エインヘリャル

テーマ:
Emil Doeplerによって描かれたヴァルハラ内の様子。(1905年)エインヘリャル[1](einherjar)は、北欧神話でいう戦死した勇者の魂。日本語表記では他にエインヘルヤル[2]、アインヘリヤル[3]もみられる。「死せる戦士たち」[4]とも呼ばれる彼らは、ヴァルキューレによってヴァルハラの館に集められる[5] 。ラグナロクの際に、オーディンら神々と共に巨人たちと戦うために、彼らは毎日朝から互いに殺し合い、戦士としての腕を磨いている。その戦いで死んだものは、夕方になると皆生き返り、傷ついた者も同じく皆回復して、夜には盛大な宴を行う。殺しても翌日蘇るイノシシのセーフリームニル(ゼーリムニルとも)の肉を食べ、ヤギのヘイズルーンの乳で作った酒をヴァルキリーの酌で楽しむ。そして、翌朝になると再び戦いあう[5]。ヴァイキングの間では、死後このエインヘリャルに選ばれることこそ、戦士としての最高の栄誉とされていた。そのため、エインへリャルとしての復活を夢見て、戦場においても死を恐れることなく勇敢に戦うことが出来たため、結果、ヴァイキングの勢力拡大へつながっていったと考えられている[要出典]。『ギュルヴィたぶらかし』では、ラグナロクの時にはエインヘリャルが皆甲冑に身を固め、同様に武装したアース神族とともに、ヴィーグリーズの野に攻め込んできた巨人の軍勢に向かって進軍する様子が書かれている[6]。(オーディン対フェンリルのように、特定のエインヘリャルが特定の敵と戦うエピソードはない。)『ギュルヴィたぶらかし』には、また、次のような事が書いてある。アルファズル(万物の父。オーディン)はまたヴァルファズル(戦死者の父)とも呼ばれる。それは、戦死者が1人残らず彼の養子となるからだ。オーディンは彼らをヴァルハラとヴィーンゴールヴ(女神の宮殿)に送る。彼らはそこでエインヘリャル(エインヘルヤル)と呼ばれる[7]。脚注ローレンツ・フローリク(en)によって描かれた、戦死者を運んできた3人のヴァルキューレがヘイムダルに迎えられる場面。ヴィクトル・リュードベリ(en)の1906年の著書『Teutonic Mythology』の挿絵より。^ 『オージンのいる風景 オージン教とエッダ』(ヘルマン・パウルソン(en)著、大塚光子、西田郁子、水野知昭、菅原邦城訳、東海大学出版会、1995年、ISBN

ブログに誘導、巧みに金無心…木嶋被告(読売新聞)
「余命2年」の被告に懲役3年、妻暴行死で(読売新聞)
<皇太子さま>外国訪問は周囲と相談し 50歳会見(7)止(毎日新聞)
捕鯨妨害で船籍国に対応要求=外務省(時事通信)
6新人が届け出=長崎知事選(時事通信)
AD