ずいぶん昔、マイケルジャクソンの野外コンサートを

テレビで見たことはありますが、

確か登場してきて数分間はピクリとも動かずに、

立っていて、その後、首だけ動かし、

またそのまま静止。


これはかなりの精神力と訓練がないとできないと思い、

感動した思い出があります。


度重なる整形によってだんだん白くなる肌。ホリの深い顔立ち。


本人はきっと白人に生まれてきたいと思ったのかもしれませんが、

その背景にはやはり自由の国アメリカといえども

かなりの人種差別があることはよくわかっています。


文鮮明先生がダンベリー刑務所に収監されたことは有名ですが、

明らかに宗教迫害であり、人種差別の裁判でした。

ほかの宗教指導者も銀行の名義上は代表者としてのせており、

なんら問題はないのに、

文先生だけは問題視されました。


この一つ前のブログにも書きましたが、

国家的迫害は新興宗教にはつきものです。


裁判沙汰になる前に、韓国に帰ればつかまることはなかったのですが、

もし、そのまま帰ってしまえば、

アメリカの救いの道が閉ざされてしまうことを

ご存知でしたので、

あえてアメリカに残り、

ダンバリー刑務所に

収監されることとなりました。


はじめは中にいる囚人たちも

あの悪名高きレバレンド:ムーンは

どんな人物なのか、興味津々であり、

はじめは「ヘイ!ムーン」と呼んでいた囚人たちも、

その人格と為に生きる姿に感動し、

だんだんと変わってきて

「ミスタームーン」から、最終的には

「ファーザームーン」と呼ばれるまでになり、

たくさんの囚人たちが

弟子となりました。


リンク:ほかの兄弟のブログで、共にすごした囚人の手紙の話。

http://430katei.blogspot.com/2009/06/12951984.html


人それぞれうわさばかりが先行する世の中ですが、

マスコミの言葉を鵜呑みにせずに、

芸能人の人に対してもそうですが、

よくその人を研究してみて、

人間として信じうる人物なのか、

確認することも大切ではないかと思います。


人間両面を持っている場合がほとんどかもしれません。


マスコミの方にも、特集とかで、

真実のマイケルジャクソンの姿を

知ることができる報道を今後お願いしたく思います。


hiraのブログ・統一教会、統一運動を正しく理解してほしい-ajisai
AD