飛田丈 夢への道程を一歩ずつ、ご一緒に ~大きな目標に向かって~

飛田丈が、日々体験したことや感じたことを自分なりにかみ砕いて書きつづるブログです。人は誰でも幸せになりたいと思っているはずですし、成功もしたいはずです。成功や幸福へつながる道程を私飛田丈とともに一歩ずつ着実に歩んでゆきましょう。 


テーマ:

子どもの頃は「夏」が一番好きだった。

それはなぜかと考えてみた。

おそらく、「夏休み」のせいだろう。


魅力的な夏休み。1ヶ月以上も学校を

休んで、好きなことが出来る!

海へ行こうが、山へ行こうが自由。

プールで泳ごうが、図書館で本を

読もうが、親の実家に遊びに行って

虫取りに行こうが、川遊びしようが

何をしても自由!


そして、休みの「時」はたっぷりあるので、

本当に魅惑的な時間だった。

 

今とは違って、子どもの頃の時間は

本当にゆっくりと流れていた。


それが、あれから45年以上経った今は

どうしてこんなにも時間の感覚が違う

のだろう。本当に不思議なものだ。

 

今は、夏は一番好きな季節ではない。

今の好きな季節の順番は、春、秋、夏、冬。


どうしてそうなってしまったのかは

自分でもよくわからない。


もともと暑がりなので、暑くてけだるい

夏は大人になってから次第に好きでは

なくなっていった。

 

あの子どもの頃の好きだった「夏」が

とてもとても懐かしい。


大好きだった夏、1年で最も活動的だった

あの夏が本当に懐かしい。


そんなことを、思い浮かべて考えていて、

現実の今に戻ってみると.....


8月ももうすぐ下旬に入っていく時期に

なっている。


あの子どもの頃だったら、ああ、もう夏の

休みは終わるのかと寂しく思った事だろう。

でも、今はそんな事は思わない。


もうすぐ、2番目に好きな季節である「秋」

がやって来ることに期待を抱いている。

 

人間という生き物は、やはり年齢とともに

考え方が変わっていくものなのだろうか?


それだけでなく、時間の流れの感じ方も

変わってしまうものだのだろうか?


いつ誰にとっても1日は同じ24時間と

決まっているはずの「時間」なのだが...

 

今年の「夏」も、そろそろ終わりが近づいて

来ているようだ。

それでも、やはり、夏には夏の良さがある

ものだと自分の中では納得している。


あなたの人生の中では「夏」はずっと同じ

夏なのだろうか?


今年の夏もあとわずかだ。

 

※【お知らせ1】

別のスタイルで新しくブログを書き

始めました。ジャンルは特に決めずに

書きたいことなどをその日の気分に

任せて1記事ずつ書き綴っています。

時々休みますが、ほぼ毎日更新する

つもりで書いています。

興味があったら一度覗いてみて下さい。

そして、よろしければこのブログ同様

応援して頂ければうれしいです。


「一歩ずつの歩み」

http://ippo2.net/

 

※【お知らせ2】

昨年8月半ばまでこのブログで

一昨年より1年間書き綴った

「こころに火を灯す言葉」

を1冊の電子書籍としてまとめ

「こころに火を灯す言葉

~素敵な名言366日~」

としてAmazon Kindleから

出版致しております。

興味ある方はお読み頂ければ幸いです。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)