現代ポピュラー音楽作曲思考と音楽教育/不定調性論のブログ

世田谷music school M-Bank発信による、ポピュラー音楽作曲思考、アーティスト楽曲研究(主に作曲観点からの思考について)、そして音楽教室運営などについてのブログです。
不定調性論発祥の地です。


テーマ:

今年のゴールデンウィーク企画です。
昨年はパット・メセニーでしたかね。。
http://ameblo.jp/terauchi-mbank/entry-11842208033.html


S.ワンダー全曲分析が背後で進む一方(現在非公開中)、あるアルバムでスティービーがこのシューベルトのアヴェ・マリアを歌っていたので、You Tubeをみていたら、素晴らしい歌を発見。




さて、この曲は、
「ウォルター・スコットの名高い叙事詩『湖上の美人』(『湖上の麗人』、The Lady of the Lake)の、アダム・シュトルク(Adam Storck)によるドイツ語訳に曲付けされたもの」
なのだそう。
参考;http://ja.wikipedia.org/wiki/エレンの歌第3番


==
で、この曲を通じて、シューベルトの和声感をポップに見てみましょう。
<イントロ>
Bb - - Bb7|Eb/Bb Ebm7(b5)/Bb Bb - |
<A>
Bb Gm6 Bb/F F7 |Gm - Cm F7 |Bb - Bbaug Gm/Bb |Em7(b5)/A A7 F#dim7 - |

Gm Gm6 F/A G7/D |F/C C7 F - |F7 - Bb/F - |F7 - Gm - |

F D Cm - |Cm/Eb Gdim7 F F7 |Bb Gm6 Bb/F - |Bb - - Bb7 |

Eb/Bb Ebdim/Bb Bb - |

<A'>
Bb Gm6 Bb/F F7 |Gm - Cm F7 |Bb - Bbaug Gm/Bb |Em7(b5)/A A7 F#dim7 - |

Gm Gm6 F/A G7/D |F/C C7 F - |F7 - Bb/F - |F7 - Gm - |

F D Cm - |Cm/Eb Gdim7 F F7 |Bb Gm6 Bb/F - |Bb - - Bb7 |

Eb/Bb Ebdim/Bb Bb - |

<エンディング>
Bb - - - |Bb6 ||

わずか30小節の至高の名曲。

楽譜は下記を使用しました。
http://petrucci.mus.auth.gr/imglnks/usimg/d/d3/IMSLP16400-SchubertD839_Ellens_Gesang_III__Ave_Maria_.pdf


で、degreeを付けますと、

キーはBbメジャー、すなわち変ロ長調ですね。
<イントロ>
I  -  -  I7 |
IV/I  IVm7(b5)/I  I  -  |

<A><A'>(くりかえし)
I  VIm6  I/V  V7 |
VIm  -  IIm  V7  |
I  -  Iaug  VIm/I  |
IV#m7(b5)/VII  VII7  V#dim7  -  |

VIm  VIm6  V/VII  VI7/D  |

V/II  II7  V  -  |

V7  -  I/V  -  |

V7  -  VIm  -  |

V  III  IIm  -  |

IIm/IV  VIdim7  V  V7  |

I  IV#m7(b5)/VI  I/V  -  |

I  -  -  I7  |

IV/I  IVdim/I  I  -  |

<エンディング>
I  -  -  -  |I6   ||

ちょっと見づらいですが、ご勘弁を。
例;I  IV#m7(b5)/VI  I/V  -  |
となっているのは、一拍目がI、二拍目がIV#m7(b5)/VI、三拍目と四拍目がI/Vですよ、という意味です。「-」の記号をここでは、「前のコードと同じ」という意味で用いています。

====
(所感)
■イントロについて
Bbが主和音で、すぐBb7→Ebすなわち、Iの属和音化がされてIVのEbにつながります。ポピュラー/ジャズで言えば、セカンダリードミナントですね。
でそのあとの、Ebm7(b5)/Bbが美しいではありませんか。Em7(b5)という和音には、Bb音はありません、b5thですからa音になります。せっかくb5thしたのに、ベースがBb音というのはどうしたわけでしょう。このコードをBbベースで考えてみます。
BbmM7(#5)
という和音です。
シューベルトの時代は当たり前だったかもしれませんが、現行のジャズスクールで、このコードを教えてもらえるでしょうか?または「次のコードはシューベルトが使った変形型ハーフディミニッシュです」みたいに、コード作成例として教えてもらえるでしょうか。
もう皆さんはこのコードを知りましたね。とても甘美な響きです。結果的にBb音とA音がM7thでぶつかる所が粋ではないですか。ちょっと例を出してみましょう。

Dm7 G7 |CM7 |


→シューベルト変形→

Dm7(b5)/A G7/Ab |CM7/G |

みたいなのはどうでしょう。G7/Abというのは、G#dim7/Abとしても結構です。最後のCM7/G上手く解決感を感じるようにしてください。CM7(9)/GとかCaddd9/Gでも良いのではないでしょうか。このイントロはBbのベースの上で、思念が揺らめくような、主人公の想いの揺らめきを表現しているようですね。宗教曲ではない、という要素がこのイントロからも感じられます。こんな卑猥な響きは宗教曲にあってはならないのでは?と一瞬に感じてしまいすね。

(後半に続く)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

terraさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。