お気楽まぢめな翻訳屋☆てのりえび☆のブログ II

- An easygoing yet diligent Japanese translator "tenoriebi3" - 英<->和翻訳屋だけど最近は勝手な日常なことばかり。投稿のジャンル問わず最後は '80 ~ '10 くらいの音楽クリップ埋め込みで締めてます。


テーマ:
しました、はい。

いや、わざわざ書くまでもないほどのことなんですけど、かつてここで 3 回にわけてアメリカ Amazon のサイト翻訳をした後、今に至るまでやたらわらしのブログの検索ワードに Amazon 関係のキーワードが入ってくるんで。けど、こんな細かく翻訳してたらかえってビビるっーつーかわかりにくいかもですねぇ。

注文は日本でもおなじみのカート方式。注文確定前にはちゃんと金額確認ページとかも表示されます。

品物に関しても、少なくとも (まともな) DVD あたりなら問題まったくありません。小額も小額なんで簡易関税さえかかりませんでした。内国消費税、つまり日本の消費税ですが、これもかからなかったな。

てか海外からの個人輸入でそういうお金払ったこと。。。あった鴨だけど覚えていないくらいの小額だったはずです。

注文は 9 日で、一昨日朝っぱらに手元に届いた。

まあクーリエ (要するに国際宅配便) だったから、トラッキングもきちんとできて早いわけです。アメリカ内は UPS、日本国内はヤマト。アメリカ国内の配送状況もしっかり把握できましたよ。シアトル→オンタリオ→アンカレジ→成田と、アラスカ周りではるばる品物はやってきました。

わらしもむかーし、こゆ国際宅配便の仕分けのバイトしたことありましたけど、ほとんどが法人利用でしたね。いや、高かったですもん。けど時代は変わった。。。

普通郵便だと到着まで 3 週間くらいかかって 2~3 ドル、速達だと 1 週間くらいで 5~6 ドル。今回のクーリエ利用だと 14 ドルくらいでした。

で、その品物の価格は新品 15 ドル。なんだばかばかしい、とお思いでしょうが、何せ国内じゃレンタルはおろかごくわずかに売ってるとこしかなく、だいたい 4,000 ~ 5,000 円くらいでしたから、モトは取れてます。合計 30 ドルと考えても円高なんで、2 千円台半ばすれすれくらい。

格安なお宝が埋もれているかもしれませんから、試してみる価値はあるかもしれませんね (つーか自分でひと商売できそーな気がしないでもないw)。

アメリカ Amazon へ - 購入はご自身の責任で


ちなみに、この DVD はわらしにとってほんとお宝なんです。プロフィールにも書いているんですが、「トーチソング・トリロジー (Torch Song Trilogy)」という映画の DVD。大要はリンク先をば (という手抜き)。

でも、ネットを検索してみると、この映画について投稿しているひとたちがかなりいますし、最後のシーンの動画がようつべにもアップされています。

わらしはかつて、この映画の封切前に「行こうよぉ」とモトつれに誘われたんですけど、「んなもーほーもんやだ」と言って行かなかったのですが、何かの機会に見てみたらハマってボロ泣き。

わらしの好きな映画のベストスリーに入ることになりました。

・・・

あ、ところで、アメリカから直接 DVD を購入する際の注意ですが、

1. 吹き替えはありません - ってあたり前のことですが。ただ、セリフの英字幕は出せますので、英語の勉強の教材には非常にいいかと思いますぅ。

2. リージョン指定に注意 - パソコンにまずこの DVD を入れたところ、自動的にどこぞの再生ソフト (日本語説明) がインストールされました。

それで見る分には問題ないと思うのですが、自分のいつも使っているプレーヤーで再生し直そうとしたら、リージョン指定が異なるのでこのままだと再生は 5 回まで。。。というようなメッセージが出ました。

まあ、これを解除して、別の空の DVD になんちゃら (としか言えません。著作権の関係ぢょうw) するフリーソフトはいくらでも転がっていますので、それができれば何の問題もありません。

フリーソフトといえば、Vector あたりが思い浮かびますし、実際利用もしますが、雑誌付録の DVD もなかなか使えます。

たとえば、少しくだけていて (つーかある意味悪知恵とゆーか)、でも真面目で非常にお役立ちな Windows 雑誌、すなわち、Windows 100%
(その姉妹誌として「おとなのWindows
」という季刊のもありますが、別にえちなこと。。。ばかり書かれているわけではありませんw) あたりをお勧めします。本屋さんでよく見かけますが、なければ↑からなら一冊から送料無料で送ってくれますのでご興味のある方はどぞ。

・・・

突然逝ってしまったホイットニー。。。まだ LP だった一枚目のアルバムを買ったことがあります。その一枚目のアルバムからでき過ぎていて、これ以上はないな、と思ってそれ以降は特に気にはしていませんでしたが、とにかく合掌。

前にも貼り付けた記憶がありますが、その中からジャーメイン・ジャクソン (ご存知マイケルの兄貴です) とコラボしているソウルバラード風の「Take Good Care of My Heart」をば。



Take Good Care of My Heart - Whitney Houston






翻訳のご依頼はこちらへ

最近の記事一覧

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
あー、一時間目を離していたら、ここのレギュラーになりたいって書いたイタリアの翻訳会社からの仕事逃した。。。

けど、3 回目のオファーだから一目置いてくれたよーな。。。

・・・

とよだ~んはともかく、PayPal (日本語説明あり) に登録していると、ときどきお得情報などのメルマガが送られてくるのですが、今日きたメルマガに

HopShopGo

なる、「アメリカのオンラインストアでのお買い物をサポートする、支払いと配送の代行サービスです。アメリカの住所やクレジットカードがなくても、アメリカのサイトでお買い物ができます。」←同メルマガから引用。。。というサイトの紹介がされていました。

どういうことかと言うと、かの地では、わたしがこれまで紹介してきたように、「(日本を含む) 海外発送可」というところばかりではありません。輸出規制品ではなくてもです。これは日本でも同じかと思いますが、単に「めんどい」というだけで。

また、eBay の個人出品者も海外発送を嫌がる輩も多いです。

そこで、アメリカ国内にバーチャルアドレスを持たせ、そちらを経由させて日本まで送らせるというサービスの出番。

こういう会社はいくつかありますが、PayPal のそのメルマガ経由でアカウントを作れるようになっていました。

で、PayPal のアカウントを入力しただけであら不思議。オレゴン州にわたしの「別荘」ができてしまいました。

ちなみにここ、今のところ「PayPal ユーザー様限定」となっています。このサイト自体は PayPal と同様、日本語対応です。

ペタしてね

翻訳ご依頼はこちらへ

最近の記事一覧

Facebook 入り口

Twitter

音楽ダウンロードサイト mora [モーラ]

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
わたしはこちらの投稿 (今年初め) で、「海外ショップ説明の一時休止を予定しています」ということを書きました。

実際それから説明翻訳はしていないのですが、未だに「Moda Queen」「偽者」「本物」などという検索ワードが見つかります。

そのあたりの説明はリンク先にも書いていますので、繰り返しはやめておきます。ただ、いろいろ検証してくださった方のことが書いてあります。

そうそう、昨日わたしなんかのブログでも、「個人輸入をするときに参考になりそう」と読者になってくださった方がいらっしゃいました。

わたしもかつて、eBay あたりから「個人輸入」をしたりしていましたが、ここから買った新品の Prada 本物でしたよ。

パチもんは税関ではじかれるはずですから。

ま、しかし eBay には注意が必要です。

フィッシングサイトも見かけましたし、以前夜中に eBay スタッフから電話があって「今君のアカウントで 小 型 ト ラ ッ ク 買おうとしてるひとがいるんだけど、これほんとに君かい? これまでの履歴からすると君はそんなもの買うようなひとじゃないと思うんだよ。」などとご注進があったことも。。。

ま、それは極端な例として、いやに安い価格、一山いくらで例えば「Prada-Inspired」などと書いてあったらパチモンです。よーするに「プラダに着想を得た」ということですから (ってこれ書いたな)。

本物なら「Authentic-Prada」ですが、個人出品のものなら疑ってかかる必要があるかと。

ま、モノホンの Prada を安く買いたかったら「eBay」より「Moda Queen」から買うのがいいかと。そこも偽者、と疑うようならやめておいたほうがいいでしょう。

ちなみにここはおそらくアメリカ最大のネット広告代理店に登録しているところです。パチモン扱って大もうけしてるようなとこなら登録不可能だと思いますけど。。。

ま、たまたまひさびさにここからニュースレターが来たんで一投稿としてみました。サイト翻訳はこちら

discount handbags


ああ、あと「ドロップシッピングって?」なんつー検索ワードもありましたね。

海外のそういうサイトもわたしんとこで紹介してますが、よくわかんないひとは国内のサイトから始めた方がいいです。

ま、よーするに「仕入れ代金は実際に送り先からもらってから払う」、「出荷を発注先まで代行してくれるから、送料を払う必要がない」、「価格の決定権は自分にある」、「実際の送り主は隠されるため、本人から発送したように見え、再注文が実際の送り主に行くことがなくリピート発注が見込める」。。。

ただ逆に言うと、自分が商売の表に立つものの、実際の商品を自分で確認することができないってことに。

つまり、もしクレームがあったら、処理は自分が表立って実際の発送元と連絡を取り合いながらやることになります。

これが国内の話ならいいものの、海外となると。。。めんどくさっ。。。てなことに。

ペタしてね

翻訳ご依頼はこちらへ

最近の記事一覧

Facebook 入り口

Twitter

音楽ダウンロードサイト mora [モーラ]

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
仕事、雑談、音楽 PV ごった煮 ぱあと 6」に書いたことと少し関連があると思うのですが。

テーマ「E/J translation」、すなわち、海外ショップ説明は、しばらくお休みにしようかな、と思っています。

まず、このテーマを書いてきた理由は、

1) 英語を勉強しているひとたちの反面教師にしてもらう。つまり間違った翻訳があればつっこみを入れてもらえば、こちらの勉強にもなる

2) 翻訳のことに関してあれこれ書くくらいならば、自分の翻訳をそのまま書いてしまえばえらそうにも思われないであろう

3) なぜ「海外のショップの説明の翻訳に限っている」かといえば、ほかのものだと著作権侵害となるであろうけど、ショップの翻訳ならば、日本の見込み客へのマーケティングという理由が成り立つ

4) 当方への見込み翻訳依頼者へのサンプルにしてもらう

5) 紹介した商材がもし欲しくなれば、入手の参考資料にしてもらえる。。。

などのもくろみがあったのですが。実際に買い物でもしてもらえば、生きた英語の勉強にもなるとも思っていました。

ただ、それについてはあるひとから「少し敷居が高いのでは」というご指摘がありました。

1) について、力を貸してくださったのは、忙しいなかかいくぐってコメントしてくれるひとお一人。まあ、指摘してくださらなくても、ちら見して、「あれ? これ間違いじゃない?」などと思っていただけていたらいいのですが。そもそも面倒ですよね。

で、5) については、当方の説明不足なのか商品選定の誤りなのか、説明を読んでお買い求めになっていらした方は一人でした。

該当するショップは、「ModaQueen (Prada などブランド物を扱うショップ) 」で、「ここは本当に安いのだけど本当に本物なのだろうか」という問い合わせも別途ありました。

その方は当サイトを検索したのち、ご自身でいろいろ調べ、挙句自分でも先方に問い合わせたり、事情をよく知るひとにも問い合わせて「まず大丈夫」という確信は得ていたようなのですが、念押しとなる証拠がもう一押し欲しかったようでした。

現にここは、検索対象ワードで前から多数ひっかかっていて、その後ろに「本物」「偽物」などという語句を付けてこられる方もたくさんおられます。

逆にいうと、これだけ関心を引いているのにもかかわらず、説明を翻訳しているのにもかかわらず (その翻訳自体が信頼されていないという可能性もあります)、購入がその一件しかないということは、やはり当方が思うより敷居が高いのでしょう。

AMAZON US も関心が高いようなのですが、こちらは購入は一件もありません。

となれば当然、「ご自身の責任で行って」くださる方がいないのも道理。

それならいっそのこと、わたしが輸入を代行しましょうか? といいたくなるところなのですが、そうなると当然お代を先払いしていただかなければならないし、1) ~ 4) の意味がまったくなくなってしまいます。

そんなわけで、最近は、おまけで買い方までも書くようにしたのですが、手間がかかり時間が仕事に食い込んでしまいます。現に今日も夕方急ぎの仕事を 2 件片付けましたし。。。

・・・

そのようなわけで、「海外ショップ説明の一時休止『予定』」ということにさせていただこうとの考えに至りました。困るひとも別にいらっしゃらないと思いますし。。。

ペタしてね

翻訳ご依頼はこちらへ

最近の記事一覧

フォローなう (音楽 PV 専用リンク集)

音楽ダウンロードサイト mora [モーラ]

Twitter
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。