宮地楽器MJ新宿センターにて、単発レッスン承ります。お気軽にお問い合わせください。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-07-20 09:09:23

受講生募集〜ポジションチェンジの極意

テーマ:受講生募集
◆宮地楽器小金井センター主催
かっこいい!ヴァイオリンベーシック・スタディ
「ポジションチェンジの極意」
場所:宮地楽器小金井センター
費用:3100円

残席5名です!


ポジションチェンジについて、ワークショップ形式の講座を行います。

【講座概要】
1.左手の形は正しいか
2.親指の軌道は正しいか
3.右と左のタイミングは正しいか
4.ハイポジションでの姿勢は正しいか
5.ポジションチェンジの種類と練習方法例

***

1)まずは良くあるご質問「小指が届かない」から。
〜ナンバ術、トイレットペーパーの芯ヴァイオリン骨体操〜クラッカーえっナンダソレ


{61ABEF66-D025-47E7-84A4-6CECA8FED0A9:01}
{B4C1BCC5-F885-4972-AF53-7F0AB8182FA2:01}
写真:音楽の友社出版「鷲見三郎/ヴァイオリンのおけいこ」より

やはり姿勢(形)は大事。
形が悪いと、不得意な方角が出てきてしまいます。

音程の悪い人、手の形の悪い人は
だいたい、「悪い思い込みをしている」問題があります。
これを
「トイレットペーパーの芯練習法」
とナンバ術体操を組み合わせると
まるで催眠術にかかったかのように解決してしまいます。

メンタルの解決が先、ですね。
{2420B8A0-A1A8-4AFC-9D61-06F0CA1471D0:01}
一オクターブである1-4の幅は、およそ7センチ。7センチ幅の印をつけたトイレットペーパーを、壁沿いにスクロールしていただきます。
けっこう狭いでしょ?
これがなぜ、ヴァイオリンを持つと強張るのか。
様々な要因があります。

これを持って、ナンバ術ヴァイオリン骨体操をすると、解決します。

続きは講座で!

えっえっえっナンダソレ

※トイレットペーパーの芯のご用意には限りがありますので、実際にトイレットペーパーの芯を使用しての体操は、事前にご質問いただいた方を優先とさせていただきます。


2)第1〜11ポジションでの親指の軌跡について
{EDB98546-3502-4F84-BDEC-9DE524DC3D09:01}
教材によくある説明が、これですね。
上段左上の写真から右へ、第1・3・5・7・9・11と上がると、手はこのように変わりますよという。

右から見ると、、、
{B7A07178-9DC6-4D75-962D-7D62F02A5ECE:01}

この、親指が弧を描く軌道がピンと来ない方は、
親指軌道シールを貼ってしまいます。

{260FA750-7D83-4BBB-8CFE-7B9C66B4B27A:01}
もちろん、シールのスタート地点は個人差があります。
みんな同じにはなりません。

このシールを頼りながら、目のトレーニングをしていきます。
目は全身と繋がりがありますので、これを行うと
身体は楽に、ひとまとまりに使えるようになります。


3)右と左のタイミングは正しいか

いよいよポジションチェンジのエチュードを行います。
イザイのスケールを使います。

まずは指先がナンバの動きになっているかチェック。
{C2E165DB-2A3A-44AF-8E62-C920D934B6DF:01}
この、緑色で囲った部分がナンバの動き、つまり平行四辺形を潰す動きができるか。
そして、他の関節もナンバ的な動きで連動できているかチェックします。イメージは、「摺り足」。
{922102BA-ED08-496E-B6A5-7C3A24461CCE:01}

この「摺り足」イメージできちんと指先を動かせる人は、「弦を押さえ過ぎない」感覚を習得できますので、ポジションチェンジやヴィブラートは上手にできます。

この、「摺り足」平行四辺形イメージは座った体制で、足の体操を行っていきます。

そしてポジションチェンジエチュードを、前屈・後屈、、、お馴染みナンバ12の骨体操を行いながら弾きます。
すると不思議なことに全身が気持ちよく連動し、軽く速く動けるようになります。


続きは講座で!!

◆宮地楽器小金井センター主催
かっこいい!ヴァイオリンベーシック・スタディ
「ポジションチェンジの極意」
場所:宮地楽器小金井センター
費用:3100円


※ブログ内で使用した写真、「鷲見三郎/ヴァイオリンのおけいこ」本の欲しい方募集は締め切りました。今回は指導者の方に、無料にて差し上げました。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-07-17 08:08:17

左手の形〜ナンバ術VN骨体操でできること

テーマ:ナンバ術VN骨体操でできること
直接いただいたご質問、またはブログの「検索ワード」が多かった単語を取り上げて解説するシリーズです。
【ナンバ術VN骨体操でできること】
リクエストありましたら、「検索ワード」で当ブログに辿りついていただくか、メッセージをください。
***

{8EB264C4-0B0C-461B-8AE3-09BB8B955DA5:01}

【左手 形】
【親指】

の、ご質問(?)ありがとうございました。

ヴァイオリンという楽器は左手の形が定まらないと、音程を決めるのが非常に難しくなってしまいますね。

掌を「平行四辺形に畳む」という動きが、ナンバの考え方になります。
{ADCB2E38-9DA1-4ADF-BE34-E4AC6B880B85:01}

頭蓋骨、骨盤、胸郭を「平行四辺形に畳む」ように使ったり、調整体操を行うのと同じで、
掌も「平行四辺形に畳む」ように使ったり、調整体操を行うのです。

{192B5D73-D91A-4418-8A2C-E009D55FC0C9:01}


平行四辺形を畳むように掌を使い、楽器を構えます。

掌をBOXに見たて、
{131446BD-10D8-437C-A3D9-50AC6248859C:01}

平行四辺形に畳むイメージ。
{4A2B4FC3-8D72-46F4-92FA-63A5202D3070:01}

対角線上に引きつけ(赤線)、引き伸ばし(青線)て使います。

{984E8778-3102-4DF3-A902-BE19A4438424:01}


この意識でネックに乗せます。
まずは小指を乗せ、次に親指、そして人差し指、それから中指と薬指を乗せます。
{2AB83C40-1697-4E95-A71F-C40F26DD1D6A:01}



ネックを見ると掌がぺしゃんこになってしまう人のためには、次のような訓練もあります。

この訓練は右手の形のためにご紹介しているものですが、左手の丸さを作るためにも役立ちます。イラストは右手ですが、左手も同じです。
1.親指と人差し指で丸を作る
2.相手に引き離そうとしてもらう
3.力で対抗すると、前腕にもの凄い力みが入ります。これを力の吸収するポイントを合谷にシフトすると、力を使っていないのに親指と人差し指が引き離されなくなります。
この「力の吸収」させるポイントは、始めは合谷(親指と人差し指の間にあるツボ)からスタートしますが
レベルアップするにつれ、極池(肘のツボ)→中丹田(胸の中央)
と移動させていき、最終的には下丹田(お臍の少し下)に移動させるようにするのが目標です。

{E84D45ED-2A4B-4E08-BCB9-3FB2A52CA240:01}


・・・と、少し話が難しかったでしょうか。
この「吸収ポイントを下丹田」というのは、ポジションチェンジの体操を行うと、意識を養うことができます。

ポジションチェンジの体操は、こちら。
{C58CE136-41DA-4AB5-A556-9B88E19E4178:01}


ご安心ください。
これらの体操をきちんと、順を追ってご紹介する講座があります。

7月24日(日)10:30〜12:00宮地楽器小金井センターにて。


立ち方、楽器の構え方、そして今日のブログ内容と、背骨のほぐし、
それから楽器を構えたまま肩甲骨のほぐし体操をして、第1ポジションの構え、第3ポジションの構え、
更に、第5〜第9ポジションの構えまで行います。
第3ポジションを越えると、親指や背骨の使うポイントも移動してきます。
そして指先も平行四辺形のイメージで使います。


7月24日はそんな身体の使い方もご紹介しながら、賢いポジションチェンジの練習方法をお話します。
のちの、ヴィブラートの練習方法とも重なるところが出てきます。


今後の体操講座一覧は、こちら。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-07-15 12:08:02

肩甲骨を下げたい〜ナンバ術VN骨体操でできること

テーマ:ナンバ術VN骨体操でできること
直接いただいたご質問、またはブログの「検索ワード」が多かった単語を取り上げて解説するシリーズです。
【ナンバ術VN骨体操でできること】
リクエストありましたら、「検索ワード」で当ブログに辿りついていただくか、メッセージをください。
***

上記のように書いたためか、昨日、1日間だけで19件もの「肩甲骨」検索ワードをいただきました。
たくさんのご質問(?)ありがとうございました。

{BF8E0631-5825-449B-A0AE-003BF953C968:01}





【肩甲骨を下げたい】
【肩を下げたい】
【肩甲骨を柔らかくしたい】

楽器を演奏する人にとって、肩甲骨は最重要ワードになりますね。
「肩甲骨から腕を使いなさい」
「肩甲骨を広げなさい」
「肩を下げなさい」
というセンテンスを、何度も聞いたことがあるのではないでしょうか。

また、年齢とともに肩甲骨は前に出やすく、固まりやすくなってしまいます。
健康のためにも、肩甲骨はいつもほぐしておきたいです。

余談ですが、私は子供のころ、「肩甲骨」は「健康骨」と書くのだと思っていました。にひひ


肩甲骨をほぐし、よく下げることができるようになる1番良い方法は、
ナンバ歩きをすることです。
「肩甲骨を下げる」のは、肋骨も柔らかくする必要があります。
このナンバ歩きは、肩甲骨はもちろん、肋骨も柔らかくなります。
そして全身の連動ですので、骨盤も同時に使え、大変お得(?)な運動です。

全身の血流もよくなりますし、脳の活性化にも繋がります。

この「ナンバ歩き」がどれほど身体に良いかは、私の大学の体育の教授が本にまとめています。

河出書房新社
矢野龍彦著
すごい!ナンバ歩き


{BA79B2A9-9341-46FE-BCE4-700BDD0779FE:01}

{DC6A7DA0-C1D4-4E13-B796-B713B4826721:01}

とてもわかりやすい本です。
私の講座内容も、この中に全て含まれています。
「肩を下げる」または「肩甲骨を下げる」ことは、「背骨に対して胸郭を下げる」という動きになりますから、
どうぞ、普段からナンバ歩きをして胸郭を柔らかくしてください。


体操講座、あります。ナンバ術骨体操を毎回必ず行います。
ヴァイオリン歴は問いません。お気軽にいらしてください。

今後の体操講座スケジュール
個人レッスンも承ります


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。