『夕凪の街 桜の国』

テーマ:

宣伝を見て、凄く観たかったので観てきました

広島のある日本のあるこの世界を愛するすべての人へ

『タ凪の街』
原爆が落とされてから13年後の広島を舞台に、
いつ原爆症が発病するかもしれない恐怖を抱えながら生きる女性・平野皆実が、
同僚から愛を打ち明けられたときに、幸せの一方で被爆した心の傷が再び痛み出していく。

『桜の国』
もうひとつの時代は現代。
ある日、皆実の弟旭が家族に内緒で東京から広島へと向い、
娘の石川七波が彼の後をつけていくうちに、
七波が自分の家族のルーツを見つめなおしていく

という2部構成です

普通の戦争映画とは全然違います
被爆の後の苦しみが色々と書いてあるのです
被爆した人、家族にしかわからない話が一杯です

皆実役の麻生久美子さん凄いですねぇ
麻生久美子が全然出てこないですね
七波役の田中麗奈さんは正反対で
思いっきり田中麗奈でしたね
でも、現在だから良いんですよね

今年観た中では間違いなく一番です
これは是非観て欲しい映画です

AD