お気楽まぢめな翻訳屋☆てのりえび☆のブログ II

- An easygoing yet diligent Japanese translator "tenoriebi3" - 英<->和翻訳屋だけど最近は勝手な日常なことばかり。投稿のジャンル問わず最後は '80 ~ '10 くらいの音楽クリップ埋め込みで締めてます。


テーマ:
こっちの続きシリーズかな。。。

さっき、ちょっと難しいことを書きかけたら、知恵熱が出てきました。書こうとしたことは、こちらに関連することですので。英語ですけど。

それはともかく、さっき、雨が降っているにもかかわらず、傘なしでチャリ走らせて、買い物に出かけたのが悪かった鴨。

タバコ値上がり明日からってゆーのをすっかり忘れてて、いつも吸ってるやつ、店に最後に残っていた 1 カートン買ったり。。。その他もろもろ。

とにかく、風邪のひきはじめは、まず休むのが肝心と、さっきまで少し寝ていました。

今さっき起きたけど。。。やっぱ風邪らしい。次の仕事待ちの間でよかった。

あ、そういえば、昨日ここに Google のボットが回ってきたらしい。

検索対象ワードは、「freelance translation japan」。。。前にも Google で検索してあんた見つけたってひともいたから、これも馬鹿にはできないな。

てなわけで、あー。。。「For more infomation on the English/Japanese translation, please click here」。。。オーバー、ガチャッ。 (をいをい)

それはそうと、ホームページ更新しないとなぁ。。。

なんかブログ 1 →ホームページ→詳細ページ (内容消していてこちらへと書いているだけ) →ブログ 2、すなわちここと回ってくるひともいるみたいだし。。。

いや、少なくともホームページのリンク先を変えるだけでもましなんだけど、ファイルが重くなりすぎていて、なかなかアップロードされないわ、されても関係ないとこのレイアウトがめちゃくちゃになってたり。

きちんと更新されるまで、1 時間くらいかかることもあって面倒くさいんよ。

。。。また休みます。夜中くらいに調子がよくなって、もそこもそこしてるかも。んだばしつれ。まあせっかくいらしたなら↓でもご覧遊ばして。。。曲少し追加したから。

ペタしてね

最近の記事一覧

フォローなう (音楽 PV 専用リンク集)

Twitter
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
えーと、以前わたしにペタしてくれていった方なんですけど、どなたか分かんなくなっちゃったなぁ。。。

デイヴィッド・フォスター
「デイヴィッド・フォスター & フレンズ ジャパン ツアー 2010 (10/19(火) ~10/20(水))」に行けるって喜んでた投稿してた方。。。

このひとの曲を知らないひとはまずいないと言っていいでしょう。

というのは、もともとピアニストなんですが、コンポーザー、プロデューサーとして日本のものを含むさまざまな曲にかかわっているからです。

↑のリンクを見てみればぜーったい、間違いなく知っている曲やひとがあるはず。これらをまとめたアルバムがあるので下に置いておきます。それを見ても同じく知っている曲があるはずです。松田聖子や MISIA まで入っていますよ。

で、昨日たまたまラジオを聴いていて思い出したのですが、JAL オリジナルのテーマ曲、「I Will Be There with You」も書いていたんでした。今回はこれをキャサリン・マクフィーのボーカル付き (先) となしのインストルメンタル (後) で。





それと、個人的に好きな映画なのですが、セント・エルモス・ファイアー。まだ若いデミ・ムーアも出ています。

これのテーマとなっている「Love Theme from St. Elmo's Fire」をやはりデイヴィッド・フォスターが書いていて、同じく↓のアルバムに収録されています。



ラヴ、アゲイン ~デイヴィッド・フォスター プレゼンツ~

新品価格
¥3,280から
(2010/9/30 06:13時点)




ペタしてね

最近の記事一覧

フォローなう (音楽 PV 専用リンク集)

Twitter
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
わたし、白人女性のボーカリストしては、ユーリズミックス (Eurythmics) アニー・レノックスがトップクラスに属すると思っています。

この曲は、誰でも知っているでしょう。

グレイテスト・ヒッツ

新品価格
¥4,910から
(2010/9/29 17:58時点)


Eurythmics:


けど覚えてます? 数年前、何かの TV 番組の挿入歌で、カバーでこれやったひとがいたことを。

これも悪くはないと思いますが。最初一瞬、本人の別バージョンかと勘違いしたくらい。。。わたしの耳が悪い? (汗)井手麻理子ってひとのだと思いますが。



そういえば、このアルバム持ってるんですけど、友人に貸したまま返ってきませーん。。。

☆おまけ☆。。。つーか、今話題の某武富士の CM。。。演ってるのは Joe Rinoie というひとの「Synchronized Love」という曲です。

フル・バージョンは↓の「フォローなう」に入れておきますので、ここでは懐かしい CM をどうぞ。



ペタしてね

最近の記事一覧

フォローなう (音楽 PV 専用リンク集)

Twitter
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
いや、エリック・クラプトン (Eric Clapton) おぢさんが。。。♪枯葉よ~。。。「原題: Autumn Leaves」なんてやってるとは知りませんでした。

いや、知らなかったのも道理。今日発売なんだそうです。ラジオで何にも言わずに何気にかけていたからわからなかった。。。

Clapton

新品価格
¥1,286から
(2010/9/29 16:27時点)


Clapton


クラプトンおぢ渋いっす。どうもカバーアルバムらしいんですが、調べたところほかの曲は見つからなかったんで。。。

代わりに、すっかり、♪枯葉よ~。。。なんてのが合うようになってしまったおぢが、ブイブイいわせていた頃のおぢの曲を。「Forever Man」。カッコいいと思いまっせぇ。

Clapton Chronicles: The Best of Eric Clapton

新品価格
¥860から
(2010/9/29 16:40時点)


Clapton


ペタしてね

最近の記事一覧

フォローなう (音楽 PV 専用リンク集)

Twitter
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
前に書いたとおり、普段のわたしの行動範囲は限られています。

さっき、その行動範囲内のスーパーでのこと。あるにいちゃんが、自分の欲しいタバコがレジに置かれていないことに気づき、店内の販売機に向かっていき、何か店員に言っている。

ああ、これはどっちもタスポないんだな、と気づき、「タスポなら持ってますよぉ」と離れたところからある程度の声を出したところ、やはりそうで、にいちゃんと店員の両方に礼を言われてその場を立ち去りました。

昨日も同じく店内で、小銭を落としてしまったおばあちゃんと一緒に探した後、お話にしばらくつき合い。。。

あと、日常の行動範囲からは外れますが、新宿に行ったとき、靖国通りで、タクシーをつかまえようとしているらしいおばあちゃんに、「タクシーに乗るの?」と尋ねてそうだということがわかると、道を一歩出て、無理やりタクシーを止まらせました。。。

いや、わたし何もいいことをしている、ということがいいたいわけじゃないんです。

普段一言も発せずとも暮らせる環境にありながら、大した場面でもないのについつい声が出たり、行動に出たり。。。

要は年とともにでしゃばりになってきたんかな。。。と。

上の逆パターンもあります。

子供を後ろの席に乗せて、ほとんど箱乗り状態にしてクルマ運転していたおかやんに聞こえるように、「おらぁ、子供あぶねえぞ!」とか。

少しよけりゃいいのにクラクション鳴らしてきたクルマに、「なんじゃごらぁ!」とか睨みつけながら叫んだり。

あと人ごみの中をチリンチリンと鳴らしながらチャリで走り抜けようとしたガキに、「んなとこはチャリ押して歩けよ!」とその後輪を思いっきり蹴り上げたり。。。

あ、ふと気がつきました。んなこと昔からやってたな、と。

電車の中で居眠りしてひとの方に何度も寄りかかってきた奴の襟首掴んで、「しっかり起きてろよっ!」とかやったり。

極めつけは、高校のとき、電車を降りるとき、まだ自分の後ろに降りるひとがいるのに乗り込もうとした中坊の肩を思いっきり突き飛ばし、あわれ彼を間の開いているホームと電車のすきまに、わざとではないですが落としてしまったことがあります。

まわりのみんながそいつに向かって「大丈夫?」とか声をかけ、引き上げているのを横目に「ああ、平気?」くらい言ってその場を離れながら堂々と改札に向かった。。。なんてこともあったな。。。

要は出しゃばり云々というよりは、「乱暴者の裏返し」(つか乱 暴 者) ってことですね。

・・・

音楽ばっかりもどうか、という理由だけでこんなこと書いてみました。お粗末m(__)m

ペタしてね

最近の記事一覧

フォローなう (音楽 PV 専用リンク集)

Twitter
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
こちらからの続きですが、今回はわたしの選曲です。

これは大したことありませんが、Mi-Ke「ブルーライト・ヨコスカ」。

これは最初の歌詞がちょっと。。。という程度で。



このひとたち、名古屋でラジオ DJ やってたつボイノリオ「金太の大冒険」をカバーしているんですが、それは見つかりませんでした。

しかたないのでご本人にご登場願うことにします。



この曲はご存知のひとも多いでしょうが、他にもいろいろやっていて、ずぅえーったいにここには出せないものもあります。

てか実際に放送禁止になってるやつも。。。

ただ、これだけは。さて、この PV に出てくる女性は誰でしょうか? ってことを言いたいだけなんですが。。。曲についてのつっこみ、女性の視聴は禁止です。

これは URL のみにしておきます。曲名は。。。えと、「お万の方」。。。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm6274648

ま、それは\(^^\)(/^^)/おいといてぇ~、もすこし健全なやつを。。。「おぼっちゃまくん」のオープニングテーマ「ぶぁい Yai Yai 」

これ MX テレビで再放送やってたらしいんですけど (今もやってるんかな?) 、チャンネルがチャンネルなもんでついつい忘れて。。。



これ大好きなアニメだったんですよねー。

。。。ま、んなとこにしときます。〆はこのエンディングテーマで、最初と同じく Mi-Ke がやってる「む~んな気持ちはおセンチ」



これには特に意味はありませーん。めでたしめでたし終了。

ペタしてね

最近の記事一覧

フォローなう (音楽 PV 専用リンク集)

Twitter
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
どちらもアコースティックな音が目立つ曲です。まずはアル・スチュワート (Al Stewart) 「Year of the Cat」

出されたのが 1977 年頃ですから当然わたしもリアルタイムで聴いたわけではありません。

この曲、個人的には洋楽の「泣き歌」です。



お次はかの有名なクイーン「'39」

この曲は、あのフレディ・マーキュリーではなく、ブライアン・メイ (ギター) がメインボーカルで、かつアコースティックでカントリー調の曲という、クイーンとしては変わった曲です。

「ボヘミアン・ラプソディ」 (つーか最近のひとなら「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」か。。。) を聴き慣れた耳には新鮮な感じを受けるかもしれません。



ペタしてね

最近の記事一覧

フォローなう (音楽 PV 専用リンク集)

Twitter
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
。。。と、わたしは認識していますが、違っていたらごめなさい。

ここでは二曲取り上げますが、両方とも、YouTube なんてものをしらない頃から探していた曲です。当然いずれもヒットはしたんですが。。。

まずは柴田まゆみ「白いページの中に」

今気が付いたんですが、結構カバーされているようですね。あみん上原多香子、その他のひとまでカバーしてる。。。けれど、これが原曲です。



↑の曲は意外に簡単に見つけられたのですが、次の曲は本当に昔から探し回っていた曲でした。結局、YouTube で発見。オレンジ「シーズン」という曲です。



クリップ作者が書いた曲名、もろスペル違いですが、ここは貴重な曲をうpしてくれたっつーことで。。。

いずれにせよお勧めでございます。

ペタしてね

最近の記事一覧

フォローなう (音楽 PV 専用リンク集)

Twitter
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
まずはサザンオールスターズ「希望の轍」。サザンの曲のベストいくつかを選ぶと必ず入ってくる曲ですが。。。何が問題かって、これほど有名な曲なのに、「シングルカットされてない」。

ま、これはサザンファンじゃなくても知ってるか。。。



次はスティング「見つめていたい (Every Breath You Take)」



これ、題名からしても、どう聴いてもラブソングなんですが、実は前妻と別れるときに踏ん切りをつけるために書かれた曲。。。というところまでは聞いていました。

けど、素朴に、なんで踏ん切りをつけるためにラブソングを書くのか、と今まで思って調べていたら、「お前の生きている間は、ずっとお前のことを見ててやる、監視してやる」という意味の曲だとか。。。粘着質かよ、スティングは。。。

実際のところはわたしが聞いたわけじゃないですから、わからないのですが、最初のことがほんとだとすると、この話もかなり信憑性あり。

次は昨日公開になった映画「十三人の刺客」のテーマソング、イーグルス「ならず者 (Desperado)」



あのですね、映画の題名からして内容はなんとなく想像つきますが。。。

曲自体はいいですよ、ええ、イーグルスの中でも。

けど、ちょっとこの選曲、予定調和的で安易じゃありません? 何にでも使えそうじゃないですが。

さらに映画自体、リメイクだって。もっと言うと「第67回ヴェネチア国際映画祭 コンペティション部門 正式出品作品」ですってぇ。。。だいじょぶかよ。。。

ペタしてね

最近の記事一覧

フォローなう (音楽 PV 専用リンク集)

Twitter
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
フリーの翻訳屋として、なんとか食べていけるようになったとき、前にテクニカル・ライターとして勤めていた会社のお客さんから、「うちに派遣できてくれないか」という話が持ち込まれました。

最初は、もう翻訳屋をやっているから。。。と断りかけたら、「いや、時間が空いているときでいいんだよ」と言われ、収入アップにつながると、心が動きかけました。

しかし場所は、今はさいたま市となっているかつての与野市。往復で 3 時間かかってしまいます。

そこで考え付いたのが、いっそのこと派遣先の近所でアパートを借りて兼業したらどうだろ、と。

近辺の家賃を調べて、間尺に合うかどうかを調べたところ、ワンルームですが、きれいなアパートで冷蔵庫付き、洗濯機も共用だけどついていて、家賃 4 万、というところが見つかりました。

ただ、そのときは、前連れと一緒にわたしの実家に住んでいたので、それももちろんひっかかりましたが、だいじょぶだよ、と言われて、その点はクリア。

で、出勤できる時間は限られてくるので、一応原価計算したところ、それでも十分以上どころじゃないくらいにモトが取れるとわかったので、そういう形にしてお世話になります、と話すと、「交通費が 2 万近くだろ、じゃそれで家賃補填してくれ」と気前のよい話になりました。

一応 9 ~ 5 時と、定時は決まっていたものの、翻訳の仕事があったり用事があるときは連絡してくれれば OK、実質自由出勤というこちらにとって非常に都合のいい話が決まりました。

・・・

ま、それはおいといてですね、アパートの近所にスーパーがあったのですが、そこに行くと、↓の曲が必ずかかっていました。まだ世間にあまり知られていない頃の話です。



毎日のように行くわけですから、この「おさかな天国」に完全に洗脳されてしまいました。

ま、そういうわけで、(どういうわけよ?) 「なぜか埼玉」 (歌: さいたまんぞう) 暮らしをしばらくすることになりました。



これほんとは、カップリングで「♪さいたま、さいたま。。。いいっ~ (#^.^#)」てな感じの曲があったのですが、残念ながらどこ探しても見つかりませんでした。

その代わり、意外なものが見つかりました。「おさかな天国」の替え歌で、「さいたま天国」という曲が。。。



てなわけで、お粗末m(__)m

ペタしてね

最近の記事一覧

フォローなう (音楽 PV 専用リンク集)

Twitter
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。