現代ポピュラー音楽作曲の思考/不定調性論のブログ

music school M-Bank発信による、ポピュラー音楽のための作曲思考について、アーティスト楽曲研究(主に作曲観点からの思考について)のブログです。
ときどき音楽スクールのこと、制作物のことなども書かせて頂きます。


テーマ:


こんにちは。
普段はmusic school M-Bankの運営やレッスン、音楽制作などを行っています。
ポピュラー・ジャズ音楽の作曲への思考と理解(アナライズを含む)の方法論である不定調性論についてご説明させていただきます。

→こちらもどうぞ「不定調性論の使い方」
http://ameblo.jp/terauchi-mbank/entry-12141166471.html


不定調性論は、現代音楽和声論であり、そこから展開する実践的な作曲についての方法論をまとめたものです。

最初は私自身が楽曲理解や作曲に活用するだけのものでしたが、現在はDTM・作曲レッスンは勿論、様々な音楽プロモーション・プロデュース(音楽を生み出す考え方全体)に活用しています。あとは日々結果を出し続けるだけです。

便利なツールだから皆さんも使え、と申し上げるわけではありません。
皆さんには皆さんのやり方、考え方があるはずです。
不定調性論も、私自身が「自身の感覚(共感覚的思考=音楽から得るクオリアの展開)に基づいて音楽的思考を追及/展開/構築したものです。
不定調性論の実践例を当ブログ等でご覧いただき、それらが少しでも皆様のオリジナルな制作方法、音楽理解に役立てば幸いです。

独自論の押し付けや、その他の方の方法論や伝統批判は一切ありません。

<このブログでは...>
不定調性論の教材内で展開する様々なアプローチをベース実際の曲について、いろいろ書いています。主にコード進行の使用について集中的に考えています。
これは楽曲のコード進行に特化してその用法や理解のアイディアを考えている、というだけで、決して「コード進行が大事」という意味でもありません。レッスンで触れた曲を題材に、ブログにまとめて書かせていただいております。

また、各曲の魅力のさわりだけを述べていますが、それがその楽曲やアーティストの概略であるとはとらえないでください(記事はご指摘などをいただき、随時改訂しております)。

不定調性論は、音楽を判断する根拠を、教材や一般論、批評家の意見の中に置くのではなく、あなた自身の感覚に落とし込んでいくことができるように学習していきます。

<教材では...>
本教材の方では、ブログではほとんど触れられない「不定調性論の根拠」をはじから論理的に列挙しています。12音の関係性を再構成し、現行の音楽理論そのものを解体し、和音を作り直し、和声を作り直します。なにより、自分自身が何を考えているのか、それをどう音楽にするのか、自分は何をしたいのか、じっくり考えていきます。
詳細は、下記フォームより教材のお問い合わせを頂けましたら幸いです。
※毎年改訂に余念がありません。一度ご購入いただきますと、翌年よりご希望があれば無償で改訂版を送らせていただいております。ご活用ください。
実際の教材は、下記にございます。
http://ameblo.jp/terauchi-mbank/entry-11775316251.html


===ちょっとだけ専門的な話===
例えば、ギターやピアノでAm,Dm,Emといった三つだけコードを覚えて、それらを順番に弾いていくだけでできる音楽的骨組み、これが「コード進行」ですね。

この「和音を並べて音楽の原型を作る」というコード進行の発想を極限にまで拡張して、平均律音楽の構造論を再構築したのが、不定調性論のベースとなるところです。
「再構築」と書きましたが、歴史を無視する訳でありません。むしろ重視しています。
(可能であれば一定期間の伝統技法の学習を推奨いたします。)

ゆえに、もし既存の学習だけで十分自分が納得出来る曲を作ることが出来る人は、不定調性論は必要ありません。
しかしそうした独学的展開は時間がかかる場合もあります。
その時間短縮へのトライアルとして、これからのクリエイターの一つの学習手段として拙論の活用をご検討ください。

自由な感性、独自の解釈とはどういう感覚のものでしょう。
たとえば、このロールシャッハテストの絵、皆さんはどんな絵に見えますか?
terraのブログ-ロールシャッハ/不定調性
わたしは、テーブルの上で左肘を付いて拳を頬に当てて物思いにふける女性・・・。

いやいやそれはないでしょ、と言われても、これは個人の感性ですから、他者が巧みに否定しようとしてもどうにもなりません。この感じ方の差異こそ個人そのものであり、同じコード進行でも異なるメロディができる理由にも該当するように思います。この感覚を自分で見つけ、展開し、確かなものになるまで学習時に展開できれば、学校教育もより意味のあるものになるのではないか、と考えます。
この話を展開するためには、どうしても12音そのものの存在意義を問い直さなければならないはずです。でも一人一人がそれをやっていたら大変なので、突き詰めた事例として拙論をご活用いただきたいのです。

あなたが「自分の良いと感じる」ことを自分に許す、というところから、自分だけの視点を再発見し、信じられるようなところまで引き上げ、これからの新しい音楽を生んでいただければ、と思います(こうした精神的な支柱作りが作曲学そのものであると思います)。
勇気が必要です。

またはそうした観点から音楽を作ることを望む方にとっては不定調性論は最適です。

そしてその先に、楽曲制作の本格的な難しさについて直に考える段階となります。

====

わかりづらいところ、知識が誤っているところ、についてはご指摘いただければ回答、修正いたします。
また、他のサイトや、専門文献も同時に自在に参照いただくことを推奨いたします。
知識には誤りがあり、人類の経験には未知な部分がまだまだ沢山あると思います。
先々の知識のために自分たちは試行錯誤を繰り替えすしかないように思います。

====


不定調性論はこちらで不定期的に研究発表しております。
日本音楽理論研究会
日本リズム協会 


※初期段階では自然倍音列の数理、和声の構造分析などを詳細に行いますが、これはあくまで理論的根拠を構築するためのステップですので、プレイヤーの方、実際に作曲を活用されたい方はすっ飛ばして頂いて、何ら問題はございません。
※受講内容の性質上、どのような方が受講されているかは一切外部に口外しておりません。世上に生み出される奇抜な曲、個性豊かな曲、インターネット上でみられる「このコード進行の印象は、○○○○○である」等といった音楽の具体的な印象論の一端、またはそれを活用して作られた音楽のいくつかは、この不定調性論によって導き出されたものも多く含まれており、現状ではそれだけで十分な成果であると考えております。

(2017改訂)
AD
 |  リブログ(0)

terraさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。