芸能人占い

似ている芸能人が微妙な天照大神です。

今日は、芸能人占いをやってみました。
なんでも、生年月日・血液型・性別から
同じ運勢&性格の芸能人が分かってしまう
というのだから、スゴいです。(多分)

では、さっそくやってみましょう。
芸能人タイプ診断

あなたは・・・
倖田 來未
と同様なタイプです。


このタイプの方が診断されやすい性格は・・・

・人のアドバイスを聞かず、自分の直感で動く。
・人には見せずさりげなくコツコツと努力する。
・一度、これをやる!と決めたら、何が何でもそれをやり通す。
・人に忠告する時に、心にグサっとささる厳しい一言を言ってしまう。
・キレると手が付けられない。
・目上の人などの考えにはすぐに同調してしまう。
・細かいことを考えてないように見られがちだが、実は心配性。
・考えるよりも先に、ついつい行動してしまう。
・何事も粘り強い忍耐力を持っている。
・人のアドバイスを聞かない頑固な面も。
となっています。


あらまー、倖田さんって、そんな性格だったんですか。
っていうか、かなり当たっているような気が…
するかな??

あ~、どこかで見たような結果だと思ったら
動物占いですね。倖田さんも「ゾウ」だったんだー!
AD

どうしたものか。

テーマ:
Toni Braxton
Snowflakes

これ、200円で買ってしまいました。てへ。


ここ数日、どうにもこうにもからっぽになってしまった天照大神です。

なんか、内向きっていうよりは、内に篭っちゃったような感じ。

朝起きて鏡を見ると、目の下にクマができています。

あ~ぁ。


はてさて、どうしたものか…。


しょうがないので、しばらく内向きで生きてみます。

そのうち、外の世界に戻れるでしょう。

あ、こんな私をなぐさめてもいいよと言ってくれる奇特な

美青年がいらっしゃったら、遠慮なくお声がけください。(笑)

AD

トラックバックについて

テーマ:

最近、トラックバックを認証制にしました。

なぜなら、

スパムトラバが増えたことに加えて

私のブログネタになんの関係もない内容のものが

貼られているからです。


トラバ先のリンクってのは、

クリックするのに勇気がいるんですよ。

「悪意のあるサイトだったら?」と思うと、

内容も見ずに削除したい衝動にかられます。

それでも、その衝動を抑えてクリックするのは、

見ている人にステキなサイトを紹介できるかも

しれないと思うからです。

それなのに、クリックした先に

私のネタとなんの関係もない内容のものが書いてあったりすると

がっくりします。


そういうときは、トラバ先のサイトを「スパムとして通報」したのちに削除し、

スパイウェア削除ソフトを起動してPCをスキャンします。


本来の目的でトラックバックしてくれる人のためにも

スパムや内容に関係ないトラバをしてくるのは

やめてください。


間違えてトラバをしてしまった人は

メッセージでその旨を伝えてください。

さもないと、あなたのブログやサイトは、

「スパム」として認識されてしまいますよ。

AD

欲しいもの

テーマ:
Billy's Bootcamp: Cardio Bootcamp Live

欲しいんです。

ビリーのBootCampのDVD
「7日間集中ダイエットプログラム」。

(画像は、ビリーの別のDVDですけど)
1週間で効果の出るエクササイズだそーです。
(深夜番組でそう宣伝してました)

かつてないほど長い休み&暴食(?)で、
腹に石臼を抱えた私…。
セクシーねーちゃんの腹には不要なのです。
本当は加圧式エクササイズに手を出したいんだけど、
お金と時間が……。

ビリー、私をスリムでセクシーな体型にして!


っていうか、まず買わないと。(笑)

ちなみに、このビリーさんは、
「キルビル」で俳優のみなさんの体をしぼったそーです。
前職は、イギリス軍の新人君たちを
短期間に筋肉マシーンに鍛えるトレーナーだったとか。
ふ~む。
あ~、なんか食べたい…。

アメリカンなお国でアメリカンなバーガーショップなんかに入って

うっかり「コーク、ダブルねー」な~んて言ってしまうと、

いきなりバケツのようなのが出てきちゃって困っちゃった

な~んて経験をした人もたまにいると思いますが、


私は今日、セブン・イレブンに入ってたまたま発見した

バケツライクなプリンに狂喜乱舞して、思わずお金を払ってしまいました。


これがそのバケツライクなプリンです。

右側はサクっと「ふつ~」のジャンボぷっちんぷりん。


バケツプリン

え、どれだけ違うかがよく分からない?

まー、もう一枚の画像を観てくださいよ。


え、色が悪い?

すみません。携帯でシュワっと撮っちゃったんで…



違いは一目瞭然


ほら、スゴくないですか??


なんても、このバケツプリン、1週間の限定販売モノらしいですよ。

名前は、「Happy プッチンプリン」。


それにしても、1週間って、一体いつからいつまでなんでしょうね~。

興味のある方は、セブン・イレブンへGO!


フィリップ・K. ディック, Philip K. Dick, 浅倉 久志
スキャナー・ダークリー

今から7年後の話。
麻薬潜入捜査官フレッド(キアヌ・リーブス)は、
ヤク中のボブ・アークターとその一味を監視している。
捜査官仲間と会うときは特殊なスーツを着込むので、
同僚は誰もフレッドの素顔を知らない。
よって、ボブ・アークター一味の誰がフレッドなのかを
知っている者はいない。
しかし実は、ヤク中ボブ・アークターその人が、
潜入捜査中のフレッドだった。

ある日、ボブ・アークターの同居人の1人、
バリス(ロバート・ダウニー Jr.)が、ボブのことを
警察にタレこんで……。

印象に残ったのは、アニメーターの努力とロバート・ダウニーJr.。
80年代の現代画家の作品を思い出させる作品。
未来の話なのに……。
あれ、「今から7年後」って、いつから7年後??

あ、でも、やっぱり一番強烈でガツンとくるのは、
ストーリーです。
ポップで、流れるようなアニメーションの軽さがよけいに怖いのです。
小説を読んでるときは怖さがヒタヒタとやってきて、
最後にガツンときました。
映画を観てると、ポップな画と音楽に脳みそがやられて
感覚がマヒしてきます。
まるで「物質D(←麻薬)」でヤラれちゃったみたいに。
で、のん気に観てると、
最後に途方もなく衝撃的な事実にガツーンとやられちゃう。
でも、スクリーン上では、あくまでもポップな画が流れてるのです。
このギャップはどうでしょう。

CMで聞くキアヌの語りは、CM用に取ったものだと思います。
映画の中でまったく同じセリフを言ってましたけど、
全然違った言い方してました。

ところで、「あの人があの人だった」あの設定は、
原作でもそうでしたっけ?

花魁の恋か~

話 梅子
游仙枕―中国昔話大集

「恋愛体温が低すぎる」と言われ続けて×年の天照大神です。
今年は汚名を返上するために、恋愛モノをたくさん読んで
恋愛体質になるゾと心に誓いました。
(失敗する確率の方が高いのですが…)

と、そんな決意とは全然関係ないところでゲットした写真の本。
中国モノの短編がたくさん収録されています。
結構、恋愛の話もたくさん入っているのです。

……しかし、なぜか花魁の恋の話が多い。
(いや、気のせいかもしれませんけど)

花魁の恋……。


もっと、普通の恋愛の話を読まなくちゃと思いました。

いや、この本は面白いんですよ、面白いんです。
でも、花魁っていうか、女の人が売られちゃう話が
いっぱい出てくるような気がするんですけど…気のせい…
ですよね? きっと。 多分。 

実は…宣伝です。

テーマ:

画面の右下にあるのは、私が写した写真です。

ちっちゃい四角い画面の中で、いろんな写真が

大きくなったり小さくなったりしてます。

このちっちゃい画面のどこかをクリックすると

私が撮った写真がすべて見られちゃう

flickrのサイトに飛べます。


というわけで、お時間があったら見てね。

先ほど書いた内容を、ルー大柴風 に変換してみました。

みなさま、どうぞご堪能くださいませ。

(↑「ルー大柴風」をクリックしてください)


でも、あんまりルーチックじゃないなー。

みなさまも、知ってるURLを入れて、ジャカスカ

ルー大柴風にアレンジしてみてくださいネ。


ルー語変換

今年は喪中で暇なので、お正月からバリバリ出歩く予定

だったのですが、蓋を開けてみたら

ダリ回顧展に行くだけで終わってしまいそうな悪寒がします。


ま、気を取り直して――


行ってきました。

そう、ダリ回顧展です。

評判は聞いていました。「平日がオススメ」。

エラい人気だと、聞いていました。

そして、私は甘く見ていました。

いくらなんでも、最終日の閉館1時間前になればすくだろう。


甘かった……… ●rz


現場に着くと、すぐに拡声器とプラカードを持った

お兄さんが目に入りました。

プラカードには、「90分待ち」の文字が……。


90分ですよ、90分

つまり、1時間半です!


私が現場に到着したのは、5時少し前。

閉館時間は6時。

どう考えても、無理です。

絵を見れないどころか、入館できるかどうかも怪しい。


しかし、プラカードのお兄さんは約束してくれました。

今、チケットを買って、今並び始めれば、必ず入館できると。


そんなわけで、寒空の下、90分弱並びました。

こんなことなら、ダウンジャケット着てくればよかったと

何度思ったことか。

しかし、幸いにも晴れていました。

これまでのお正月と違って、シバれる寒さはありません。

晴れていれば、比較的凌ぎやすい寒さです。

私はじ~っと耐えました。


しかし、入館しても忍耐を試されることに……。


会場はイモ洗い状態で、絵なんか見えやしません。

人の頭、頭、頭しか見えず、仕方がないので

何も見えなくてもとりあえずズンズカ前に進み、

一通り見終わったところでトイレに行って時間をつぶし、

また最初に戻って鑑賞しました。

この方法で、ほぼすべての作品をじっくり鑑賞。(やった!)

ダリグッズを販売するショップへ直行しました。


うっかりダリのTシャツを買いそうになりましたが、

値段を見て止めました。(5000円なんぼ)


え? 感想ですか?

ん~、まー会場の狭さを考えれば仕方がないんですけど、

90分も待つくらいなら、さっさと家に帰って暖かいものを

食べていた方がよかったかな~。


考えてみたら、私、劇場美術館に行ってたんですよね。

スペインの、卵がいっぱい張り付いてるあの美術館に。

あっちの方が断然面白かったな~。