4月も半ばだって言うのにさくら。

例年だとすでに主役を他の色とりどりの花に奪われてる頃だよね。

 

ここのところ気温もぐっと上がって、さくらの他にもいろんな花がいっぺんに咲いて、加えて新緑の柔らかいはっぱも出始めてとってもお得に感じるのはアタシだけじゃないハズ。

 

 

 

 

 

 

 

という訳で週末の土曜日。

地元の多摩サイはサイクリング天国。こんなに自転車で賑わってる多摩サイ久々だなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

それもそのはず、府中・関戸橋の下ではもう昔から定着した自転車のフリマが行われてたんだよね。アタシが行ったのは、朝の7時半前くらいだったんだけど、すでに4~50くらいのお店が開いてて、人もすごい混みようだったよ。店をこれから出す人も相当いたらしいから、今回はアタシが見たここ2年くらいで一番の人出だったんじゃないかな。

 

 

 

 

さて、関戸橋でフリマを覗いたあと、多摩サイが途切れる万願寺の渡し地点まで来たんだよね。実はここで待ち合わせて、本日は梅野木峠練をしようとゆる練仲間で予定してたんだよね。

 

梅野木峠は去年の日の出ヒルクライムミーティング以来なんだけど、最近トレーニングらしいことはしてなかったとはいえ、そんなに長い距離じゃないからね。まぁサクッと登っちゃおう。

 

 

 

 

 

 

 

ご覧のとおりサクッと登っちゃった・・・

 

 

と、言いたいところだけど、もうね、いかにトレーニングをして来なかったか、思い知ったわ!完敗だよ。

 

このコースは、最初の斜度が緩いうちに集団で走ってタイムを稼ぎながら、力を温存して激坂に備える走りがいいんだけども、アタシは最初から体力がもたなくて、激坂に差し掛かる前にグロッキー。当然、激坂でも力が出なくってヘロヘロ状態。足付いた時の言い訳を考えながら(ぉぃ)登っちゃったよ。何とか足はつかなかったけどね。

 

 

 

 

あたまに来て、もうこんな自転車捨ててやるぜ!

心にもない仕草をしたんだけど、バイク傷ついちゃヤだからソーッと下ろしたアタシはやっぱり小心者だった。タイムもアタシのベストには到底及ばなく、酷いものだったんだ。

 

 

 

 

この日ご一緒していただいたのはM本さん、O澤さん、S福さん夫妻、O嶽さん、M田さんとアタシ。皆さん、それなりにサクッと登ったようで、悔しい思いしたのアタシだけ?

 

まぁ引きずっても仕方ないので、次いこ次。

 

 

 

 

 

苦しい思いした後は当然楽しい思いしなきゃ。

ということで、このまま反対側の川井に降りて、以前ゴンタさんと来たローストビーフのawaへ。

ローストビーフのボルケーノは何回食べてもメチャウマで、さっき悔しい思いしたことなんていっぺんに忘れちゃう。

 

 

 

 

 

ここ、awaは奥多摩の大自然、多摩川の渓谷ほとりに陣取るカフェレストラン。春の小鳥のさえずりを聞きながらゆっくり食事をとれるお店で、味もサイコーなら来る価値アリアリ。ホントいいお店教わったわ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ローストビーフをみんなで堪能したあとは、青梅でバカボンのパパ像をなでてきたり・・・

※写真はポーズを一生懸命まねようとするO嶽さん。

 

 

 

 

羽村のチューリップ祭りで撮影中の仲の良い夫婦を見たり(ぉ

 

 

 

 

羽村の堰の近くでなぜか羽村の地下水の試飲(!)をしたり。

 

このあとは多摩サイ沿いにあるたちかわ創造舎に寄って、グダグダ自転車談義。

で結局、激坂ありぃの、グルメありぃ、の観光ありぃの、欲張り春ポタライドでございました。

 

 

 

 

 

 

 

おまけ1

帰りに稲城でみた梨畑。花が満開でここも綺麗だったよ。

 

 

 

 

 

おまけ2

夕方の多摩サイ。今年のソメイヨシノはこれで見納めかなぁ。

 

 

 

 

4月15日の走行距離:約100.7km

来週レースなのにどうしよ。

AD

コメント(8)