がん予防は料理法にカギがある。

テーマ:

いつも、お読みいただありがとうございます。

 

つい、最近読んでいた月刊誌に、こんな特集記事がありました。ガーン

 

がん予防は料理法にカギがある。

 

詳しく説明ははぶきますが、基本はがんの基本てきな原因である活性酸素を、普段の食事で防ごうということです。注意

 

①野菜と果物は路地物を選ぼう・・紫外線をあびていない野菜類は抗酸化物質が少ない。

 

②野菜はサラダよりスープで・火を通さないと野菜細胞内の抗酸化物質がでてこない。

 

③紅茶・緑茶は一番茶がおすすめ・・これは当たり前。

 

④発芽玄米で免疫力強化・・胚芽と発芽した眼には抗酸化物質が非常に多く存在します。

 

⑤酸化した油は大敵・・油が酸化すると殺細胞性の活性酸素多く存在する。

 

⑥色のついた粗製油を使おう。・・しぼりたての油びは、カロチノイド・ポリフェノールのどの

抗酸化物質を精製過程で取り除いている。

 

⑦コーヒーで危険な鉄を外へ・・活性酸素を多く含む脂質ラジカルを捕捉するフラボノイド

を多く含んでいる。

 

上記のような事に気をつければ、がんの予防になるようです。

 

まあ、1970年代の食事が良いということです。これはアトピーなどのアレルギーにもいえるのではないでしょうか。ほっこり

 

広島 寺町電停北 寺町漢方薬局