匿名党ブログとてんこもり野郎ヲチスレ(アメブロ版)

反日サマナ粉砕でつね。
わかり松。
( ゜∀゜)・∵ブハハ八八ノヽノヽノヽノ \/ \/ \!!!!!!!!!!!!!!!


テーマ:
.
>マウント・ゴックスとみずほ銀行の危ない関係
>http://tokumei10.blogspot.jp/2014/03/blog-post_4601.html


>キタコレ!(爆wwwwwwww

確かにキタな!!!!



米国でビットコイン騒動過熱 「お墨付き」与えた連邦当局は規制に乗り出せるか
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140316-00000520-san-n_ame


news米国でビットコイン騒動過熱 「お墨付き」与えた連邦当局は規制に乗り出せるか



 「ビットコインは米経済に混乱を招くものだ。現状を放置すれば、米国の消費者が取引で損失を被る」

 仮想通貨ビットコインの最大の取引所「マウントゴックス」(東京)が経営破綻する直前の2月28日。ジョセフ・マンチン上院議員(66)=民主党=は財務省と米連邦準備制度理事会(FRB)に書簡を送り、規制を強化するよう求めた。

 ビットコインの信用不安で、仮想通貨の利用が盛んな米国が揺れている。ビットコインに寛容な当局がバブルを助長したとの見方があり、議会や各州に規制強化を求める声が強まっているが、政府やFRBなど連邦当局は及び腰だ。

 ■議会や各州が危機感

 ビットコインが薬物取引などの犯罪の温床になっているとの指摘もあり、マンチン議員は「(ほとんど)規制がないため、ビットコインは非合法活動にも使われている」とし、「危険な通貨だ」として、当局に対して適切な行動をとるよう促した。また、トム・カーパー上院議員(67)=民主党=も「この失敗を米国で繰り返してはならない」と、連邦レベルでの規制を訴えている。

 さらにニューヨーク州の金融当局の幹部も、マウントゴックスの問題で、「投資家を守るため、仮想通貨を扱う業者に適切な規制が役割を果たすことが示された」として規制強化の必要性を訴えている。ニューヨーク州では、ビットコインの取引所の創設を免許制にして、証券取引所に近い規制を適用するなどの案が浮上している。ほかにも、アラバマ州の証券当局も「強い懸念」を表明している。

 議会や各州が危機感を抱くのは、連邦政府やFRBがビットコインの合法性にお墨付きを与えたことが市場を過熱させた側面があるとみているためだ。

 ■バーナンキ氏がお墨付き

 昨年11月に上院で開かれたビットコインに関する初の公聴会で、財務省や司法省の幹部はそろって「法的に問題なし」と明言した。FRBのベン・バーナンキ前議長(60)にいたっては、「迅速な決済につながれば長期的な利点をもたらす」と期待まで示した。公聴会直後にビットコイン市場は高騰し、一時1コイン=1000ドルの大台を突破した。

 インターネットが普及する米国は、早くからビットコインやライトコインなど各種の仮想通貨が普及した。ネット通販の決済だけでなく、最近は買い物や飲食など現実の店舗でも仮想通貨が使えるところが増え、家賃の支払いを認める不動産業者まである。仮想通貨はもはやネット上の仮想市場を飛び出し、現実社会にも大きな影響力を与えつつあるのだ。

 それだけに仮想通貨の信用悪化は米社会を不安に陥れている。

 マウントゴックス破綻をめぐり、イリノイ州の顧客が損害賠償を求めて連邦地裁に訴訟を起こしたことも判明し、司法の場でもビットコインが「裁き」を受けようとしている。

 ■にべもないFRB議長

 だが、財務省や司法省は表だったコメントを控え、FRBのジャネット・イエレン議長(67)は2月27日の議会証言で、「監督権限は財務省や司法省にあり、FRBではない」とにべもなく、ビットコインは発行元がいないため規制は困難との認識を示した。

 ただ、日本など各国でビットコインに対する規制強化に向けた動きが相次ぐ中、マンチン議員は「警告に米国も耳を傾けるときだ」と、連邦当局の腰の重さにいらだちを隠さない。

 ウェイン州立大(ミシガン州)のピーター・ヘニング教授は米紙ニューヨーク・タイムズへの寄稿で「規制強化は不可避だ」と指摘している。

 米紙ウォールストリート・ジャーナルによると、連邦取引委員会(FTC)や消費者金融保護局(CFPB)が内部で仮想通貨に関する説明会を開いているほか、証券取引委員会(SEC)と商品先物取引委員会(CFTC)も規制面での検討を進めているという。

 すでにマネーロンダリング(資金洗浄)に関してはビットコインは米当局の規制対象になっているが、さらに規制の網が広がるかが焦点だ。

 波紋が広がるビットコインとどう向き合うのか。“仮想通貨大国”の米国の動向は各国にも影響を与えるだけに、今後の展開が注目されそうだ。(ワシントン支局 柿内公輔)



ダメリカ金融政策の中枢、

FRBがお墨付きでつね。


疑いがコインでつね。

で書いた通り、

金融不正と言えばエ下劣でつね。


そしてダメリカのバックはエ下劣。

エ下劣の租借地、香港で660万円分バラ撒き。


まあ今に始まったことじゃないが、

悪事は全部つながるんでつね。

エ下劣に!!!!


で、ダメリカから規制の動きが出るってことは

エ下劣えんがちょでつね。


断腸の特技、ホルホルブーメランでつね。

わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。