匿名党ブログとてんこもり野郎ヲチスレ(アメブロ版)

反日サマナ粉砕でつね。
わかり松。
( ゜∀゜)・∵ブハハ八八ノヽノヽノヽノ \/ \/ \!!!!!!!!!!!!!!!


テーマ:
.
加速する没落(後篇)

のつづきでつね。



で、次は歴史的経緯からエ下劣大嫌いなロシア。

これまでは東側に日本、西側にエ下劣、

国境を接するダメリカ、と包囲されてきたが、


没落するダメリカに求心力がなくなるや、

日本に接近し、包囲網分断を画策してるんでつね。



リビア・エジプト・シリアなど、

これまでダメリカのカネが入っていた国では


金欠ダメリカからのカネが止まって内乱。

ウクライナやアイスランドのように、


対露勢力圏境界から手を引くことで

EUとロシアの対立を煽り不安定化させた。



ダメリカは勢力圏を意図的に縮小していて、

これが、ダメリカを使って世界を間接支配していた


エ下劣の戦略と対立してるんでつね。

そのためにダメリカ発信でエ下劣の金融不正が


暴露・摘発されたり、

ブザマなおしらせが出たりするんでつね。



北チョンにしても
 加速する没落(前篇)

で書いた通り、これまではエ下劣の影響があったが、

張成沢の粛清でエ下劣えんがちょを表明した。


北チョンと日本の関係は皆さんご存知の通り(笑)。


なんといっても、朝鮮総連を手放したくない理由は

「英霊の眠る靖国神社のそばを離れたくない」なんでつね。

そんなことを書いていると、NEWS-USさんがうpした


【ソチ五輪】プーチンと北朝鮮ナンバー2の金永南が首脳会談を実施していた事が判明!!!一方韓国パククネは開会式にすら出ず…完全に世界から孤立してしまう結果に ⇒ それどころではない、とんでもない計画が裏で密かに動いていた!!!
http://www.news-us.jp/article/388040896.html


の記事。これで、

日+露+朝 vs エ下劣+支那地区(+南チョン)


の構図がはっきりした。ただし、

支那地区はまだ乙女のように心が揺れ動いてる(笑)。


で。。。

スペイン裁判所、江沢民氏らを国際手配 チベットでの虐殺容疑
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140211-35043709-cnn-int


と、エ下劣と領土問題で対立するスペイン

スペインが英領ジブラルタルに揺さぶり、領有めぐる対立再燃か
http://jp.reuters.com/article/JPNKorea/idJPTYE97505N20130806


newsスペインが英領ジブラルタルに揺さぶり、領有めぐる対立再燃か



も、支那地区を叩くことで日本に擦り寄り、

勝ち馬に乗ろうとしてるわけでつね。

最近テレビで「スペインには日本人の末裔ガー」


ってよくやってるんでつね。

(もちろん、ダメリカはイスカラオチテたから
この構図には出てこない。)




まあ、エ下劣国内ですら独立運動が起こるぐらい

没落したエ下劣。


「たとえ裏で何者かが糸を引いているにしても」

勝敗は火を見るより明らかなんでつね。




そうそう、 
新年特集シリーズ  で書いた

「田布施システムガー」だが、

薩英戦争ーWikipedia


wiki薩英戦争



10月5日(11月15日) - 幕府と薩摩藩支藩佐土原藩の仲介により代理公使ニールと薩摩藩の重野安繹らが横浜のイギリス大使館で講和。薩摩藩は2万5000ポンドに相当する6万300両を幕府から借用して支払ったが、これを幕府に返さなかった。また、講和条件の一つである生麦事件の加害者は「逃亡中」として処罰されず。

英側は、講和交渉を通じて薩摩を高く評価するようになり、関係を深めていく(2年後には公使ハリー・パークスが薩摩を訪問しており、通訳官アーネスト・サトウは多くの薩摩藩士と個人的な関係を築く)。薩摩藩側も、欧米文明と軍事力の優秀さを改めて理解し、イギリスとの友好関係を深めていった。

ハリー・パークスーWikipedia


newsハリー・パークス



1865年(慶応元年)、前年の四国艦隊下関砲撃事件に際しての行動が英国政府の意に沿わないとして解任されたオールコックの後任公使に任命され、横浜に到着した[2]。 幕府との交渉を開始するが[3]、当時は将軍など幕閣の大半が第一次長州征討で江戸を留守にしていたため、パークスは仏・蘭とともに連合艦隊(米国は代理公使のみの派遣)を兵庫沖に派遣し、威圧的に幕府・朝廷と交渉。その結果、孝明天皇は条約勅許と関税率の改正は認めたが、兵庫開港は不許可とした(兵庫開港要求事件)[4]。 家族を迎えるために上海に向かう途上、下関で長州藩の高杉晋作・伊藤博文と会談した[5]。

1866年(慶応2年)、米仏蘭とともに幕府と改税約書に調印。グラバーの仲介で鹿児島を訪問、薩摩藩主・島津茂久(島津忠義)、その父・島津久光のほかに西郷隆盛・寺島宗則と会見した[6]。第二次長州征伐勃発直後、フランス公使レオン・ロッシュと共に、下関で長州藩の桂小五郎・伊藤博文らと、小倉で幕府老中小笠原長行と会談し、両者の調停をはかるが失敗した。その後、宇和島藩を訪問し、前藩主・伊達宗城らに会った。年末、公使館を横浜から江戸の泉岳寺前に移転した。

1868年(明治元年)、鳥羽・伏見の戦いの勃発、幕府軍の敗北、慶喜の大坂城脱出を知った。幕府から各国外交団の保護不可能との通達があったため兵庫へ移動した。神戸事件が勃発、アメリカ海兵隊・フランス水兵とともにイギリス警備隊を率い備前藩兵と交戦した。兵庫に派遣されてきた新政府使節・東久世通禧と会談、新政府の開国和親・条約遵守の方針を確認し、神戸事件についてもほぼ解決に至った。公使団を説得し[9]、戊辰戦争への局外中立を宣言した[10]。 新政府の正当性を宣言するため各国外交団に明治天皇への謁見が許された[11]矢先に堺事件がおきたが、同事件解決後に京都に行き、三条実美・岩倉具視などに会い、天皇にも謁見した。御所に向かう途中に一行は二名の暴漢に襲われた(パークス襲撃事件)。襲撃者は護衛に撃退され、パークスは無事であったが、謁見は3日後に延期された。新政府の東征軍が江戸に接近している頃に横浜へ戻り、横浜の治安維持にあたる一方、慶喜処分案や江戸無血開城に影響を与えた[12]。 大坂で天皇に謁見し新政府への信任状を奉呈、諸外国では最初に新政府を承認した。

1869年(明治2年)、岩倉具視などとの会談でフランス・オランダとともに箱館を拠点とした榎本武揚の軍勢を交戦団体と認めず、アメリカ・イタリア・プロイセンと対立した。岩倉と横浜駐留の英仏軍隊撤退問題など外交・内政について話し合った。

1871年(明治4年)、岩倉具視らと会見し、薩摩藩など諸藩の政府への不満の増大やそれに対処するための御親兵設置・廃藩置県について話し合った。横浜駐留イギリス軍の大幅削減を本国に提案し採用された。賜暇のためにアメリカ経由で帰国、アダムズが代理公使となった。賜暇休暇中にイギリス本国で対日外交について政府に意見具申した。主な内容は、

岩倉使節団訪英にあたって日本に帰任しようとしていたアストンを通訳として確保すること。
日本の皇室用馬車を寄贈すべきこと。
横浜駐留のイギリス軍隊の撤退時期について。
廃藩置県についての意見。
東京麹町に恒久的なイギリス公使館を設置すべきこと。
公使館員・領事館員の待遇改善について。
日清修好条規について。

などである。

1872年、訪英中の大使・岩倉具視、駐英公使・寺島宗則と会見し条約改正問題について話し合った[13]。 日本人留学生の教育や日本海軍の育成に関して尽力した。グランヴィル外相と岩倉・寺島の条約改正予備交渉に同席、日本でのキリスト教自由化・外国人の内地旅行自由化・治外法権撤廃・横浜駐屯イギリス軍撤退・下関戦争償金などについて協議した。

1873年(明治6年)、日本に帰任した。

明治維新後は、日本に対して西洋文明の導入を推進するなど、日本の近代化と日英交流に貢献し、日本アジア協会の会長を務めている。ただし、条約改正問題では外務卿・寺島宗則に反対した。



ずいぶん断腸がdisってる名前が出てくるんだが、

捏造してんのはエ下劣でつね。


「~とつながってるニダ!」と喚いてるが

その先につながってんのは


カトリックとか修験道ではなく

エ下劣なんでつね。


田布施システムと言えば小泉なんだが、

小泉と言えば横須賀でつね。


横須賀市ーWikipedia


wiki横須賀市



メッドウェイ(英語版)市(イギリス)
1982年(昭和57年)4月8日 - ジリンガム市と友好都市提携[7]
1998年(平成10年)8月26日 - メッドウェイ市と姉妹都市提携[7][8]

航海術や造船技術を日本に伝えたウィリアム・アダムス(三浦按針)の縁による。アダムスが当地に所領を持ったことから「三浦按針祭」を挙行する横須賀市側が、英国按針会の仲立ちにより、アダムスの出生地であるジリンガム市に友好都市提携を提案。1982年4月にジリンガム市と友好都市提携(イギリスの都市が日本の都市と友好都市提携をするのは初であった[7])。ジリンガムはかつて海軍造船の町として栄えた歴史を持つ[7]。1998年、ジリンガム市が隣接するロチェスター市と合併しメッドウェイ市が発足したため、1999年にメドウェイ市との姉妹都市提携に調印[1]。なお、同じくアダムスの縁で伊東市(静岡県)もメドウェイ市(旧ジリンガム市)と友好都市協定を結んでいる[3]。


小泉のバックはエ下劣でつね。

「阿Qガー!」とか喚くのは、エ下劣との関係を


隠蔽歪曲ミスリードするための戯言なんでつね。





大日本帝国 vs エ下劣

の大東亜戦争は、

建国記念日に



大日本帝国大勝利!!!!


のおしらせでメシウマなんでつね。


不倶戴天の敵・エ下劣なんざ、いまさら

ジャンピング土下座

しても通用しないんでつね。


わかり松。

( ゜∀゜)・∵ブハ八ノヽ/ \!!!!!!!!


滅亡しろエ下劣!!!!



「加速する没落」シリーズ 終わり

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。