匿名党ブログとてんこもり野郎ヲチスレ(アメブロ版)

反日サマナ粉砕でつね。
わかり松。
( ゜∀゜)・∵ブハハ八八ノヽノヽノヽノ \/ \/ \!!!!!!!!!!!!!!!


テーマ:
.
日銀、マイナス金利導入 追加緩和
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160129-00000538-san-bus_all


news日銀、マイナス金利導入 追加緩和



 日銀は金融政策決定会合を29日開き、追加的な金融緩和策としてマイナス金利を導入することを決めた。米国の利上げで新興国からの資金流出が懸念される中、日銀は追加緩和で投資家の不安解消も狙う。

 日銀は平成25年4月、年50兆円のペースで国債を買って市場に大量のお金を流す「異次元の金融緩和」を導入。26年10月末には原油安などを受けて購入量を80兆円に増やした。




日銀、マイナス金利導入を決定
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160129-00000050-reut-bus_all


news日銀、マイナス金利導入を決定



[東 京 29日 ロイター] - 日銀は29日の金融政策決定会合で、当座預金に0.1%のマイナス金利を適用する追加緩和を決めた。年間80兆円の国債買い入れを柱とする従来の資産買い 入れを継続しつつ、当座預金を3つに分け、それぞれプラス金利、ゼロ金利、マイナス金利を適用する。

マイナス金利導入には、白井さゆり、石田浩二、佐藤健裕、木内登英の4委員が反対した。

同時に公表した展望リポートで2016年度の物価見通しを従来の前年比プラス1.4%からプラス0.8%に大幅に下方修正した。2%の物価目標達成時期を従来の2016年度後半から17年度前半に先延ばしした。




日経平均、上げ幅一時600円に迫る 円は一時121円台に急落 長期金利は過去最低を更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160129-00000541-san-bus_all


news日経平均、上げ幅一時600円に迫る 円は一時121円台に急落 長期金利は過去最低を更新



 日銀がマイナス金利の導入を決めたのを受け、29日の東京株式市場で日経平均株価が急騰し、上げ幅は一時600円に迫る場面があった。日銀の決定を好感し、主力株を中心に幅広い銘柄が買われ全面高の展開となった。

 また、東京外国為替市場では急速な円売りドル買いが起き、円相場は一時1ドル=121円台前半と、前日夕方に比べて2円60銭程度も円安ドル高に振れた。

 長期金利の指標となる新発10年物国債の利回りは一時0・185%をつけ、今月14日に記録した過去最低を更新する場面があった。



たあにょさん、、情報ありがとうございます。

しかし動揺し杉ですよ^^;


日銀がマイナス金利導入。



ten黒田日銀総裁:「それほど大きな影響与えてない」-市場変動が企業に
姑息な原油価格吊上げ作戦⇒こちら


こないだ引用した通り日銀は今回の政策会合で

相場が上がるようなことをしなければならない


状況だったんだが、まさかマイナス金利導入

だとは思わなかったでつね。



この情報を受けて相場は乱高下。

こないだの乱高下の時


「かつてないほど汚い相場」

と書いたが、それより汚かった(縛w



日経平均先物280129



日経平均先物が1秒間に300円乱高下する

異常事態。



一旦16800円まで下げてから

17830まで急騰。


その間、単純に「300円急騰」じゃなく、

17400になったり17700になったり


17500になったり17800になったり

また17400になったり17700になったり


300円ぐらいの幅でピョンピョン飛び跳ねる

乱高下。



そしてまた16800まで下げてから上昇。


チョメチョメしたかったけど早すぎて何もできず


ちょっとムカッとしちゃいました(縛w


嘔臭では一昨年6月5日、日本より1年半早く


マイナス金利を導入してるわけだがご存知の

通りの有様。


あんまり効果がある政策ではないわけでつね。

なので、相場にもたらす好影響は長くは続かない


というのがリアル分析でつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!




ten「チャート的に危険な状態」ってのはまだ全く脱していないので、今週以降、上がったところで持ち高を軽めにしておいた方が安心
姑息な原油価格吊上げ作戦⇒こちら



ten傷の浅いうちに決済するか、ちゃんとヘッジをかけておけばいい
まだまだ我々の攻撃ターン⇒こちら


と書いた通り、今後の相場の波乱に備えておいた

方がいいでつね。


お勧めしているのはあくまでも「危険回避」

なので、欲をかいてチョメチョメしようとして


損をしても関知しないのであしからず。





アベノミクス下の不動産投資に急ブレーキ、「静かなバブル」崩壊の声
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160129-00000001-bloom_st-bus_all


newsアベノミクス下の不動産投資に急ブレーキ、「静かなバブル」崩壊の声



    (ブルームバーグ):安倍政権下の異次元金融緩和で盛り上がっていた不動産取引が昨年後半から失速し、ブレーキがかかっていることが分かった。投資マネーの流入で物件価格が上昇し過ぎ、割高感が増しているからだ。さらに株安・原油安・円高の三重苦が景気動向に敏感な不動産市場の投資家心理を冷え込ませており、投資用不動産価格は下落の可能性があるとの見方も出ている。

みずほ信託銀行系の都市未来総合研究所の調査では、2015年上期(1-6月)の不動産売買額は前年比3.6%増の2兆5078億円と1996年以来の高水準を記録したが、下期(7-12月)は同31%減と失速し、通年では4年ぶりのマイナスだった。米総合不動産サービスのJLLグループによると、日本の商業用不動産投資額は15年第3四半期まで拡大傾向だったが、第4四半期は一転して前年比60%減少した。

デ フレ脱却を掲げる安倍政権の下で、日本銀行は13年4月に異次元金融緩和に踏み切り、Jリートや海外投資家を中心に不動産取引が活性化。特に緩和に伴う円 安進行により海外投資家には割安感が高まり、都市未来総合研によると14年の売買額は7年ぶりに5兆円台を突破していた。オフィス価格も押し上げられ、大 和不動産鑑定のデータでは15年第3四半期の東京都心部Aクラスビルの床単価は1年前と比べて2割上昇し、7年ぶりの高値をつけている。

ド イツ証券の大谷洋司アナリストは、不動産取引の減少について「価格が上昇し過ぎたことで、投資家が買えない水準まで来たため」と指摘。賃料上昇率が鈍化し ていることもあり、「不動産投資市場は徐々にスローダウンしていく可能性が高く、今年は静かなバブルが崩壊する年だ」との見方を示した。富士通総研の上席 主任研究員の米山秀隆氏も「価格調整しないと新たな需要は出てこない」と述べ、価格下落の可能性を明らかにした。

Jリート

野 村証券のアナリスト、福島大輔氏が「賃料の上昇がまだ弱いままであるのに対し、不動産の売買価格だけが先行して上昇した」と話すように、投資利回りの低下 が目立つ。JLLグループの調査によると、15年第3四半期の東京Aグレードオフィスビルの平均利回りは3.1%まで下がり、前回のミニバブル期の07年 第3四半期の3.2%を下回った。



上昇基調にあった東証REIT指数が昨年夏の中国ショックで下落し、不動産投資の主役であるリートの資金調達環境に陰りが見られた。不動産証券化協会のデータによると、Jリートの15年の資産取得額は前年比0.8%増の1兆6146億円にとどまった。

警戒感

15年は中国経済の減速懸念から7、8月に上海総合指数が急落。また、リスク回避の円買いから円相場は一時1ドル=115円台まで上昇するなど、市場環境が大きく変わり始めている。

不 動産投資会社のロードスターキャピタル(東京都中央区)の岩野達志社長は、「国内外の投資家は注意深くなっている」と指摘。中国経済が悪化すると、「対中 輸出が減って日本企業の業績が悪化して、テナント需要も減る」と述べ、実体経済面からも不動産市場に響くとの見方を示した。

ニッセイ基礎研究所の不動産投資市場の景況感調査によると、6カ月後の見通しについて08年以来初めて「悪化」「やや悪化」が「改善」「やや改善」を上回った。不動産価格については、3割近くがすでにピークを迎えたという。

外国人投資家

円安効果が引き続き薄れれば、外国人投資家は今後は売り手として出てくるという見方も出ている。都市未来総合研の主席研究員、平山重雄氏は「外資系は動きが変わってきた」とみている。14年は外資系法人は過去最高の1兆円規模の取得に動いたが、15年は売却超に転じたと分析しており、「16年も利益確定の売りが強く出る可能性がある」と言う。

中国経済の悪化はエネルギー需要の減少をもたらし、原油価格は急落。産油国のオイルマネーについて、「今後は東京の不動産に対して買いよりもむしろ売りに出るのではないか、という見方が市場の方向性につながる可能性がある」と野村証の福島氏は話す。

年 初来27日までの下落率はTOPIX(東証株価指数)の9.5%に対し、TOPIX不動産業指数は12.6%。Jリートを組み入れた東証REIT指数は 2.1%安。ドイツ証の大谷氏は、日本株全体の中で不動産業種の値下がりが目出つのは「今後不動産市況が悪くなるとの見方をすでに織り込んでいるためだ」 と分析する。




暴落の可能性大 サウジ政府ファンドが叩き売る「赤信号銘柄」 「世界経済大異変」に備えよ
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160128-00047532-gendaibiz-bus_all


news暴落の可能性大 サウジ政府ファンドが叩き売る「赤信号銘柄」 「世界経済大異変」に備えよ



原油は「10ドル割れ」もある

 サウジアラビアとイランの国交断絶騒動。中東有事が起きると原油の供給が滞る懸念が高まり、原油価格は上昇するというのがこれまでの常識だったが、今回はそれが崩れた。原油価格下落が止まらないのである。

 「いま原油価格が下がり続けているのは、とにかく世界的に需要がないからです。そのため、供給が滞る心配が出ても原油価格上昇につながらないのです。

 バルチック海運指数という指標は高いほど世界的に物流が活発なことを示しますが、現在はこの指数がリーマン・ショック時の値を下回っている。バルチック指数の動きはそのまま世界の実体経済の景気状況を表し、それに原油価格は連動する。

 世界的に不況でモノが動かないので、原油価格も上がるわけがないというのが実態です」(シグマキャピタルのチーフエコノミスト田代秀敏氏)

 世界平和研究所主任研究員の藤和彦氏は、「原油価格は10ドル割れしてもおかしくない」と言う。

 「供給過剰の状態が続く限り原油価格は下がっていくので、20ドルまで下がるのは時間の問題です。原油価格が30ドルを切ったことで採算割れし、採掘できずにフリーズしてしまっているシェール関連企業も急増している。

 今年4月にこうした企業への与信枠の見直しが行われる見込みで、原油20ドルでは銀行貸し出しができないとなった時に、ジャンク債市場でパニックが起こる可能性がある。それが引き金となって金融危機を招けば、原油価格はさらに暴落するので、10ドル割れもあり得る

 そんな逆オイルショックが巻き起これば、日本も対岸の火事ではない。

 「JXホールディングスや出光興産などの石油企業は大幅な評価損を強いられるし、プラント開発の受注も激減するので日揮やIHIなどの業績も直撃する。

 意外に思われるかもしれないが、自動車メーカーにも打撃です。というのも、日本車はアメリカで売っていますが、原油安になると日本勢が得意とするエコカーが売れなくなる。トヨタの新型プリウスなどはアメリカで売れなくなる可能性が出てくる」(ちばぎん証券顧問の安藤富士男氏)

 それだけではない。

 実はサウジアラビアなどの産油国は、豊富な原油収入を元手に政府系ファンドを組成し、巨額を日本株に投じてきた。

 が、原油価格の下落にともない、その投資マネーを引き戻す動きに出始めており、これが日本株を直撃しているのだ。

 「昨年8月下旬以降に日本株は大荒れとなりましたが、これはオイルマネーの売りが大きな要因でした。オイルマネーは世界の運用資産の1割を占めるほど巨大なので、このマネーの巻き戻しが起こると株価は一気に冷え込んでしまう」(経済アナリストの中原圭介氏)

 サウジアラビアの政府系ファンドが実際にどのような日本株に投資しているかを本誌が調べた結果が、上の表である。

  大手企業から知る人ぞ知る中小型株まで、よくぞここまで見ているなと感心させられる。そこまで日本株に熱心に投資してきたことがうかがえるが、スルガ銀 行、パイオニア、マツダなどはすでに投資額を大きく減らして大株主から名前が消えており、オイルマネーの引き揚げが始まっていることがうかがえる。

 「サウジアラビアは原油安で、財政赤字拡大が深刻化しているのです。サウジは100兆円近い政府系ファンドを運用していますが、これを取り崩さなければ財政が回らない状況。IMF(国際通貨基金)は、あと5年でこの政府系ファンドも底を突くと警告しているほどです」(ミョウジョウ・アセット・マネジメント代表の菊池真氏)

 原油価格がさらに下がることを見越せば、今後はイオンモール、サイバーエージェント、丸井グループなども叩き売りの対象になる可能性が高い。これらは値下がりリスクのある「赤信号銘柄」といえるわけだ。

 実はノルウェーの政府系ファンドも株式投資を圧縮する方針を示している。ノルウェーの政府系ファンドは1500以上の日本株に投資しているので、それらも「危険銘柄化」することになる。

  「一方で、アブダビなどの政府系ファンドはトレーディングで原油安の穴を埋めようと、積極的な投資を仕掛けようとしている。彼らは日経平均先物を使って短 期的な仕掛けをする傾向が強いため、これは日本株にとって乱高下要因となりかねない」(マーケットアナリストの豊島逸夫氏)

 日本株は当面、オイルマネーに翻弄されることになりそうだ。

不動産は都心でも下がり始める

  「中東などのオイルファンドはこれまで日本の不動産に多く投資してきたが、これを売り始めている。都心部の不動産はオイルマネーと中国人による爆買いで買 い支えられてきた面が大きいが、中国人の買いも萎んできたため、市況に頭打ち感がただよってきた。不動産の急落リスクが出てきたといえる」(海外投資家の 情勢に詳しい株式評論家の渡辺久芳氏)

 不動産業界はいま、「施工費の影響もあり、都心部を中心に高騰状態。マンションも一般的なサラリーマン世帯が購入できないほどの市況になっている」(不動産経済研究所主任研究員の松田忠司氏)。銀行の不動産向け融資も急増してまさに'80年代のバブルさながらだが、そんな「宴」にも終幕が見えてきた。

 「首都圏マンションの平均販売価格が24年ぶりに6000万円を超えてバブル並みだと話題ですが、これは一部の高額物件が売れたのがデータに出てきただけ。不動産市場の実態は、大都市と地方、富裕層と一般市民などの格差が急拡大している。

 しかも、マンションで過熱しているのは国内外の富裕層が中心になって購入する都心や湾岸エリアなどだけで、郊外や地方は実需が価格上昇についていけず、供給も少ない。賃貸住宅も相続税の節税目的で乱立しており、供給過剰感が強く、空き家増加のリスクが高まっている」(ニッセイ基礎研究所不動産研究部長の松村徹氏)

 そこへきて海外勢の投資マネーも引き始めているのだから、ただ事ではない。今後はオフィスや商業施設も危ない―。

  「オフィス物件は好調だと言われているが、都心の一部の大型オフィスだけ。それも既存テナントが建て替えられるため、別のオフィスに移転しているだけで、 実需は弱い。今後は東京五輪に向けて大型ビルの開発ラッシュですが、実需がこの水準だと、大型オフィスの空室問題が浮上してくる可能性すらある。商業ビルも郊外部を中心に荒廃が進んできて、お客が来ないショッピングモールが出てきた」(オラガ総研代表の牧野知弘氏)

 丸の内も湾岸エリアも郊外のショッピングゾーンも、すべてが一気に冷え込む不動産不況がもうすぐ始まる。早く売らないと間に合わない。



ゲンダイみたいに煽るようなタイトルをつける

のは相場ネタとしてあるまじきと思うわけだが、


まあ東京都心の土地が値下がりし始めてるよう

でつね。



ここでも外人がずいぶん買ってるようでつね。

土地価格が下がって損をするのは欲をかいて


住みもしないくせに投資目的で買うだけ買って

ほっといたマヌケ共でつね。



前にマンションを高値で叩き売った話を書いた

が、高い時に売る、それが鉄則でつね。



買おうとしてる方は待った方がよさそうだし

売ろうとしてる方はとっとと売った方がよさそう


でつね。


日銀が物価目標を先延ばししたのも、


相場が底打ち反転するのがその辺だと

見込んでのことでつね。



相場は自己責任だし、リアル分析が外れても

責任の取りようはないんだが、


それでも警鐘は鳴らしておきます。





ついに下院もオバマケア廃止法案可決 オバマ大統領「時代に逆行」拒否権発動したが…
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160123-00000535-san-n_ame


newsついに下院もオバマケア廃止法案可決 オバマ大統領「時代に逆行」拒否権発動したが…



 米下院は6日、バラク・オバマ大統領(54)の看板政策である医療保険制度改革(オバマケア)を廃止する法案を240対181の賛成多数で可決し た。廃止法案は上院でも昨年12月に可決済みで、2010年のオバマケア関連法成立後初めて、共和党が公約としてきた廃止法案が上下両院を通過したかたち だ。オバマ氏は8日に拒否権を発動して廃止法成立の芽を摘んだが、米国民の間でのオバマケアへの不人気が改めて示されたといえる。11月の大統領選に向け て共和党の候補者はこぞってオバマケア廃止を訴えており、選挙後にはオバマ氏の最大の政治的遺産(レガシー)が危機にさらされる可能性が現実味を増してい る。

 ■「時代に逆行」と拒否権

 「民主党がオバマケア廃止を阻止する5年間にわたる日々が終わった。われれは廃止の約束を守っていく」。ポール・ライアン下院議長(45)=共和党=は6日の法案可決後、オバマケア廃止に向けた戦いを続けていく意欲を示した。

  共和党優位が続いてきた下院はオバマケア関連法案成立以降、繰り返し廃止法案を可決してきたが、14年まで民主党が多数派を占めていた上院では審議が見送 られ、廃止法案が議会を通過することはなかった。しかし14年の中間選挙での勝利で共和党は15年から上院でも多数を確保。今回の廃止法案では予算審議を からめる特別な投票手続きを使って、民主党による議事進行妨害(フィリバスター)を回避し、過半数の賛成で可決にこぎつけていた。

 一方のオバマ氏は8日、議会から送付された廃止法案に拒否権を発動。共和党が議会で3分の2以上の賛成を集めて拒否権を覆すことは事実上不可能で、オバマケアの存続は確実だ。

  オバマ氏には、低所得者への補助金提供や保険会社が病歴を理由に保険加入を断ることを禁止することなどで無保険者を減らすというオバマケアの理念は米国全 体の利益にかなうという信念がある。実際、12年段階では4800万人いた無保険者は14年には3300万人まで減っており、オバマ氏は「廃止法案は時代 に逆行する内容だ」と厳しく批判する。

 ■国民の支持は41%

 しかし米国民のオバマケアに対する評価は複雑だ。米紙ニューヨーク・タイムズとCBSテレビが12日に発表した世論調査ではオバマケアへの支持は41%にとどまり、不支持の52%を下回った。またオバマケアに修正を加えるべきだとの意見は回答者の53%、廃止すべきだとの意見も35%を占めた。共和党支持者に限れば廃止すべきだとの意見は65%に達している。

  無保険者の大幅減にもかかわらず、オバマケアへの不支持が根強いのは、医療保険を広く提供するという理念を実現するためには、加入者に求める負担の引き上 げが避けられないからだ。米政府によると、連邦政府が運営する保険購入サイトで提供される保険の16年の保険料は前年比7.5%上昇した。多くの加入者は 政府からの補助金で自己負担は抑えられるが、所得が高い約2割の加入者は保険料上昇の影響をそのまま受けることになる。

 ■巨額の財政負担増

  もちろん補助金の原資は税金であるため、最終的にはすべての国民に負担増がのしかかることになる。米議会予算局(CBO)によると、16年から10年間の オバマケアのための財政負担増は1兆3500億ドル(約158兆円)に達する。小さな政府を志向する共和党支持者の間で、政府が大きな役割を担うオバマケ アへの人気が低いのは当然ともいえるだろう。

 このため大統領選で共和党からの出馬を目指す候補者たちは「オバマケア廃止」で一致してい る。支持率でトップを走る不動産王、ドナルド・トランプ氏(69)は14日のサウスカロライナ州での討論会で、「医療保険制度はホラー映画のような状態 だ。オバマケアを廃止して別の制度に置き換える」と宣言。マルコ・ルビオ上院議員(44)も「大統領になればオバマケアを排除する」とアピールした。

  11月8日の大統領選挙で共和党の候補者が勝利すれば、オバマケア廃止への動きが加速することは間違いない。ただしCBOはオバマケアが廃止された場合は 無保険者が2200万人増えるとも予想しており、オバマケア廃止が現実味を増せば、反動でオバマケア存続論が高まる可能性もある。(こくも・のりお ワシ ントン支局)



オバマに対する逆風が強くなってるわけでつね。

それが今年終盤にかけての相場に影響すると


思われるのでお気をつけくだちい。


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。