匿名党ブログとてんこもり野郎ヲチスレ(アメブロ版)

反日サマナ粉砕でつね。
わかり松。
( ゜∀゜)・∵ブハハ八八ノヽノヽノヽノ \/ \/ \!!!!!!!!!!!!!!!


テーマ:
.
英10-12月失業率7.2%、予想外の上昇-改善の勢い、やや減速か
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N18LJX6KLVS001.html


news英10-12月失業率72%、予想外の上昇-改善の勢い、やや減速か



  2月19日(ブルームバーグ):英国の昨年10-12月の失業率 は、横ばい予想に反して上昇した。最近改善していた雇用市場の勢いがやや失われた兆候が示された。

英政府統計局(ONS)が19日発表した国際労働機関(ILO)基準の10-12月の失業率は7.2%と、9-11月の7.1%から上昇。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト31人の調査中央値 では7.1%が見込まれていた。

同時に発表された失業保険申請ベースの2014年1月の失業者数 は前月比2万7600人減と、減少幅はエコノミスト予想より大きかった。

イングランド銀行(英中央銀行)は先週、失業率が7%を上回る水準にとどまる限り利上げ を検討しないとしてきた方針を事実上撤廃。フォワードガイダンス(時間軸政策)を導入した昨年8月に想定したよりも速いペースで経済が拡大したためで、今後は余剰能力やさまざまな指標を見ながら低金利を維持すべきか考える。

ニューエッジ・ストラテジー(ロンドン)のアナリスト、アナリザ・ピアッツァ氏は「最近の失業保険申請件数の減少ペースは、向こう数カ月で緩やかになるとみている。2014年に入って間もない時期の活動の勢い鈍化を示した最新の企業動向調査が示唆する通りだ」と発言。ただ、「ILO基準の失業率がやや上昇したにもかかわらず、雇用市場の様子は比較的堅調だ」とも述べた。





英RBS、株式デリバティブと仕組み商品部門を仏BNPに売却
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N18Q5W6KLVRO01.html


news英RBS、株式デリバティブと仕組み商品部門を仏BNPに売却



  2月19日(ブルームバーグ):英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS )は、株式デリバティブ(金融派生商品)と仕組み商品部門をフランスの銀行BNP パリバに売却した。政府救済を受けたRBSは投資銀行事業の縮小を進めている。

RBSは発表文で売却について「2013年に発表したRBSグループのマーケット部門の戦略的再編とリスク圧縮の一環だ」と説明した。

同行は資本コストの高さや費用を理由に、仕組み商品と株式デリバティブ事業から完全に撤退するとしている。発表によると、今回の売却で最大150億ポンド(約2兆5500億円)のライアビリティのリスク管理が移転される見込み。売却価格は「重要でない」という。




アングル:新興国富裕層の逃避資金、ロンドン不動産市場に殺到か
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTYEA1A00M20140211?rpc=122&pageNumber=2&virtualBrandChannel=14173&sp=true


newsアングル:新興国富裕層の逃避資金、ロンドン不動産市場に殺到か



[ロンドン 7日 ロイター] -新興国で起きている政治的混乱や金融市場の動揺を受け、そうした国々の超富裕層からの「逃避資金」が、すでに過熱気味となっているロンドンの不動産市場に向かいつつあるという。英不動産コンサルティング大手ナイト・フランクが7日明らかにした。

同社によると、アルゼンチンやウクライナ、トルコといった国からの英不動産市場に関するオンラインでの問い合わせが、過去1年で急増しているという。住宅用不動産調査チームのトム・ビル氏はロイターの取材に、「ロンドン中心部の一等地の不動産市場には、さらなる投資の波が押し寄せる可能性がある」と述べた。

ロンドンの不動産市場は、ユーロ圏債務危機や中東・北アフリカの民主化運動「アラブの春」が契機となった海外マネーの流入などで、すでに価格が高騰している。

英住宅金融機関ネーションワイドの統計によれば、2013年10─12月のロンドンの不動産価格は全体で前年比14.9%上昇。高級物件ではさらに急騰しており、ロンドンの不動産市場は多くの住民にとって手が届かない水準となっているため、政治問題にもなっている。

オズボーン財務相は昨年12月、海外投資家が自宅として使用していない住宅を売却する場合、2015年からはキャピタルゲイン税を徴収する方針を明らかにした。

ナイト・フランクは、英不動産市場に関するブラジルからの問い合わせが今年1月末までの1年間で2倍以上に増え、その大半はロンドン市内の住宅物件についてだったとしている。

<フラジャイル5>

こうした状況について、法律事務所ウィザーズ・ワールドワイドで富裕層顧客を専門とするソフィー・ドュオレツキー氏は「驚くには値しない」と指摘。「ロンドンの高級不動産に投資すれば、安全な通貨に投資したような安心感を得られるのだろう」と語った。

ナイト・フランクへの問い合わせが最も急増しているブラジルは、新興国の中でも特に巨額の経常赤字を抱えて海外資本への依存度が高く、米連邦準備理事会(FRB)による緩和縮小の影響を受けやすい「フラジャイル5」(ぜい弱な5カ国)の一角となっている。

ブラジルに次いで問い合わせが増えているのは、通貨危機のさなかにあるアルゼンチンと政治的混乱が続くウクライナ。ブラジル以外の「フラジャイル5」からもロンドン不動産市場への関心は高まっており、ナイト・フランクへの問い合わせ件数は、インドネシアとトルコからが同10%、南アフリカからが同9%、インドからが同3%増えている。



さあエ下劣最終段階に来ました!!!!

失業率は高止まり、上昇の可能性すらある。

金融不正でやりたい放題だった部門を


人に言えない価格で売却!!!!

高値で売れてりゃ

ドヤ顔で発表するクセに!!!!


( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!



そして極めつけは途上国に

首都の不動産を買い漁られる始末!!!!




ブザマなお知らせが止まないエ下劣!!!!

じゃあ滅亡するのはいつか?


今でしょ!!!!

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。