐことが可能な打点(chage AT+等)はスペルで得られる打点より打点が低かったとしても先に使う。(スペルでの打点は手札に残す)

5,武器等の数字はターンをまたいで考える(2マナ2/2 +1の武器は2マナで5点と考えて良い)
→結果タウントがでてきたとしても、タウントに刺さるダメージ量は武器を選択した時が一番高いため。)

あぐろはんたーの考え方

1,相手のマナを制限する感覚を覚える。

相手がヒロパ等を使ってHP1を除去したり、それ以上のカードで除去に回っているのであれば、
それは相手の召喚に割くマナを制限していることと同じ。

例えば1マナ 2/1のステルスくん 召喚した次の相手ターンにステルスによって除去されないが、その次の殴った後の相手ターンで相手がヒロパで2/1ステルスくんを除去したとしたら、相手の3ターン目に召喚に割けるマナは1マナしか残っていないということになる。
→その次のターンこちらは4点を殴ることに使える。
→ステルスやトラップでの打点は、相手の召喚に割くマナのテンポを外せる。
→つまり初手に出すカードとして、リーパーノームとステルスと2マナトラップがあったとき、優先度はステルス>トラップおじさん>リーパーノーム等のことを指す。

2,殴るのはタウントとフェイスだけ。

それ以外の相手Minionはハウンドの打点として考える。

3,相手がこちらより高いアグロ性があるかどうかを見極め、時にはコントロールになる。

例えばマーロックだとかアグロシャーマンに比べるとこちらはコンスタントなダメージ、相手は序盤が揃えばすさまじいバーストということになる。

このようなときは一旦相手の火力が落ち着くまでコントロールの動きを行い、マーロックであれば主要なマーロックカードを失ってから、シャーマンであれば手札がなくなってから、コンスタントにダメージを与えていけば結果勝てる。

今マーロックはいないけど、マーロックに対するアグロハンターの接し方は、全てのシナジー強めのmidrangeに対しても要所要所で使うべき考え方。
→擬似タウントは器用につぶしていけ。

あぐろはんたーの心得

ローグ ウォリアー パラディン プリーストは諦める

試合を諦めるのではなく、諦めて顔に全てをぶっこむということ、少しもコントロール性のある動きをしてはいけない。諦めて顔に全てをぶち込む。それで負けたらどっちみち負けだし、回復されたらどっちみち負け。考えるだけ無駄。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

terawakujpさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。