匿名党ブログとてんこもり野郎ヲチスレ(アメブロ版)

反日サマナ粉砕でつね。
わかり松。
( ゜∀゜)・∵ブハハ八八ノヽノヽノヽノ \/ \/ \!!!!!!!!!!!!!!!


テーマ:
.
清原容疑者“北関東自動シャブ道”で移動し覚醒剤入手か
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160213-00000243-sph-soci


news清原容疑者“北関東自動シャブ道”で移動し覚醒剤入手か



 覚醒剤取締法違反(所持)の疑いで逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)の目撃情報が、群馬県南部から栃木県にかけて相次いでいることが13日、分かった。群馬県では高崎市、太田市、みどり市、栃木県足利市の計4か所で、同容疑者は、群馬県南部在住の密売人親子の指示を受けて、沿線の北関東自動車道を移動しながら覚醒剤を入手していたと見られる。覚醒剤入手のためとみられる北関東での足取りが徐々に明らかになってきた。

 北関東で新たな清原容疑者の目撃情報が浮上した。群馬県みどり市。場所は畑が点在する市内の閑静な住宅街で、昨年8月ごろ、複数の住民が清原容疑者が運転していたとみられる乗用車を目撃している。

 「こんなところに外車が来ること自体が珍しいのに3、4回は見た。おかしいな、と近所で話題になっていた」と50代の男性住民。車は民家の脇に2、3分停車し、住民が気付いた時には走り去るという不審な動きを繰り返していた。昼の時間帯が多かったという。

 清原容疑者は逮捕前日の1日には、高崎インターチェンジ(IC)近くのラブホテルで、女密売人の息子とみられる男と接触していたことが分かっている。その前日の1月31日には太田市と足利市での目撃情報がある。いずれも、高崎市から茨城県ひたちなか市へと続く北関東自動車道の沿線上で、みどり市も「太田藪塚IC」の出口を下りて10分足らずのところにある。清原容疑者にとって、北関東自動車道は薬物入手のための移動ルートとなっていた可能性が高い。

  元捜査関係者によると清原容疑者は、仲介役の知人の男を通じて覚醒剤を購入していたが、この男が昨年2月に別の覚醒剤取締法違反事件で逮捕されて以降は、 女密売人たちを頼って群馬に来るようになったという。捜査関係者の調べで週1回ペースで来ていたことが分かっており、当初、清原容疑者は密売人親子の拠点 まで来て購入していた可能性がある。高崎だけでなく、足利、太田に加え今回、目撃情報が相次いだみどり市内でも覚醒剤の取引を行っていた可能性が浮上して きた。

 東京地裁は12日に清原容疑者の勾留を14日から23日まで延長することを決定。いまだに入手ルートについては口を閉ざしているが、残した痕跡は、今後さらに浮き彫りになりそうだ。




女売人はシャブ親子、清原容疑者逮捕前日は息子と取引か
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160212-00000039-sph-soci


news女売人はシャブ親子、清原容疑者逮捕前日は息子と取引か



  覚醒剤取締法違反(所持)容疑で今月2日に逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)と覚醒剤の売買を繰り返していたとみられる群馬県居住の密売 人の女が、捜査の手から逃れるため逃走していることが逮捕から10日目となった11日、関係者の話で分かった。逮捕前日の1日に群馬県内の高速道路のイン ターチェンジ付近で接触したという男は、密売女の息子とみられることも判明。親子で清原容疑者に薬物を販売していた可能性が浮上してきた。

 清原容疑者に「魔の白い粉」を直接手渡していた女密売人は、すでに群馬県内から姿を消している可能性が浮上した。関係者によると、群馬県内にある女密売人の自宅は、清原容疑者が逮捕されて以降、人が出入りしている気配が全くないという。こうしたことから自宅を離れ、逃亡しているとみられている。

 関係者の話によると、女密売人は桐生市出身で60代前半。群馬県内に住む複数の暴力団関係者の男性の愛人になるなどを繰り返しているうちに、麻薬の密売で生計を立てるようになったという。現在の住居は密売で得た資金で購入したとの情報もある。

 清原容疑者は昨年夏頃から車で群馬県や栃木県に通い、その後、都内のホテルに宿泊してから自宅マンションへ帰宅する行動パターンを繰り返していたことが、すでに捜査関係者の話などで分かっている。当初は女の自宅まで行って直接購入していた可能性があるが、アシがつかぬように、取引場所をその都度、変える手法を取っていたようだ。

  また、女売人は、自身が直接、取引をしないときは手下を使っていたとみられる。関係者によると、その手下の男が女の息子だという。中でも今回の逮捕につな がった逮捕前日の1日に、群馬県内の高速道路のインターチェンジ近くで接触したという男が、この女の息子とみられる。密売は40代の息子との親子タッグで 行っていた可能性が浮上。土地カンのある密売人親子が清原容疑者に携帯電話などで受け渡し場所を指示していた可能性が高い。

 覚醒剤事件 に詳しい元捜査関係者は「母親が適当な受け渡し場所を指示して息子が車に乗って届けに行くという形をとっていたのかもしれない」と指摘。その上で「何回も 売買しているうちに信頼関係もできてくるので、清原とは親子ともに親しくなっていたのではないか」と話す。清原容疑者は、これまで入手ルートについて供述 を拒否している。これに関しても「報復を恐れているというよりも、仲の良い友達関係にあるからだろう」と解説した。

 関係者によると警視庁は、逃走中とみられる密売人親子の動向をすでにキャッチしており、近く事情を聞く方針だという。清原容疑者の覚醒剤入手ルートの特定を進め、密売組織の実態解明を急いでいる。

 ◆今後の捜査の流れ

  清原容疑者は2日、警視庁に現行犯逮捕され、4日に所持容疑で東京地検に送検された。最初の勾留期限は13日、勾留延長の期限は23日までとなる。清原容 疑者は所持・使用ともに認めているとされ、23日までに余罪である使用について捜査が完了すれば、所持と使用と合わせて一括起訴される可能性がある。

 また、23日までに使用についての捜査が完了しない場合、その後も勾留が続き、使用で再逮捕され3月中旬に使用で追起訴される場合がある。初公判は、3~4月頃に予想される。追起訴後に保釈される可能性もあるが、再犯の可能性などを判断されれば保釈されないこともある。




清原容疑者、西武時代から奇行…大麻使用の疑い浮上
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160213-00000509-sanspo-base


news清原容疑者、西武時代から奇行…大麻使用の疑い浮上



  覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された元プロ野球選手、清原和博容疑者(48)が、西武在籍当時から薬物の影響とみられる“奇行”を繰り返していた ことが12日、関係者の話で分かった。ハワイのキャンプ中や優勝旅行での言動に、周囲も怪しんでいた。当時は大麻を使用していたとの情報もあり、巨人在籍 時以前から薬物に親しんでいた可能性が出てきた。

 東京地裁はこの日、清原容疑者の勾留を14日から10日間延長する決定をした。期限は23日。

 警視庁によると、清原容疑者は調べに対し、下を向いていることが多いが、覚醒剤を受け取った状況についての供述を始めた。ただ入手先を尋ねると黙り込むという。

 これまで、1997年に巨人に移籍して以降、元同僚投手の野村貴仁氏(47)から譲り受けるなどして覚醒剤に手を染めていったことが判明している。それ以前の西武時代から、その“予兆”があったようだ。

 関係者によると、1988 年のハワイ優勝旅行時、夕方に1人で外出した後、朝方帰ったホテルで急にベランダに突進して飛び降りようとした。同室だった選手が慌てて取り押さえたが、 当時を知る関係者は「目の焦点が定まらず、フラフラだった。『薬物でもやって戻ってきたのではないか』という話になった」と打ち明ける。

  96年のハワイ・マウイキャンプ最終日の夜にも、高級ホテル内で“打ち上げ”と称して騒ぎまくった。女性を交えて1階の池に入ってはしゃぐなどしたとい い、チーム内で「大麻でもやっているのでは」とささやかれたという。別の年のマウイでも警察が駆け付けるほどの騒ぎを起こし、この際も大麻を使用したとの 疑いが浮上したとの情報もある。

 清原容疑者は覚醒剤の所持容疑を認めているほか、「腕に注射したり、ガラスパイプであぶって吸ったりし ていた」などと使用についても供述している。携帯電話の通信記録を解析するなどして入手経路などを引き続き調べるほか、尿からは覚醒剤の陽性反応が出てお り、警視庁は今後、使用容疑で再逮捕する方針。




【清原薬物報道】舎弟・元木大介が口を閉ざしているワケ
http://news.infoseek.co.jp/article/dailynewsonline_1088638/


news【清原薬物報道】舎弟・元木大介が口を閉ざしているワケ



 2月2日に覚せい剤所持の容疑で現行犯逮捕されて以来、連日にわたって世間を騒がせている元プロ野球選手の清原和博。余波は広がり、読売ジャイアンツ(以下、巨人)の関係者やOBの選手らを中心に続々と証言が出ているが、現役時代に清原和博と親密な関係を見せていた元プロ野球選手・元木大介が姿を現さず、野球ファンが首をひねっている

子分・元木が親分の騒動に口を閉ざしているワケとは?

 現在タレントとして活躍する元木は、1991年から2005年まで巨人に在籍。1997年に西武ライオンズ(現・埼玉西武ライオンズ)から移籍してきた清原とは約9年にわたって親交を温め、"球界の番長と子分"の関係が各メディアによく取り上げられていた。

  清原は現役時代も薬物を使用していたと言われ、同僚だった元プロ野球選手の野村貴仁が今月9日頃から頻繁にTVやマスコミに顔を出し、清原が巨人在籍時の 1998年頃も薬物を使用していたと証言。また別メディアの報道は清原が、「5万人いる球場の打席でバットを構えるのって、どうしようもなく緊張する。空 振りしてしまうとお客さんのハァーッていうため息が全部自分に吹かかるようで、緊張と不安で発狂しそうになる(週刊文春2月18日号特集記事「清原和博懺 悔告白」より一部抜粋)」と"親しい関係者"に苦しみを打ち明けていた、と記している。

 もし清原が現役時代に薬物を使っていたなら、元木が清原の"禁断の現場"に出くわした可能性は低くない。それだけに元木の発言に多くのマスコミが注目するところが、本人は依然沈黙を守っている。

「自身が立ち上げたラーメン屋が潰れたときには、TV番組に出演してその失敗ぶりをネタにすることに成功しました。しかし今回は一切表に出てきません。清原に気を遣っているのか、またはシャレにならん何かがあるのかもしれません」(報道関係者)

 しかし、現役時代に"お調子者"とアダ名された元木がこれだけ沈黙を貫いていると、ファンも不思議でならない。ネット掲示板やSNS上で「清原と巨人時代仲良かったのに元木ぜんぜんコメントしないのなんで?」「あれほど仲良かった元木大介のコメントが出て来ないな…」という声が出ている。

 東京スポーツが7日と9日に、清原に「覚醒剤を教えた先輩」について報道。さらに「球界関係者ではさらに、清原容疑者を慕う別の元選手も“薬物疑惑”が噂される。テレビ番組にも出演している人物だという(東京スポーツ2月9日記事「清原容疑者『覚醒剤ルート』にプロ野球大物OB」より一部抜粋)」と記述しており、ネット上でも数々の選手の名が挙がっている。

  元木はそのうちの一人として挙げられ、「(表に)出てこないから余計怪しい」「テレビ出演というと元木」などという声が広がり、疑惑が日に日に高まってい るのだ。だが一方で、「元木はむしろ清原から全力逃亡したろ」「潔癖症の元木は無罪」「(元木は)違う」と否定する意見も多い。

「無実を信じているファンのためにも、早く表に出てきて身の潔白をコメントしたほうが良いでしょう。これだけ沈黙していると、シャブ抜きするために雲隠れしていると勘違いされかねません」(同上)

 現役時代に仲の良い姿を見せた清原と元木。一体どこまで"親密な関係"なのか……?



「自動シャブ道」
「シャブ親子」

もうおちゃらかしに入ってるようでつね。


当初から情報の信憑性には疑義を示してきたが、


やはり俄然胡散臭くなってきましたな(縛w

「シャブBBA」はフィクションの可能性がある


というのはずっと印象としてあったわけだが、

とうとう「逃亡して群馬からいなくなった」とか


喚き始めたら、もう

「こいつがシャブBBAです!」


といって捕まる事もなく、ほんとにいたかどうか

も有耶無耶になるということでつね。


そうならないためにも、動きをキャッチしてる

んならとっとと捕まえてもらいたいでつね。



グンマーK札はそんなヤツ知らんと言ってる

わけで、K視庁主導でマスゴミにフィクションを


垂れ流してるニオイでつね。

そもそも


「誰がシャブBBAにシャブを流してたのか」

という話が一向に聞こえてこないのがおかしい


わけでつね。


キヨパラも逮捕前1週間の時点で観念してたかの


ような話もあるし、タイーホ直前のブログは

「試合終了」だったし、前もってK視庁から連絡


がいってて、「スケープゴートになってもらう」

ということで話がついてたんじゃないかと


思われるわけでつね。



キヨパラのヤク開始時期がずいぶん大幅に


さかのぼり始め、ついに西武のケツにまで火が

付いたようでつね。


そんな折に。。。



西武HD、堤義明氏に求めていた225億円回収 上場廃止問題
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160210-00000068-reut-bus_all


news西武HD、堤義明氏に求めていた225億円回収 上場廃止問題



[東京 10日 ロイター] - 西武ホールディングス <9024.T>は10日、前経営者の堤義明氏に支払いを求めていた求償債権225億円を全額回収したと発表した。特別利益に計上する。

西武HDの前身、西武鉄道は有価証券虚偽が発覚し、2004年に上場廃止となったが、株主から株価下落や上場廃止に伴う損害賠償請求の訴えを起こされ、225億円を支払っていた。西武は、責任は当時経営者だった堤義明氏ら旧経営陣にあるとして支払いを求めていた。

堤氏は、同氏が持つ資産管理会社の株式を現物出資し、そのほかは現金で支払う。現物出資分が200億円を占める見込みだ。

堤氏は西武を通じて「従前より会社に生じた負担は、私が負うべきものと考えていた。今回、解決に至り感謝している」とのコメントを発表した。



西武の元オーナーが「225」億円

お支払い(縛w


株価の安かった10年以上前に賠償が発生する

ことがわかってて、そのカネを日経平均が2万


超えるまで10年寝かせておいたんだから、

賠償して余りある運用益は出てたでせうな(縛w


汚いでんなぁ(縛w



飛び火はそれだけじゃなく元ラーメン屋に


まで(縛w

ヒゲ仙人では発動しなかった、野球関係者の名前


がびっしり書かれてるであろうヤクノートを発動

させるトリガーにするためには、


キヨパラをスケープゴートにする必要があった、

ということでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





元ドジャース首脳陣にとって大谷は長年の恋人。編成アドバイザーに野茂氏就任、パドレス日本市場攻勢の理由
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160213-00010002-baseballc-base


news元ドジャース首脳陣にとって大谷は長年の恋人。編成アドバイザーに野茂氏就任、パドレス日本市場攻勢の理由



日本人選手在籍は過去2人のみ

 ドジャースなどで活躍した野茂英雄氏が、パドレスの編成部門のアドバイザーに就任したことが12日に発表された。選手の育成、編成面に加え、球団の環太平洋地域への展開に貢献する役割に携わるという。

「パドレスのスタッフとして、またメジャーリーグに戻ってくることができてうれしいです。自分のアドバイスを若手選手に伝えられたらいいし、それが自分にとっても勉強になると思っています。チームがワールドチャンピオンになるための力になりたいです」

 野茂氏は自身の公式HP上でコメントを発表し、新たな挑戦に意欲を示した。
 それにしてもパドレスの日本市場への攻勢は、ここのところすごい。
 このオフは、やはりドジャースなどで活躍した斎藤隆氏を、インターンとして編成部門に招いた。さらに元日本ハムの中嶋聡氏をマイナーでのコーチ留学に招待。FA市場ではソフトバンク・松田宣浩の獲得に乗り出し、直接オファーも出したほどだった。

 11月には球団首脳が来日し、都内と高知市内で野球教室を開催。高知ではプロ野球戦力外選手や独立リーグ選手を集めトライアウトまで行った。
 チームに在籍した日本選手は大塚晶文と井口資仁の2人だけで、08年の井口を最後に8年以上在籍していない。一体何がパドレスに起きたのか?

キャンプ地に首脳陣がズラリ

 狙いは一つ。日本ハム・大谷翔平だ。
 近い将来、メジャー挑戦するであろう金の卵獲得へ向け、今から動き出しているのである。
 大谷は現在、アリゾナ州ピオリアでキャンプに参加しているが、そのキャンプ地も提携球団であるパドレスが提供しているものだ。
 キャンプ地ではA・J・プレラーGMや、元日本ハムのアンディ・グリーン監督らが、連日大谷に熱視線を送っている。

 そのプレラーGMはことあるごとに「我々は日本市場におけるパドレスという球団の存在価値を高めたいと思っている。日本は選手を見ても、経済的にも、非常に魅力的な市場だ」と繰り返してきた。

 球団フロントには、元ドジャースのピーター・オマリー氏が2012年に経営に参画して以降、ドジャース時代の腹心が続々と移籍してきた。

 アジア担当には故・アイク生原氏の娘婿のエーシー興梠氏が就任。元ドジャーススカウト部長のローガン・ホワイト氏も、GM直属の上級相談役兼プロ担当スカウト部長に就任した。


高校時代から接触している名スカウトコンビ

 興梠&ホワイトのコンビは、ドジャースで数々の日本人投手を成功に導いてきた。その2人がドジャース在籍時代、最後に獲得に動いたのが当時花巻東高校の大谷だった。

 ドラフトを控えた12年9月には、2人がそろって花巻東高校を訪問。佐々木洋監督と1時間40分にわたり面談し、獲得の意思を伝えた。
 面談後には日本メディアに対応。ホワイト氏は「アメリカでも、世界でもトップクラスの力を持つ選手。アメリカのドラフトでも1位の実力があると思う」と絶賛し、獲得を熱望していた。

 高校から直接のメジャー挑戦を公言していた大谷だったが、日本ハムがドラフトで強行指名。二刀流起用を確約することで口説き落とし、今に至る。

 パドレス首脳にとっては、球団をまたぎ、長年追い続けている恋人。このキャンプ中も、プレラーGMやローガン氏は大谷への称賛を続けた。

 球界では、早ければ17年シーズン終了後のオフにも、と言われている大谷のメジャー挑戦はいつ訪れるのか。すでに争奪戦は始まっているかのごとく、パドレスはその攻勢を緩めようとはしない。



ヤクノートに名前が書かれてしまうんでせうか?

ダメリカに行けば松坂やマー君やダルビッシュの


ように難癖つけられてヒジを切らされ

WBCに出られなくされるのがオチなんだが。


マエケンのように足元見られた不利な契約を

押し付けられて。



野茂はそんな連中の片棒を担ぐのか?

そもそも野茂はこみゅ能力低そうだが(縛w



まあ、野球もサッカーもフィギュアも

もうどうでもいいんだが。


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。