TRIP 嵐 妄想小説

嵐さん大好き♡
智君担当♪山好き♡で
皆様のブログを見ているうちに書きたくなってしまいました。
妄想小説です。腐っているので注意してください!
タイトルに愛を込めて、嵐さんの曲名を使わせていただいてます。
ご理解いただけると嬉しいです。

      嵐さんの腐的妄想小説です。 

      苦手な方は避難してください!

     男性、未成年の方もご遠慮ください。 

       よろしくお願いしますm(_ _ )m


このお話は


  『a Day in Our Life』 → 『Kissからはじめよう』 → 『Step and Go』 → 『果てない空』


  と続きます。それぞれでも楽しめますが、

  順番に読むと2人の成長がより感じられるのではないかと思います。



アメンバー申請について


限定記事は誰でもOKという内容ではありません。

なので、恐縮ではありますが、以下の内容を満たす方に限らせていただいています。


①嵐が大好きな女性の方。

 (もちろん、誰のファンでもOKです)


②心優しい成人の方。

 (誹謗・中傷の類をきらい、私の智君贔屓を

 大きな心で受け入れてくれる心の優しい方)


上記内容が、プロフィール、メッセージにて確認できれば

すぐに承認させていただいています。

よろしくお願いいたします。


NEW !
テーマ:
「恥ずかしいだろ、普通……。」

ガードレールに腰掛ける俺の前を、車のヘッドライトが通り過ぎる。

電話の向こうではライターを点ける音。

「じゃ、愛してるって言ってよ。」

足元を見つめ、そう言うと、

「愛してる。潤。」

すぐに返ってくる返事。

「あはは。それは言ってくれるんだ。俺も愛してるよ。」

俺は安心して携帯にキスして、通話を切る。

大丈夫。

今、リーダーは一人だ。



俺とリーダーは付き合ってる。

と言っても、無理やり俺が付き合わせたみたいなもので……。

それでもリーダーはOKしてくれた。

今しかない。

今ならまだ間に合う。

そう思っての告白。

そう、今ならまだ……自分の気持ちに気づいてない……。



だから、俺は猛烈アピール。

二人っきりの時はもちろん、楽屋でも。

俺のこと、可愛がってくれてるのもわかってるし、

拒まないのもわかってる。

ほら、こうやって手を握っても、リーダーは絶対嫌がらない。

ニノと相葉ちゃんは気を付けろって、耳にタコができるくらい言うけど、

そんなことはどうでもいい。

俺はバレたって構わない。

むしろ、バレたら本当にリーダーが俺のものになるなら、喜んでバラすよ。

だから、アピール。

リーダーと付き合ってるのは俺だって。

こんなに愛してるよって。

だって、そうしないと……。

リーダーの目は、ぼーっと宙を泳いで、最後は必ず新聞で止まる。

すぐに視線を外すけど……。



ねぇ、リーダー。

本当は気づいてる?自分の気持ち?



だから、俺はリーダーの腰を抱く。

肩を抱く。

手を握る。

耳元で囁く。

リーダーと付き合ってるのは俺だよって。

愛してるのは俺だよって。

リーダーと……翔さんに向かって。

たまに、ニノと相葉ちゃんが、切なそうな顔をするけど、いいんだ。

リーダーが俺のことを好きになってくれるなら、なんだってする。



付き合ってから半年が過ぎた頃、リーダーが不機嫌な日が続いた。

こんなに長いことリーダーが不機嫌なんて、付き合って初めてだ。

一緒の仕事になった雑誌の取材でも……。

「ね、リーダー、これさ……。」

「ん……。」

話しかけても生返事。

いつもだったら顔を上げて笑ってくれるのに、

今日は二人っきりだっていうのに、携帯から顔も上げてくれない。

「今日……家に行ってもいい?」

「ん……気分じゃない。」

「いいじゃん……ここんとこ、全然、行ってないし。」

「ダメだ。来んな。」

ゲームを続けながら返事するリーダー。

俺と……目も合わせてくれないの?

「リーダー……ゲーム止めて……。」

「…………。」

「リーダー……。」

その時、リーダーの携帯がブルッと震えた。

メール着信の知らせ。

リーダーが慌てて携帯を隠す。

誰?誰からのメール?

俺に隠れてメールを確認するリーダー。

「……リーダー、誰から?」

「あぁ……個展の時、お世話になったスタッフの人……。」

がっかりした顔で、俺に向かってメールを見せる。

……リーダーは誰からのメールを待ってるの?

その日の撮影は、いつも以上にくっついて、いつも以上に大きな声で笑った。

リーダーは、ずっと、作った顔で笑ってた。



仕事が終わって、別々の仕事に向かった。

リーダーは何も言わず、俺も……何も聞けなかった。

でも、やっぱり気になって……。

仕事が終わってから、電話してみる。

プルルル……プルルル……。

呼び出し音は鳴ってるのに、電話に出てくれない。 

あんまりしつこくしたら嫌われる。

わかってる。

でも……。

少し時間を置いて、もう一度かけて、やっぱりダメで……。

リーダーのことを考えると、どんどん俺の嫌いな男になっていきそうで、

友達誘って飲みに行った。

バカな話をして、大きな声で笑っても、リーダーのことが頭から離れない。

「何?どうしたんだよ。」

「何が?」

「心配ごと……それとも、恋煩い?」

「……恋煩いって……。」

「お前はさ、何にでも一直線なとこがいいとこじゃん。

 思ったらすぐ言っちゃう、すぐ行動しちゃう。

 それで誤解されることもあるけど、俺は、そういうとこ好きだよ。」

……やっぱり行こう。

そう思って席を立つ。

「ありがと。」

「おー。頑張って来いよ。」

笑って手を振ってくれる……いい奴だよ。



俺は店を出て、すぐタクシーを捕まえる。

タクシーの中からも電話したけど、繋がることはなかった。

20分ほどで、タクシーはリーダーのマンションの前に止まる。

俺達は恋人同士だけど……。

合鍵を持ってるわけじゃない。

だから、恐る恐る部屋番号を押す。

出てくれなかったら……。

いや、家にいないかもしれないし……。

思いつめて来ちゃったけど……。

いろんな不安が頭を過る。

……やっぱりダメか……。

そう思った時、インターフォンからリーダーの声がした。

「……潤…………?」

「リーダー!」

出てくれたことが嬉しくて、俺はインターフォンにへばりついた。

「俺……リーダーが心配で……。」

しばらく沈黙が流れて……。

ゆっくりとドアが開いた。








AD
いいね!した人  |  コメント(5)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。