匿名党ブログとてんこもり野郎ヲチスレ(アメブロ版)

反日サマナ粉砕でつね。
わかり松。
( ゜∀゜)・∵ブハハ八八ノヽノヽノヽノ \/ \/ \!!!!!!!!!!!!!!!


テーマ:
.
NY原油、9%高=買い戻し殺到で32ドル台
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160123-00000019-jij-n_ame


newsNY原油、9%高=買い戻し殺到で32ドル台



 【ニューヨーク時事】週末22日のニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、日欧による追加金融緩和観測や欧米の寒波予報などを手掛かりに持ち高調整の買い戻しが殺到し、1バレル=32ドル台に大幅続伸した。
 米国産標準油種WTIの清算値(終値に相当)は、前日比2.66ドル(9.0%)高の32.19ドル。 




原油200万バレル炎上、石油貯蔵施設の火災 リビア
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160123-00010007-afpbbnewsv-int


news原油200万バレル炎上、石油貯蔵施設の火災 リビア



【1月23日 AFP】リビア北部ラス・ラーヌーフ(Ras Lanouf)の石油貯蔵施設で21日に発生した火災は、1日経っても燃え続けている。今回の火災について当局は、石油輸出ターミナル制圧を目指すイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」の襲撃によるものとしており、原油貯蔵タンク4基、合わせて約200万バレルが炎上しているという。(c)AFPBB News




非加盟国の石油供給、縮小へ=米シェール減産で―OPEC月報
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160119-00000003-jij-eurp


news非加盟国の石油供給、縮小へ=米シェール減産で―OPEC月報



 【ロンドン時事】石油輸出国機構(OPEC)は18日公表した1月の月報で、米国やロシアなどOPEC非加盟国の石油供給が2016年に、8年ぶりに縮小するとの見通しを示した。
 原油相場安で米国のシェールオイルの生産が減少することが主因。
 月報によると、15年まで7年連続で増加していた非OPECの供給は16年に日量5621万バレルと、前年比66万バレル減少する。このうち、米国の供給は38万バレル減の1350万バレルにとどまる。
 月報は「OPEC非加盟国の生産は今後6カ月、持続的な原油安の影響を受けやすい」と指摘した。 



おーおー、皆さん原油価格を吊り上げるために

必死でんなぁ(縛w


金融を使って原油価格を吊り上げるのは

原油不正の手口そのまんまでっせ(縛w



まあ原油先物も空売りが溜まってただろうから

急激な買戻しが入ったわけでつね。



金融の手口だけでは飽き足らず、ISに

石油タンクを爆破させてまで原油価格を


吊り上げようとするISの飼い主共。


こんなクズ共とつながってるイスラエルと


スンニ派、そしてその飼い主のエ下劣。

その事実が世界中のパンピーにに曝されれば


もともと低い名声が自誤苦の底まで落ちるのは

火を見るより明らかでつね。



そしてここへきてアメリカもシェールオイルの

生産が反転減少(縛w


30ドル台じゃ絶対原価割れだからな(縛w


どこのクズだっけ?


「ロシアは原価割れニダ!」

とか喚いてたのは(縛w



ホース突っ込んで吸い上げるだけのロシアより

掘削して薬剤流し込んでそれを吸い上げて


薬剤を分離しなきゃならないシェールオイルの

方がはるかにコストが高いことぐらいわかるよ


なぁ、いくら下等生物でも(縛w


可汗一味 の下僕のサウジの原油増産のせいで


可汗一味のシェールオイル詐欺が壊滅とは

まさに同士討ち、なんとも皮肉な話でつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!





原油暴落で中東の政府系ファンドが売り浴びせ 日本株、さらに下落が加速するという観測
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160123-00000002-jct-bus_all&pos=1


news原油暴落で中東の政府系ファンドが売り浴びせ 日本株、さらに下落が加速するという観測



 株価下落が止まらないなか、政府系ファンド(ソブリン・ウェルス・ファンド、SWF)による日本株の売り観測が広がっている。

 SWFは、アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ投資庁やシンガポールのテマセク・ホールディングス、ノルウェー政府年金基金、サウジアラビア通貨庁、中国投資有限責任公司などが有名だ。一時は日本の大手企業の大株主に名を連ねていたが、その多くが消えているという。

■15年の日本株、海外勢は7年ぶりの売り越し

 東京証券取引所が2016年1月7日に発表した15年1月5日~12月30日の投資部門別株式売買動向によると、海外投資家は日本株を2509億円も売り越した。海外勢が年間を通じて日本株を売り越すのはリーマン・ショックのあった2008年以来7年ぶりのことだ。

 2015年の海外勢は、1月に8000億円を超えて売り越した後、2~5月は買い越し、6~9月は売り越し、10~11月は再度買い越した。しかし、8~9月の2か月で3兆7355億円を売り越し。9月の月間売越額の2兆5772億円は、ブラックマンデーのあった1987年10月を抜き、過去最高を記録した。中国株の暴落に揺れた夏場の歴史的な売りが、年間ベースでも尾を引いたとみられる。

 こうした海外勢の「日本株売り」の背景に、中東や中国の政府系ファンドがいるということのようだ。

 政府や中央銀行など国営や公的機関が運用している政府系ファンド(SWF)には、サウジアラビアやUAEなどのように原油や天然ガスで得た利益を原資とするファンドと、中国やシンガポールなどのように外貨準備高を運用原資とするファンドがある。

 なかでも2007年前後に起った世界的な資源価格の急騰を背景に、ロシアやクウェート、カタールなどの原油供給国によるファンドが増加。その運用金額が急増したことで世界的に株式市場への影響力が高まった。

 最近、「日本株売り」が目立つとされるのは、こうしたサウジアラビアなどの原油の輸出収入に依存しているSWF。原油相場が1バレル30ドルの節目の水準を割り込んだことで原油収入が減少。それにより経済成長が鈍化し、自国の財政もひっ迫、政府が現金を捻出するためにSWFの資産を売却したりしているとされる。

 これまで原油高の追い風に投資先を拡大、利益を得てきた原油産出国のSWFがいま、その富を取り崩しはじめているわけだ。経済の先行き不透明感から、株価水準が高いうちに売却して利益を得ようという狙いもある。

 ただ、こうした動きが加速すれば、さらに株価を押し下げるかもしれない。

原油安で手元資金が減少、ファンドから取り崩し

個別銘柄をみると、たとえばサウジアラビアのSWFの「SAJAP」は、2014年3月末時点で3552万株を保有していたマツダ株を、15年3月末まで に一気に2842万株を売って、710万株に減らした。また、スルガ銀行株は483万株から24万株を売却。15年3月末は458万株となった。ナブテス コ株も15年3月末には251万株あったが、わずか半年後の9月末には192万株に減らした。

一方、原油での利益を運用原資にしていない中国のSWF「OD05」は、2008年ごろからトヨタ自動車やホンダ、ソニーなど多くの日本企業の大株主に名を連ねていたが、15年3月末までにほぼ姿を消したという。

ピークの12年度末には167社、時価総額(推定)で約4兆円を保有していたが、2013年ごろから大株主から消えたり、保有株を減らしたりするケースが 増加。「OD05」の動向を分析してきた、ちばぎん証券顧問の安藤富士男氏は、「15年12月末時点でわかっているは、イビデンやアルパイン、サマンサタ バサなど6銘柄だけ」で、時価総額は推定で500億円程度まで減ったとみている。

現在保有しているイビデン株も、ピーク時の14年9月末には672万株を保有する筆頭株主だったが、それを1年後の15年9月末には515万株まで減らした(株主順位は第5位)。安藤氏は、「中国の外貨準備高の減少とともに減らしてきています」と説明する。

たしかに、中東や中国のSWFが投資した資金を続々と取り崩しているようだ。

第一生命経済研究所・経済調査部の主任エコノミスト、藤代宏一氏は、「1月18日時点で、騰落レシオが売られすぎの目安となる70を大きく下回る 『58.9』となる、異例の低水準にあります」と指摘。「2000年以降で騰落レシオが60を割り込んだ局面は今回以外にわずか6回(23営業日)しかな く、それらの大半はITバブルやリーマン・ショックという世界的な株価の下落局面にみられたものです」と話す。

かなり危機的な状況のように思えるが、藤代氏によるとまだ、そこまで追い込まれてはいないようだ。藤代氏は「SWFが日本株を売り進める心配はあります が、ファンドによる『暴落危機』というのは言い過ぎ。日本株は利益確定売りのターゲットになってしまっただけです」とみている。

現在の株式市場は、「むしろライブドア・ショック後の2006年6月に近い状況で、当時が再現されるならば、株価は近いうちに急速に回復することが見込まれます」と話す。

個人投資家にとっては、そうあってほしいと祈るばかりだ。




黒田日銀総裁:「それほど大きな影響与えてない」-市場変動が企業に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160122-00000064-bloom_st-bus_all


news黒田日銀総裁:「それほど大きな影響与えてない」-市場変動が企業に



    (ブルームバーグ):日本銀行の黒田東彦総裁は22日、ブルームバーグのインタビューで、「現時点で、企業は非常に積極的な設備投資計画を維持しており、賃金も上昇している。市場の変動が企業行動にそれほど大きな影響を与えているとは思わない」と述べた。

ス イスのダボスでインタビューに答えた黒田総裁は、「現時点で期待インフレ率は比較的維持されており、大きく低下しているとは思わない。もっとも、原油価格 の低迷が長引き、グローバルな金融市場の混乱が長引けば、期待インフレ率に影響を及ぼす可能性がある」と語り、金融市場の動向を注視すると強調した。

黒 田総裁は現在の状況について「リーマン危機後のような状況ではない」と指摘。中国経済については「中国政府はあらゆる形の景気後退に対応する手段を非常に 豊富に持っている。私は中国経済に関する短期的な見通しは比較的楽観している」と述べた。一方で、「現在のグローバル金融市場の混乱が長引けば日本経済に 影響を及ぼすので、グローバル金融市場とアジアの実体経済を注視している」と語った。

日銀は28、29両日、金融政策決定会合を開く。日銀は同会合で経済・物価情勢の展望(展望リポート)を策定し、生鮮食品を除くコア消費者物価指数(CPI)上昇率の新たな見通しを明らかにする。原油価格の下落により、見通しの下方修正と2%達成時期の先送りは必至の情勢で、円高の進行と株価の不安定な値動きも加わって、日銀が同会合で追加緩和に踏み切るとの見方が強まっている。

市場の見方

BNP パリバ証券の河野龍太郎チーフエコノミストは22日付のリポートで、展望リポートでは、物価2%の達成時期の「さらなる先送りが不可避であろう。円高傾 向、及びインフレ期待の低下に歯止めをかけるため、日銀執行部が1月会合で追加緩和が必要と判断しても不思議ではない」としている。

黒田 東彦総裁はこれまで、度重なる物価見通しの下方修正と2%達成時期の先送りは主に原油価格の下落によるものだとして追加緩和には動かなかった。日銀は昨年 4月、2%達成時期を「2015年度を中心とする期間」から「16年度前半」に変更。昨年10月にはさらに「16年度後半」に先送りしたが、いずれも追加 緩和は見送った。

第一生命経済研究所の藤代宏一主任エコノミストは22日付のリポートで、「日銀が追加緩和に踏み切る可能性が急速に高まっている」と指摘。「市場参加者の追加緩和期待が高まっているということは『ゼロ回答』に対する失望リスク増大を同時に意味する」という。一方で、日銀が追加緩和に踏み切っても、その効果に対して懐疑的な見方もある。

みずほ証券の上野泰也チーフマーケットエコノミストは22日付のリポートで、「リ スクオフの大きな流れが止まっていない中で残り少ない追加緩和カードを切っても、それが流れを決定的に転換させられる保証はない」と指摘。一時的に円安、 株高が進んでも、「中国や原油の関連で新たな悪材料が出て『帳消し』になってしまうリスクがあることは否定できない」としている。



いま追加金融緩和をやれば帳消しになるかも

しれない。。。


という話があるようだが、ここのところの急落で

日経平均は16000円まで下げ、JQE2前の


高値を割ってしまったわけでつね。


まあ一瞬割ったからと言ってどうということは


ないが、2万円を超えた株価がここまで落ちれば

3回目が失敗するかもしれないという懸念は


さもありなんといったところでつね。


J-CAST=アカヒが必死に


「日本株ヤバいニダ!」
「去年9月に外人が大量に売ったニダ!」

と喚いてるが、去年9月ってのはギリシャ問題で

株価が急落したとき。


つまり外人は投げ売りして大損したわけでつね。


その時買い捲ったのが日本の機関投資家(縛w


外人が大量に売ろうが痛くも痒くもないどころか

むしろ笑いが止まらないわけでつね。




原油価格の下落でインフレ率が上がらないという

ことだが、まあ原油価格が永遠に下がり続ける


わけでもなし、下げ止まってから1年後には

インフレ率が確実に目標に達成するであろうこと


は現状の経済状況から言って間違いないわけ

でつね。



まあ原油価格がゼロになるならありがたいこと

だが(縛w


そうなるとしても、いま原油価格が30ドルなら

今後下がる余地はせいぜい30ドル。



これまで100ドルから30ドルまで70ドルも

下がったわけだから、今後どんだけ下がろうが


さして影響はないわけでつね。



これでエ下劣が突然デフォルトなんてことに


なれば世界の金融市場は大混乱するわけだが、

まあそれはそれでいいか(縛w




ここで下げ止まるかどうかは何とも言えないが、

「チャート的に危険な状態」ってのはまだ全く


脱していないので、今週以降、上がったところで

持ち高を軽めにしておいた方が安心かもしれない


でつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

わかり松。さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。