治療法が限られている膵臓がんの病状進行を免疫強化の面から歯止めする-十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)

 

 日本人の死亡原因のトップとなっているがんでは一般に早期に発見されれば、手術による切除、それが難しい場合には抗がん剤などによる化学療法や放射線療法が行われます。この状況下の中で臓器別がんで最も治療が難しいと言われているのが膵臓がんです。


 膵臓がんは特有の症状が少なく、早期の発見が難しいことが大きな原因です。しかも膵臓がんは進行が速いため、発見時に手術による切除を受けられる患者さんは非常に少なく、多くは塩酸ゲムシタビンと呼ばれる抗がん剤を軸とした化学療法が行われることになります。それでも生命予後は悪く、膵臓がんと診断された患者さんの5年生存率は概ね10%未満にすぎません。膵臓がんでは早期発見方法の確立とともに治療成績の改善が急務となっています。


 ここで膵臓がんの治療成績改善のカギを握る要素の1つとして免疫機構が注目されています。その最大の理由はヒトの免疫機構にもがん細胞増殖を抑制する働きもあるからです。さらに進行の早い膵臓がんでは発見時に患者さんの身体機能が、がんの存在によって大幅に弱っていることが少なくなく、その影響で数限られた抗がん剤による化学療法ですら十分に行えないこともしばしばだからです。


 こうした中で徳島大学医学部消化器・移植外科の池本哲也先生らは、漢方薬の『十全大補湯』が膵臓がん患者の免疫機構を強化し、生存期間を延長させる可能性があることを報告しました。池本先生らの報告は日本国内のがん治療専門医の多くが加盟する日本癌治療学会が発行する国際英字誌「International Journal of Clinical Oncology」に掲載されました。

 

でも、これ漢方エキスメーカーのヨイショ論文の臭いがします。いつも思うことですが、大量の生薬をつかった煎じ薬でも、なかなか効かないのに、エキス剤で効果が上がるとは思えない。