<< Golden age 228 || SQ.1月号 - Golden age 229 | Golden age 230 | Golden age 231 || Golden age 232 >>


※コミックス最新刊は本誌に追いつきません。コミックス派の方ネタバレ注意!まだお読みでない方はアニメイトで買いましょう!

応援上映が好評だったのか、まだまだやるみたいですね!?

両手にペンライトを持っている幸村がかわいすぎて激ヤバです

 

Golden age 230 開幕!決勝トーナメント

こちらはドイツ対南アフリカの試合が行われるコートのようです。

観に来ているのは種ヶ島・入江・幸村、そして不二。

アオリ:好カード目白押し──!!

 

「ドイツはついに決勝リーグからプロ選手2人が合流」

ああっ!!手塚くんにやたらソーセージを薦めてくるというプロDがいます!!

本名はダンクマール・シュナイダーというそうです。へぇ~ダンクマールだからDだったんですかね…(忘れそう)

 

 

そしてもう一人はベルティ・B・ボルク選手。ん、ボルク・・・?

なんか顔が違うような気がしますがこの人がプロBでしょうか。

プロB・Dの二人はダブルスペアだと思われますが・・・体格差がすごい!

 

そして、手塚国光も出場!すでにその名を世界各国にとどろかせているようです。さすがです・・・

 

 

外道先輩と袴田先輩(なつかしい)はスイス対ポルトガルの試合を観戦するようです。

袴田先輩が「おっとろしい」じゃなくて「おっそろしい」と発音してます

 

他にも鬼・徳川・大曲・木手クンがここの観客席に来ているみたいですが・・・大曲先輩はキテレツを誘ってウォーミングアップへ・・・?

まだ試合も始まってなさそうなのに何を思い立ったのでしょうか。決勝リーグのオーダーはまだ発表されていないので混合ダブルスの可能性も・・・?

 

 

 

 

セント・ジョージ・クロスがナナメに入ったおしゃれなユニフォームに見覚えがないのですが、こちらはイングランド代表のようです。対戦相手はフランス・・・

 

「跡部の第二の故郷イングランドがこんな一方的に・・・」

うれしい言い方をするなぁ照れ

・・・と思ったんですが跡部さん生まれも育ちもイギリスなので日本の方が第二の故郷な気もします

 

 

「強いな・・・世界No3フランス!!」

強いというより面白いです。面白すぎますフランス代表!

 

 

ショットが決まると必ずポーズを決めるという、通称“パリコレ”選手...

ポーズのためにラケットも放棄してます。

よく見ると素肌に直接ジャージを着てます。Yeah

 

その隣のすっげぇーイケメンはイケメンすぎてフランステニス界を追放されかけたという選手。名前はわかりませんが別にイケメンでもないと思います。Paf☆

この人のレベルでテニス界追放なら白石蔵ノ介は地球から追放されてもおかしくないのでは?

騒がれるのが問題なら海の向こうから金髪美女を呼び寄せる跡部様も…と思いましたが彼は指先一つでファンを黙らせることができるので大丈夫そうですね。

 

 

そして日本大好き“おじゃ~る”選手は忍者のコスプレをしており、間違った四字熟語の書かれた掛け軸を掲げて自国の応援。

この誤字に真田くんが怒りを覚えたようで激しくツッコミを入れています(でもたぶん届いてない)

 

 

「なぁカミュ 今日も奥さんとラブラブだな」

おや・・・?U-17大会ともなれば既婚者も出場しているのですね!

確かに左手の薬指に指輪が見え・・・・・・

 

「おいラケットに『壁ドン』してんじゃねーか!?」

ん??

 

「さぁ一緒に行ってくれるかい」

「mon amour?」

ええ・・・奥さんってラケットのこと・・・?

 

「テニスを愛し・・・テニスに愛されし革命児・・・」

「フランス代表主将 L・カミュ・ド・シャルパンティエ」

 

マジですか

 

っていうかテニスを愛しテニスに愛された・・・ってフレーズどこかで聞いたことあるぞ!?ほかのテニスキャラに使われていたキャッチフレーズじゃないか!?と若干ショックを受けたんですけど

サンシャイン池崎の物真似をした斎藤工(初代忍足役)、をパロディにした3rd氷帝による日替わりネタでした。

サンシャイン池崎が元ネタだと気づきたくなかったです。いや、微妙に言い回しが違うのできっとオリジナルですね!!

 

フランス代表を抜け日本チームに入ったデュークに声をかけるカミュ。わざわざこんな言われると逆に気にしてしまうような・・・

 

 

カミュが口づけしたボールが宙を舞うと共に背後からまばゆい光が!!

そのオーラはハートのような形をしています!!愛が凄いですこの人!!

 

アオリ:健やかなるときも病める時もふたりは世界を照らし 制する──!!

 

よくわからないけどスゴイ人が出て来ました。

地面にバウンドさせてからキスするなんてなかなか出来ることじゃないです。愛があるからこそ成せる所業ですね。

 

231話感想に続きます。

 

関連その他の新テニ感想記事はこちら


<< Golden age 228 || SQ.1月号 - Golden age 229 | Golden age 230 | Golden age 231 || Golden age 232 >>

AD