30日間でテニス経験者とも互角以上に打ち合うために必要な最新練習をフットワークからメンタル技術まで全て紹介します

現役テニスコーチだから知っている、小学生でもできるテニス練習法を公開中。
このブログで公開しているテクニックを1つだけでも試してください。それだけで得点率が最低30%アップするはずです


テーマ:
あなたはテニスをプレーして
拍手喝采のを浴びた事がありますか?


表彰台の真ん中でみんなに祝福されたことがありますか?


僕はずっとチームで代表に選出されることがありませんでした。

いざチャンスをもらっても
思う通りにプレーできず、
テニスを終えて悔しさだけがいつも残っていました。

テニスを楽しいと思うことがありませんでした。

そんな中、確かな指導者に出会い
テニスを好きになる事ができました。

現在はテニスの指導者として
テニスに関わらせていただいています。


僕が指導をした選手が大会で活躍し
部活やサークルで頑張くれている子は
代表に選ばれるなどし活躍してくれています。


選手たちが活躍している姿を見るのが喜びですし
選手たちから

「青木コーチのおかげです」

と、心から感謝の気持ちをもらったときには
「テニスをやっていてよかった」と心から感じます。

だから、私は
ブログをつくり、今日まで私の
できる限りの情報を公開してきたつもりです。

しかし、ブログだけでは
どうしても、直接教えるような個別感も
僕自身、教えてる、という実感が持てないのが現実です。

なので、このたび
『完全無料』でメールであなたに
僕のテニスメゾッドをお伝えしたいと思います。


このメールでは

一生懸命練習しているのになかなか上達しない人
短期間で上達し、結果を残したい人


に向けて配信したいと思います。



すでに大会に出ても優勝できる程の実力がある人
これ以上、上達する必要がないという人

には、あまり役立たないかもしれませんね。


・実践で得点を決めるキラーショット

・現代テニスにおいて必要となる生物学的な体の使い方

・家で1回5分でできる次世代のトレーニング方法


などを配信していく予定です


この内容を理解していけば

今まで歯が立たなかった相手に対して
とても嫌がられるようなプレーができ、
相手の実力を40%も発揮できなくできます。

監督や周りの選手などからも認められ
チームの代表としてコートに立つことができるようになります

また、個人で大会に出る場合
今まで1、2回戦敗退出会ったとしても

2日目まで残れたり、
ベスト8や表彰台まで確実にたどり着く事ができます。



「そんなうまい話あるわけない!」



と思われるでしょう
ぼくもあなたと同じ立場ならそう思うでしょう。

しかし、私の生徒が実際に
89%の確率でそうなっているのです。


そこで、今回は無料でお試しできるようにします。
下のURLでアドレスを登録してみてください。

僕から、完全に無料で
オンラインレッスンを送らせて頂きます。

>>>>オンラインテニスレッスンお申込み


本来ならスクールで有料でレッスンしている内容を
無料でお伝えしていきたいと思います。




1分でできる登録です
この登録で他のサイトなどに
登録されるようなことは決してありません。

また、このメルマガを読んでも
少しも上達しないという場合は
毎回メルマガの最後に解除用のURLを載せますので
解除に関しても1分もかからないように準備しておきます。



このメルマガの内容で
ぼくの友人にも挑戦してもらいました。

思っていたより早く上達し
テニススクールに通っていた彼は
すぐにテニススクールを辞めてしまいました(笑)

テニスの技術が上達することも
周りから自分のプレーが認められることも
今までになく、とても嬉しい
と、お礼の言葉を言いに来てくれました。



それと同時に

「早く次の情報をください!」

と毎日のように言ってきます(笑)



このように、この内容は他の人でも結果が出ている内容です。


実際にスクールでは教えていないような裏技も多々公開予定です。


その内容をとにかくあなたに知ってほしく
これからメルマガを配信していきます。



ただし、無料で配布という特典なので
5日間の期間限定での募集にしたいと思います。



次にこの快感を体験するのはあなたです!

早速下の申し込みをクリックして気軽にアドレスを登録してみてください。

>>>>オンラインテニスレッスンお申込み


今までと違う論理に裏付けされた
超実践テニスを体験してみてください。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、青木です

今回は『ダブルスの必要性』
について話をしたいと思います


この記事を見てくれているあなたは
テニスで勝ちたいから
見てくれているのだと思います

その『勝つ』というもので
『団体戦』というものがあります
今回はその団体戦における
ダブルスの必要性についてです


部活やサークルの大会だけでなく
市民選手権や地域の大会では
よく団体戦というものを見かけます

この中で最も勝利へのカギを握るのが
『ダブルスの勝敗』です

「別にシングルで勝てばいいでしょ?」
「シングルに入れない人がダブルスでしょ?」

いいえ、違います


どのチームにも基本的には
すごく打てる選手がいます

チームを起こした人や
初めにチームに誘う人は
テニスがもともとできる人だからです

そこを取りにいくことも大切ですが
『優勝』など本当に上を目指すと
必ず、すごく強い選手にぶつかります

以前テレビでも
『弱くても勝てます』
という番組がありました

実際ぼくがこの考えにいたったのは
結成当初の『東海大相模』という高校の話を聞いてからです

当初はお世辞にも
強いと呼べるチームではなかったそうです
選手もおらず、
コートも軟式に占領されていたそうです

そこの監督が仰っていたのが
「ダブルスは上手い人が勝つわけではない」
ということでした


団体戦では基本的には
ダブルスが初めに入ります

そこで勝つことができれば
相手にかなりのプレッシャーを
かけることができるのです

特に3本勝負の団体戦では
相手はあと1つでも落としたら
負けが決定するので
常にプレッシャーの中で
戦わなくてはいけないのです


そこを極めた東海大相模は
全国の常連校となり
現在でも神奈川県の強豪校として
知られています
(今は昔ほどではないのかもしれませんが)


この話をきいたあなたは
もちろんダブルスを頑張ってくれますよね

明日は具体的な話を入れていきます

今日はダブルスがいかに必要なのかだけ
頭に入れておいてください

>>>>オンラインテニスレッスンお申込み


それでは、また次回!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、青木です

今回は『あたりまえ』をくつがえす
普通はしない練習方法を考えてみます

例えば
いつもよりラケットフェイスの
小さいラケットを使って練習してみる
スイートスポットの大きな
最新のラケットでは
ごまかすことのできる
インパクトのミスが許されなくなります


他には
ボールを2球使ってのラリー
遊び感覚でやってみるといいかと思います
ボールを打った直後には
次のボールが来てしまうので
強制的に準備が速くなります


あとは
綺麗に整備されていないコートで
練習することもいいでしょう
イレギュラーに対応するために
インパクト出来るエリアが広くなるでしょう



フォームが崩れるからと言う
コーチもいるとは思いますが
これらで迷っているあなたには
まだそれほど綺麗なフォームがついていない
と思われますので心配しないで
これらの練習を取り入れてみてください


この練習法を見て
「こんなの練習ではない!」
と思っているあなた!

まだ変化することをためらっていますよ?
一緒に変化する喜びを楽しみましょう

他にもこのような練習方法を
ぼくのメルマガで紹介しています
しかも、現在はまだ無料で配信していますので
今のうちに下の申し込みから
登録しておくことをオススメします

>>>>オンラインテニスレッスンお申込み



それでは、また次回!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、青木です

前回は『マインド』について話しました
今回はその秘密を少しだけ
明かしていきたいと思います

『あたりまえ』という話をしました

例えば今時の学生選手は
『クレーコート』もしくは『人工芝コート』
での練習が多いかと思います

中には『ハードコート』で練習している選手も
いるかもしれません

しかし、『グラスコート』で
練習している選手は
ほとんどいないと思います

日本に数面しかありませんし

テニスは基本的には
バウンドしたボールを打つ
競技です

バウンドした後の球足は
コートによって変わります

それをホームコートで
ばっちりタイミングが合うからといって
ぎりぎりまでボールを待っていては
他のコートで対応できません

これが『あたりまえ』の話です

今上手くいくから
大事なところを変えることができない

指導者は上のレベルを知っているので
早く引いている『つもり』のあなたに
さらに早く引けと言っているのです


そこで今日のお話としては
アドバイスを受けたら
『大袈裟に』変化させてみてください

当たり前から抜け出す
1番いい方法です

明日は具体的な練習メニューを
いくつか紹介してみます

>>>>オンラインテニスレッスンお申込み


それでは、また次回!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、青木です

今回はスポーツ選手の
『マインド』の話です

いつもはテクニックを書いていますが
それだけでは上達できません

そのための考え方についてです

まず
『早く反応して』
『準備を早くして』
『テイクバックを早くして』
などアドバイスを受けたことはありませんか

「頭ではわかっていても出来ないんです!」
と言いたくなることはありませんか?


原因を教えます

それはあなたが今いる環境を
『あたりまえ』だと思っているからです

「今、打てているから問題ない」
「半分くらいは成功するから問題ない」

無意識にそう感じているのです

試合では焦ってしまっても
ホームコートに帰ると
また同じマインドに戻ってしまっているのです


そこで選択肢は2つ

1つ目は
『とても強い選手ばかりの環境に身を移す』

2つ目は
『自分のマインドを変える練習をする』


前者はお金にも時間にも
余裕がないと難しいと思います

あなたが選ぶ選択肢は
後者だと思います

それでは
『自分のマインドを変える練習をする』
とは何をすればいいのでしょうか?

それを明日の記事で少し書きたいと思います

>>>>オンラインテニスレッスンお申込み


それでは、また次回!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。