添乗員の愚痴ばなし

海外に行けて、華やかそうに見える添乗員。
お客さまから「いろんな所に行けていいわね~」と言われるが、
困ったお客さまとの格闘ありの添乗の日々。
唯一の趣味がブロクでの愚痴放出でのストレス解消。
皆さまのコメ & 応援ポチを励みに頑張りま~す♪

NEW !
テーマ:
自宅にいたら睡眠10時間以上は当たり前
身体も精神も疲れているので、睡眠で補修しているんだなー。と思っている


しかし、添乗中はそんなに寝る時間がない

お客さんは添乗員が部屋に戻ったら、ゆっくり過ごすか遊んでいる。と考えるみたい


そーではなく、部屋に戻ったら一に仕事、二に仕事が待っている
まあ、今みたいにネットをつなげて愚痴っている事もあるけどね(苦笑)


毎日毎日の報告書の作成や精算、ある時はお客さんに配る配り物の作成

翌日に訪れる観光地の下調べなんかもする
酷い時は夜中に地下鉄に乗って、翌日にお客さんを案内する場所の下調べを行う場合もある


怖くって地下鉄になんか1人じゃぁのれな~~い  なんて猫撫で声を出すような添乗員なら、直ぐに辞めていってしまうんでしょうね

添乗員が1人でお客さんを連れて歩くのだから、迷子になっては困るから仕方がない
と思わせるほどの精神的な負担だ

何で添乗員が知らない町で散策にご案内しなければならないのか…

教えてくれる先輩添乗員もいないようなマイナーな町の情報レベルはお客さんと同じだよ


それだけではない、観光にきているのに、歩けません! これは困る
石畳みのヨーロッパの旧市街地はバスは入れない
車椅子での移動も難しいし、誰が車椅子を押すの?

ガイドさんかいたとしても、英語ガイドさんだから歩けない方にずっーと添乗員は付き添えないよ

ご本人様はどーしたいのでしょうか?



さて、これからが本題‼️

身体がヨーロッパタイムになっているのに神経が張り詰めて眠る事が出来ないの

身体より頭が疲れていると、眠れない
眠らないと長期の添乗は難しいよ
バスの中だって、うとうとは出来ても熟睡出来ないし


最近は睡眠導入剤を服用する事にしました
病院で処方してもらっていますが、1番大きなサイズを出してもらってます
小さいサイズの量だと効かないの

1粒飲むと  ぐー ぐー

ところが神経が張り詰める今回の添乗


1粒飲んでも 眠れなーい


そろそろ人間として壊れそうだ


iPhon より投稿
AD
同じテーマ 「実態」 の記事

テーマ:
ハンブルクの目玉は市庁舎かな~

宮殿のような豪華な建物で部屋数は647室もあり
イギリスのバッキンガム宮殿より部屋数が多いんだって


 



中央入口のバルコニーの上にはハンブルクの紋章があるよね
それは城塞を現わしているらしい
3つの塔と一つの城塞が描かれているんだって

ぶっそうな中世時代ならこのような紋章をみると都市がしっかりと
城塞や塔によって守り固められていたと安心して住むことができるよね


 



中庭に進んでいくと噴水があった
コレラが発生し多くの犠牲者の追憶の為に作られたのだそうだ
そのため女神は健康と衛生をつかさどるギリシャ神話の女神が
あるのだそうだ


 



ハンブルクは赤い倉庫街も重要ポイント !

建物も素晴らしいけど、ハンブルクが栄えた理由もここから知ることができる
かつては世界中からコーヒー、紅茶、タバコ、香辛料などなどが、
この倉庫街に集まりヨーロッパ中に運ばれていったのだ


お買いものが好きな人にも良い町だよね
アーケードの商店街があるよ

近代的な感じがする町だけど、ぶらぶらしたら楽しそう ! ! !


添てんは仕事だからね 忙しいツアーなので市庁舎だけでした...




← 今日は何位?

応援クリック宜しくです
にほんブログ村
AD

テーマ:

ツェツィーリエンホーフ … あっ、また舌かんじゃった


ホーエンツォレルン家最後の皇太子家族が住んでいた宮殿
建物も内部もそんなに華美じゃないよ

ここが観光地になったのは「ポツダム会談」が行われたからかな
米、英、中、ソの首脳が集まった部屋が当時のまま残されている

マニアチックなお客さまはガイドさんに食入るね~
盗聴があったと噂されているが、事実はどうなのか。とかね
ガイドさんだって噂は噂としか言いようがないよ  (^_^;)


 



盗聴は不明だけど、よく見られていたのは間違いないと思える
だって建物を良く見ると


 

 

ほらっ ! ! !   見られているぅぅぅぅ  (@_@)




← 今日は何位?

応援クリック宜しくです
にほんブログ村
 
AD

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇