テーマ:
大和証券の営業マン時代① 『厳しさ学んだ社会人一年生』

(1986年4月~12月 赤坂第二営業部で新人研修)


大学4年生になると就職活動が始まった。
その頃の人気業種はダントツで金融。銀行、保険、証券・・・
経済学部の同級生たちももちろんだが、理系の連中までもこぞって銀行、保険を希望していた。

私もご多分にもれず、金融志望で就職活動。
最後は、某都市銀行と大和証券の2社に絞られた。
特に証券希望ではなかったが、縁あって大和証券に決まった。

1986年4月。大和証券に入社。
最初の勤務地は、東京赤坂。第2営業部。
新入社員のための、机上の勉強と営業の実地研修の部署だ。
東久留米にある寮からの通勤だった。
とにかく朝が早かったのと、通勤電車が異常に混んでいたことを覚えている。

営業エリアは、飯田橋。
東京なんてまったく土地勘がなかった。
リストと地図を持って毎日毎日飛び込み営業。
話を聞いてくれるどころか、名刺を受取ってももらえない。

そんなある日のこと。
飛び込んだところは、小さな商店。
店主が客と話をしていたので、終わるのを入口で待っていた。
店主はそんな私に気付いていたはずだが、ずっと無視。
10分ぐらい経っただろうか、やっと客が帰った。

私が話し始めると、けんもホロロ。相手にしてくれない。
私の帰り際の態度が気に入らなかったのか、店主が激怒。
追いかけてきて胸ぐらつかむなり、「どこの証券会社だ!名刺よこせ!」
私は、あわてて逃げかえってきた。

「なんでこんな目に会わなきゃいけないんだ」涙がぽろぽろ止まらなかった。

=== 今思い出してみると、帰りぎわに、「10分も待たせておいて、全く話も聞いてくれないんなら、もっと早く言ってくれよ」みたいな捨てゼリフを言ったんじゃないかなと思います。
まだまだ世間知らず、苦労知らずの青二才でした。===

無我夢中の8か月。
東京での研修も無事終わり最初の配属地。地元の長野支店に決まった。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

なにわの孫さんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。