お気楽まぢめな翻訳屋☆てのりえび☆のブログ II

- An easygoing yet diligent Japanese translator "tenoriebi3" - 英<->和翻訳屋だけど最近は勝手な日常なことばかり。投稿のジャンル問わず最後は '80 ~ '10 くらいの音楽クリップ埋め込みで締めてます。


テーマ:
。。。と言えば、だれでも広末涼子の曲を思い浮かべるでしょうが、実は作者の竹内まりやも歌っているってのこの前初めて知りました。



これ誰にも歌わせてない彼女の曲って言っても不思議はないような気が。。。

ヒロスエのはこちら (って扱いが違うんじゃ。。。)

http://www.youtube.com/watch?v=Lo3Ro_eoR5g&hd=1

汚れなき時代ですな。

この投稿では竹内まりやの曲を入れるつもりだったんで、ヒロスエはおまけです。

次は「純愛ラプソディ」

http://www.tudou.com/programs/view/JFx8nWUswKw/

いやこれ。。。に限らず竹内まりやの曲はなかなか国内で見つからず、埋め込みもできまっしぇん。おまけに画像なしの曲だけなんですけどね。好きな曲なんですけど、不倫の歌っぽく聴こえないような気がしないでもない。

ところで、ダンナの山下達郎は彼女の曲の中ではこれが一番いいと評しているそうなので、YouTube に「純愛ラプソディ-山下達郎」とあったのを見たときも不思議はないな、と思ったのですが、よく聴いてみるとどうも本人が歌ってるのか疑わしい。。。

コメントにも「竹内まりやの声をスローにしたような感じ」とあります。真偽のほど知っている方いらっしゃいませんか?

次は「人生の扉」。「気がつけば五十路を越えたわたしがいる」と歌っているところから、私小説っぽく聴こえる曲ですが、そこまでには達していない自分も身につまされるような歌詞です。味わい深いけど難しいことを歌っている曲ではありません。これも埋め込みできないので。。。

http://www.tudou.com/programs/view/8QTqlpw_f9I/

・・・

週末だし、仕事が一区切りついたので、忘れ去られないように投稿してみました。。。けど、また例のとこから一時間くらいすると小さな仕事がくるかな。。。

ペタしてね

翻訳ご依頼はこちらへ

最近の記事一覧

Facebook 入り口

Twitter

音楽ダウンロードサイト mora [モーラ]

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
よだ~ん。

毎日のことですが、お隣の国から今日も少量の仕事がやってまいりました。

2 つのファイルが送られてきたのですが、一つは今日中。もう一つは明日まで。

。。。と言ってもあわてることはないのはわかってます。ほんとに少量ですから・・・けど、今日中のファイルを開いてみてあきれました。

2 words...

前もあったけどがっくし。で、もう一つの方はそれ以上にはあったのですが、何も明日にまわすこともない量です。到着から数十分で完了。

それにしても、支払いはインボイス送付後 30 日以内とは聞いているけど、締め日の関係もあるだろうから、「ほんとに送付してから一ヶ月のこの日でいいんだね?」と何度聞いてもなしのつぶて。

インボイスは受け取った旨の連絡はあったのですが。。。

ずっと前に単発でやったときはすぐに送金してくれたから、信頼して営業でつかまえたお客さんなのですが、ほんとに払ってくれるんだろうな。。。

終わったら例の某国 (知っているひとは知っている) から仕事のオファーがきていました。

しかしこの国はレートがどこも低い。今回もそう。わたしが提示しているレートの 3 ~ 4 分の一。特別高いとは思いませんが。

一度この国のどこかの会社に、「そんなレートが日本で通用すると思う?」って苛立ちまぎれに返事したことがあったけど。

・・・

ではひさびさにロックなやつを。

Rainbow (レインボー) のアルバム、「Difficult to Cure (治療不可)」の 2 曲目に入っていたと思いますが、「Spotlight Kid」。これ、当時のギター小僧はさんざんやったと思いますが。。。嫌いではなく好きなんですが、荒っぽい上に曲とかギターソロが正直かなりベタだと思うんですよね。ソロの途中で「Hey!」とかかけ声が入ってたりして力が抜けたりも。。。

ほんとはこのアルバムのトップの「I surrender」の方がいいとは思うんですが、あえて。



ちなみに、「浅井長政から天王山まで」で取り上げた「Vielleicht Das Nachste Mal (Maybe Next Time)」もこのアルバムに入っています。

ついでだから書いておきますけど、このアルバムのタイトル曲「Difficult to Cure」は、インストルメンタルで、最初のところを除けば誰でも聴いたことのある曲です。特に年末によく耳にします。で、なんでこんな曲名なのか。。。とりあえずリンクだけ貼っておきます。

http://www.youtube.com/watch?v=bCxhRujGpbw&hd=1

ついでなんで上に書いた「I surrender」も。これは売れセン狙いっぽいですけど、いい曲かと。

http://www.youtube.com/watch?v=FiC2BUh1nmU&feature=fvst&hd=1

Difficult to Cure

新品価格
¥605から
(2011/2/21 20:00時点)






Difficult to Cure - Rainbow


・・・

で、アバですが、リッチーブラックモア (念のためですが、Deep Purple - Rainbow のギタリストです) と何でつながるかと言うと、一頃リッチーおぢさんがアバを好きだという話が広まったことがあって、その真相を確かめるべく、取材していた雑誌があったから。。。というこじつけの理由です (ちなみに、「聴いてみたら、あんまりよくないんだよねぇ」などとのたまっていたリッチーおぢ)。

で、今回取り上げる曲は、意外にみんなから忘れられている曲ではないでしょうか。「That's me」

日本でだけ A 面でシングルカットされて、ほかの国では「Dancing Queen」の B 面だったとか話を聞いたような。。。要はわたし自身もああ、そういえば、という感じで思い出した曲です。



ペタしてね

翻訳ご依頼はこちらへ

最近の記事一覧

Facebook 入り口

Twitter

音楽ダウンロードサイト mora [モーラ]

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この前の「江」関連の続きになってしまいますが。

・・・

ま、ほんとのこと言うと、裏番組の「クイズ☆タレント名鑑」も半分見てたりして完全には見ていないんですけど。

・・・

清洲評定、重臣だけじゃなくて、秀吉に見方した武将もいたわさわさした評定だったと思うんですが、それはいいとして、一応織田家の筆頭家老格の柴田勝家が評定の議長役として物事を決めていこうとします。

しかし、このひとは、秀吉が勝利した山崎の戦いには加わっておらず、その間北陸で、上杉謙信亡き後の養子、上杉景勝と対峙しているところで、光秀を倒せるのは自分しかいないと慢心し、ゆったりと南下してきたため、主君のあだ討ちという手柄をを秀吉に取られてしまいます。

にもかかわらず、そんなことは知ったことかという態度で、三男 (実際には次男) の信孝を跡取りとして推挙します。両者はもともと仲がよく、勝家はその下で権力を振るおうとしたのでしょう。

その勝家の態度の重々しさに、各武将も首肯しようとしたところ、秀吉があいや待った、と声をかけます。

当然秀吉にも腹に一物あるわけですが、その理屈とは「筋目なき跡継ぎは家をあやうくする」ということでした。

どういうことかと言うと、信長→長男信忠→その嫡男三法師とするのが筋だというのです。

後継者になるであろうと目されていたのは、三男信孝のほか、次男信雄でしたが、両者とも他家に養子に出ていたこともあるし、三法師から見れば叔父、ということになり、直系から外れてしまいます。

まあそれも屁理屈なような気もするし、何よりもの問題は三法師 (のちの秀信) が右も左もわからない子供である、という点が重大で、それを勝家に指摘されたのですが、成人まではわたしがお育てする、と頑固にその「屁理屈」を通し続けました。

そこでそれまで黙していた次席家老格の丹羽長秀が、「秀吉のいうことが筋が通っていると思う」といいました。秀吉は丹羽長秀とは仲がよかったのです。

まとまりかけていた評定は紛糾。ここで勝家の意見が通ってしまうと、秀吉に見方した武将には何の特典もなくなるということで、彼らからも「いかにもそのように。」という意見が強くなってきました。

結局は丹羽長秀の説得もあって、三法師が跡取り、ということにテレビの通り決定です。

・・・

ただ、ここには出てきていませんが、実は秀吉は信長からすでに四男 (のちの羽柴秀勝) を養子にもらっていたのです。

信長には子が多いのですが、その英傑ぶりを次ぐような人物は出てきていません。

本能寺の奮戦ぶりから、信忠がいちばんまともだったかもしれません。信孝は欲と少しの知恵があったくらいと言われています。

テレビでは信孝が市と柴田勝家を娶わせる手引きをしたことのようになっていますが、このあたりは勝家と信孝との関係上、実際にあったことかもしれません。

信雄は愚か者でさんざん秀吉に利用されて、信孝を殺した挙句、あることで秀吉の怒りに触れ、逼塞状態に。後年の大坂の陣で土壇場で豊臣を裏切って、家康について領地をもらい、以後子孫を伝えてきています。

ついでですが、信長の実弟に長益という人物がいて、大名というより茶人ですが、有名なものをひとつ残しています。茶人としての名乗りは「有楽斎 (うらくさい)」。その有楽斎がつくった庭園が江戸にあり、その地は後年「有楽町」と呼ばれることになります。

・・・

うーん。。。別に面白くもないことだけど、書いちゃったから投稿します。

・・・

ちなみに前回は、ドロップシッピングのこと英語で書いていますけど、別に意地悪ではありません。海外とのドロップシッピングじゃ不可欠ですから。。。それができても楽して儲けられると思ったら大間違いです。いずれ書くでしょう。

ペタしてね

翻訳ご依頼はこちらへ

最近の記事一覧

Facebook 入り口

Twitter

音楽ダウンロードサイト mora [モーラ]


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
If you want to buy a fake (cheaper than a genuine one) nano, clike on the Rakuten banner at the top of this blog to enter its Auction site, where you can find a tons of ones.

But you can easily obtain the gadget at about half the price, including shipping and handling if you can wait for about two weeks. I once posted a blog explaining in Japanese how to do so.

I test ordered the fake nano a few months ago for dropshipping and received it. Then I prepared the bid for the nano, taking pictures and explaining description. See this page (available only to my Amembers, sorry).

In the process, however, I found the difference in the buttons' labels between the body and quick guide's description. So, I told the company about that, after which they answered that they would correct and replace the guide.

Still, I continued to check on the device to find more critical defects.

I sent to them another mail saying that:

・・・

Dear xxx

I'm sorry. I do not think the problem lies in the quick guide. According to it, it could be used intuitively.

Let me explain.
--------------------------------------------------
According to the guide,

Top button in the circle: Play/pause (>|)
Left button: Previous/Backward
Right button: Next/forward
Bottom button: Volume
Center button: MENU

Sleep and wake up: press the Top button.
Select menu: press MENU button.
Play music: press the Top button.
Adjust the volume: press the Bottom button.
--------------------------------------------------
Label on received gadget,

Top button: MENU
Left button: Previous/Backward
Right button: Next/forward
Bottom button: Play/pause (>|)
Center button: NO MARK

Sleep and wake up: press the Center button
Select menu: press Next/forward button to go down the menu; press Previous/Backward to go up the menu.
Play music: On the menu, select Music, press MENU and press Play/pause (>|)
Adjust the volume: press NO MARK button while music is played.
And Critical defect: Once you enter the music mode, you cannot go back to the initial menu unless you turn off the machine!

Is this the right specification of this machine? See? You know the reason why it's not only the problem with the guide but with the gadget itself?

A craftsman won't make it one by one, will he? Obviously, the gadgets are manufactured in a factory. That's why I alleged some lots of gadgets with same problems are being sold worldwide. Try checking for them. As I said, this was the test order before dropshipping and I wanted to dropship other products.

I won't return it to you unless you'll pay the shipping cost to your country and ship back the replacement with the shipping cost on you. If I would confirm the replacement works correctly, I might place another order to you. If you cannot do so, that's fine with me, when I can no longer recommend your products or have to post negative comments on the gadget I bought.

Do you understand?

Regards,
xxx

・・・

There were no answers. So, I sent to them again:

・・・

I described the serious defects on the fake nano I bought, although you have not yet given me any answers.

Because of your ignorance, I decided to claim the refund of all the cost including the shipping costs both directions.

You should first refund, after which I'd return the gadget. If I first ship back the gadget, you might make an excuse what you like and it's possible not to refund, i.e. I no longer trust you...(The rest skipped)

・・・

There have been no answer until now. Off course, I have never bid for the nano at anywhere.

Anyway, it's a just about 2,000 JPY matter. I believe they have already corrected the defective parts of the gadget. If you received a device with the same problem, luckily (?) you have a rare item on your hand.

Remember: Accordingly, I changed the dropshipping company supplying the merchandises and bid at a different auction site (that can be entered from my auction booth located on top of Rakuten banner). Currently, I do not bid for anything, although expired items can be seen through the link "終了したオークションを見る."

ペタしてね読者登録してね

Twitter

The door to my Facebook

Latest English articles
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回の投稿の「よだ~ん」で書いた浅井長政の話の続きでもしてみます? とか言うてもわたしがその場にいたわけじゃないんで、いろいろな本を読んだ記憶をたどるだけです。

しかも、いわゆる「司馬史観」。。。まあ簡単に言えば「司馬遼太郎ファン」みたいなものですが。。。というものに基づいています。

信長は戦勝したのち、柴田勝家、明智光秀、丹羽長秀、羽柴秀吉 (つまり豊臣秀吉)などの、重臣のみ残った勝利の祝宴で木箱から愛でるように金杯を取り出します。

で、「これが何がわかるか?」と信長は笑みを湛えて彼らに聞きます。

みんなが首をひねり、答えを出す前に、「これは (浅井) 久政、長政親子と (同盟を組んで戦っていた朝倉) 義景の頭蓋骨に金粉を塗った杯だ」と得意げに言い、「おのれらの命冥加を思って、これで酒を呑め」と命じます。

こういう奇行には従わないと、信長の機嫌を損ねることがよくわかっている、光秀を除く信長叩き上げの面々は、それぞれの振る舞いでその命に従います。

もちろん、光秀にもそれはわかっていたことでしょうが、光秀にその番が回ってきたとき、「これは旧主朝倉殿 (信長に見出されるまで客分として身せていた) のご遺骸でござりまするっ」と断ったところ、案の定信長は激怒しました。

「この朝倉が、おのれに何をしてやったというのだ。ここまで (重臣の一人) の身分にしたのはこのわしぞ」と、そのキンカン頭 (と呼ばれていたらしい) を殴りつけ、首根っこを無理矢理つかんでその杯を口にさせた。

そのとき光秀には信長に殺意を抱いた。

。。。それが本能寺の変につながった、などという話もありますが、それだけではないでしょう。ただ契機にはなったのかもしれない。

あともう一つは、毛利との戦いの支援に狩り出され、信長本軍に合流する前に伝令で、「今の (北近畿方面) 領地は召し上げる。その代わり、出雲地方を与える」との命が伝えられました。

しかし、その出雲方面はその時点で毛利の領地なのです。信長としては、そうやって尻に火をつける形で早く攻略させたかったらしいのですが、光秀もそう感じ、「なんというやり様か」と嘆息し、すぐ近くまできていて、ごくわずかな人数で守っている本能寺の信長を襲撃する最終決断をした。

。。。これは状況からして決定的かと。

それで「本能寺の変」を起こし、一応天下をとったものの、それは毛利と即和解した秀吉が、天王山 (今でも「ここが試合の~」などと使われますが。「天目山」は武田勝頼が自刃した場所のことです) まで戻ってくるまでの数日間に過ぎず、唯一見方するはずだった筒井順慶は「洞ヶ峠」で様子見をして結局秀吉側に (「洞ヶ峠を決め込む」という言葉はここからきています)。

ちなみに今日の NHK 大河ドラマでは、徳川家康はなんかいいひとぶっていましたが、この戦いには参加していません。

結局光秀は戦況不利になって、摂津坂本城に戻る途中で土民に殺された。

・・・てなわけでドラマに追いついたかな? 結局上の説明は、ほぼ司馬遼太郎の一冊の本の概略みたいになってしもた。書名こそ何だか忘れましたが。

ところで今日、奇しくも爆笑問題のラジオ番組で、冒頭に書いた「司馬史観」について話していました。大田いわく、「新撰組だって要はテロ集団みたいなものでしょ? だけど司馬遼太郎が書いた沖田総司だって、かのひとにかかるとそれが嘘だろうが本当だろうがそういう生き方をした人間というのもいたってことでいいと思っちゃう」みたいなことを言っていました。

しかし実際には司馬遼太郎というひとは、実際には徹底的に調査をするひとで、何かを書く前は神保町の古本屋に軽トラで行き、資料を山盛り買っていったとか。

数百年前の天候さえ必要とあらば調べたなんて話も聞きました。

はい、ここまで付き合ってくださった方、ありがとうございました。なんか音楽いります? 今日はこんなんかな。。。おやすみなさひ。

Rainbow「'Vielleicht Das Nachste Mal' ('Maybe Next Time')」



翻訳ご依頼はこちらへ

最近の記事一覧

Facebook 入り口

Twitter

音楽ダウンロードサイト mora [モーラ]

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
よだ~ん。

今、「江~姫たちの戦国」の再放送 (つまり本能寺の変) を見ながら書いています。

ところで、ここでの浅井長政のエピソードには出てきませんが、包囲されてもう勝ち目がないとわかったとき、先に戒名を入れた墓標を川に沈め、自らの葬儀を先に行ったとか。

ためらう家臣たちを叱咤し、焼香をさせてから勝ち目のない戦に向かったという話があります。

あと、このひとのじーさんは有能だったけど、とーちゃんはぱーたれで、家臣たちが偉丈夫だった長政を擁立したとか。

。。。そういう日本史の話とか本や映画の感想とかもブログぱーとI には書いていましたけど、こちらだと YouTube の PV が貼れるんで、ついつい音楽の投稿が多くなって。。。

しまいには休止中の翻訳サンプルの数の倍以上になってしまいました。まあ、そのうちそういうことも書くかもです。

・・・

てなわけで (ってをい) 今回は邦楽ではなく洋楽で、ジャーニー (Journey)のアルバム「エスケープ (Escape)」から。

今も活動はしています。ただ、これは相当前のアルバム。ヒット曲がここからいくつか出ています。

若いひとでも聞いたことのある、代表的かつ有名な曲と言えば、これですか、「オープン・アームズ (Open Arms)」。「海猿」のテーマにも使われたようで、おまけにマライア・キャリーがカバーしている。。。というのは全然知りませんでした。



ただ、わたしなんかが懐かしいと感じるのはこっちの方ですね。「クライング・ナウ (Who's Crying Now)」



ところで、これライブ版なんですけど、ギターのニール・ショーン、スタジオ録音とほぼ同じように演ってるんですよね。難しいソロじゃないんですが。

それと、一時期、元はサンタナのメンバーだったんですが、その影響ってもんがほとんど感じられない。ちょっとしたタイミングにそれが出ている気もしないでもないけど。

要は一流のギタリストとしては (?) をつけたくなるんですよね。あくまで個人的にですよ。人気のあるギタリストではあるのですが。要はわたしがへそ曲がりなだけ鴨。

けど、それが次の曲のギターに出ているような気が。。。「ストーン・イン・ラヴ (Stone In Love) ちなみに最初の邦題: お前に夢中ww」



わたしはこの曲、途中のギターソロのタイミングがださカッコよくて (あくまで個人的にですよ) 好きなんですけど。まあワンコで言えば、ぶさカワのわさをくんみたいな感じ←意味不明。

それとは別に、このアルバムのトップの曲で、最初に聴いたとき、スティーブ・ペリー (途中脱退) のボーカルにびっくりしたものです。「Don't Stop Believin' (最初の邦題: 愛に狂ってww)」



ペタしてね

翻訳ご依頼はこちらへ

最近の記事一覧

Facebook 入り口

Twitter

音楽ダウンロードサイト mora [モーラ]

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日の夜からしゃっくりがとまりません。。。

ま、それはいいとして、旧正月の休暇も終わったということで、今日あたりから細かい仕事が舞い込み始めました。来週は嵐の予感。

ところで今日の曲は、また邦楽になりますが、ラジオで聴いて好きになった曲です。

この音羽しのぶというひとの存在自体を知らなかったので、詳細はこちらへ。

発売から一ヶ月ほど経っていますが、泣き歌です。愛し合った夫婦なのになぜ一緒に逝けないのか。。。というような。

少しずつ火がついていくような気がしないでもありません。

「愛はときおり」。この曲の作者の花岡優平氏とデュエットのような感じで歌っています。



ペタしてね

翻訳ご依頼はこちらへ

最近の記事一覧

Facebook 入り口

Twitter

音楽ダウンロードサイト mora [モーラ]

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ラジオ聴いてたら、いい曲なんだけど、どこかで聴いたような。。。

と思ったら、原田知世「シンシア」でした。こちらの

「ロマンス」もいい曲ですが。



今日の行動については少し Twitter に書きました。

。。。しかし洋楽最近あんま投稿してねーな。

ペタしてね

翻訳ご依頼はこちらへ

最近の記事一覧

Facebook 入り口

Twitter

音楽ダウンロードサイト mora [モーラ]

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
■これもなぜか埋め込み禁止なのですが、ややウケしたのでリンク貼っておきます。

http://www.youtube.com/watch?v=tcKPOYfdffU& feature=related&hd=1

こちらのコメントで「日本沈没」のパロディ、「日本以外全部沈没」に触れましたが、映画自体あるのは知りませんでした。とりあえずトレーラー PV。



これ、海外向けに英語の字幕を付けたものがあるので、リンクだけ貼っておきます。ちと長いです。

http://www.youtube.com/watch?v=f_KvJEBGj_k&hd=1

画像の存在は、ニシチャンさんからうかがったのですが、B 級の画像が存在するとのことで。これらではないと思いますので、引き続き探してみます。

■ところで、テーマが「音楽」なので、映画つながりのこの有名な曲をば。「残酷な天使のテーゼ」



しっかし今回は一体何が本当のテーマなのか。。。適当な投稿ですみませんww

ペタしてね

翻訳ご依頼はこちらへ

最近の記事一覧

Facebook 入り口

Twitter

音楽ダウンロードサイト mora [モーラ]

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
突然消されたと思えばまた亡霊のようによみがえる YouTube の PV。

前探したんだけど見つからなかったんです。

この曲は 7 人の男女がくっついたり離れたりの、アメリカ得意のパターンのテレビ番組、メルローズ・プレイスのエンディング・テーマです。

WOWOW に加入していたときは、この番組、英語のお勉強。。。つーかネイティブのマネをするのに見ていました。内容自体はくだらないと思うけど。

「英語の」サブタイトルが出ていてそれが結構アタマに残っていて、今でもそれらのフレーズ、実際に使っています。

スカパーなんかではまだやっているみたいですけどね。

で、そのエンディング・テーマは誰が歌ってるかっていうと、Sam Phillips という、あまり聞いたことのないひとで、曲名は「Baby I Can't Please You」。この番組見てたひと以外は誰もしらないでしょうけど。なんかけったるく歌っているけど、リズムに粘りがあるような感じで、個人的には好きな曲です。

。。。ってをいをい、ここまで書いて埋め込み禁止かよっ!!

仕方なかです。例外的にリンクだけで。。。あはれと思う方はせっかくなんで、リンクをぽちとなしてくださいな。きーっ★

http://www.youtube.com/watch?v=mOlqiJeOOe8&hd=1

ペタしてね

翻訳ご依頼はこちらへ

最近の記事一覧

Facebook 入り口

Twitter

音楽ダウンロードサイト mora [モーラ]


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。