2012-03-28 15:02:15

【自分でやれる本人訴訟】メルマガ発刊

テーマ:【良質な宣伝】

【自分でやれる本人訴訟】というメルマガを発刊いたしました。

ぜひご購読をお願いいたします。以下に創刊号を記載いたします。


【自分でやれる過払い金請求DVDマニュアル】
http://93.xmbs.jp/KABARAI/

こんなDVDどこにもなかった!
本人訴訟のバイブル!
楽々できちゃう4つの強みとは?

☆★☆――――――――――――――――――――――――――――――――

         ~著しい不当行為からの自力脱出~

           【自分でやれる本人訴訟】

―――――――――――――――――――――――――――――   創刊号

こんにちは、発行人の金田誠です。

創刊号発行致しました。よろしくお願いします。以前は、【自分でやれる過払
い金】というメルマガをほぼ日刊で刊行していました。しかし、過払い金返還
請求もブームは去り、ほとんどの争点は出尽くした感があります。また、過払
い金に関するニュースも徐々に少なくなっています。よって、過払い金に限っ
たメルマガも、過払い金の内容について薄い記事が目立つようになりました。
そこで、過払い金用メルマガとは異なるコンセプトのメルマガを刊行しようと
思いました。それが今回の【自分でやれる本人訴訟】メルマガです。本人訴訟
というもの全般についてのメルマガとなります。


創刊号のメニューはコチラです。

■本人訴訟を考える ~民事訴訟とは何か?~
■私の本人訴訟体験談 ~商品先物損害賠償請求(第一回被告擬制陳述)~
■訴訟最新情報 ~AIJ年金消失で集団訴訟検討~
■素朴な疑問 ~桜島の噴火は大丈夫なのか?~
■編集後記

___________________________________

             ■民事訴訟とは何か?
___________________________________

民事訴訟とは何か?民事訴訟をするかしないかを判断する基準はなんでしょう?
私は、こちらが被る損害が著しく大きく法律上も認められない場合ではないか
と思っています。著しいかどうかは人それぞれの価値観によりますが、法律上
認められるかどうかは客観的にはっきりしているはずです。よって、訴訟に踏
み切るかどうかは金銭的・物理的・時間的な損害が大きく、かつ法律違反が認
められる場合と考えられます。よって、訴訟をする際には事前に損害が著しく
大きいことを客観的に主張し、ある法律によって違反が認められることを主張
できるかどうかによります。それが主張できると推測できるなら、本人訴訟か
弁護士等を立てた訴訟に踏み切ってよいと思います。損害が甚大でなければ訴
訟をしても金銭的に経費がかかりすぎて損をするし、勝訴しても相手の良くな
いところを反省させることができるとは限らない。こうした点を総合的に判断
して、自分の損害を取り戻すことができるかどうかで訴訟をするかどうか決め
ましょう。訴訟を行わずに当事者間で話し合い、譲歩しつつ解決できればそれ
にこしたことはありません。しかし、言いくるめられたりこちらに知識がなか
ったりすると詭弁や強弁によって丸め込まれてしまう可能性もあります。本当
のところはどうなのかということを明らかにする上で必要であるならば訴訟も
一つの方法であると思います。




「自分でやれる過払い金返還請求DVDマニュアル」

http://93.xmbs.jp/KABARAI/

___________________________________

 ■私の本人訴訟体験談 ~商品先物損害賠償請求(第一回被告擬制陳述)~
___________________________________

7月22日、さきほど地裁の書記官から電話で被告弁護士が差し支えのため、
24日の第一回公判は擬制陳述になると言ってきました。よって、第二回公判
の期日を決めたいといわれました。被告弁護士からの希望で、9/4の午前か
9/11の午前か午後でと言われ、9/4の午前ということで決まりました。
とりあえず、第一回公判に私が出頭して、その期日で問題ないということであ
れば、9/4で決まるそうです。

差し支えってなんですかねえ?と書記官に聞いたら、おそらく他の事件と当た
ってるのではないかと言ってました。なんか、やっぱり相手の弁護士から軽く
見られてるのかなあ。ちなみに向こうの弁護士は60代と70代の人です。わ
たしより20も30もお年が上です。ネットで調べたら、その弁護士さんたち
が、ある先物裁判で被害者(原告)の弁護をしている判例資料が一つだけ載っ
てました。ってことは、先物取引会社も先物取引会社から被害を受けた人も双
方に対して弁護するってことですよね。それって。。。金で動く弁護士ってや
つなんでしょうか?先物裁判だったら専門なので、どっちの弁護もするよ~っ
てな感じなのかな。なんか節操ない感じがしますね。そんな弁護士にやっぱり
負けるわけにはいかないでしょ。

それと書記官に公判の録音はしていいのか聞いたらダメだと言われました。法
律で録音は禁止されていないと思いますが。と言ったら、内規で禁止されてい
るとのこと。なんか通達がでているとか。。。裁判は公開が原則なのに、しか
も原告が録音するのに。で、速記官が全て一言一句書き取るのか聞いたら、書
記官はそれはしません。書記官が内容をまとめて提出しますと言っていた。そ
れを閲覧することは可能だが費用がかかると言ってました。とりあえず、当日
裁判官に聞いてみよう。どうなんでしょう?ほんとに録音やっぱり禁止なのか
なあ。


___________________________________

     ■訴訟最新情報 ~AIJ年金消失で集団訴訟検討~
___________________________________

被害を受けた企業年金基金が集団で損害賠償請求事件を起こす可能性が出てき
た。大手法律事務所に包括委任しての訴訟になるようです。証券取引等監視委
員会の強制捜査が行われる23日に行われる予定。どんだけひどい手を使った
のかが明らかになるようですね。他にも似たようなことをしていた投資会社が
でてくる可能性が高いでしょう。その場合もここの情報に載せていきます。

AIJ年金消失で集団訴訟検討 監視委、23日強制調査
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012032201001565.html
(東京新聞 3月22日)

___________________________________

      ■素朴な疑問 ~桜島の噴火は大丈夫なのか?~
___________________________________

本日の読売新聞の記事で櫻島の噴火について書かれているものがありました。
趣旨は、噴火による津波などの対策の見直しをしているということでしたが、
桜島の爆発回数にびっくりしました。年毎の噴火回数ですがこの3年間が異常。
2000年から2011年までの統計しか載っていませんでしたが、年間
200回もなかった噴火が2009年に突如500回超、2010年に900
回近く、2011年に1000回近くに達しています。2002年~2008
年までは各年3桁も噴火をしていないのにです。もっと長い期間に渡っての統
計を見てみないとなんとも言えないし、古い統計があってもそれが現在の統計
基準にふさわしいのかどうかもわかりませんが、それにしても3年前から激増
です。地下活動が活性化しているのだとしたら本当に注意をしなければなりま
せん。こうした統計資料を新聞はもっと出すべきだと思います。

___________________________________

               ■編集後記
___________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
読者様が0名になりました。ご登録本当にありがとうございます。
【自分でやれる本人訴訟】では、ご利用いただいている皆さんに役立つ情報を
多く提供していきたいと思っています。

ご感想・ご意見は、お気軽にご連絡ください。
では、またお会いしましょう!!               (金田誠)

___________________________________

メールマガジン【自分でやれる本人訴訟】

☆発行責任者:金田誠
☆公式サイト:本人訴訟日記 http://ameblo.jp/tententenshoku/
☆自分でやれる過払い金返還請求DVDマニュアル:
 http://93.xmbs.jp/KABARAI/  
☆問い合わせ:tententenshoku@excite.co.jp
☆登録・解除:http://www.mag2.com/m/0001490910.html

----------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------
【自分でやれる過払い金請求DVDマニュアル】
http://93.xmbs.jp/KABARAI/

アコム・アイフル・プロミスに対応!
もちろんあらゆる金融会社にも!
信頼できる!3つの要素とは?

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

金田さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

こんなDVDどこにもなかった! 本人訴訟のバイブル! 楽々できちゃう4つの強みとは?
自分でやれる過払い金返還請求DVDマニュアル
【ツイッターはじめました】

メルマガ購読・解除
 
先物訴訟必須バイブル

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。