2011-04-13 14:12:44

「人材紹介会社の給与制度」

テーマ:インセンティブ制度

「人材紹介会社の給与制度」


様々な給与制度があるが、考え方の基本になるのは、コンサルタントが稼いだ粗利益の何%を

給与として還元するか?という事だ。


大まかに言うと、20~50%ぐらいまでと幅がある。


一般的に、リクルートエージェントなど大手紹介会社は、RAの年間売上が2億円でも、


バックにはCAがいるし、サポートしてくれるアシスタントもいるし、総務・人事・経理・


経営企画・法務・システム、その他事業企画などのスタッフも多数いる。


このような周囲の人たちの協力があってこその売上(粗利益)2億円だから、


本人の力は四分の一と考えると、実質的な粗利益は5000万円ぐらいとしよう。


この場合のRAの年収が1000万円であれば、対粗利益還元率は20%である。


大手人材紹介会社の給与に関する考え方は、だいたい粗利益の20%ぐらいだと思う。


だから、給与を上げるためには、全社組織の効率性・生産性を高めるしかない。


それによって、RAの平均粗利益がもっと上がれば更に社員の給与も上げられるが、


あまり給与ばかり上げても仕方ないので、捻出できた利益を生産性を向上させるための

再投資にあてることによって成長性や経営の健全性を担保する方が賢明だ。


これが、中小の人材紹介会社の場合はどうなるか?


コンサルタント個人への還元率は、粗利益の25~33%ぐらいが多い。


年間粗利益3000万円で、年収750~1000万円ぐらいだ。


大手の20%と比較すると還元率は高いが、大手のように分業制でもなく、


バックオフィスの人数も少なく、広告投資額も少なく、市場での認知度も低いわけだから、


その分は頑張ったコンサルタントに還元されて当然だと思う。


中小エージェントでは、素手でも戦えるような個人力があるコンサルタントが求められている。


大手の2億円プレイヤーと中小の3000万円プレイヤーの年収は同じぐらいで妥当だと思う。


ただ、2億円売り上げるには、平均単価120万円だと約167人の成約が必用だ。


中小で3000万円を売り上げるには、平均単価150万円だと20人の成約で到達できる。


しかし、大手は167人の成約を、知名度、資金力、RA、CA、バックオフィスなど


4人がかりぐらいでやっているので、


167人÷4人=42人/人 である。


このように分解すると、平均単価120万円の人材を42人成約する人たちと


平均単価150万円の人材を20人成約する人たちとが、同業界の中に各々存在している。


業界は同じであるが、仕事の役割分担、業務プロセスが相当異なる。


メーカーの工場の製造ラインスタッフと、職人との違いのようだ。


メーカーの工場は大量生産できるが、職人はできない。


職人は、自ずと質にこだわるしかない。


職人は、自分が死んだら終わりだ。


工場は、一人死んでも動き続ける。


今日、どちらを選ぶか悩んでいた人が、以前は職人見習いだったけど、


若い内に一度は工場で働いてみようという選択をした。


そりゃそれでいい経験になるんじゃないかと思う。


同じ仕事を別の角度から見ると幅が広がる。


5月から頑張ってください。



七転八倒

「つまづいたり ころんだりするほうが 自然なんだな 人間だもの」   みつを



合掌。


※弊社HP↓。

http://www.agent-shokai.jp/

AD

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

[PR]気になるキーワード