1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-30 10:00:00

「本日で第11期が終了しました:感謝と歩み」

テーマ:おかげさん

「本日で第11期が終了しました:感謝と歩み」

 

本日、2016年9月30日

 

弊社(株)プロフェッショナル・サーチの第11期が終了しました。

 

これまでご支援・ご指導いただいたクライアント企業様と

 

弊社にご相談いただいたキャンディデートの皆様に

 

心から感謝致します。

 

誠にありがとうございます。

 

2005年10月3日(当時44歳)に会社を設立したものの

 

26歳から44歳までの18年間のほとんどは

 

組織マネジメントを担当していたために

 

「クライアントもキャンディデートもゼロ」 

 

という無謀なスタートでした。

 

とりあえず、先輩・友人・知人を訪ねて、ご挨拶回りをしました。

 

既に独立して会社経営をされていた方々が多く

 

立ち上げの苦労話を中心に伺いました。

 

そうしていると帰り際に

 

「武谷 (たけや)さん、うちにも求人ありますよ。

 探してもらえませんか?」

 

と、温かい声をかけていただきました。

 

それが全ての始まりでした。

 

1件、2件、3件と決まりだして

 

2年間の決定先企業を見てみたら

 

その大半が人材紹介会社だったわけです。

 

考えてみれば、私はリクルート、JAC、マンパワーと

 

人材会社ばかりに在籍してきたわけですし

 

そんな会社の先輩・友人・知人となりますと

 

大半が人材会社の経営者になっていたわけです。

 

従って、決定先企業の大半が、人材紹介会社になるのは当然ですね。

 

そんな折、リクルートの大先輩(元リクルートスタッフィング取締役)の

 

故:東田さんと知り合いになりました。

 

東田さんは、リクルートスタッフィングの取締役を退任後

 

「人材ビジネスフォーラム」 と言う

 

人材派遣業界に特化した人材紹介会社を立ち上げていました。

 

大柄で酒豪で頭の良い東田さんと飲んでいた時

 

「武谷 (たけや)、ほとんどの成約が人材紹介会社なんだったら

 早くそれだけに特化した方がいいんじゃないか?

 そうしろよ。」

 

と言われて、踏ん切りがつきました。

 

時期的にも丁度ラッキーだったのです。

 

2006年、2007年は、まさに人材紹介業界の伸び盛りでした。

 

また、顕在的転職市場における人材紹介経験者は少なく

 

ほとんど採用できなかった時代です。

 

そこで、多くの人材紹介会社は

 

「営業経験のある未経験者を積極採用し人材紹介コンサルタントに育てる」

 

という採用方針だったのです。

 

また、転職市場においても、今とは比べられないほど

 

人材紹介業や人材紹介コンサルタントと言うものが認知されていませんでした。

 

従って、最初は転職ポータルサイトを活用し

 

「人材紹介コンサルタントは、こんなにやりがいのある仕事ですよ」

 

と、スカウトメールを送ると、返信率が50~60%もありました。

 

毎日、3~4人の方と面談しました。

 

まずは、「人材紹介とは?」 という事から話す必要がありますので

 

面談時間も短くて2時間、長いと5時間もかかりました。

 

その時、異業界でご活躍されていた方々を数多くご紹介させていただき

 

たくさんご採用いただきました。

 

その方々も、今や10年選手のベテランコンサルタントや

 

トップコンサルタントになられています。

 

ただ、良い事は長くは続かず

 

2008年にリーマンショックが起こり

 

2009年は大リストラの年になりました。

 

求人は1件も無くなり

 

リストラされた人材コンサルタントの方々の愚痴を聞く毎日が続きました。

 

これによって、「人材紹介業界=成長産業」 というイメージが一変し

 

「就職・転職してはいけないブラック業界」 というような雰囲気になりました。

 

その結果、スカウトメールを送っても、返信が無くなりました。

 

「それならよし、今こそ新規求人開拓だ!!」

 

と思い、飛び込みの求人開拓を始めました。

 

「社長と会わないと話にならん。

 全て社長宛に飛び込もう!!」

 

という方針を決めました。

 

そして、当時の不景気に一番値段の高かった

 

「エン転職コンサルタント」 を使っている

 

紹介会社は資金的余力があるに違いないと思ってリストアップし

 

そんな会社が集まっていた麹町・半蔵門・赤坂あたりの会社に

 

集中的に飛び込み訪問しました。

 

結果としては、1日で3~4人の社長に会えました。

 

そこで、社長にお話を伺うと

 

「こんな不景気だからこそ、売れる人材コンサルタントであれば欲しい」

 

という事でした。

 

人材紹介業に関わらず

 

不景気というものは、悪い事ばかりではありません。

 

そんな時こそ、人間の底力とか本性がわかるものですね。

 

まさに、苦境にあってこそ

 

「天の時 地の利 人の和」 ですね。

 

ありがとうございます。

 

おかげさん。

 

 

 

 

「一とは原点

 一とはじぶん」                           みつを

 

 

 

合掌。

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
人材紹介会社への転職のご相談はお気軽にどうぞ
https://www.prof-s.jp/agent-shokai.jp/entry/

お電話でのご相談も歓迎です。

11時から17時は、ランチタイム以外はだいたいおります。

 

03-5651-9651

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-29 10:00:00

「ゴール設定を間違えるな。資格より実務能力が大事です。」

テーマ:人材コンサルタント適性とは?

「ゴール設定を間違えるな。資格より実務能力が大事です。」


世の中には「資格」や「免許」が必要な仕事というものがあります。


代表例としては

医師や看護師、弁護士や会計士などでしょうか?


我々の人材紹介業も厚生労働大臣許可事業です。


バブル崩壊以降の長い不況やリーマンショックなどを経て


「手に職をつけて、どんな不景気でも生きぬける人間になりたい」


と思う方が増えてきたように感じます。


サラリーマン組織においても


「ゼネラリストからスペシャリストへ」


という志向の人が増えているのではないでしょうか?


高度成長時代のように

一つの組織に忠誠を尽くし懸命に働いても報われず

50代、40代、早ければ30代でリストラされても

仕方ない時代になりました。


リストラされ失業したお父さんを見て育った人も少なくないでしょう。


従って


「組織より自分を信じられる力を身に着けたい」


と思うのは突飛な事ではありません。


一方、国家資格取得のための学校など教育産業市場は縮小傾向にあります。


もちろん、少子化による若い世代の人口減の影響はありますが

弁護士や公認会計士などの難関資格を取得しても

実際の就職事情が良くない事が背景にあります。


多くの方がわかっている事でしょうが

資格を取ったからと言って

それだけで仕事ができるわけではありません。


自分の力を発揮できる組織に就職する事が大前提ですし

就職後も長年の努力と経験を重ねてこそ

その仕事におけるスペシャリストになれるわけです。


人材紹介コンサルタントの仕事も

「キャリアコンサルタント資格」さえ取れば

未経験でもできると勘違いして

ご相談に来られる方が数多くいらっしゃいます。


勉強して資格を取ると体系的な学習ができますし

論理的に整理して仕事に取り組む事ができますので

実際の職務にも大いに役に立つ所はあります。

資格を取った事は大いに評価にされるべきです。


しかし、現場では

「資格を取ったからできる仕事」ではなく

「資格がなくてもできる仕事」なのです。

少なくとも今現在での話ですが。


いずれは「職業紹介責任者」というような甘い資格ではなく

ホンモノの「キャリアコンサルタント資格」を

多くのお金と労力をかけて取得しないとできない仕事になると予測しています。


しかし、現状の人材紹介コンサルタントの仕事は

資格より営業力やコミュニケーション力、人的ネットワークなど

実務における経験や能力の方が必要である事は

皆さんも理解されていると思います。


資格受験予備校市場が低迷する一方で

社会人向け英会話スクールなど語学学校の市場は伸びています。

経済のグローバル化が大きな影響でしょう。


それだけではなく

「日々の仕事の質や実務能力の幅を拡げたい」

と考えている人が多い事を示しています。


「資格を取って、○○の職業に就く」ことがゴールではなく

「その職業でいかにスペシャリストになれるか?」という事が

どんな仕事においても大切な時代です。


まさに、マニュアル化できる仕事はAI(人工知能)やロボットにさせて

特殊でアナログな難しい職人仕事だけを人間がやる。

そんな時代が来ています。

 

 


「いちずに一本道
 いちずに一ッ事」
                          みつを

 


合掌。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
人材紹介会社への転職のご相談はお気軽にどうぞ
https://www.prof-s.jp/agent-shokai.jp/entry/

お電話でのご相談も歓迎です。
11時から17時は、ランチタイム以外はだいたいおります。

03-5651-9651
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-09-28 10:00:00

「電話だけの人材紹介はキャリアの発展性が?」

テーマ:キャリアコンサルタントの基本姿勢

「電話だけの人材紹介はキャリアの発展性が?」

 

人材紹介コンサルタントの皆さんは

 

内定辞退と最終面接不合格、どっちが悔しいですか?

 

人材紹介コンサルタントとしては、どっちも悔しいですよね。

 

要するに、決まらないわけですからね。

 

しかし、個人的には「内定辞退」の方が悔しいです。

 

「最終面接不合格」は

 

内定をGETできなかったのだから

 

私のアドバイス不足と

 

キャンディデートの実力不足も要因なので仕方ない部分があります。

 

それに対して「内定辞退」は

 

折角、内定をいただいたのに辞退しなければいけないのです。

 

辞退するクライアント企業に連絡するのが、一番つらいですね。

 

先日も1件、「内定辞退」がありました。

 

辞退されたクライアント企業に対して

 

採用に関わっていただいた社長さんや社員の方々に対して、申し訳ないです。

 

当然、内定辞退したクライアント企業の社長さんに、お詫びの電話をしました。

 

:「ご尽力いただきながら、内定辞退となり、誠に申し訳ございません。」

 

社長:「最後は、ご本人が決めた事だから仕方ないです。

     私も何となく辞退されるような予感がしてました。

     それよりも、採用を急いでいるので

     早く良い人を紹介してくださいね。」

 

:「はい、わかりました。

   そう簡単には見つからないもしれませんが

   これはと思う人を見つけたら、必ずご紹介します!!」

 

とは言ったものの

 

内定するような人材は簡単には見つかりません。

 

しかし、あの手この手で探すしかありません。

 

内定辞退の穴埋めもできず終わってしまうと

 

クライアントからの信頼を失います。

 

その後、必死で探して、ようやく可能性のある人材Aさんを見つけました。

 

ただ、初めは転職に積極的ではありませんでした。

 

Aさん:「すぐに転職するつもりはありませんので

     今後のキャリア形成のために相談に乗ってください。」

 

私:「もちろん、それでも大歓迎です。」

 

初めはこのような感じだったのですが、Aさんの心境は大きく変わりました。

 

Aさん:「早く転職しない事の方がリスクが大きいですね。」

 

:「そうですね。

   今のAさんのように、電話だけでの人材紹介を続けていても

   キャリアの発展性に限界がありますよね。

   毎月5人も10人も決めればマネージャーになる事はできますし

   新たな仕組みや組織を作りたいシステム志向の方には向いているでしょう。

   ただ、Aさんのように、人材コンサルタントとしてのスキルアップを追及する

   プロフェッショナル志向の方にとっては、大変難しいですよね。

   実際、対面型の人材紹介会社では、即戦力としては評価してくれません。

   電話だけでの紹介を続けるのは、Aさんにとって大きなリスクです。」

 

現在、来る日も来る日も電話で紹介をされている人材コンサルタントの方々は

 

早く気づいた方がいいと思います。もう気づいているでしょう。

 

元来、頭も良く、やる気もある優秀な人たちなんですから。

 

マネジメント志向ではなく、プロフェッショナル志向の方は

 

電話だけの人材紹介は20代で終わりにしないと転職しにくくなります。

 

実際、最近はAさん同様に

 

「電話での人材紹介では、今以上のスキルアップが望めないので

 対面型の人材紹介会社に転職したいです。」

 

とおっしゃってご相談にお越しになる方々が顕著に増えています。

 

対面型のドクター紹介はともかく、看護師さんや薬剤師さんなど

 

国家資格取得者を対象にした比較的デジタルな人材紹介業は

 

・給与

・労働環境(就業時間や通勤時間)

 

等々、どうしても条件マッチングが中心になってしまいます。

 

そして、有資格者を一人二人ご紹介すれば決まってしまいます。

 

それこそ人間が介在する必要性が低くなりますので

 

近い将来、AI(システム)にとって代わられる可能性が高いのです。

 

貴重な有資格者に転職のチャンスを提供したり

 

人材不足で困っている医療機関や薬局などに有資格者をご紹介する事業

 

そのものには大きな社会的意義があると思います。

 

電話だけでの紹介なので、1件70~80万円の成功報酬ですし

 

ビジネスとしての合理性もあります。

 

ただ、そこで働く社員の人材コンサルタントとしてのスキルアップとか

 

キャリアの発展性を考えますと、大きな限界を感じてしまうのです。

 

今回のAさんの場合、幸いにもまだ若く基礎能力も高く

 

過去には異業界での職務経歴もあり

 

その経験も活かせましたので内定をGETする事ができました。

 

決断が早くて本当に良かったです。

 

そんなわけで、内定辞退になったクライアントに

 

Aさんと言う素晴らしい人材をリベンジ成約する事ができました。

 

ホッとしました。

 

また、Aさんにとっては

 

同じ人材紹介会社でも大変ハードルの高い仕事に変わりますが

 

ここで踏ん張って実力をつければ

 

どこに行っても通用する立派な人材紹介コンサルタントになれます。

 

2年前、看護師紹介のプレイングマネージャーをされていたBさんは

 

高年収層専門の人材紹介会社に転職して

 

最初は苦労されていましたが、その後高業績を上げ

 

今年からマネージャーに昇進されました。

 

毎月5人も決める必要はありません。

 

まずは、一人で十分、二人決めたら上出来です。

 

平均成約単価が200万円以上だからです。

 

是非とも精一杯頑張っていただきたいと思います。

 

 

 

 

「原点

 アノネ

 人間にとって

 一番大事なものはなのか?

 そこを原点として考えてゆけば

 あとは自然にわかってくるよ」                  みつを

 

 

 

合掌。

 

 

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
人材紹介会社への転職のご相談はお気軽にどうぞ
https://www.prof-s.jp/agent-shokai.jp/entry/

お電話でのご相談も歓迎です。

11時から17時は、ランチタイム以外はだいたいおります。

 

03-5651-9651

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。