WordPress学習日誌(仮)

岡山県でWordPressを用いたサイトを制作しているフリーランサーのブログです。


テーマ:

一人暮らしの在宅フリーランスの方なら分かると思うのだが、一人で仕事をしていると、電話や打ち合わせをしない限り、声を出す機会というのはほとんどない。

 

夜中ベッドに入って、今日は1回も声を出していないと気が付く事も日常茶判事だ。

 

こんな生活も原因となって、今日はちょっとビックリしてしまった。

 

数日前から軽く熱が出て、喉を傷めてしまった。病院に行くほどでもないと思っていたので、市販の風邪薬を飲んで大人しく仕事を続けていたのだが、今朝も何となく体がだるい。

 

午前中の仕事を片付けて早めの昼食をと考え、近所のラーメン屋へ。

 

入店してメニューを見ているとお水を持ってきてくれた店員さんが、「お決まりですか~」と聞いてきたので、

 

「炒飯定食で醤油ラーメン、ニンニク抜きで、麺は普通で」と言ったつもりだったが、全く声が出ないのである。

 

喉を抑えて「あ~あ~」と行ってみるが、全く声が出ない。

ここにきて、声が出ないことに初めて気が付いたのだ。

 

無理に声を出そうとしたのでせき込んでしまい、店員さんに「大丈夫ですか~」と本気で心配される有様であった。

 

仕方がないので、店員さんの持っていたペンを借りて、注文を紙に書いて伝えることにした。

 

注文内容は無事に伝えることができたのだが、ここでもう一つショックなことが。

 

漢字が全く書けなくなっていた・・・。

 

普段パソコンばかり使っていて、ペンで字を書くことがほとんどない。

どうやら、相当の漢字を忘れていそうな感じである。

 

驚きとショックが重なってドッと疲れてしまったが、食欲だけは落ちていないようで、残さずおいしく頂くことができた。

 

このブログを書き終わったら、数時間でも横になるつもりだ。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

私は集中力が1時間も持続しない。

 

30分単位で5分間の休憩を挟むことにしている。

30分間であれば、私でも集中力を維持できるからだ。

 

30分間仕事をする。

5分間休憩する。

 

この繰り返しが、私のタイムスタイルだ。

 

5分間の休憩時間で何をしているのか?

私の場合は、以下のどれかを5分間でやっている。


・読書

・家事

・瞑想

 

読書は手近にある適当な書籍を適当なページから読み始める。

途中でも5分間が経過したら仕事に戻る。

 

ビジネス書を読むときもあれば、ミステリー小説の時もある。

最近は、小説の短編集を読む事が多い。

 

家事は掃除・洗濯・洗い物など、5分間で少しずつ進めていく。

事務所の外にでて水遣りをする場合もある。

 

体を動かすと疲れるような気がするが、実際には良い運動になる。

かえって仕事が捗ることも珍しくない。

 

瞑想はそのまま瞑想。

窓を開け、座り、意識を呼吸に向ける。

 

瞑想すると頭の中がスッキリするので個人的に一番の好み。

タイマーを忘れると、1時間とか経過するのでここだけ注意が必要。

 

5分間の休憩でも何かしらすることが大切だと思う。

何もせずボーっとしていると、すぐ仕事に取り掛かれなくなるからだ。

 

もう一つ、5分間の休憩でやっていることがあった。

今正に5分間の休憩で、この記事を書き上げたところである。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私が日記系の記事(今回の様な記事)を書くとの手順は至ってシンプルだ。

手順というほどのものではない。単なる思い付きといってよい。

 

私が日記家の記事を書く手順は、気が付く、見守る(記憶する)、書く、の3ステップだ。

 

まず、気が付くことから始まる。

 

TVを見ていたり、読書をしていたり、音楽を聴いていたり、ハッと気が付くと心の中で文章を読み上げている自分がいる。

 

例えば、雑誌で「友情は大切」みたいな記事を目にした時、気が付くと「私と友情」といった文章を、心の中で読み上げている自分がいるのだ。

 

まず、この自分に気が付くのが第一のステップ。

 

文章を読み上げている自分に気が付いたら、見守ることが大切だ。間違ってもメモを取ろうとしたり、読み上げている文章をよくしようと注意を向けてはいけない。

 

その瞬間、文章を読み上げる声がいずこへか去ってしまうためだ。

 

目を瞑って耳を澄ます。

読み上げる声を聞く。

そして、記憶するのである。

 

これが第二ステップ。

 

そして、最後は書くだけである。

 

この時、最初の段階で記憶している文章の内容を箇条書きで書き出すようなことをしてはいけない。

 

箇条書きにした後、さあ書くぞ!と書き始めても、思うように筆が進まないためだ。このあたりは個人差があると思うが、私の場合は絶対にダメである。

 

アメブロの記事投稿画面を開き、記憶した文章を心の中で読み上げながら、ひたすらキーボードをたたく、たたく、たたく。

 

そして10分もすれば、今回の様な記事が出来上がっているのである。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。