インフルエンザと特定しないまま、治ってしまいました。

連休前の金曜日、夕方から咳が出始めた。この時は熱も寒気もないので、漢方薬
の咳止め、(ちなみに麦門冬湯、半夏厚朴湯のエキス)を飲んで、その晩は寝ました。
しかし、夜中に咳で目が覚めるので、清肺治喘丸に変更して、2時間置きに毎回10
丸ずつ服用すると、翌朝には、ほとんどよくなって、いつもように朝食もおいしく食べた。
 
当日、よせばいいのに、病み上がりに車で芸北(広島北部)へ雪を見にいきました。
さらに、帰りがけにスーパー銭湯で、たっぷりサウナに入って家へかえったのです。
 
これが、最悪の結果に、
その晩、寒気でいつもより数時間早く就寝するが、就寝後1時間で悪寒がしだして、気
になって、体温をはかると、38.3℃、見間違いかと再度はかると、やはり38.2℃ある。
 
これはまずいと考え、葛根湯のエキスが目についたので、2包を熱めのお湯に溶いて
飲んだ。すると、1時間ほどで、わずかに汗がでて、37.5℃に下がってきた。汗の量が
 
足りないと思い、今度はインフルにも使う麻黄湯(まおうとう)をやはり2包一度にお湯
に溶いて飲んだら、知らずにうちに徐々に汗がでて、2時間後には。36.5℃まで落ち
 
ついてきた、
 
最近38℃などの体温上昇は記憶にないので、インフルエンザだったのかもしれない。
 
漢方薬もすてたもんではない位効きます。